• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年12月03日

高齢者運転を考える

高齢者運転を考える ここ最近、高齢者の事故、それも操作ミスや認知症と思われる事故が目立つ報道がされている。

これは車の運転に限ったことではなく、人口比率が高齢者に片寄っているための現象である。

出生率が低いがため高齢者比率が多くなった結果でしかない。

人口比率から見るとこれから益々高齢者が増える。

と言っても全体として人口減少となることから、若い人が少なくなるために高齢者の比率が単に上がるだけなのである。

高齢者の運転=悪ではない。

実際、車がないと不便である。

特に田舎にいけば、地下鉄や列車のインフラ整備がないため移動は自動車に頼らざるを得ない。

都会人はいいわね、交通網が発達してるし。

これは人口密集して税収が多いから整備できる。

田舎じゃむりだ、自分のことは自分でしないと誰も助けてくれない。

みんなそれぞれ生活があり、時間に追われ、なかなか人様に手が回らない。

当然のごとく過疎化地区では、送り届けてくれるような手が空いた若者もいない状態である。

自身で何とかしなくてはならない。

交通機関として、タクシーと言う手段があるが、マイカーのように使うわけにもいかず、経済的不安が残る。

今回、群馬で起きた80歳のドライバーが高速道路逆走で正面衝突した事故。

高速だからお互い100キロ走行、相対速度で200キロでの衝撃である。

200キロで走り向かってくる車両を発見した段階で回避することは難しいだろうな。

高速道路は障害物がない前提での走行なので、『何だ?!』と思っている間に衝突であろう。

だか、衝突された対向車に乗っていたお二人は重軽傷である。

不幸中の幸いである。

200キロで正面衝突してこの程度ってすごいことだと思う。

報道を見ると対向車量はローバーミニのようだ。

事故現場の画像を見ると、エアーバックがハンドルとサイドにある。

安全対策をされた車だったからこの程度ですんだのではないかと思う。

やはり最近の車の安全性が証明される結果になった事故だと思う。

何気ない日常、たまたま高速道路を運転していた際に被る交通事故…普段からの安全対策や危機管理をしっかりしていないと命を奪われかねない事案である。

で、この対向車も74歳と72歳と高齢者である。

仮にあと6年経過すれば、今回事故を起こした80歳になるわけだ。

そういう意味では、周りに高齢者ドライバーばかりである認識を持たなければならない。

単に年齢だけでは計れないが、高齢というリスクは大きい。

実際、何歳までなら安全とも言えないし、何歳だから危険とも言えない、個人差があるとても難しい問題である。

少なくともインフラが整備されていない田舎では、一向に減らない超高齢ドライバー。

また自分自身が運転できないと認めたくない心理も十分わかる。

では、自分自身はいつまで運転できるのか??

もし自分で『あれっ??』って不安を覚えた際にはスパッと免許返納が出来るだろうか??

とても予想できないな。

てか、考えたくないな(^_^;)))

ただ費用面から考えるとこんなデータもあるのだ。



マイカーを50年間乗り続けると維持費が4800万円!!

年間968000円。

1ヶ月にすると80650円



650円のタクシーに乗ろうとすると年間1489回も乗れる計算である!!www

1年間毎日乗ったとすれば、1日4回乗れる計算だ!www

単に身近な移動を考えるとタクシー利用がお得だね。

まぁ、単に移動手段でないのがマイカーと言う道具だと思う。



ドライブを楽しんだり、洗車したり、いじったり、その結果壊したり…www



今を生きる高齢者ドライバーは、車が普及するタイミングを生き抜き、夢のマイカーを手に入れた人達だ。

そう簡単にはこの夢のマイカーを手放せないと思うよ。



高齢者比率が多い交通環境の中で車を運転をすると言うことは、自分自身で危機管理をして、被害者にも加害者にもならないように防衛運転に徹しなけれらばならないと言うことだね。

職業ドライバーの高齢化も深刻だ。

今は便利な時代、インターネットで注文すれば数日後に家に届く。

こうした配送を受け持つドライバーの高齢化。

世代交代が出来ない職種、今後更に深刻となる現実。

介護もそうだ、介護を受ける人が年上の人に介護を受けざるを得ない現代。

高齢者が運転をやめれば解決する問題ではないよね。

困った問題だ。

ただ何だかんだ言ったって、命を守るには最新の安全対策をされた今時の車に乗るべき、と考えさせられる事故であったと思う。

明日は我が身…気を付けなければならない。



エキゾチック~ジャパン!




ブログ一覧
Posted at 2019/12/03 11:08:38

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

実は年齢を問わず、事故率は激減して ...
わさび茶漬けさん

歩行者検知と自動ブレーキ
パパンダさん

「グッドドライバー・レッスン」を応 ...
雪風@ZZT231さん

痛ましい交通事故
ma-tanさん

この記事へのコメント

2019年12月3日 12:12
丁度今ひるおびでやってます......
単なる足で考えればタクシーの方が経済的でしょうが難しいですよね。
コメントへの返答
2019年12月4日 15:45
車と言う価値は、移動手段としてだけだはありませんからね。
問題はいつまで健康で判断力が落ちないかですので、極力老化しないよにしなきゃなりませんね(^_^;)))
2019年12月3日 12:14
マジっすか!?
2台持ってる場合じゃないですね!(΄◉◞౪◟◉`)
尾根遺産同様、金がモノを言う?
アソコで勝負!👺(笑)
コメントへの返答
2019年12月4日 15:47
金がモノを言う!!
金で勝負でっか?!www
2019年12月3日 16:22
オヤジやオフクロに免許証の返納を視野に入れるよう促してるものの田舎じゃ車がないと生活出来ませんからね〜。

タクシー利用が自家用車よりトータルで安上がりだというのは別な資料でも読んだ気がしますが、田舎だと呼んだ途端にタクシーが来るとは限らない、問題もまだまだあるのでしょうかね?
コメントへの返答
2019年12月4日 15:52
そうなんですよ。一昔前に比べてタクシーの台数が一割程度減っており、需要が集中する際には呼んでもなかなか来ない乗り物になりつつあります。

免許返納を自ら判断できる人間でありたいです。
2019年12月5日 13:43
ご無沙汰しております(。-人-。)

難しい問題ですよね。
問題なのはわかっていても決定的な解決策のないのが現状。
免許を返納したら最後、もうクルマの運転は出来ないっていうのは想像も出来ない(と言うかしたくない)です。

80歳になるウチの親父も『次の更新はしない方が良いかな』と言いつつほぼ毎日クルマで出掛けてます。
親父がまだ運転してくれるので助かってるところも多分にあります。

う~ん(´-ω-`)
コメントへの返答
2019年12月6日 9:32
車はどこへでも行ける便利な乗り物ですからね。実際、交通インフラが整ってない地区だと生活自体出来なくなりかねない。

北海道では札幌の中心街ぐらいでしょうかね。後20年もすれば自身の事を考えなきゃならないと思うと悲しいですよね!
だから今のうちにたくさん乗っときましょうね!(^_^)/w

おすすめアイテム

プロフィール

「@太一211 そりゃ、ヤバイ!(T_T) 私も3回検査し直して何とか今年合格しました(T_T) ブルーベリーを食べて視力回復させるしかないかな?!(;´д`)w」
何シテル?   01/13 09:13
ma-tan☆hokkidoです。 NISSAN Skyline Japan HGC211をこよなく愛するOSSANです。 1970年代の旧車と言われる...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

愛車と出会って9年! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/11/14 08:25:16
変化できるものであれ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/04/17 08:54:44
後期チェリーテール加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/03/01 11:42:37

愛車一覧

日産 スカイライン シルバージャパン (日産 スカイライン)
~~ 1979(昭和54年製) NISSAN skyline GT HGC211 通称『 ...
三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
R32が北海道の冬を越せない…冬に乗ってはいけない車だと悟り、大雪が降っても動けるように ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
ジャパンから乗り替わって2年落ちのR32GTSに乗り換え。 しかもATだったから、加速す ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
1980 NISSAN skyline GT-EX KHGC211のジャパン後期ターボ。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.