• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

meeiのブログ一覧

2007年05月25日 イイね!

DVDを見直してみて

DVDを見直してみて今回、もう一度DVDを見直してみた。
黄色いトゥデイさんが2位で、緑白のトゥデイさんが1位なんだとの意識の元で。
この黄色いトゥデイさん、常勝チームであり、いままで絡むどころか、「どうぞどうぞ」と譲っていたチーム。
今回は、たまたまバトルが実現したわけですが、やっぱり楽しかったのは、この黄色トゥデイさんとのバトル。
このドライバーさんは、とてもクリーンなのだ。

私も元々、インから抜いたら、その抜いたクルマの事を考えアウト側は1車身空けておくように心がけている。
(抜いたのをきっかけに、コースアウトさせても気まずいので)
他にも、ヘアピン等で、後続車が抜きにかかろうとしたら、特段塞ぐことはしない。
後続が抜きにかかるということは、こちらが遅いということであり、この周は自分の負けと考える。
こういう場合は、やったなぁ~と、逆に喜んでしまう。(変態か
まぁ、普通にレースという危ないことをやって遊んでいるわけだし、更に危険を冒す必要はないし、後々のことを考えると、今現在の快楽のために多くの人に迷惑をかけるのが嫌というのが最大の理由である。

で、話を戻すと、レース中の黄色いトゥデイさんは、ほぼ私と一緒の考えであることが後ろについててわかった。
私がヘアピンで刺そうと、ラインを変更し、私がインのきついラインにつくと、譲ってくれるというのは変だが、無理に塞ごうとしないのだ。
私も同じく、ヘアピンで刺されそうになったら、無理には塞がず次のコーナーで抜き返せるラインで加速出来るよう頭を切り替える。

こんなバトルが何周もあったので、とても楽しかった。
写真のように、かなり車間をつめても安心してバトル出来るのだ。
レースを楽しんでいるというタイプだったのかな?
また、機会があればバトルしたいし、密かにファンになってしまった。w

1位の緑白のトゥデイさんも、同じく常勝チームであり、勝つ意欲が満々なのが後ろから見て取れる。
1コーナーの最も高速なコーナーで、私がインを刺そうが、相手はラインは変えないで10cmくらいまで寄ってくる。
自信がなければ出来ない技であるし、レースとしては当たり前の行為である。
更にうまいのは、周回遅れの車を利用して、こちらの車速を落とさせること。
これも、何度嵌められてたことか。
かと言って、これが問題で危険であるはずもない。
こちらは、前車の弱点はないか、無い知恵を絞り抜こうとする。
こんなバトルも、けっこう楽しいし勉強になる。

ここのサンデーレーサー達は、比較的クリーンなドライバーが多い。
だから、長い事続けて行けるし、活況もあり楽しいイベントなのだろう。
今年のレースは、昨年と比べ、クルマが変わり、非力ながらもバトル出来るようになりかなり楽しい。
Posted at 2007/05/25 20:49:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | 軽耐久レース | 日記
2007年05月22日 イイね!

INTER CUP 第3戦

INTER CUP 第3戦今回は、4時間耐久のセカンドドライバーをやってきました。
チームの結果は、3位スタート、2位フィニッシュという好成績。

このレポートは、チャドさんや、タッツさんがまとめているので割合して自分の事だけ。
と言っても、私がここも管理しているので、そちらでも。

今回走ったのは2番走者で、1番走者のチャドさんが奮闘し、2位とか3位くらいで私にバトンタッチです。
↑この時点で、既に何位だかわかっていない。(汗
まぁ、レースなので抜かれず、前のクルマを抜けば良いだけの話なので、今までも気にして走った事がないと言うのが本音です。

いつものように、軽い気持ちで上位チームは当然遥か彼方なんだろうと思い乗り込む。
よし!!目標は上位との差を縮めるそれだけだ!!
でも、根本的にその上位チームは何なのかもよくわかっていない(汗
多分、P'sだろうと勝手に思い込む。(理由:よく知ってる爆速チームだから)

走りながらの無線は、大の苦手なので、こちらから聞く事すら出来ず、一方的に話すこの方の情報のみです。
たまに、無線交信しようとしても、手探りなので違う別なスライドスイッチを一生懸命押す等して通話出来ない始末。
しかも、そのうちイヤホンが耳から離れかけてきて無線内容も曖昧。

(写真は、話す事が出来ないので、手で合図している所ですね。)


まぁ、目標はP'sに追いつく事なので、(既に間違い)とにかく視界に入るまで力の限り全開じゃ。
と、まぁ勘違いをしているうちに内に、速い黄色いトゥデイが現れるが、なかなか抜かさせてくれない。
数周のバトルの末、やっとの思いで抜いたと思ったら、無線から「meeiさんカッコイィ」と興奮した声が・・・。
「そりゃそうでしょぉ。やっと抜いたんだから」
でも、この方現在の順位を全然教えてくれません。
「まだまだ先なんだ」と勝手に思い込む。(これも大間違いで現在2位走行中)
抜きつ抜かれつも、周回遅れを間に入れるように走り、やっと引き離す事に成功。

でも、いつ追いついてくるかわからないので、続けて全開です。
暫くすると今度は、緑と白のトゥデイが現れます。(多分1位走行中のクルマだったらしい)
でも、後ろに付くとエンジンが少し不調なようで、マフラーから時折白煙を吐く。
「うぅ・・・臭い」臭いから早く抜きたい思いでかなり攻め立てるが、白煙を吐く割に随所で速い。
もう、こちらは早く前に出たいし、臭いし、相手は速いし、なんでそんなに虐めるんだとか思いつつ、なんとか抜く事に成功。

そうすると、また無線から興奮した声で何か言ってます。
よく聞こえませんでしたけど、ここで1位になっていたらしい。
当然、順位はわからないまま、P'sを追いかけるため全開継続。

すると、P's発見キター
ところが、P'sさん、見つけたと思ったら1号2号機共にエコランしているではありませんか。
フフフ、そんな余裕ぶっこいてると抜いちゃうよ~。
でも、まだ先は長いから、こっちも燃料節約で後ろについて行こー
さぁ、ネコちゃん勝負じゃ~
いつ来るいつ来る~
とか、思いながらも、あまり相手にしてくれないので抜ける所でP'sを抜いて寂しく走行をこなしました。
P'sも抜いたし、そろそろ良い順位かなと感じながらもドライバー交代の時間を待つ。
燃費走行中に、「3周後に入って来てください」と無線がようやく聞こえ始める。(クルマウルサいよ)
とまぁ、残り3周し、そつなくドライバー交代。

ピットに戻り、「で、何位くらいですか」って聞くとブッチギリで1位だった事が判明。(汗
しかも、知らない内に時間まで延長されてるし。
そんな走行なのでした。
知らぬが仏の勘違い野郎のお話。

後日、車載ビデオを見ると、トップ独走中ですとか、ちゃんと無線で言ってました。
聞き漏れだったんでしょうね。
今思うと、相手はMトレだったんですよね。
普段は、抜かれて1ラップ、2ラップ差を付けられてしまうクルマなのに、今回は何か勘違いパワーが炸裂したみたいで、かなり失礼で強引な抜き方をしたかもしれないです。
スンマセン
Posted at 2007/05/22 19:27:08 | コメント(3) | トラックバック(0) | 軽耐久レース | 日記
2007年05月19日 イイね!

AZ-1の走りは

元々台数の少ないクルマですから、どんな走り味なのか知らない方も多いと思いますので紹介します。

一言で言うなら、危ないクルマです。(汗
ミッドシップと言っても、エンジンがほぼ垂直にマウントされているのと、キャビンがガラスで覆われて屋根までガラスなので重心が見た目以上に高く、急の付く操作は厳禁。
サーキットを走るとよくわかりますが、コーナーが長ければ長い程遠心力でリアが滑り出し、そのコーナーの先がストレートなら問題ないのですが、その先がRがきつくなるとブレーキを踏むにもアクセルを急には戻せず、ブレーキもそっと踏まなければならず、しかもステアリングが超クイック。
少しでもアバウトな操作をすると即スピン。(汗
軽快という言葉をを超越して、オーバーステアで苦しみます。

まぁ、このクルマはダンパーが死んでいると思われるものの、乗った感じではフロントのグリップは特に不足するところはないので、リアを落ち着かせる足が出来れば意外と速いのではないかと思います。




<embed src="http://f.flvmaker.com/mcc1.swf?id=qQxcPpX4__GKUTAF6Eq.PMqehLcwBpXNjEYGJBYuJLOSEhRXPKHlXbvu73Ci8IqIZgVPU2gkaqlbRRn_hdn7hzs" quality="high" bgcolor="#ffffff" name="FlashMovie" align="middle" width="340" height="386" allowScriptAccess="never" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer" />
</object>
Posted at 2007/05/19 18:57:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | AZ-1 | 日記
2007年05月19日 イイね!

AZ-1

AZ-1なんで、家にあるのかよくわからないくらい偶然購入できたAZ-1。
元々、前に乗っていたビートの後釜として、またビートを本気で購入しようとお店をいろいろ廻っていたところ、良さげなビートがスズキの某中古車ディーラーに置いてある情報をキャッチし見に行ったところ、たまたま前夜下取りで入って来たこのAZ-1を発見。
値段はまだ決まっておらず、何故かビートと同じ値段で3ヶ月の保証付きで購入する事に成功。
納車時は、ドアダンパーのオマケ付きでした。
この時点で、相場よりかなり安い。

が、事件は突然起こり、1ヶ月くらい経過したところで、エンジンのノッキングが日を増すごとに酷くなり突然エンジン終了~。
普通に買っていたら酷い目に遭うところでしたが、保証でエンジン交換する事になりました。

そのエンジン交換ついでに、クラッチ、水回りのゴム類も有償で交換を依頼しましたが、復帰までに時間がかかりすぎて迷惑をかけてしまったという事で無料に(汗

販売店には儲けなしで申し訳ないですが、安かった割には最終的には超お買い得なAZ-1になりました。
Posted at 2007/05/19 18:05:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | AZ-1 | クルマ
2007年05月13日 イイね!

ランエボ ワゴンとバトル






<embed src="http://f.flvmaker.com/mcc1.swf?id=O1xcPpX4__GKUTAF6Eq.PMqehLcwBpXyjEYGJBYuJLOSEhRXPKHlXbvu73Ci8tqIZgVPU2gkaql/25HdcfI7hzs" quality="high" bgcolor="#ffffff" name="FlashMovie" align="middle" width="340" height="386" allowScriptAccess="never" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer" />
</object>


この方が、装着部品の効果を見たいという事で一緒に走ってみました。
元々低中速トルクが太いランエボに、口径の細いマフラーを装着し、増々低中速トルクを増強。
気を抜くと離されてしまうくらいの速さを披露していました。

こちらが勝てるとすれば、軽さを武器にコーナーリングで失敗しないとか、ブレーキで差をつめるとか位なので、遊んでいるようで真剣に走っています。

1ラップ後、いきなり離しに掛かるエボワゴン。
こちらは、まだタイヤも暖まらない状態で泣く泣く全開開始。
案の定、ヒーローコーナー、ダンス出口等で滑りまくり・・・
この後は、煙幕攻撃を2、3度受け、前後入れ替えでまた全開等して遊んでおります。
先程の煙幕攻撃のお返しとばかりに、こちらはドリフト攻撃?
がー、インプのタイヤは熱ダレしすぎて、意図しないお釣りもらい失速。

そんなこんなで、47~8秒台のハイスピードバトルがギャラリーにもウケたようで、ラリーとかやっているのかとか、チューニングはとか聞かれましたが、お互い基本的にノーマルですよって言うのもんだから、変な奴らだと思われた事は確かでしょう。

久しぶりに、全開でバトルが出来て楽しいフリー走行でした。
Posted at 2007/05/13 17:41:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | 動画 | 日記

プロフィール

「@TomKum 壊さない程度に走ってきます。」
何シテル?   11/27 08:05
安全運転のために始めたモータースポーツも早30年。 増々爆走中!!

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2007/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

HEROしのいサーキット 
カテゴリ:お世話さまのページ
2007/10/17 23:00:47
 
K-car INTER CUP 
カテゴリ:お世話さまのページ
2007/10/17 23:00:08
 
IMPREZA WORLD 
カテゴリ:管理ページ
2007/10/17 22:57:55
 

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スバル インプレッサ
インプレッサを降りてから10年。 再び奴が戻ってきた! 通算7台目のインプレッサ。 2 ...
ロータス エキシージ ロータス エキシージ
ストリートではハードすぎて、ここが良いとかの印象が全く残らない。 その代わり、サーキット ...
ホンダ アクティトラック ホンダ アクティトラック
働くクルマ
アプリリア SR50 アプリリア SR50
基本的に、バイクへの興味はクルマほどないのですが、買い物に便利かなぁと衝動買い。 乗るな ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.