• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

なべ田のブログ一覧

2020年02月20日 イイね!

(完結版)本日は晴天でした。

久し振りの快晴でした。
たまには昼間っからビールでも飲むつもりでしたが
ウチの若い衆たちが走るってんで


いつもの翔兄さん、ごっちゃんのBN9レガシィ2台
ウチの親子BRZ2台
今回偶然にご一緒した初対面のNBロードスターオーナーさん。



しっかし、ごっちゃん号もう車種不明な感じだわなw
フルバケの着いた現行レガシィなんてこの世に何台いるのだろう??
カスタム個所は多数。


最近、高級おホイール、BBSに韓流高級ラグジュアリータイヤでキメた




翔兄さん(30歳)別名フリー素材兄さん  
最近走る度に1秒ずつ短縮を果たし鼻息荒かったが・・・
37秒80惜しい!
だけどこの男、かなりコースにも慣れて来た感じだし
目に見えて走りも変わって来た。
フルノーマルレガシィで36秒ももう目前ではないだろうか。


続いては

ごっちゃん。クヌギランナー第1戦にて初参加。
ウエットコンディションでも練習時と同じタイムをマークした。

こちらもドライでの大幅更新を目指すが・・・38秒98(安定)
走行経験も少ないから伸びしろはかなりあるだろうね!


続いてはNBロードスターさん

「初心者なんで~」とご謙遜されるが、なかなかの走りをされる方
フロントにATR-SPORTリヤにピンソタイヤを履き
いい音を奏でる外マフラーに結構ローダウンした感じ
37秒28
このレベルのタイヤでいきなりこのタイムは凄いぞこの人。
外から見ていてとにかく車のトータルバランスが良さそうに見えた。
中古で購入してそのまんまなんで自分の車が一体どんな仕様か知らないと言われ
ちょっと見せて頂いたら一見吊るしのねじ式車高調
そしてマフラーのみ。

「ちょっと乗ってみませんか」と仰るので少し運転させてもらったが
とにかくしなやか、乗り易い、全域でスムーズかつトルクフル
ロードスターだけにもしかしてあの方の手が入っていたりして・・・
考え過ぎか(笑)


お次はウチの息子Ryo

なんとか34秒台突入を目指しているのだが・・・


35秒23

実はこの日、ずっと35秒2~6辺りをポンポン出していたのだが

今年50歳 初老の私が

35秒87
これを出したらなんだかやる気になったみたいで↑のタイム
リヤのタイヤがそろそろ終わりっぽいんで
もしかしたらNEWタイヤで34秒台突入かも。

私自身もタイヤはもちろんだが
あそこでああしたら~って思いつくところありで
あと1秒何とかなりそうな気がして来た。

まあ、パッソで40秒切りが優先事項ですが(嘘)


で、NBロードスターの方
居合わせた皆がどう見ても初心者っぽくない
ごっちゃん曰く「きっと初心者サギですよ」と
そしたら帰り際に「以前HSRを走ってました」とポロっと。

ほらww

Posted at 2020/02/19 19:28:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年02月12日 イイね!

(不完全)クヌギランナー公式練習会(燃焼)

昨年夏前に投入した後に温存していたタイヤ

ATR-Ksport
なんだか昨年は走るとすると大雨ばかり、このタイヤをドライで全く使ってない。
最後に一発使おうと思っていたクヌギランナー第4戦なんか
台風で中止になったし。

2月16日開催予定のクヌギランナー第1戦
スケジュールの都合で参加しない事にしていたが何とかなりそう。
ならばこのタイヤをドライで使ってみたい。
ところが問い合わせるともう既に参加枠は一杯とのこと。

残念に思っていた所、まさかの公式練習会開催との知らせが!



同じくBRZに乗る息子とレガシィB4に乗る翔兄さんを誘って参加

しかしだよ、またも雨(笑)
このタイヤ雨に祟られてるに違いない

主催者のユースケさんはデンジャラス・マシーンと評判の高い?
マツダスピードアクセラで登場。
(この時点で彼は本気で無いのでは?と思ったが・・・)
そして嬉しかったのはお久し振りのGC8を駆るヨネさんも来てる。
実は私は彼の走りの大ファンなんです。
同じ車に乗ってた息子にもその走りを見せたかったし。

スバル率高いぞ~キモいね(自虐)なんて。

タイム更新は望めないんで
先日変更した前後スプリングとタイヤに合わせて変更した
アライメントの具合を確かめて退散する事にした。
ここで無駄にタイヤを消費するより次回のチャンスを待とう。

そんな中、またもこの男が自己ベストを更新

ついに37秒台半ばまでタイムを詰めて来た。

悪天候だと燃える男 翔兄さん(30歳)
年末はあのコンディションで自己ベストを1秒更新し
更に今日1秒更新してみせた。
雨が降るたびに自己ベストを更新するこの男なんか凄げぇぞ。
前半では今回の参加者の中で一時トップタイムをマークした。


かなり久しぶりにクヌギに来たヨネさんは
様子見と肩慣らしの様子でした。
ヨネさんの実力はこんなもんじゃあないのを私も知ってます。

そしてウチの息子もジワジワとタイムを詰めて36秒台に入る。
年始にやったリヤスプリングのローレート化が効いた様。
この天候でこれなら上出来でしょう。

そしてユースケさん

ノーマルからインチダウンした純正アルミにピレリP1とか履いて現れたから
きっとやる気が無いのかと思ったら実は違った。
しっかりとマツダスピードアクセラの車種別トップタイムをマーク。
さすがです。ヤリますな。

その後ユースケさんのご好意でちょっと乗らせてもらったけど
皆さんの噂通りデンジャラス・マシーンで間違い無いっス。
マツダの謳う「人馬一体」では無くもう暴れ馬(笑)

で、しかもロムチューンで300PS近く出ていて
えっ?ダブルウイッシュボーンですか?って聞きたくなる位の
ハイレートスプリング(フロント20キロ!)
と、セットアップも超・デンジャラス

私には怖くてとても扱い切れませぬ(結果38秒)
ヨネさんも乗ってたけど、全然踏んでなかったぞ

ユースケさんの言う通り命を大切にするなら
踏まない方が間違いない!

で、ポケっとしてるのもナンなんで車を乗り換えて来た

初公開、私のセカンドカー パッソ登場ww

この車日頃乗っていて
例えば高速の本線に合流する時などの40~80Km/hの加速が良い
だからクヌギでもひょっとしたらと思っていたのだが
ユルい雰囲気の今日試すことにした次第

しかし






もう、ロールの鬼(笑)
一回走り終えて「どなたか乗ってみませんか?」って聞いたら
皆さん真顔で拒否をなさる。
「いや、見ててとても危ない」と
そうかなぁ?乗ってる本人はそんな気はしないけど?
でもこうやって撮ってもらった画像を見たら・・乗りたくないよね。
確かにwww

私のパッソもデンジャラス・マシーンだったかも。


で、本日のリザルトを


公式練習会のタイムは年間リザルトにも反映されますんで
私の今年はここからスタート
もしかしたらパッソは今年のワーストレコードを取ったかも。

と、言うわけで本日も楽しく走らせて頂きました。
ご参加の皆様、有難うございました。

またクヌギランナー第1戦ご参加の皆様のタイム更新を
陰ながらお祈り致します。

もちろん私も次戦に向けて頑張りますよ。


















Posted at 2020/02/12 20:11:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2019年12月24日 イイね!

クヌギランナー第6戦 撃沈の冬編

クヌギランナー第6戦参加の皆様、お疲れ様でした。
また絡んで頂いた皆様にもこの場にて感謝を申し上げます。

しっかりタイムを刻まれた方も居られれば
悪天候に撃沈された方も居られるかと。。
(もちろん私も後者の方でございまして・・・・)


午前6時半には現地到着
決して張り切ってたワケではございませんで


翔兄さん(30歳 現在浪人中)

が、

コレ調理するから場所取りをって言うから目覚めの早い初老が
先発隊を引き受けたんすね。

で、もういきなりリザルト貼ります!!


上位陣は現役あるいは元ジムカーナ選手とお聞きしております。
そして前回の第5戦でトップを取った
スベッてもスベらなくても速いけいいちさん。
当然の如く実力者達が名を連ねます。

赤印が我が陣営、今回は翔兄さんに加え

以前の公式練習会にてマシントラブルを起こし
ワーストレコード保持者となったウチの息子が雪辱を晴らすべく参戦。

当日は雨の中気温は4℃から5℃時折雪交じりの天候。

フリー走行でコースに入るともう氷上を走るかの如く
速い常連さん達から40秒が切れないとか全部のコーナーでスピンできる
とかの声が聞こえて来る。

もうね、いかに40秒に近づけるかの40秒ゲームに変更しようよなんて。

「オレにもワンチャンあるんじゃね?」と甘い考えが過りつつ
アタック1本目開始。

結果は40秒577と散々な結果。撃沈
言い訳させてもらうと、直前に大幅な軽量化(ナ・イ・ショ)
を行い車高が6mm上がったんでノリで10mm下げたら
もう制御不能に近い車になってしまった。。。。

そんな中でも同じく苦戦する人も居れば
タイムを短縮させていく人も現れて来る。

我が陣営ではまず息子が38秒台に乗せて来た。
しかしワンチャンあったのはこの男だった!

翔兄さん(30歳 実は鍋奉行)


こんな車で参戦してるんでおふざけキャラだと思ってる人がいるかも知れないが
この悪条件の中38秒667を叩き出し陣営トップに立つ!
しかも自己ベストをコンマ2秒更新してのことだ。
頼もしいぜ!!


翔兄さん(30歳 実家は車庫証明が20台は取れる)

実は彼の闘志に火を着けた理由があった
リザルトの5位をご覧頂きたい。
スカイラインと言うとこの様な場では
かつてのターボ車を想像する方が多いはず。


コレだ!V36スカイライン。
この車走るの?なんて内輪で話してたらフリー走行から
実力の片鱗を見せ始めた。
これは我々が言うところの覆面レーシングではないか!!

見たところフルノーマル、家族連れでやって来て
素性を語らず、しっかり上位に食い込んで見せて
スッと去って行く。
覆面かつステルスレーシングではないか。ヤラれた。
すげぇカッコいい。
若干車のキャラがカブる翔兄さんのやる気スイッチONとなった。

そこですっかりBRZで走る事を諦めた私も
このスカイラインの方に敬意を表し
2本目からは翔兄さんのレガシィを借りて挑戦することに。
フリー走行でかなり練習したが届かず。
オーナー切りも叶わず。

そして私には思わぬ出逢いがあった。

キグウデスネ!


いつか言ってみたかった
それはもう、リアルかつガチだった。
いずれ逢うだろうと思っていたひらさんとこの日にとは。
某氏に勝負を挑むべくやって来たと言う。
彼の実力はかなりの物とお見受け致しました。今後私にとって良い
刺激を与えてもらえるだろう。
ひらさん、今後とも宜しくお願い致します。

そして最後に・・・・

ユースケさん、だるまんさん40秒の世界へようこそw

この速いお二方でも苦戦する程の悪条件であった事を
書き残しておきたい。

私と似たようなタイムではあるが、彼らと私とでは全く内容が違う。
車のセッティングで失敗したと書いたが
私の場合は運転手が大幅に足りないと言う現実
これも強く申し上げておきたい。


皆様、良いお年を。
Posted at 2019/12/24 20:16:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | #武者修行 | 日記
2019年12月13日 イイね!

ぼくのりそうのくるま

ウチの事務所にはTVがありませんで
昼食時にはPCに向かってネット記事見ながらって感じです。

で、86・BRZの記事なんかたまに出てくるワケです。
そりゃあ見ますよね。オーナーだから。


そのネット記事に対してのコメント民の反応を集計すると・・・

*1500cc以下にすること
*レギュラーガソリン仕様で250PS
*5ナンバーサイズ
*安全装備を含めシンプルにして150万以下のプライスで
*エキマニは不等長にて

もしネット上だけでのリサーチを行えば
世の人が理想とする86・BRZ像はこうなる。

私自身、今のBRZについて
地元のミニサーキットでもっとタイムを出したい
いずれまた国際サーキットを走りたい
そんな車遊びの友としてちょっとがんばったら買えた車って事で
現在市販されてる車の中でベストな選択だと思ってます。


で、こう言った車遊びに一通り満足して
来年50歳なんで55歳の頃か60歳の頃か
はたまたもっと先の年齢で考えるのか??

その頃に欲しくなる車ってどんなのだろう?と
今考えても仕方ない事を最近考えるワケなんですよ

ちょっと軽じゃあ物足りないかな??
なんて思って先日パッソで旅に出てみたんですよ。

ウチにあったのがたまたま先代の1.3Lので
この位のパワーがあれば実用上充分かと。
その辺をちょっと走るだけならこの程度の車で良いだろう。

しかし、長い距離を走るとちょっと物足りないと言うか寂しい。
この寂しさって何?

3年前に豊橋を一泊二日で往復した事を想い出す。
往路はレヴォーグ、復路はUP!にて
帰路はかなり苦痛だろうと思ってたが実に意外!
UP!は疲れないし何の問題も無い車だった。
帰り着く頃には凄く好きになっていた。

装備は上級グレードのパッソに比べいたってシンプル
でもなんかカチッとしてて質感が高い。
なんの不満も無い。

今もしジジイになって乗るならUP!以外に思い浮かばない
もしサイズがもう少し大きくても良いなら
インプレッサスポーツかXVを選ぶだろう。

しかし、より小さいサイズでって考えたら国産に候補が無い。今は。


そこでジジイになった時に欲しい車。

とりあえず本体価格は200万くらい出そう。
エアコンはマニュアルでいい。
ミッションはMTでもATでも良い。
色は傷付けた時にセルフ補修し易いソリッドの白
ガソリンはレギュラーでもハイオクでも構わない
高速巡行で20Kmくらい走れば。
シートはザックリしたファブリックがいいな。

って、書いてて今気が付いた。
これってUP!のGTIではないか(笑)

でもできれば国産メーカーに「ぼくのりそうのクルマ」お願いしたい
買うのは15年先かもしれませんが(無責任)。








Posted at 2019/12/13 20:23:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2019年11月28日 イイね!

運用車両検討試験


令和元年11月27日
大分県 一本クヌギ周回試験場



試験車両 トヨタGRX130型 自動変速6段
現在運用中であるスバルZC6型 手動6段変速車両 黒色
これを比較検証用車両として同時に用意した。

本試験の趣旨としては東海地区の高速周回試験路に於いて
トヨタZRT260型及びJZS171W型車両(いずれも自動変速装置を有す)が
周回時間の大幅短縮を行ったとの情報を得、
運用車両選定に於いて広く検討及び検証を行う事が必要と判断された為。


尚、本年5月にも同一試験路にて

*参考画像①

トヨタZZT240型車両(自動変速4段)にて性能評価試験を行い
周回所要時間40秒程度が確認された為
その所要時間を大幅に短縮される物と予想し試験に臨んだ。




*参考動画①

申し分無い操縦安定性を有する事が確認され
37秒程度の周回所要時間が期待されるが自動変速装置の
1段及び2段での固定走行が不可能であり旋回中の予期せぬ変速が見られ
横滑り防止装置、車輪空転防止装置の作動による
車両の前進を妨げる事が周回時間に影響を与える事が確認された。

周回に要する時間については

*参考画像②

現在同僚が運用するスバルBN9型車両(無段自動変速装置)

*参考画像③

これとほぼ同等である事が確認された。

以上の結果から今後、運用担当者の技能向上が懸案事項であると判断され
横滑り防止装置及び自動変速装置の特性について理解し
制動装置油脂中に含まれる空気を取り除く事も必要であると確認された。
上記により周回時間を3秒程度短縮が可能であると思われる。



以上
Posted at 2019/11/28 14:59:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 日記

プロフィール

「@ウリ@GJ7 転売に一票!!」
何シテル?   07/08 18:25
スバル車ばかり乗っていますが 自分ではスバリストだとは思って居ません。 なんとなく雰囲気からお察しください 幼い頃からいつか本気出すと言いなが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

レポートを更新しました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/19 22:04:05
水曜はコソ連の日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/12 10:01:16

愛車一覧

スバル BRZ スバル BRZ
ボケない老人に将来なる為 アイサイトを卒業しました! ■これまでの車歴 CL11 ...
スバル XV スバル XV
XV
スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
取り急ぎ登録 画像はまた撮り直します
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
時系列はバラバラですが1~7まで 全部所有歴あり 6ではハイラインとR以外全部乗りました ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.