• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

中とろのブログ一覧

2017年03月20日 イイね!

It's a Sony展

It's a Sony展少し前ですが、所用で銀座に行った際に、ソニービルで開催されている『It's a Sony展』を見てきました。

このブログでも何度か書いていますが、ダンナは昔からのソニー信者。
最近はややアップル信者とも化していますが、それでも信仰心は健在でいまだにお布施も欠かしません。
(その割にPSVRはちっとも購入するチャンスに恵まれない)

そんな人と一緒に行った『It's a Sony展』のPart-1は1940年代から2000年代のソニーの歴史を振り返る展示で、信者でない私でも懐かしいものがたくさん並んでいました。
壁にずらっと並べられた歴代のウォークマンから自分の使ったモデルを探し出したり、DDリバティを前に当時のコンポから何故にこれを選んだのかを語ったり、VAIOノート505のスタイリッシュさに改めて感動したりと非常に楽しめた展示でした。

残念ながらもう終わってしまった展示ですが、懐かしくワイワイ言いたい方はリンク先をどうぞ。
こちらにも少しだけ挙げてあります。

Posted at 2017/03/20 23:09:28 | コメント(1) | イベント | 日記
2017年02月04日 イイね!

久々のFSW

久々のFSW単品参加なので、写真は過去の使いまわしw


1月14日に行われたノルドリンク主催の新春FSW走行会に参加してきました!

前回富士を走ったのはいつだったけな?と思い返してみても、すぐに浮かばないほど走ってなかった2016年。
FSW自体は何回も行っているのに、自分ではほとんど走っていないという体たらく。
せめてこの走行会だけは参加しないと、まさしく宝の持ち腐れになりかねません。

事前にダンナに車両のメンテを行ってもらい、フロントタイヤはさすがに危険領域ということで新品NR1に交換。
リヤはあと1回くらいはいけそうということでユーズド。
雨が降ったら私の腕では超危険ということで、「天気予報を欠かさずチェックするように」「雨が降ったらすぐ帰れ」と言い残してダンナはオートサロンに旅立っていきました。


心配した当日のお天気は、曇天で低気温。
山沿いは雪になるとの予報でした。(事実箱根はすごかったらしい)
……むむむ。
これはこれでタイムアップを狙うお速い方たちが大喜びしそうなシチュエーションではないですか。
リハビリ組の私は邪魔にならないよう気を付けないといけません。

そんなことを心掛けながら臨んだ走行会は、
コースイン直後に車載カメラのスイッチを入れ忘れたことに気づいて慌ててピットインしたり、
さて2本目!と乗り込んだところ予想以上にガソリン残量が無くて慌てて給油に行ったり、
そんなバタバタでラップタイマーのスイッチを入れ忘れて走行中に全然タイムがわからなかったり、
デジスパイスを外し忘れて自宅まで入れっぱなしで帰ったり、
とある意味私らしさ全開で、いつものペースで走れましたw

タイムもちょっとだけ更新し、リハビリとしてはまあまあの走行ができたのではないでしょうかと自己満足してます。

やっぱりサーキットは楽しいね!


Posted at 2017/02/04 11:12:55 | コメント(2) | イベント | クルマ
2015年12月23日 イイね!

レクサスクリスマスコンサート

レクサスクリスマスコンサートクルマ以外のイベントごとにはまったく他力本願な我が家。
今年のクリスマスイベントは、20日に行われたレクサス高崎のクリスマスコンサートにお出かけして、お茶を濁してきました。

レクサスのこうしたコンサートも、回を重ねるにつれ参加者が増えてきましたね~。
最初の頃は人数が少なくて、参加している方が気を遣っちゃうくらいでしたが、今はもう4回の公演がすぐに満席になるほどの人気だそうです。
よかったよかった。


Posted at 2015/12/23 20:52:28 | コメント(2) | イベント | 日記
2015年08月19日 イイね!

耐久レースを考察する

耐久レースを考察する今年も行ってきました!Fuji-1GP素人対抗耐久レース
昨年までは2時間だったこの素人耐久ですが、今年はなんと倍の4時間。
より耐久レらしいレース展開が期待できるロングスパンになりました。

ダンナが参加するチームは2013年、2014年(あ、ブログ書いてないや…)に引き続き22号車で、メンバーはいつものARKさんとクワック・サルヴァーさん。さらに4時間ということでaosuka3gさんに加わってもらい4人体制で挑みました。

今年もグリッド決めのくじ引きはARKさんがいい仕事をしてくれて45台中7番グリッド。
しかも前にはポルシェも35もいないという最高のポジションをGETしてくれました。

その後のレース展開を簡単にご説明すると…
・ダンナ、スタートダッシュを決めてトップを取るも、3周目には鬼っ速のおじさまにストレートでスコーンと抜かれ2位転落
・23周目でARKさんにチェンジするも、マシントラブルで7周で緊急ピットイン。10位以下に大きく後退する
・急遽バトンタッチされたにもかかわらず、aosuka3gさんほぼ2分フラットペースで順調に周回を重ね順位を大きく上げる
・57周目でクワック・サルヴァーさんに交代。83周まで引っ張ってもらう
・再びaosuka3gさんへバトンタッチ。今回が2度目のFSW走行とは思えない走りで2位に26秒差の3位までポジションアップ
・アンカーはダンナ。過酷なアゲアゲ指示に涙目になりながらもスプリントレース敢行。バトンタッチした時点で1分30秒ほどあったインターバルを11秒差まで追い上げるも残念ながら3位でフィニッシュ

残念ながら3連覇は成りませんでしたが、耐久らしいいいレースができたと思います。



…と、ここまでは普通に日記ですが、ここからはちょっとまじめに今回のレースの考察を。
興味ない人はこの先は読んでいただかなくても全く問題ありませんので、ブラウザの戻るボタンで再び楽しいみんカラへどうぞ♪ ヾ(@⌒ー⌒@)ノ



さて。
今回のレースは私的に非常に不本意な流れとなったので、反省に意味も込めて我らが22号車と2位に入った12号車の個別ラップ表をプリントアウトし、比較考察してみました。

【~1時間】
・22号車は7番という恵まれたグリッドで早々にトップに躍り出て、その後は2番手で順調に周回を重ね23周(45分経過)で最初のドライバーチェンジ
・12号車は最後尾という最悪なグリッドからスタートし、見事な走りで順位を上げるも21周の時点では22号車とのギャップは2分とおよそ1周分の差が付いていた
・ほど同じタイミングのピットインだったが、22号車がチェンジで70秒ほどロスしたのに対し、12号車は40秒程度のロスで交代を果たす
・スムーズなドライバーチェンジで2分あった両者のタイム差は1分30秒弱に短縮される

【~2時間】
・22号車は2番手がコースインから7周でマシントラブルに遭遇し、急遽3番手にバトンタッチ
・予定より20分以上早い交代に準備が間に合わず約2分30秒のタイムロス。12号車を含め他のチームのほとんどが1回PITのところ2回PITとなり、大きく順位を落とす
・3番手がコースインした直後の31周のタイムを比較すると、12号車から遅れること1分3秒
・両チームとも2分フラット+αくらいのペースで走行を続け、48周目(1時間40分経過)で12号車がドライバー交代。ロスタイムは50秒
・ともに3番手の走行となった50周目のタイムを比較すると、22号車が12号車の10秒後方
・その後、22号車が差を詰め、53周で逆転。その後も徐々にタイム差を付けていく
・2時間経過を目前に22号車が4番手に交代。直前の周のタイム差は22号車が12号車の10秒前方。ピットインによるロスタイム1分20秒。順位逆転
・ピットアウト直後(2時間経過)のタイム差は1分6秒で2位12号車3位22号車

【~3時間】
・22号車は2分2秒~5秒のペースで巡航
・12号車は65周目に4番手に交代。ロスタイムは45秒なので順位は変わらず
・ともに4番手となった69周目のタイムを比較すると、22号車が12号車の57秒後方
・22号車は83周目(2時間50分経過)で5番手にチェンジ。ロスタイムは60秒
・12号車は88周目(3時間経過)で5番手に交代。ロスタイムは45秒

【~ゴール】
・90周(3時間8分経過)時点でのタイム差は、22号車が12号車の41秒後方
・22号車が12号車より少し速いペースで追い上げ、ドライバーチェンジ直前の101周(3時間30分経過)時点で26秒差まで詰める
・22号車は102周で6番手に交代。ロスタイム65秒
・12号車は交代しなかったため、この時点で1分30秒差
・22号車が1分56秒~58秒ペースで猛追。ロングスパンの12号車はペースを上げられず1周あたり3~6秒差が詰まっていく
・奮闘かなわず2位12号車、3位22号車のまま117周でゴール。ゴール時点でのタイム差は約11秒。22号車はコースインから14周で80秒詰めた計算になる


こうしてレースの流れを再確認してみると、ドライバーチェンジの回数も違いますが12号車と22号車のロスタイムの差が勝敗を分けたことは明確です。
12号車が1回のピットインで余分にかかる時間は平均45秒。
それが4回。
22号車はルーティンのピットイン時間だけでも平均65秒かかっています。
それが5回。
どんなに速く周回してタイムを稼いでも、1回のドライバーチェンジであっという間に貯金を使ってしまうわけです。

当初私たちは、ピットロードの制限速度を考慮してドライバーチェンジにかかるロスタイムを55秒と計算していました。
でも実際はそれよりもずっとかかっています。
理由は明確です。
準備不足と連携不足。プランB以降に対する対応力不足。
それに尽きると思います。
単純計算でいえば、想定していた時間でドライバーチェンジができていれば今より50秒早くゴールできたわけです。

また今回の12号車や総合優勝した39号車の結果などを鑑みても、1スティントの長さをある程度取れる方が耐久レースでは断然有利です。
12号車が3時過ぎにドライバーチェンジした際、私はもう1回チェンジするものだと思っていました。
12号車の5番手は2分フラット~2秒台という非常にいいペースで周回していたので、1時間は走行できないだろうと思いました。
でも実際は、最後の数周はタイムが落ちたものの、ほぼ1時間ずっと同じペースで周回していました。
これはすごい武器だと思います。
ある程度のロングスパンを一定のタイムで走れるドライバーがいると、作戦の立て方の自由度が違います。
先に述べたようにどんなに速い周回でマージンを作っても、ピットイン1回で簡単に使い果たしてしまうのです。
優勝した39号車は3回のドライバーチェンジ、つまり4スティントで4時間119周を走りきりました。
単純計算で1回1時間。約30周。
ものすごく効率のいいレース運びです。完璧に近い。
タンク容量も燃費も違うでしょうから一概に比較はできませんが、本当に驚異的な数字だと思います。


まあ、身内びいきになってしまうかもしれませんが、そんな状況の中でも最後の最後にダンナもよく頑張ったなと思います。
タイヤはズルズル、ブレーキはフカフカな状態なのに、チームからは「↑ ↑」指示。(もちろん出していたのは私ww)
レースは最後まで何があるか分からないから、詰められるだけ差を詰めておかないと後悔すると思って出した指示ですが、ダンナはちゃんと意を汲んでくれていたようです。
よかったよかった。
鬼嫁とか思われてなくてww

でも。
そうやってダンナががんばった分、自分に行動を振り返ると後悔が残るのです。
チームのためにもっとやれることがあった。
私がもっとちゃんとしていれば、また違う結果があったかもしれない。
その悔しさが今回こんな長文を書かせる原動力になっています。

次回も参加できるのならば、こんなブログを書かなくてすむようもう少しレースマネジメントに参加して、ドライバーの皆さんにいいレースをしてもらいたいなと思っています。


最後になりましたが、レースに参加された皆様。
35の方ももちろんそれ以外のチームの方も!
大変お疲れ様でした~~~!!!
4時間の長丁場でSCも入らない、クリーンないいレースでした。
来年もまたみんなでレースを楽しめるといいですね。
Posted at 2015/08/19 22:41:02 | コメント(8) | イベント | クルマ
2015年05月21日 イイね!

ある意味すごい

ある意味すごいUPの順番が前後してしまいましたが、先週鈴鹿で行われたREVSPEEDのサーキットランミーティングに参加して参りました。

こっちはダンナがはむ太郎で参戦です。


私はずいぶんと久しぶりの鈴鹿だったので、「いつ以来だったっけ?」などと思い返してみると……






…そうだった。
1年半前にダンナRがブローしたのが最後だった……   (_ _。)・・・


だがしかし!
ダンナRも中とろRとして復活した現在。
鈴鹿に嫌なトラウマなんてみじんも残っていません。
(そもそもトラウマを感じるような機能はウチのダンナについていないw)


ということで、いつものn-takaさん、Ozekiさんをはじめとしたみんカラのお仲間さんとピットをご一緒させていただき、丸1日鈴鹿を楽しんで参りました。

ダンナは今年の3月以来はむ太郎では2度目の鈴鹿フルコース。
前回の走行時の感想は
「東コース最高!」
「TRD頑張ったよ!!」
「…デグ2から先のことは聞かないでくれ」
「ちくしょう。TRDもうちょっと頑張れよ」
とこんなカンジでした。(笑)

今回は
「やっぱ気持ちいいよ。東コース!」
「特にS字はクイクイノーズが入っていく感じ」
「でもダンロップあたりからちょっと怪しくなって…」
「デグナー立ち上がりからはあ~あって」
「スプーンではちょっと気分が持ち直して」
「バックストレートで離れていく前車を見送るんだよ…」
「あ、少しいい音になったから、スタンド前は気分いいよ。遅いけどw」
ってなカンジの周回だったそうです。

午前1回、午後2回走って、タイムは見事なくらいに揃ってました。
どのヒートも計測してすぐの周でベストタイム。
しかも1/10秒まで同タイムでした。
そこまで揃うってある意味すごいね。

久しぶりでも楽しく走れた鈴鹿でしたが、やはりちょっとパワー不足は否めないようです。
さてこの先どうなるか?
私の目が怖いのでじっくり考えるそうです。(笑)
Posted at 2015/05/21 22:55:14 | コメント(7) | イベント | クルマ

プロフィール

このブログはノンフィクションであり、実在の人物・団体等には迷惑のかからない程度に配慮しています。 【主な登場人物】  中とろ  : 車とマンガとアニ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

お友達のお誘いは、直接お目にかかるかコメントの遣り取りをいただいてからお願いします。
コメントはお気軽にどうぞ♪
65 人のお友達がいます
raffinata Praffinata P * 黒ノ獅子王黒ノ獅子王 *
クワック・サルヴァークワック・サルヴァー OzekiOzeki
あいぼー@愛機!銀槍騎Ⅸ式あいぼー@愛機!銀槍騎Ⅸ式 sffzsffz

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

日産 NISSAN GT-R 中とろR (日産 NISSAN GT-R)
登録忘れてました。 ヘタれオーナーですが、一応サーキット専用マシン。 ダンナのお古なので ...
トヨタ C-HRハイブリッド トヨタ C-HRハイブリッド
生涯燃費向上プロジェクト~2nd seasonの主役メカ 人生初のSUV
トヨタ アクアG's アクア (トヨタ アクアG's)
「リッター12キロの女」の生涯燃費を12.75キロまで向上してくれた相棒その1
ホンダ シビックタイプRユーロ ゆ~ろタン (ホンダ シビックタイプRユーロ)
通勤用MT車という意味不明な理由で我が家に。 限定車なのに散々いじられ夫婦二人にサーキッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.