• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ムインのブログ一覧

2015年01月29日 イイね!

タカタのエアバッグ問題が長引くのには闇の気配がする

昔いた会社では自動車用半導体の信頼性については、メチャクチャお金と手間をかけて、自動車メーカーに認証してもらってたけど・・・エアバッグは違うの?

タカタのエアバッグの不具合問題で社長交替(2014/12/24)という事態になってるけど個人的には逃げたようにしか見えない。
メキシコにはメキシコの闇があるような気がする。
(友達が東南アジアの工場に品質監査に行って製品の横流しを発見し、現地の社長に報告したら、実は社長が黒幕で本社に報告したらヒットマンを差し向けると脅されたと聞いたことがあるからメキシコならあっても驚かない)


去年は日米の自動車関係のリコールが多かったように感じた。
そういえば、GMのリコール隠しやマクドの鶏肉の中国での扱いも暴露され、マクドは客離れで赤字になった。

占い師なら”隠し事がバレル年だった”とかいいそうだ。


何にでもグレードがあるように半導体も用途によって求められる性能、信頼性はある。

軍用、宇宙用>医療、海事、航空機、車など命に関わるもの>一般民生用。

人工衛星が故障しても宇宙だと簡単に修理にいけない。
空も海も故障したら命に関わるので信頼性に関しては厳しい。
救命艇の救難信号が故障で発信できなかったら、死ぬほど困る。
海洋ブイも寿命までメンテナンスフリーが基本。

自動車もECU、ABSなどが命に関わるものとして、要求される信頼性は厳しい。
最近では衝突回避の自動ブレーキや自動運転なんてのまで出てきたし部品に求められる信頼性はますます高くなっているだろう。
日本の得意な過剰品質が今後、評価されると思う。

海外の部品の信頼性は、不良品が見つかっても”契約書に書いてある不良率の範囲ならOK”って姿勢で解析すら受け付けないもの(輸送費もかかるし)。

その点、日本の部品メーカーは、不良をゼロを目指す姿勢があった。(今はどうか知らないが、すぐになくなったとは思えない)


さて、タカタのエアバッグのリコール問題が尾を引いているが、エアバッグも命を守る装置として、要求される信頼性は高いはず。
誤動作や不動は困るのだから。

昔、エアバッグ用にパワートランジスタのサンプル要求を受けたことがあり、理由を尋ねたら

担当者「エアバッグは火薬で膨らませるので、電気信号をパワトラで増幅して点火するんだよ」
ムイン「危なくない?」

担当者「危ないよ。実際メガネが割れて顔面怪我する例もあったけど、命には換えられない」
ムイン「顔が傷だらけになるなら、女の人はとくにメガネは止めた方がいいよね><」

な~んてやり取りをしたことがある。


自動車用の電子部品、半導体については、故障率も一般用より2桁下を目指していたし、トレーサビリティ(履歴、追跡)も徹底された。

材料の履歴から専用の製造設備で専任の作業員で全ての工程、データ、履歴を残さないといけない。

理由は、万一不具合があった場合、原因の特定と対策を速やかに行うため。
故障原因が部品だった場合、問題の対象ロットを絞り込めないと全部交換しなければならない。
リワークを必要最低限に抑えるための根拠としても必要だった。

だから、タカタのリコール問題がいつまでも尾を引くことが信じられなかった。

そういえば、ボーイングの電池の不具合も原因がはっきりしないまま運用が再開されたけど、あれは日本のGSユアサの電池が問題ではなく、電子部品がLGの下請けで作っていて、それが原因らしい(韓国の下請け工場って、かなり杜撰な管理だと聞いたことがある。昔はジャンク部品や海賊版部品を使ってたし)けど、うやむやになってる。

タカタのアエバッグも有耶無耶にしたい闇の力がかかっていたのだろうか?

エアバッグで金属片が飛び散って、死傷者が出たということだけど、火薬を使っているので、これはもう手榴弾と同類だと思う。

そんな危険な物、品質管理もトレーサビリティも完璧でないと話にならないハズだが。


不具合の原因はメキシコ工場製のインフレーター(ガス発生装置)らしい。

////
[フロンテラ(メキシコ)/デトロイト 21日 ロイター]2014/11/21 抜粋

メキシコ・コアウイラ州フロンテラ。タカタは2000年、人口7万5000人あまりの同地域に北米向けを中心とするエアバッグの製造工場を建設した。死傷事故やリコールにつながった同社製品は2001─2002年と2012年頃に製造されているが、リコール記録や当局、自動車メーカーによると、そうした欠陥品はこの工場で作られていたことがわかっている。

エアバッグ生産コストの削減策として大きな期待を寄せていた同工場が、タカタにとって「誤算」に転じた出来事は2006年に起きた。皮肉にも、同社が東証第一部に上場した記念すべき株式新規公開(IPO)の年だった。

同年3月30日の夕方、工場内で数回にわたり原因不明の爆発が発生。工場からは無数の火の玉が飛び散り、外壁は吹き飛び、1キロ離れた家の窓も壊れるほどのすさまじい爆発だった。

爆発の際、工場内には数百人の作業員がいた。幸いにして彼らは全員が無事に脱出し、近くの住民にも死傷者はでなかったが、この爆発についてはタカタからの公式説明はなく、原因は不明のままだ。同社は事故対応に2100万ドルを特別費用として計上。同年11月のIPOに向けた祝賀ムードに水を差す出来事になった。

事故後、1カ月もしないうちに同工場は生産を再開。
しかし、この爆発によって同社のメキシコ戦略は生産遅延という大きな問題に直面した。操業強化のため、作業員への容赦ないプレッシャーがかかり、特にメキシコに赴任してきた米国人のマネージャー達からの圧力は強かった。

同工場では、インフレーターの製造ラインで、欠陥部品の修理をするという「問題行為」も発覚した。生産目標の達成を容易にするためだ。しかし、本来、欠陥部品は誤って出荷される事がないよう、赤い容器に分別され、検証を経た上で、可能であれば修理を行うという手間をかけるのが工場のルールだった、と元従業員たちは言う。

ロイターが入手した2011年5月にスペイン語で書かれたメールが当時の状況を物語っている。当時、工場の管理をまかされていたギアルモ・アプード氏は、「ライン上での補修は禁止!リーダー/担当者/オペレーターは勝手に補修をしてはいけない。不良品発生の原因になるからだ」と叱責。「今すぐに変える必要がある」と強く呼びかけた。これについて同氏はコメントを拒否している。

<「目が行き届いていなかった」>

インフレーターはエアバッグの安全性を左右する最も重要な部品の一つだ。その生産を担う現地工場の状況について、東京にあるタカタ本社がどの程度把握していたかは明らかになっていない。生産量を増やした際、タカタは正社員を本社からメキシコ工場へ送り込まなかった、と従業員らは話す。

メキシコ工場については、タカタの安全監査役は2011年5月に米国から派遣されている。ロイターが入手した監査レポートによると、不安定な硝酸アンモニウムの取り扱いに問題があり、十分にしっかりと詰め込まれた構成物質の袋が閉じられていない、良い材料の近くに、スクラップされたもしくは不純物の混ざったプロペラント(推進剤)が保管されているといった、リスクと隣り合わせにある状態が見つかった。しかし、その監査役はリポートの中で、タカタ本社に監査結果を送ることはないと述べていた。

/////

↑の記事を読むと明らかに車載用部品の品質管理が出来ていない。
爆発事故起こしたのに原因も不明なまま一月後には操業再開しているのも不自然。
普通に考えたら原因は分かったが、公表できない内容だったとしか思えない。

メキシコといえば麻薬戦争で有名だから、裏事情があって、タカタ本社から人が送り込めなかったのかもしれない。

日本の車載部品の品質は、厳しいし、命が失われた問題なのになぜこうも対応が遅いのか?
監査の報告書も日本に送らないって、もう、黒い利権でも絡んで握りつぶしているとしか思えない。


去年のTVニュースの表現を聞く限り、ガス発生装置とかインフレーターとか一般人には分かりにくい表現をしているが、本質的には火薬の爆発で膨らませていて、その爆発にケースの金属が耐えられずに飛び散ったということで、不良エアバッグ=威力の小さな爆弾、手榴弾を積んでいるということ=人命に関わる問題。

↓ 2008年から今までタカタは何も対策出来ていなかったわけか

///
日本の自動車部品メーカー、タカタ(東京)が製造したエアバッグの欠陥問題が米国内外で波紋を広げている。
エアバッグ作動時に金属の破片が飛び散る恐れがあり、それが原因とみられる死亡事故が米国などで発生。
トヨタ自動車、ホンダ、マツダ、独BMW、米ゼネラル・モーターズなど10社の一部車種に搭載されており、世界各地で自動車のリコール(回収・無償修理)が相次いでいる。
エアバッグの世界シェアで第2位。
2008年以来、世界で約1700万台(米国の約1000万台含む)が対象になっている。
///

数と影響が大きすぎて”疑わしきは交換”ではなく”問題が起きた分だけ対応”、”対応余力が少ないので危険度の高い順に出来るだけ絞って”という”人の命<お金”というか、関係者の保身?も兼ねているように見える。
いずれにしても無責任だし奴隷根性ですな。

問題が発覚してから5年も経つのに原因がよく分かっていないというのもおかしいから、”実は分かっているけど言えない”のだろう。
原因が一つに限らないといけない理由も無いので5つでも十でもその複合でも構わないから全部、公開するべきだと思う。
隠すから余計に疑われ、信用をなくすのだ。

インフレータについては2014年1月のロイターの記事が分かりやすい → http://urx2.nu/gl4N
他の記事では”火薬”に焦点が当たっているが、火薬が異常燃焼しようが爆発的に燃焼しようが、元々火薬はそういうもんなのだから、それに耐えられ無かった金属ケースに問題がある。
金属疲労で強度が落ちていたのだろうというのは、子供でも分かる話だろう。
金属疲労した原因は、温度変化による熱膨張、火薬の硝酸アンモニウムの欠点

///// 火薬については 東洋経済の2014年12月の記事が分かりやすい→ http://urx2.nu/gl50 火薬学会の理事、自動車用安全部品部会長の堀恵一・東京大学工学系大学院教授の話 抜粋要約すると

タカタの使っている火薬、硝酸アンモニウムの欠点

「転移」:温度の変化によって結晶の形、密度が変わっていく。密度が変わる温度が複数ある(-17度、32度、50度、84度、125度)。その温度を超えると膨らんで戻ってというのを繰り返す。

通常、インフレータに充填するのにペレット状に固めて使うが、温度変化で密度が変わるとペレットにひび割れなどの形状変化が起こる。
ガス発生の速度は火薬の表面積で変わる。ペレットにひび割れなどがあれば、急速に圧力が高まる事象が発生する。

「転移」対策は安定化で”相安定化”という技術。
硝酸アンモニウムにほかの化学物質を添加し、「相安定化硝酸アンモニウム」とすることで安定させられる。
この技術を使いこなせた会社だけが、エアバッグのガス発生剤に硝酸アンモニウムを使うことができた。

「吸湿性」
確かに吸湿性は高い。ただし、吸湿するだけなら基本性能が落ちるだけだ。(←吸湿したら体積は増えるので安定化してても膨張によるひび割れするんじゃないの?)

現実に多湿地域でインフレータの暴発が起こっていることについて

データがないので正確なことは言えないが、吸湿によって相安定化に悪影響を与えた可能性がある。そのため転移が防げず、ペレットが割れたりした可能性がある。(←当たり前のことを聞かれてからやっと言った)

/////

火薬学会の理事、自動車用安全部品部会長の 堀恵一 東京大学工学系大学院教授ともあろうお方が、金属疲労という現象を知らないわけでも物質が吸湿したら質量、体積が増えるということを知らないわけでもないだろう。

金属ケースの中の火薬が温度と湿度で体積が膨張、収縮を繰り返したら、当然、金属にも影響するのではないだろうか?
金属ケースと火薬ペレットの間に十分な隙間が確保されていて、ペレットが最大に膨張したときでも金属ケースにストレスが掛からないのだろうか?

その場合なら尚のこと、金属ケース自体の信頼性が問われるはずではないのか?

火薬の爆発的燃焼で、金属片が飛び散り、人体を殺傷するエアバッグは、手榴弾、地雷と同じ凶器であろう。

金属片が飛び散っても防げる強度をエアバッグの生地に持たせるように加工する方が早いかもしれない(逆転の発想)

火薬の製造工程の条件がどうとかいうより、次の事故を防ぐ方が先決なんだから、防弾チョッキに使われるケブラーのような素材でエアバッグをカバーするとか、そういう安全第一な対策を取れば良いのに。

メキシコだから麻薬みたいにマフィアみたいなのが一枚かんでいたら、不具合が見つかっても報告は闇に葬られるだろう。
もし、本社にばらしたら、関係者もバラされると脅されているのだろう。

麻薬戦争では大勢亡くなっている。(関係者も家族も一時話題になった女子大生警察署長も国外に亡命してる)

反日国も危険だが、メキシコも工場進出は危険ですな。
Posted at 2015/01/29 20:27:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車、道路交通法 | 日記
2014年03月08日 イイね!

出かけたついでに、アクセル踏み間違い事故のお店を見てきた

先日ニュースでみた高齢者突っ込み事故のお店を見てきた

テレビの映像


事故の翌日だったので、板張りがしてあった。


張り紙


車止めは取り去られていた



穴の中には小さなボルトが置いてあったけど、もしこれが入っていたとしたら、とてもじゃないが強度が足りないと思えた。

事故で壊れたから取り除いたのか、工事のために取り除いたのかは分からない。

次はこれだと対策したといえるでしょう。


でも勢い次第で乗り越えてきそうな気がしないでもない。
Posted at 2014/03/08 18:45:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車、道路交通法 | 日記
2014年03月07日 イイね!

踏み間違い事故年間6200件ですかそうですか

踏み間違い事故年間6200件ですかそうですかう~む、単純平均で一日約17件も起きてるのね。

録画していたVOICEの冒頭で近所の事故が流されていた。

/////
高齢ドライバーがブレーキとアクセルを踏み間違える人身事故、きょうも発生しました。
午前11時すぎ、大阪府枚方市樟葉の午前11時すぎ、大阪府枚方市樟葉の「ノムラクリーニング樟葉美咲店」に車が突っ込み、店内にいた女性客2人と店員あわせて3人が、太ももを打撲するなどのけがをしました。

警察によりますと、枚方市の72歳の男性が駐車場にバックで停めようとしたところ、車止めの段差に驚いて、ブレーキとアクセルを踏み間違えた、ということです。
現在、70歳以上で免許を更新する際には、通常の講習に加え「高齢者講習」が、義務付けられています。

ところが教習所をのぞいてみると踏み間違えるケースはあとを絶ちません。
アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故は去年、全国で6,200件以上起きていてその4割が60歳以上のドライバーだということです。
/////

ご近所だ。どのあたり?

あのあたりか、今度見に行こう。

それにしても”今日も”というからには毎日のように発生しているのね。
全国で年間6200件/365日= 一日平均約17件。

総務省が「敬老の日」に合わせて行った人口推計によると65歳以上の高齢者人口が2013/9/15時点で3186万人となり、総人口に占める割合が初めて25%に達したとのこと。

運転免許の保有者数は?
運転免許統計 によると
平成24年末で 約8150万人
65歳以上の構成率は17.4%
60歳以上の構成率は27.4%

なるほど、運転免許を持ったうちの約3割の人がブレーキとアクセルの踏み間違い事故の4割を起こしてるのね。

なにか、ニュースの語り口だと60歳以上のドライバーが特に問題のような印象を受けたけど、逆に言えば60歳未満のドライバーが6割も踏み間違い事故を起こしているのだから、そっちのほうが余計に情けないんじゃないの?

若者が車に興味がないとか車を買わないとか免許を取らないとか車メーカーの社長さんが言っているのを聞くと
「それならあなたのところの若い従業員(非正規含む)に将来設計に不安無く、車を買えるだけの余裕ある給料を出しているのか?」と聞き返したくなる。

運転する若者が減っているのだから年寄りの事故比率が高くなるのは当たり前。

結局、運転免許の返納をPRしたかったのだろう。

Posted at 2014/03/07 01:58:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車、道路交通法 | 日記
2014年01月09日 イイね!

大阪府 2013年交通事故死者179人で前年を下回ったというけれど・・・

大阪府 2013年交通事故死者179人で前年を下回ったというけれど・・・数字だけの問題ではなく、質はどうなんでしょうね?

2013年12月25日に運転免許の更新に行って30分講習を受けたんだけど、その中の数少ない講義というか情報が、自転車の事故と交通事故の死亡者数についてであった。

全体としては減ってきているが、お年寄りが増加してきていて、歩行中、自転車などで事故にあっているということだった。

そこで「時間がないから」を連呼し、質問をまったく受け付ける気がないように見えた講師が言っていたのが、
「大阪府の2012年の交通事故死者数が182人で、2013年は12月24日までの死者が175人なので、あと一週間で7人死ななかったら、昨年より減る
というきわどいペース。年末は事故が多い時期なのでどうなるか分からない」

結果は179人だったので、前年比で3人減だったのね。
それで大阪府としては統計を取り始めてから最低を更新したと。

大きくみれば、車の性能がよくなったのとシートベルトの着用、エアバッグのほかに医療技術の進歩があるとのこと。(当たり前すぎる話)

あと7人未満で記録更新と聞いた時点で、どうにでもなる数字だと思った。

なぜなら、”あと1人!”のような場合は、やりようはいくらでもあるのだから。

24時間以内の死亡数だから25時間以上延命させれば来年に持ち越せる。
生命維持装置につなぎ植物状態でも心臓さえ動いていれば”死亡”ではないのだから。
またそれを30日超にしたら30日死亡数にもカウントされない。

警察と病院が結託したら簡単な話。
被害者の家族にとっても心臓が動いている限り、延命、回復を期待できるから事故発生から25時間以上持たせることに異議を唱えたりはしないと思える。

また、事務処理を遅らせるという手もある。
警察が書類の処理を年末の分を翌年に遅らせるということでも統計の操作は可能だろう。

役人に限らず民間企業でも組織が数字(結果)至上主義になったら、もうなんでもありになりかねないのだ。

実は、講習のときにあと7人と聞いたときに浮かんだ疑問が
「なぜ交通事故の死亡数が24時間以内なのか?」だったのだ。

交通事故の被害者の家族、遺族にとっては、24時間ルールなんぞ関係ないのだから。

/////
2013年交通事故死、前年比38人減の4373人…高齢者は増加

警察庁は1月6日、2013年の交通事故死者数(24時間以内)を発表した。

2013年の交通事故死者数は前年より38人少ない4373人で、13年連続の減少となった。
しかし、高齢者(65歳以上)の交通事故死者数は2年連続で増加。
前年比39人増の2303人、全体の52.7%を占めた。

都道府県別では最多が愛知の219人、次いで兵庫の187人、千葉の186人。
一方、最少は鳥取の25人、次いで島根の28人、山梨の38人が続いた。

飲酒死亡事故は2年連続で減少。前年比18人減の238人だった。
/////

そもそも少子高齢化が進んでいるのだから高齢者の数も比率も増えて当たり前。

また、都道府県別の人数も人口の多い少ないがあるのだから違和感がある。

/////
大阪の死者数が過去最少 13年の交通事故

 大阪府警は6日、2013年の府内の交通事故による死者が179人で、1948年に統計を取り始めてから最少だった前年の182人を下回ったと発表した。

 府警交通総務課によると、65歳以上の高齢者が前年より3人減の70人で、全体の39・1%を占めた。子ども(中学3年以下)は3人から9人に増えた。

 自転車関連の事故は1万4562件で、前年より1140件減った。
自転車同士は499件、自転車と歩行者は276件で、それぞれ34件、5件増えた。

[ 2014年1月6日 19:13 ]
/////

警察庁の用語によると

1 「交通事故」とは、道路交通法第2条第1項第1号に規定する道路において、車両等及び列車の交通によって起こされた事故で、人の死亡又は負傷を伴うもの(人身事故)をいう。

 「死亡」(「死者」)とは、交通事故によって、発生から24時間以内に亡くなった場合(人)をいう。


3 「重傷」(「重傷者」)とは、交通事故によって負傷し、1箇月(30日)以上の治療を要する場合(人)をいう。


4 「軽傷」(「軽傷者」)とは、交通事故によって負傷し、1箇月(30日)未満の治療を要する場合(人)をいう。

5 「負傷」(「負傷者」)とは、「重傷」(「重傷者」)と「軽傷」(「軽傷者」)の合計をいう。

6 「30日以内死者」とは、「24時間死者」と「30日死者」の合計で、交通事故発生から30日以内に亡くなった人をいう。

7 「24時間死者」とは、交通事故発生から24時間以内に亡くなった人をいう。

8 「30日死者」とは、交通事故によって、発生から24時間経過後、30日以内に亡くなった人をいう。

以下略

/////

たぶん 私が想像するに 24時間ルールは”回復の見込みがない、ほぼ即死”ということじゃないかと。

でも医療の進歩によって24時間くらい、機械につなげば心臓を動かし続けるなんてハードルは低くなっているのだから、そろそろ新しい定義を設定したほうがいいかも知れないと思う今日この頃。
Posted at 2014/01/09 18:51:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車、道路交通法 | 日記
2014年01月02日 イイね!

運転免許のICチップって役人の自己満足だったの?

クリスマスに免許更新に行ってきたけど、ICチップ化の意味が分からなかった。

いつ、なにに使うのか?

全く説明がなかったけど、何のことは無い、何にも活用されていなかったらしい。

/////
値上げ分300億円無駄?IC免許証活用されず

読売新聞 1月1日(水)19時43分配信
値上げ分300億円無駄?IC免許証活用されず

ICチップ付き免許証の読み取り機器。カードリーダーに免許証をかざすと、記録情報が画面に表示される。

 運転免許証の偽造を見破れるとして、2007年から切り替えが進められている集積回路(IC)チップ付き免許証のデータ照合機能が活用されていない実態が、読売新聞の取材でわかった。

 システムを開発した警察庁は、銀行口座開設や携帯電話契約時に本人確認に使われることを想定していたが、企業側に活用の要請をしていなかったためだ。
IC化でこれまでに国民が負担した交付手数料の値上げ分は300億円以上で、同庁は「活用に向けた対策を検討中」としている。

 ICチップ導入の背景には、偽造免許証で開設・契約された口座や携帯電話が、振り込め詐欺などに悪用されてきたことがある。

 かつては、クレジットカードも偽造が相次ぎ、日本では00年頃からカードのIC化が始まった。情報を暗号化するため偽造は困難で、免許証のIC化も、各都道府県の警察本部で07~10年に順次、始まった。

 ところが、身元確認への活用状況を読売新聞が調べたところ、メガバンク3行は「警察庁からは導入の前も後も要請はない」と使っておらず、全国銀行協会も「地銀などでの活用は聞いたことがない」とする。携帯各社も「要請はなかった」(最大手のNTTドコモ)などと利用していない。ただ、企業側は「活用要請があれば従う」としている。
/////

値上げ分300億円がなんにも活用されていなかったわけね。

役人って 公の役に立つ人じゃなくて 役に立たない人って意味だったのかしら???


Posted at 2014/01/02 10:33:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車、道路交通法 | 日記

プロフィール

「フォークス・オーバー・ナイブズ(DVD)を見た http://cvw.jp/b/267137/40053658/
何シテル?   07/08 07:13
38年式 関西人です。 環境を住めなくする危険をはらむ原発より、LNG、光合成(食料以外のバイオマス、廃材や藻の油)を利用すべきだと思いませんか?
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

早く起きたので、教科書に載っていないことを。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/27 03:59:01
【靖国参拝批判に首相「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/27 03:56:34
(気をつけるしかできないけど)三宅島地震と昨日の宮城県沖を考察して 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/22 12:22:53

ファン

13 人のファンがいます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.