• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年10月23日

レースをするということ

レースをするということ 今回のブログは自分でも上手く書けるきがしません。

多分いままで以上の支離滅裂になると思います。
でも今書かないと後悔しそうなので書きます。

覚悟して書きますので、非難、反論なんでもOK。

よろしくお願いします。


私も昔レースを少しだけやったことがあります。

ロードスターのN1レースでレースに参加出来たのは本当に少しです。
その時お世話になったショップさんには今でも感謝しています。
カンバンまで付けて頂いて、良い結果がぜんぜん残せず
事情で続けていけなくなっても、快く了承して下さいました。

私がレースを始めたきっかけは自動車業界に自分の居場所がなくなったことです。

まったく違う業種からの転職でしたが、資格も経験もなく、「ただクルマ屋になりたい」という
気持ちだけで飛び込みました。結果惨敗で、それならば資格をとってリベンジだ!と
整備の専門学校に通いながら某ディーラーでアルバイトさせて頂きました。

アルバイトとはいえディーラーに居ましたので、工場長はじめ、多くの社員の方に後押しされ
そのディーラーの入社試験に参加しました。しかし現実は甘くなく不採用。

理由としては年齢がダメで、営業としてならOKということでした。
その時に思ったのは、きっと自分がもっと出来る人間ならば年齢に関係なく採用されたはず。
自分の実力不足が原因なのだから仕方ない。くやしいけどあきらめました。

しかし後押ししてくれた方々の顔をつぶしてしまい・・・
その結果を報告した時、工場長はすごく驚いて、すぐに本社人事に電話して確認してくれました。
現場の先輩も「おまえのこと社員にしないのはこの会社の不利益になったな」と励ましてくれました。

それでもどうしてもメカニックとして働きたかっので沢山の入社試験を受けました。
最終的には重機の整備という仕事のつくことでき、メカニック職に就くことができました。
そこでも社長をはじめ、多くの先輩方にご指導頂き感謝しきれないほど御厄介になりました。

しかし自動車業界の憧れは無くなることがなく、
忙しい毎日でしたが、何処か足りない日々を過ごしていました。

その時、親友の一人がロードスターのマフラーを交換することになり、
ショップに行くけど一緒にいかないか?と誘ってくれたのです。

そこで見たのがロードスターのN1レースカーでした。

N1基準は改造範囲が狭いので、正直チューニングカーの方が派手でそれっぽいです。
でもそのN1マシンから、私は目が離せなくなってしまったのです。
その戦うためだけのロードスターは、その時の私にとって宝石のように輝いてみえました。

メカニックの人にクルマの説明をきくと思ったより安い値段で製作が可能で、
レースカーの保管もリーズナブル。自分にも金額的に手が届く物だと知ってすごく興奮しました。
その後、富士のレースも観戦してすっかり参加する気になりました。

そして私はそのレースカーを自分自身で製作することを決心しました。

ショップに無理を言ってベース車両と全ての取付装備を準備してもらい、
全てを富士のレースガレージへ搬入しそこで製作を始めました。

毎週日曜日、横浜から富士へ。ベース車両と一緒に買ったオンボロ軽バンに乗り、
まったく休みの無い日々を約1年過ごしました。
楽しいけど体はボロボロで、健全とは程遠い毎日が続きました。
見かねたディーラー時代の先輩が一緒に手伝って下さって、本当に感謝しています。

出来上がった(形が出来たということで、セッティッグは出来ていない)状態の時は感無量でした。

「N1レーサーはみんなこんな感じなのかな?」と自分の言った一言に先輩は
「たぶんお前だけだよ。他のやつは作ってもらうんだから。」と言ってくれて。
その後のレース参戦や練習走行にも付き合って下さって、感謝してもしきれない。本当に感謝です。

その後レースでは成績が残せませんでしたが、非常に貴重な体験をすることができました。


レース自体は勝てませんでしたが、ふしぎなことに自分の夢は実現しました。
いま私はクルマ屋さんなのです。すごいでしょ?39歳のとき実現しました。

現在に至るまでここでは書ききれないほどの様々なことがありました。
ディーラーにも入れなかった人間がクルマ屋の店長なんて、自分でも信じられません。

でも実現するんです。「クルマ屋になる」というレースに勝ったと、私は思っています。
自分の実力でなった訳ではない。でもあきらめずに必死にしがみついた結果なんだと。

私の大切な人たちがきっとそうさせてくれたのでしょう。
「バカだけど、あんなクルマバカがクルマ屋になってくれたらいいのに」と、きっと思ってくれた。
少なくとも私の生き方がまわりの人たちになにかを与えたのは間違いないと。

レースするなら自分のそばで応援してくれてる人間を感動させてほしい。

関係者の中に一人でも「これで勝てるのかな?」と疑問の残るような取り組み方では、
勝負の女神はほほ笑まないと思います。

私の応援している方で、明らかに不利なのにそのクルマにこだわって勝負している方がいます。

相手は比較的新しい4WDターボで、彼のその古いFRターボとは歴然とした差があります。
それでも彼は勝負を挑んで、前回は予選1位通過しました。(本戦は残念ミッションブロー)

彼が戦う時、私はいつも「勝つ要素は少ないが、勝たせてあげたい思いはある。がんばれ!」と
思っています。でも実際これって「応援」しているだけなんです。

しかしこの純粋で強い「応援」が沢山集まると奇跡が起きる。勝利の女神ってヤツです。
だから勝てるのだと私は言いたい!

レースをやる人は大抵自分に自信があって負ける気がしない。だからレースをやる。
反論もあるだろうけど、きれいごとはどうでもいい。要は自分が一番を証明したい。

レースやってるのは自分だし、趣味なんだから自分の思った様にやりたいのは分かります。
それで勝てるのなら勝ってください。でも一人の力で勝てるレースなんてありませんよ。
もしあったら、それはレース以前に圧倒的に差があるだけで、子供と大人の喧嘩と同じ。

周りを感動させて、味方につけ、貪欲に、勝つために努力をコツコツする。
それと味方になってくれた人に不義理なことしてはダメです。
味方になってくれた人より他の人の方が優秀でも、たよったら味方が減るうえに味方に恨まれる。
そうなったら絶対に勝てない。勝利の女神はほほ笑まない。

これはどんなレースでも一緒の道理だと思います。




今、クルマ屋になった自分がしているレースはこの店を誰にも負けない店にすること。
クルマ冷遇の時代に勝つには難しいレースかもしれない。

でも負けられない!ぜったい!

だから自分の周りにいる大切な人の為に、このブログをエールとして送ります。

読んでいただきありがとうございます。
ブログ一覧 | くるま | 日記
Posted at 2013/10/23 11:09:23

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

パワーアップすれば楽なのに~♪ From [ 腹黒いFCなの。 ] 2013年10月23日 18:23
この記事は、レースをするということについて書いています。 自分で勝手に決めたルールに縛られて気持ち良くなってるキモ男です。 ゴメリンコ♪ 応援という名の煽り行為かと思われますのでww、ヤられた ...
ブログ人気記事

石川町で見つけたパン屋さん ...
どんみみさん

11月21日 代官山モーニングクル ...
パパンダさん

こんにちはぁ〜
gonta00さん

アウターバッフルベース UP!リン ...
leaf_funさん

注意1秒 キズ10万
SPEEDKINGさん

日曜日のリフレッシュ😌♨️
お姫様♪さん

この記事へのコメント

2013年10月23日 22:54
はじめまして!
イイネから来ました。
レースに参戦している者です。

こちらを拝見し、
「勝利の女神様にほほえんで貰える様、全力を尽くしたい」と思える様になりました。


非常に深い感銘を受けまして、その勢いでコメントさせていただきました。
コメントへの返答
2013年10月23日 23:06
はじめまして!
長文駄文なのにお付き合いくださってありがとうございます。m(__)m

えらそーなこと書いて内心ビクビクしてます。

自分自身がいわゆる「勝負の時」をむかえていまして、半分は自分を励ますために書きました。

少しでも「勝ちたい気持ち」に火がつけば幸いです。レースがんばってください。

微力ですが応援させていただきます。
2013年11月6日 15:36
はじめまして、いいねを思わず付けた者です。

私も今BMWでレースに参戦しているのですが、大変感動致しました。
なかなか結果がでず悶々としていましたが、頑張る気にさせてくださった、
感謝いたします。

↑の方と同じく、勢いでのコメントですが、また熱いブログを期待します。
コメントへの返答
2013年11月6日 16:53
はじめまして!

現役レーサーの方からにコメント、大変うれしいです。自分のためだけではなく、周りのためにも頑張ってください。

ISは昔アイドラーズ12H耐久で乗せて頂きました。タフで良いクルマですよね。すごく好きです。

レースで良い結果が出る様に
陰ながら応援いたします!

おすすめアイテム

プロフィール

「コーリンチャップマンとフィアットに捧ぐエブリィ進化論 http://cvw.jp/b/267691/40365620/
何シテル?   09/06 11:21
タイヤのツイテルものは大抵好きです。 サーキット派のタイムアタック動画を見るのが趣味 頭が下がります。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/10 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ ラッキー (スズキ スイフトスポーツ)
やっと来た!うれしい!4輪に戻ってこれた! ニックネームは「ラッキー」にしました。 わん ...
ホンダ ジャイロX 3輪の白いヤツ (ホンダ ジャイロX)
なぜか大人用3輪車にのってます。 早く4輪にのりた~い!
スズキ アルト かっとびあると (スズキ アルト)
カックイーアルト。 グレードはSだよ。
スズキ ハスラー あかクロパンダ号 (スズキ ハスラー)
次のオーナーさんにバトンッタッチ! メンテに帰ってこいよー!

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.