• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

3.8S & 600の"3.8S(S-TYPE) 1964年式" [ジャガー Sタイプ]

オートアンテナ不動原因と波及

カテゴリ : 電装系 > 電装パーツ > 調整・点検・清掃
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2018年01月07日
1
パワーリレーの注文前に再度電気の流れをもう一度良く確認して見ました。
要するに電源がきちんと来ているか、アースはしっかり取れているのか・・・。
2
たどって行くとオートアンテナの電源はFUSEボックスの5番、緑の矢印から取られてました。よ~く見ると黄色の矢印のFUSEホルダー左側がゆるゆるになってます。
電源が来ておらずパワーリレーの故障では無いと判断出来ます。
3
ホルダーを取り外してゆるい原因を探って見ると・・・
4
以前のオーナーが加工したのか平キボシを差込む金物が変形しており、最上部のFUSEをはさむ部分がゆるくなってました。その為に導通不良になってました。
これを整形してしっかりFUSEがはさまれる様にしました。
5
整形したホルダーを戻しました。
6
アンテナ内のスイッチに直接電気を流して再テストをしたらきちんとモーターは回転とストップ出来ました。
7
モーターシャフトの軸受け部やギヤにグリスを塗って電極接点圧を調整して
8
樹脂ワイヤーにもグリスを塗って巻き取り部分を戻し作動テストして完了です。
しかし問題がまた一つ発生しました。
今度はオーディオOFFでアンテナ用電源がOFFしなくなり電気が流れっぱなしに!アンテナを格納してくれません。
オーディオ内は電子回路で修理は諦めました。個別にアンテナをアップダウン出来るスイッチを増設して対応します。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

右後部座席ドアウッドパネル・クリスタルレジン研磨~塗布2回目

難易度: ★★

13年目の車検

難易度: ★★

オイル+フィルター交換と添加剤

難易度: ★★

左後部座席ドアウッドパネル・レジン研磨4回目塗布

難易度: ★★

フェイシアパネル・ラジオパネル・コンパウンド磨き仕上げ~組立

難易度: ★★

FMモジュレーター取付け ハンズフリー BLUETOOTH isimple I ...

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「おはようございます。
今日と明日はヒストリック&クラシックカーミーティングin仙台に参加しますので準備中です。
今夜には雨予報で微妙な天気ですが何とか降らないでくれると嬉しいのですが(^^;;」
何シテル?   04/14 08:23
1993年にJAGUAR Mk2を見てからいつかはこの様な車に乗りたいと 2012年にJAGUAR 3.8Sを購入、懲りずに2014年にFIAT600を購入。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

二次エア対策2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/07 00:08:06
JAGUAR 3.8S テストドライブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/12 23:01:42
LAKE SIDE MINI PARTY in OISO 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/28 23:08:47

お友達

同系列の車種の方は情報交換出来るかも…。
10 人のお友達がいます
MP4改MP4改 * 水野蒼水野蒼 *
セイろくセイろく お・すぎお・すぎ
MORIZO@Simca1200SMORIZO@Simca1200S KL5150KL5150

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

ジャガー Sタイプ 3.8S(S-TYPE) 1964年式 (ジャガー Sタイプ)
24年前に旅行先でJAGUAR MKⅡを初めて見た時から、いつかこの様な車を所有出来たら ...
フィアット 600 FIAT600 2a Serie (フィアット 600)
1959年式の600です。 2a serie (最初期形のマイナーチェンジ) 600Dに ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.