• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

私はミント満は心凉のブログ一覧

2016年12月28日 イイね!

美波を振り返

いった~!ほら、ね。こっちの手が折れそう!」
美桜里は拳をさすりな實德




がら美波を振り返る。
え~~!そうなんですか?ちょっと私にも一発殴らせて!」
殴らせろという表現がユニークで早雪はその光景を眺めながら笑った。
東京にいた頃とは大違いだ。
(でも、結婚するまでは私も編集部でこんな風に楽しく働いてたんだよね)
どこから歯車が狂ってしまったんだろう。そう思うと、やるせなくなる。
幸せになるために結婚したはずだった。
それなのに、お互いを不幸にして、さらに子供たちにも無理を強いてしまった。
(他に道があったのかな)
離婚騒動の時は必死すぎて見えなかったが、もしかしたら全員にとってもっと良い道があったのかもしれない。だが、今更どうすることもできなかった。
おかえり」
リビングから出たバルコニーで風に当たっていた早雪に、ビールの缶を渡しに来た栄太。
ただいまって言うのもなんか変な感じね」
受け取りながら早雪が苦笑する。
そんなことないだろ?俺と買賣股票
しては、ここが第二の我が家ぐらいに思ってもらえると嬉しいんだけどな」
ありがとう。そういってもらえると、ちょっと嬉しいわ」
およそ1ヶ月ぶりになる栄太。
この1ヶ月、ギスギスした人間関係の職場で淡々と仕事をこなし、貴彰が東京にいる3回ほど飲みに行った。身の上話も少ししたが、2回目、3回目はほぼ仕事の話だった。
職場に出向いてもらい、編集スタッフを交えた会議を2回しただけだった。
ぼんやりその時のことを思い返していると、栄太が笑って早雪の頭をぽんっと撫でた。
え?何?」
いや?なんかあったのかなって思って。この一ヶ月はどうだった?」
うん、なんとかやる事終らせて逃げて来た感じ。」
そんなに、居心地悪いのかい?君なら周囲と上手くやれそうだけどな」
そうね。結婚前までは今よりはやれてた、かな」
そうか」
決定打は離婚で左遷されて居場所がなくなっちゃった感じ。でも、仕方ないわね」
仕方ないのかな。プライベートなことだろ?仕事に関係ないじゃないか。」
そう簡単じゃないのよ。」
そう言われて、栄太は言葉に困る。
確かに、大学病院の医局にいた期間は短かったし、それだって一般企業とは大分異なる。
そうか。じゃ、二ヶ月、ここでゆっくり羽を伸ばしつつ、仕事に打ち込むと良い。俺にできることなら、なんでも協力するよ」
ありがとう。美波ち實德環球金業
ゃんも来たし、楽しくなりそうね?」
そうだね。美桜里さんと貴彰さんも休戦協定みたいだしな」
あはは。意外と良いコンビだと思うんだけどなー、あの二人。正反対で」
それは言えてるかもしれないな。」
バルコニーからは裏手の森が見える。
街灯もなく、真っ暗な景色を眺めながら早雪は隣の栄太の気配に少しホッとしていた。
そういえば、優香ちゃん。赤ちゃん連れて戻って来てるよ」
そうなの!?」
Posted at 2016/12/28 18:07:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月20日 イイね!

龍大も寝ち

リビングに戻るなり栄太が鋭い視線を向けて来た。
さすがの栄太も腹に据えかねた様子で、13年前の事件の時、最後に葉月にカルテを渡しに来た栄太を彷微創手術彿とさせた。
悪かった」
神妙に頭を下げる敦。
敦さんが過敏になるのも分かる。だけど、今回のことは笑って許せる話じゃない」
栄太は言いながら敦の正面に座る。
彼女が言ったとおり、彼女はむしろ被害者だ。東雨宮の親類だってだけで離婚され、子どもも取られた。会社でも立場が悪くなり、左遷されて今の編集部に異動になったらしい。我が子を手放した事をとても悔いていて、苦しんでる。彼女のせいじゃないのにな」
栄太は苦しそうに敦から視線を逸らした。
それなのに、居心地の悪い会社でも辞めずに前向きに頑張っているんだ。俺は、傷ついていてもひたむきに頑張って前に進もうとしている彼女に惹かれたんだ。その彼女を傷つけ、邪魔をするなら、敦さんであっても許さないよ」
はっきりと告げられた栄太の言葉に、彼の本気度が伺えた。
敦から見ても早雪はしっかりした大人の女性だった。
しっかりしているのに、どこか影がある。その独特な雰囲気に栄太が惹かれるのも分かる。
ただ、どうしても東雨宮の牛熊證 行使價
親族という事実がひっかかる敦だった。
謝ってくる。」
後にしてくれ。しばらく一人になりたいそうだ」
分かった。」
じゃあ、しばらく、民宿に戻ってようか。龍大も寝ちゃったし」
葉月がぐっすり眠っている龍大を見せるように体を傾けると、敦は小さく頷いた。
彼女の気持ちが収まったら、連絡くれ。ちゃんと謝るから」
分かった。ひとまず、夜にでも来てくれ。ザンの方もそれまでに気持ちの整理がつくだろう」
栄太は敦を見ずに言い、リビングの扉を開けた。
敦と葉月は気まずい雰囲気のままシェアハウスを後にして改装工事が済んだ民宿に戻って行った。

ねぇ、いつまでそうやっていじけてるのかな?」
上から振って来た呆れたような声に、ザンは苦い顔をして顔を上げた。
部屋の隅に座り込み、ただ呆然と床を見ていたザン。
美桜里はベッドに座ったままこ熱水爐
ちらを見て困った顔をしている。
前にもそんなような事を言われたことがある」
さっきの彼女に?」
ああ」
あれは2年前。
Posted at 2016/12/20 12:16:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月13日 イイね!

るまではそう時

ごめんな、帰って来て早々驚かせて」
ううん…」
うまく言葉が出て来ない早雪を抱きしめ、栄太は目を閉じる。
巡回の準備をしていたら、妙に焦げ臭くてね。ザンが2階で何か作っているのかと思ったんだが、嫌な予感がして、診療所の裏口を開けたんだ。そしたら…」
外に火がついていて、かなり燃え始めていたらしい。
消化器一本でどうにもならないと判断し、栄太はまずザンを起こしに向かおうとしたが、上からザンが怒鳴った。
医療器具やカルテを運び出せ!ってな。さすがザンだよ。俺より先に気づいて、消防団と自警団に連絡入れて、俺たち康泰 澳門
全員の荷物を出来る限り運んでくれてた」
栄太は言われるがまま、カルテや薬、医療器具を素早くまとめて何度も外に運んだ。
二人はまだ2階に火が回りきっていない事を確認すると再び荷物を取りに2階へ走った。
ザンの読みだとこの勢いで火が2階に回るまではそう時間はない。外の階段が使えなくなるのには5分もないだろうと判断した。
二人は急いで荷物を運び出していた。そこに自警団の面々が到着し、それからすぐに早雪と貴彰も帰って来た搬屋のだ。
なんで火事に?」
ザンが言うには放火じゃないかって…」
また、放火?」
民宿も放火の可能性が高いと言っていた。
それを思い出す。
早雪はさすがにショックが強かったらしく、栄太に身体を預けて目を閉じる。
栄太は昨晩の敦からの電話を思い出して背筋が凍りそうだった。
民宿の火事、美桜里の拉致、診療所の放火。すべて一本の線でつながっているような気がしてならなかった。
しばらくしてなんとか火が消えたとザンが知らせに来て、消火活動を手伝っていたらしい貴彰も黒く汚れた顔をして戻って来た。
後部座席に座ったまま動けない早雪と、車の周りに集まる男3人。
ひとまず、早雪さん。その格好じゃ外を歩けないし風邪を引きます。栄太さん、ここへ向かってください」
貴彰が自分の名刺を渡して来る。
そこには殴り書きで住所と部屋番号が記されていた。
これは?」
今唯一空いているマンスリーマ循環貸款
ンションの部屋です。管理人に電話してありますので、部屋で待っているはずです。鍵を受け取って、今日はここをお二人で使ってください。電気、ガス、水道、使えるように手配しておきました。狭い1Kですが、ここしか空きがなくて…」
ありがとう、貴彰さん…。助かります」
栄太が頭を下げる。
Posted at 2016/12/13 11:44:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月06日 イイね!

今まで刻まれて

気のせいか顔色が少し悪いと感鑽石能量水系統

じた司は、まさか自分が激しく求めたからかと考えていた。
つくしは何も言わず黙ったまま膝の上で手を握っていた。何をするわけでもなくじっとしている様子はどうもおかしい。司は再び聞いていた。

「なあ。どうした?具合が悪いならこれからすぐにでも病院に行くぞ。すぐ車を回させる・・」
司はすぐにでも行く勢いだ。だがつくしは首を横に振った。

「ま、待って大丈夫だから。本当に」

意味深な視線を投げかけ、少し考え込むような素振りでいたが、やがていたずらっぽい目で司を見ると何か言葉を選ぶように唇を開いた。

「ち、違うの」
つくしは慎重に言い添えた。
「あのね・・多分赤ちゃんが出来たんだと思うの」

一瞬の間の後、司の中に高ぶるものは、その感情は大きな波となっていた。湧き上がる思いというのは、まさにこのことではないだろうか。胸の中が熱くなり、己の鼓動が高鳴り眩暈まで起こしそうなこの感覚。体の中で今まで刻まれて来た何かが司を突き動かすようだ。それ鑽石能量水系統

は人間としての本能とも言えるものかもしれない。

自分が父親になることが信じられない。

「つくし・・本当か?」

囁くように呟かれたその言葉。
美しい大きな瞳に微笑みたいのに、吸い寄せられたように見つめるばかりで声も出せないでいた。そればかりか司は自分の顔が真面目くさった顔をしているはずだとわかっていた。

「うん・・多分ね。まだはっきりしないんだけど、そんな気がしていたの。でも多分そうだと思う」

深く息を吸い込むような音が聞えたかと思うと、つくしは思いっきり抱きしめられていた。
腕の中にいるのは妻。そしてそのお腹の中には司が自分のことを言った染色体の幸運の組み合わせがいる。

「この前から生理が遅れて鑽石能量水系統
て、それに胸も少し敏感になって・・い、痛いの」

司はソファから立ち上がり、つくしの前で床に膝を着くと彼女の腹部に手を当てた。
それからまるで宝物を見つけたように妻の顔を見上げていた。

「さっきも、急に胸が気持ち悪くなってトイレに行ったの」
Posted at 2016/12/06 11:36:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「許氏兄弟找換,許楚家建議大家就近兌換 http://cvw.jp/b/2680785/43177198/
何シテル?   08/20 18:01
私はミント満は心凉です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

愛車一覧

日産 180SX 日産 180SX
日産 180SXに乗っています。

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.