• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年06月09日

保存版・ 珍車PART415

保存版・ 珍車PART415 今回のお題、スバリストさんお待たせ致しました!って感じのコレ

⇒『昭和61年(1986)3代目AL5型スバルレオーネツーリングワゴン1.8スーパーツーリング』!!

3代目レオーネはここでも何回か取り上げましたがこれの中でも一番好評かつ般的人気?も高かったツーリングワゴンは初めてのご紹介!

後続レガシィで空前のステーションワゴンブームを作りそれまではバンと混同され敬遠されてきたワゴンの新境地を拓きましたがそのベースはこのレオーネツーリングワゴン(T/W)、過去ブログでも散々記載した通りスバル1000~2代目レオーネまでは熱狂的スバリスト以外にはその独特なスタイルや機構が万人受けするものとは言えず“変わったクルマ”的イメージが大きかったのですが一早い4WD乗用の一般訴求などは熱心でしたので2代目のT/W辺りから4WDモデルが注目を集めていました。
そして更にそれまでのアクの強さが控えめになった3代目ではセダンやクーペ、そしてT/Wもそれまでの富士重デザインではないシャープさ、お洒落さを纏い90年代に向かう好景気の中、RVブームもあり
T/Wはアウトドア派に注目、その流れがバブル突入と共に次期型レガシィにそのまま継承、レオーネ以上にワゴンの究極を目指したレガシィT/Wの他を寄せ付けない爆発的人気となっていました!

さて、レオーネT/Wは84年、セダン系のMCにやや遅れてデビュー、これは先代がそこそこモデル末期でも台数を稼いでいた事と生産調整もあったのでしょう…

3代目は初代レオーネ以来伝統のサッシュレスドアを継承、直線基調のクリーンでシャープなスタイリングはボディ車型に関わらず非常にワタシみたいな凡人、スタイル派にも好感が持てる出で立ち。

特にT/Wは先代の好評であったアップルーフを継承、1.8Lクラスのこの類もモデルでは非常に広大なラゲッジを持ち余裕のある世の中でクルマを余暇にも活用しよう!と世が謳い出したこの時期にピッタリとハまるモノで現役~後年も比較的一番多く見れたのがT/Wでしたねー。

セダン系も随分一般的にはなりながらどうしても“スバル”“レオーネ”には一種、一般人には近寄れないイメージもありましたからその中でワゴンは異端児?までは言いませんがワタシの仲間でも「レオーネ?あぁ、ワゴンなら乗ってもいい!」って言う意見、ワタシも含めて多かったです^_^;

現車をここで見てみますがよくぞ頑張った22万㎞!EA81型水平対向は永年守り通した?先代までのOHV→OHCに進化、相変わらず例の♪ドコドコドコ~は健在でしたが先代までのモノと較べるとOHCの恩恵か高回転の伸びが劇的に気持ち良くなっていたのを憶えています。

T/Wはこれに加え4独、しかもRrはありがちなストラットではなくセミトレのしっかりしたコストのかかった形式でやや柔らかすぎるキライはありましたが乗用ワゴンとしては及第点だったと感じます。

↓お疲れ様の実走22万㎞オーバー!ここまで飛んだEA型エンジンって経験ないのですがパーツはまだ出るでしょうしO.Hでまだまだ延命可!?


R点で前ヒット、後遺症もあるようですが特に大事ではない様子、ただOIL漏れやドラシャも×な様子なのでそれなりに修復には予算必要ですね~。

しかしこの型のT/Wも全くと言っていいほど見なくなりました、まだ旧車価値としては出ていない感じながら程度のいいモノであれば“マニア向き”のセールス文句が付き結構なプライスボードを掲げているよですしこれからは跳ね上がるのみでしょう…

↓C評価の室内、28年モノですからね、極上部類でしょう!


レオーネを語る時はどうしても元祖“AWDのスバル”ですからね、永らくパートタイムで4駆をリードして来ましたがWRCで脅威の強さを見せたアウディ・クワトロに端を発し世界的にフルタイム4WDが主流となり日本ではこれを初採用したのがマツダ、ここに先を越された更にフルタイムのAT化も遅れを取り“元祖”の面目も怪しくなりかけましたがラリーのような競技の世界では別として生活4駆としてはパートタイムの方が理に叶っている部分もありましたしね、初期はパートタイム方式ですが何らレオーネの魅力を失うモノではなかったと思います。

↓外装も未記載ですがCレベルは行く感じ、プラ部品の経年変化のヘタリが見られますが塗装はまだしっかりしてますね!


余談になりますがT/Wは商用バンとボディを供用、いすゞにも『 ジェミネットⅡ 』としてビッグホーンとの相互OEMで供給しておりワタクシの地元神奈川ではいすゞ関係企業も多かったのでレオーネバンよりこちらの方を見かけた度合いも多かった感じ、勿論T/Wはスバル専売でしたが提携していたいすゞの工場社員PにはこのT/Wも多かったですね、当時は。

↓凹、大傷も画像の限りはナシ、マニアにはお宝になる可能性大きいですね!


出品は北関東と思いきや岐阜!お膝元の群馬やその近県茨城栃木の会場でもまず出品もないですが岐阜とかって意外…。

落札額は両手をやや下回る感じでやはり機関の不具合や距離的に不安要素もあるからでしょう、しかしこれがもう少し距離浅でしたら価格の伸びは間違いないでしょうしやはり“マニア向け”でいい値段を出せる希少車になってきていますねー(^.^)/
ブログ一覧 | スバル | クルマ
Posted at 2018/03/11 14:48:40

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

珍車PART694
元Gureさん

保存版・ 珍車PART465
元Gureさん

保存版・珍車PART589
元Gureさん

保存版・ 珍車PART606
元Gureさん

プラットフォームの話をするんだった ...
ウッkeyさん

この時代の‘スバル味’
SHUGOさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ハマでのクルマ弄り記2018.8/19 http://cvw.jp/b/2682511/41852489/
何シテル?   08/19 16:38
“元”Gureです、しぶとく再登録、新規ネタ&過去ネタをUP中、過去記事は主に2013/5~2017/3迄、仕事場兼隠れ家?の山梨ヤードでのクルマ弄りや過去シリ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

以前登録頂いていた方との交流復活が主、新規も拒みませんが趣味嗜好に合わない場合は削除しますしこちらからは滅多に申請、イイね、レスもしません。
新旧問わず解除した方はお断り、過去対立した人物、その人物と友達登録者も方お断り!上からで恐縮ですが趣味の世界、ストレスフリーが理想の為ご理解下さい。
22 人のお友達がいます
えとぅえとぅ 白しび#3白しび#3
くさいしがめくさいしがめ ケネス@元ギャランAMGケネス@元ギャランAMG
LED・HID販売のfcl.LED・HID販売のfcl.みんカラ公認 minicatminicat

ファン

259 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
E39AギャランVR-4、3代目になります。 1号機1992~1997、2号機2004~ ...
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
息子との共同所有、エボIVも若い頃乗っておりまだ3歳だった息子が当時憧れていたと免許取得 ...
三菱 ランサーカーゴ 三菱 ランサーカーゴ
業務用、街乗り用。 初の4ナンバーマイカー所持、毎年車検は厄介ながら多量の積載、その気に ...
カワサキ ZZR250 カワサキ ZZR250
2018/4~の所有、4年ぶり2輪返り咲きの相棒になります!20年超で約25000㎞走っ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.