• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年07月02日

珍車PART910

珍車PART910 珍車シリーズ在庫大処分!?
いやいや、ストック溜めるだけ溜めてるんで連投でっす(^^;

910弾に因んで?910ブルーバード捜しましたが残念ながら無かったっす(ってそれじゃどっかの語呂合わせ〇チガイじゃねーかwww)

ってなこんで今回のお題、そのあまりの極悪燃費から数年前のエコ競争時代ななんてAA会場の片隅や田舎のあぜ道なんかに捨てられていた個体も少なからずおりもう死に絶えたか!?と思いきやここのところの90年代車ブームで息を吹き返したように旧車店等に並ぶのを見れるようになってきました、しかも例外なくそんな不遇な扱いされた数年前が信じられない高額にて(驚)

⇒『平成3年(1991)JC3SE型ユーノスコスモ13BタイプSX』!!

L/3㎞とか100㎞走ったらタンクが空になるとか言われたユーノスコスモ、現車は従来からある2ローター13B型ですがTOPグレードにはおむすび3つの3ローター20Bを引っ下げてデビュー、いやー、時代ですよね、バブル期…

と言ってもユーノスコスモが出たのは1990年、時は既にバブル衰退にあり翌91年には完全崩壊、設計時のイケイケ景気の時代にマツダエンジニアが夢とまで言った3ローターエンジン、デビューが遅すぎた!

確かにあの時、ただでさえパワーでは絶対的評価のREエンジンでしかも後にも先にもこれだけの3ローターはカー狂にとっては見過ごせないモデル、300psオーバー設計(市販はデチューンし当時の国内自主規制である280ps)のシーケンシャルツインターボの20B、そりゃ話題に登らない訳がない!! さすが退屈なクルマを造らないマツダですわな、退屈どころかいくらバブル期とは言えこれはやり過ぎ?って気もしないでもないですがw

しかし哀しいかなスポットが当たるのが常に燃費の数字、メーカー発表の10モード/10・15モード燃費で6.9㎞という値はいくらこのクラスのライバル陣も褒められた数字ではないと言ってもコスモはそれを飛び抜けていた、実際は100㎞でタンク空は都市伝説としてもL/3kmは事実じゃないかな?これも回送他で転がした事ありますがまぁ、驚く程踏むと燃料計が見る見る減る、大体クルマの燃料計って非常に精度が甘く造られているので走行中にメーター下がるのが目で解るような事ってまずないにも関わら関わらずこのコスモはそれが解るってのが凄い、あっ、これは20Bのモデルでのお話で13Bはもう少しマシではあるでしょう、13Bは昔NA時代の経験しかないですが少なくとも4~5kmは走ったし(笑)

そんな訳で悲運のコスモ、デビューと同時のバブル崩壊で既にパーソナルクーペの需要が減退していく中、96年までカタログモデルながら販売は悲惨な結果、特に前述の通り20B搭載車は少なかったですから現存はどん位あるんだろ?って感じ…。

マツダが誇る国産名車の一つ『コスモスポーツ』をオマージュしたデザインも話題になるもユーノスコスモはとにかくデビューの時期が悪く悲運なモデルでした、もう少し早くデビューしていれば10/20ソアラやF31レパードのいいライバルになれた事でしょう。。。
alt

それでは出品車を見てみます、総評4の内外C、機関等に不具合は出ていない様子で距離にして10万弱、まぁREですからO/Hはしたいところですが全体的に状態はイイ感じ!
alt

今も昔もマツダのインテリアはセンスが良くそのパーソナル度はどこか堅気じゃない独特な雰囲気がありました、現車はその美しさを維持している様子!
alt

時代的にはトヨタが20/30ソアラ、70/80スープラ、日産がR32/33スカイラインにZ32Z、三菱GTOという燃費なんて二の次の高性能スポーツが大腕を振っていた頃なのでユーノスコスモ、これらと較べ性能で考えるとそんなに燃費に大きな差はないとは思いますがね、数値でズバッと表されると当時、いくらスポ車ブームだったと言っても高燃費と言う部分が独り歩き、そしてREには熱狂信者がいる代わりに一般的にはその高燃費故、やはり避ける傾向もあったりで現代でも復活を望む声は大きいもメイン動力としてはどうなんでしょうかね?その性能を示すかつてのコスモやRX-7/8みたいなスポーツモデルの復活が望ましいとワタシも思いますが今のご時世的には難しいかな!?!?

内外Cの現車、30年モデルとしてはかなり大切にされた個体のようでマニア的には”アリ”な1台かと!
alt
alt

前回のギャランΛでも述べましたがスポーツクーペ、パーソナルクーペなんてのはもう見向きもされない現代、しかしそんな世相に反してこのユーノスコスモも例外なく中古価格は高騰、如何にこの時代の個性派モデルが希少なのかを表していますよね、この出品車も数年前桁で取引されたいたとは思えない金額で落ちています!

ユーノスコスモとしてはアンパイな?13Bモデルでも驚く金額ですから20Bが出てきたらその数字は燃費以上に衝撃かもしれませんナ。

(^^)/
ブログ一覧 | マツダ | クルマ
Posted at 2021/07/02 21:46:39

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

宇宙 コスモ地球に舞い降りる。君は ...
徳小寺 無恒さん

【ロータリー親子対談】ロータリー中 ...
雪宮さん

Rx-8、ユーノスコスモ プチナイ ...
雪宮さん

音も無く加速する! バブルマツダの ...
雪宮さん

【ロータリー親子対談】ロータリー中 ...
雪宮さん

回想車 コスモ編
KEI♪さん

この記事へのコメント

2021年7月2日 23:40
おおぉぉぉ~!
ユーノスコスモですか!
ご近所に一台いましたが、数年前にBMWに換わりました(涙)
暖気でガス欠した とか 長距離出るならタンクローリー連れて行かにゃならん とか ミッション/クラッチがもたないからATしかない とか デチューンしてあっても実測300馬力越えてた とか 逸話に事欠かないですよね(笑)

時代が一回りして またパーソナルスポーツクーペの時代になったとき・・・一千万超えかもしれませんねf(^_^;
コメントへの返答
2021年7月2日 23:52
うーん、時代が1回転した時にまだ内燃機関というものが残っていればいいんですが…

残っていても物凄い重課税とかで実質エンジン車は乗れなくなりそうなワタシら年代にとっては悪夢が訪れると嘆き悲しみますわ、まぁそうなった頃には返納ってお年頃にもなりそうだし80~90年代の夢の時代をリアルに体験した事を誇りに思うしかないですナ。

おすすめアイテム

プロフィール

「元Gure散歩♪~ギャラン編~ http://cvw.jp/b/2682511/45466412/
何シテル?   09/16 21:52
元GureのHNで活動、新規ネタ&過去ネタをUP中、過去記事はかつてほぼ移住していた山梨や本拠でのクルマ弄り記録や過去シリーズ的に上げていた独自の企画モノを再U...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/9 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

゛K”を愉しむ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/07/14 01:13:18
あのクルマの系譜・その21~三菱GTO編~  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/04/16 22:31:38
《新企画》あのクルマの系譜・その1~三菱ギャラン編~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/12 17:16:21

愛車一覧

三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
E39AギャランVR-4、3代目になります。 1号機1992~1997、2号機2004~ ...
三菱 ミニカ 三菱 ミニカ
趣味車、遊び車としてR2年6月導入。そこそこお高かったながらこれを逃すともう2度とは出会 ...
ヤマハ XJR1300 ヤマハ XJR1300
初のリッターバイク、単車らしいオーソドックスな80年代風ネイキッドスタイルはやはりワタシ ...
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
3号機VR-4復活までの足として2015年仕入れ、4G63パワーの禁断症状が我慢できずV ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.