• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

元Gureのブログ一覧

2018年08月21日 イイね!

珍車PART783

珍車PART783お元気ですか?www

と言えばこのクルマですナ、独特なCMで人気を博しバブル期の勢いもあり結構見かけましたよね~、老舗スカイライン/ローレルの兄弟的存在でマークⅡ兄弟やディアマンテ等をライバルとし善戦、後年にはFRという事もあり走り屋層にも絶大な支持を受け定番のS13シルビア/180では飽き足らないファンに大人気でした…。


そんな初代セフィーロも最終で94年ですからもう24年も前、さすがにネガキャンバリバリシャコタンのトンガッた個体ですら死滅した様子ですっかり見なくなりました、兄弟のR32やC33が時折見かけるのに対し我が地区では絶滅?といった印象です。

⇒『平成3年(1991)初代A31型セフィーロタウンライド』!!

昭和の終わりである88年に糸井重里氏による「くうねるあそぶ」のヘンテコな!?キーワードでデビュー、井上陽水氏の「お元気ですか?」のCMが爆発的ヒットとなり大きな話題になりました。

ただ、88年秋頃より昭和天皇のご容態が思わしくないとの事でこのCM、「お元気ですか?」の部分だけ音声を消すなどの自粛もありインパクトでかかった割にそう長くは流れてなかったと思います。

「お元気ですか?」のセフィーロCM、子供から大人まで陽水氏のモノマネしてましたっけ。。。


初代A31は88~94年の在任、しかしバブル崩壊となりバブル期は持て囃されたこのカテゴリー車の支持が急速にダウン、個性的なFrマスクは90年のMCで平凡な形状とされ当時税制改革から2L→2.5Lに主力を移すも人気はダウン、更に92年の再MCでFr/Rrのイメージを大きく変更した事により人気は凋落、その後のドリ車流用も前期A31に限られるって感じでした、中期~後期セフィーロは往時ですらレアだったと思います。

現車はそんなレアな中期型となる91年モデル、グレードがセフィーロでは低グレードとなる2000タウンライド、SOHCのRB20E搭載モデルですねー。

このグレード名も初売時は大きく注目、普及版にタウンライド、高級版がコンフォート、スポーティバージョンがスポーツとされRB20E、RB20DE、RB20DETがそれぞれ搭載されそこにハイキャスや電子制御サスを組み合わせられると言った具合。バブル期の日産を象徴するよなグレード名はシルビアのQsやKs、ローレルのクラブL/Sとか従来にはない斬新なネーミングで日産ファンを増やした感もありましたネ!

実走6万弱、致命的瑕疵もない様子で総合3.5評価のA31はなかなか探しても出ない逸品!


ディアマンテのHITにより従来のミディアムクラスがメインを2Lから2.5Lに移しており2Lは廉価版の立ち位置、ローレルスカイラインは勿論トヨタ勢もディアマンテに太刀打ちするため排気量UP、大幅に税金の安くなった3ナンバーに移行しだした頃の2Lモデルってのも希少かもしれんです、ハイ。

廉価版と言えどもこのクラスですから当然フル装備、内装はC評価で24年経過としては上物!


距離が短いので勿体ないながら最低RB20DET、できればRB26DETT&MT載せ換えで愉しみたいですね~、落札額もセフィーロ故にR32スカイラインのようなプレミア価格にはまだならず非常にリーズナブル、改造ベースとしては程度も良くこういった目的での走り屋系の専売店が落としたかもしれません、まだまだそうした需要があると思われるし。

外装はB評価ですからかなり綺麗な筈、屋根保管で大切にされてきた個体と推測!



出品は関東、落札額は二桁超えた程度、ノーマルセフィーロ見るのも久々ですがこのクルマはやはり弄ってるのが似合う?

しかしZ32、R32、C33、S13にP10等この時期の日産はホントに良かったですネ~(^_^)v
Posted at 2018/08/21 20:06:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ
2018年08月16日 イイね!

珍車PART782

珍車PART782これも80年代カブレ相手や投機目的により価格高騰が凄い(*_*;

3年前位まではそんなでもなかったですがねー、今や店売り200万なんてのも珍しくない、尤も人気ありましたから比較的長く残ってはいましたが2010年代になってからは街で見る回数もめっきり減りそろそろ希少車レベルになってきてはいます、それにしても急激な値上がりにはただただ茫然ですわ…

⇒『昭和60年(1985)6代目DR30型スカイラインセダン2000ターボRS-X』!!

R30スカイライン、60~80年代のスカイライン黄金期で唯一?4気筒モデルがメインになったモデル、C10型ハコスカから長きに渡りスカイラインのメインを勤めた直6 L20エンジンも80年代に入ると急速に古さだけが目立ちこれに代ってFJ20型4バルブDOHCエンジンを積むRSシリーズが人気の中心だったのはご承知の通り!

RSと言えばやはりこれを思い浮かべるスカイラインファンは今も多いでしょう…


RSについては超有名なクルマですからワタシづれがくどくど書くのは控えます、出品車を大人しく眺めましょうw

まずは年式に注目!この年に次期7代目R31に切り替わりますのでR30の最終RS-Xですねー、当時R30はモデル末期でも人気が高く最終型だからと特に珍しい訳ではありませんが鉄仮面(後期、83~)で一番登録が多かったのが84年、最終85年って言うの8か月程度の販売ですからこの年式に絞って探すとなると結構難しいかもしれません。

総評2、内外CDと年式なりですが走行は年式からすると少ない14万㎞台、不具合や瑕疵はそこそこありますがまだ再生レベルではなく暫くはこのままで乗れる感じですナ!


DR30は81年のド初期のヤツをワタシも愛車にしていた時期があります、いい意味でも悪い意味でも60~70年代の味わいを残し気難しい部分もありましたがスカイラインのハードモデルらしいドライバビリティは概ね満足、トヨタや三菱慣れしているとシフトフィールやクセが強くメンテに神経質にならないといけないFJエンジンには手を焼きましたがイイ車でした、何よりも野太いサウンドはノーマルでも充分な迫力で西部警察の特殊効果音とは行きませんが数多く乗って来たクルマの中でノーマルであれ程心地よいサウンドを奏でるクルマ、他になかったです…。

C評価の内装、バケットの痛みはそこそこあるも内張等は綺麗な様子!


R30で唯一気に喰わなかったのがこのインパネ、先代ジャパンや次期R31の“絶壁”の方が好みでしたねー、C31ローレルもこんな感じでしたが当時の大衆車パルサーみたいで安っぽくてNG!!


スカイラインを取り上げる度にいつも書きますが現行、てかV35以降はワタシ世代ですとどうしてもスカイラインとして受け入れるには難がある、栄光の時代をリアルに過ごしてくるとスカイラインのイメージはこびりついてるんでハコスカやケンメリのDNAを継ぐこのR30やこれ以降R34までのスカイラインにどうしても郷愁を感じます、高級プレミアムカーになってしまった現行スカイライン、セダン衰退の流れを勘案しても現在の売れ行き不振には納得してしまいますね(あくまで個人的思い)

ガン/黒2トーンのボディは画像の限りそこそこの状況、サビの程度が気になります!


80年代前半のクルマは防錆がまだ未熟でしたんでこの辺の痛みは厳重チェックしたいところ、加えて日産は電装も弱いんで乗り出しには相応の金は掛かるとは思いますがそれだけの投資をしても惜しくないレベルのモデルになってきましたねー!

個人的には3本グリルこそRS!!って感じますが鉄仮面、個性では勝っていますしセダンになるとイケイケ具合も弱まりますし嫌いじゃないっすw


出品は関東、落札額は数年前の相場に0が一つ増えており店売りは確実に150~170ってところでしょうか?

名車揃いのスカイラインの中で4気筒ハイパワーという異端児だったR30、歴史的存在感が高まってきましたね(^_^)v
Posted at 2018/08/16 19:53:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ
2018年07月02日 イイね!

珍車PART774

珍車PART774
旧車の王道が出てましたヨ、但し不動(憶測)のどう見てもポン〇ツですが…

510ブル、これもワタシの青春期80年代なら単なるポンコツでまともなモノでも一桁万円、アクションドラマでは破壊要員だったのに化けましたぁ…


⇒『昭和46年(1971)3代目ブルーバードN510型1400DX』!!

510も王道だけありそれ程現代でも見かけ珍しいって感じはしないんですがこの個体、510の最終型で既に次期610型ブルーバードUが発売以後にMCして併売されていたモノ、510がテンロククラスのファミリーカーだったところ610はグレードUPという当時持て囃された言葉の下、一気に車格を上げ1.8L級となっており1.2~1.4L級のサニーとブルUの間が開いてしまい70年にデビューして好調なライバル、トヨタカリーナに対抗するため旧型の510を継続販売、73年には510の立ち位置を受け継ぐ710型バイオレットがデビューしますがそれまでの繋ぎ役として引っ張った訳です。

510はサファリラリーでの活躍と70年代らしいスーパーソニックラインを纏うシャープなスタイリングで大人気を誇っていたのもありデビューは67年ながらその人気に便乗、当時の通常モデルライフの4年を大幅に超える都合6年の存在、610登場以前はクーペとセダン、エンジンもL13~L14(1300/1400)L16(1600)L18(1800)という3種を搭載しワイドバリェーションを展開しライバルのコロナと激戦を繰り広げましたが610デビュー後は対コロナ戦略をブルUに任せグレードやエンジン、ボディも整理、セダンのみとし70年から1300→1400とされたサニーエクセレント用L14型1.4Lと従来型L16(シングル、ツインキャブ)の3ユニット化、ブルU以前の1800(L18)は廃止とし対カリーナ向けでバイオレットデビューまでの71~73年まで延命したっつー訳ですね。

510の直系は610ではなく710バイオレット!
alt

※510については →こちら に詳細記載済

610以前の510はそれこそまだ沢山の個体がマニアによって残存していますが最終型はまず見ない、新車当時でもさすがに不評だった610でもそこはNEWモデル、MCされたとは言え既に旧型の510よりは格段に610の片が売れていたので最終510の生き残りは珍しいと思います。

正直このL14型ってエンジンは未対策でも眠いエンジン、サニーエクセレント(B110/210)ですら格下のOHV A12型の1200にも劣るドライバビリティは全てはエンジンの重さ、L14はOHC機構の為重量もA12に較べありFrヘビーで殆ど魅力がなく更に重たい510に載せても廉価版以上でも以下でもなくワタシも2~3度転がしましたがL16やL18で慣れ親しんだイメージからだとガッカリする、まだエクセレントの方がマシ、不思議と710バイオレットの1400ですとそうはダルさは感じなかったながら510はやはりスポーティな印象があったんであくまでイメージの世界ながら適さないエンジンだったと感じます…。

さて、残念ながら現車、現車コーナー(不動含む)の個体で詳細は現車確認するしかないので解りませんが恐らく長年どこかの空き地に放置され不動って感じ?青天井だったのでしょう、外装はサビ他かなり痛みもあり下回りも相当な腐食が推測される状態、ただ穴開きなどは画像の限り見えないのでレストアベースには充分なり得るかな!?

現状コーナーなので情報は乏しい出品票


部品取りってのもか考えられますが内外各パーツは揃っている感じなのでこれは是非とも510マニアさんに頑張ってもらって活かして欲しいですネ~。

Frグリルは何故か初期型(67~69年)の1300DXのグリルに交換されています!


ベンコラが魅力的な内装はさほど荒れも見れず比較的イイ状態!


シートも充分まだ使える感じ!


510ブルは販売期間が長かったので4度のMCが施されており従って4つの顔と4つのテール、インパネも70年に全面変更されより近代化、これの最終である現車ですが上述の通り数ある51の中でも希少なのでクドいながらも復活を夢見たい、部品取りでは勿体無いと思いませんか!?!?

ボディの荒れ方はパッと見では目を覆いたくなるも良く見ればレストアベースとしてはまだまだ可能性大!


バンパーやモールの再メッキ、ボディは下地からやり直しでALLペン、三桁位かければ新車並みになるベースは持っていそう…



出品地は中京地区、落札はこの状態ながらそこそこイイ値段で落ちておりその金額からして間違いなくレストアベースとしての落札でしょう、目出度しメデタシです!(^^)!
Posted at 2018/07/02 21:30:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ
2018年03月18日 イイね!

珍車PART760

珍車PART760
珍車シリーズ、連続して大型トラックを熱く?暑苦しく?語ったんでそろそろ乗用に戻りますか(^^;)

て訳で今回のお題、腐ってもZ、ジャパニーズスポーツの原点はやはりコレですよね!戦後間もないダットサンスポーツから始まりフェアレディ210、SPL、SP、SR、そして69年にフェアレディZとなり以来半世紀、中断時期はあるも一貫して国産スポーツカーの代名詞的存在であるZの中から久々出品見つけたんでご紹介

⇒『昭和56年(1981)2代目S130型フェアレディ200Z-T2by2 Tバールーフ』!!

130Z、これは今でこそ旧車名車の一つに数えられプレミア値にもなっていますがリアルで見てきた世代としては排ガス対策期のモデルでしたし酷評されて印象が強い…

確かにワタシもかつての愛車でしたし先代S30時代の240ZやZ432のイメージを消せずに乗れば動力性能はガックリせざるを得ない、Zの最大の顧客であるアメリカの要望を受け30Zに較べ無用に肥満化したボディもドンガメ度をより顕著にし国内では決していい評価は聞かれませんでした、‟Zは堕落した”と78年S130デビュー時はそんな感じで(*_*;

ご存じの通りL20Eの2000とL28Eの2800の二通りでしたがまだまだ3ナンバー、オーバー2Lなんてクソ高ぇ税金の時代、一部富裕層しか280なんて手にできず一般人は200が普通、走りでは280ですと当時の水準では145psという高出力でZの名に恥じない走りはしたものの200だと実にこのスタイルが残念になる程の悲しさ、大幅に格下のパルサーやサニーのEGIモデルに置いて行かれる程の遅さは特にZですと酷評も致し方なかったでしょう、唯一のライバルだった後発RX-7(SA22C)のREパワーの前で200は完敗でしたしね~…

しかしあの時代、スポーツカーがあらゆる背景から全否定される中で各社この類のクルマを続々と引っ込める中、Zとしての矜持を持ち続けラインナップし続けた日産の姿勢は拍手モノ、2000年代に再びそうした時代が再来するも一時途絶えたZの魂を蘇らせたMrビーン氏、これだけは大きく賛同しましたしね、国産スポーツカーの十字架を背負うフェアレディZというクルマはどんなにスポーツカー逆境の時代でもそうした運命を義務付けられてるのでしょう、それにどんなに揶揄、ケチ付けられようとも応える日産の姿勢は立派だと思います!

そんな事言いながらドンガメZに乗っていた時代、ワタシのは初期型だったんでね、後にラインアップされたTバーとかマンハッタンカラーが眩しくて眩しくて!中でもS130終盤のようやくラインナップしたL20ETターボ145psのZターボ、これはホントに眩しくて目が潰れるかと思った(笑)

何せ130のモデルライフは~83年迄、その前年に日産ターボ攻勢のドベでラインナップされたZターボ、今更ながら5ナンバーで280の性能が得られるというのはセドグロやローレル以上にZファンが喉から手が出る程欲しかったモノ、そのスタイリングやイメージから型式認定がなかなか得られなかったという内情ですが僅か1年のZターボ、儚い憧れでした。

82/10満を辞してデビューしたZターボ!!



セドグロ430に国産初のターボモデルが追加されたのが79年、Zターボまでの3年でターボブームが急速に広まりZターボデビューは今更かよ!!的空気もありましたが一世を風靡したL20ETを例え僅かでもZが搭載した事に意義がある!私的にはそう思います(^_^)v

それでは現車を見てみましようかね、81年のマイチェン直後の後期型、よりS30風味だった前期テールをリ・デザインし80年代の現代風に改められたモデル、280はエンジン改良が施され145→155psと出力UPがなされるも200はその部分は手付かずでした。

↓そろそろ40年を迎える個体として内外Dながらまずまずの状態をキープ!


驚くのは実走5万㎞台?5桁メーターですんであてにはならないですが業者オークション、走行管理は徹底してるんで入庫記録他から実走と謳う以上間違いないでしょう、仮に違うと大きなペナルティ喰らうし…

事故落ちによるフレーム歪みや経年劣化は見てとれるも実働の130も数少なくなりましたしね、この個体は人気のTバールーフ、マンハッタンカラーでないのが惜しいですがこれでもマニアは歓喜モノでしょう。

↓スパルタンなS30Zからグランドツーリング的なインパネに変更されるも今見ればこれも立派にスパルタン!D評価ながら清掃他でCレベルとなりそうなイイ状態


S30後半でこれも米国からの要望で追加された4人乗りの2by2、スタイリング的には2シーターには敵わないながらもイザという時に狭かろうが横にしか座れなかろうがRrシートがあるとないとじゃ天と地の差!オーナー時はスタイリッシュな2シーターを横目で見ながら利便性ではコレ!!と無理矢理納得していたのも懐かしい、現車もそんな2by2、S130になってより2by2はbサイクになりますが売れ線はやはりこちらでしたね~。

↓Rrビュー、塗装のヤレや各部の劣化はやはりビッチリと再生してやりたい!


次期Z31までロングノーズ、ショートデッキのS30のイメージ、4代目Z32ではガラリと変わるワイド&ローのデザインとなり今に至りますが我々世代ではやはりZと言えばS30~Z31のイメージ、勿論Z32以降もいいんですが多感な時期に植え付けられた印象は最早一生モノですな、旧世代のZに乾杯って感じで(微笑)

↓やはりZはこの顔でしょ!?Frビューは外装Cを付けたい位綺麗!


出品は北、落札額はスカイライン程の驚愕価格ではないもやはりそれなりに高く店売り時は当然商品化され美車に仕立てられるでしょうから200オーバーは間違いない?もっとボるかなガメツイ金亡者の旧車屋じゃ…!?

しかし路上デビューが容易に想像できるS130、今や希少ですネ(^^)/
Posted at 2018/03/18 16:19:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ
2018年02月25日 イイね!

珍車PART756

珍車PART756
珍シリーズ、日産が続きます(^_^)v

今回もまずもう見れるのはハチマル系のイベント位かな?デビュー時はある“現象”さえ起こした大人気高級車、その後の不況下で注目度は徐々に下がり今でも存在しながらあまりクルマ知らん人からは「えっ、まだ造ってんだー」と驚かれる?このクルマ、今や貴重な初代”現象”型ですw

⇒『昭和63年(1988)初代Y31型グロリアシーマタイプⅠ』!!

そう、ハイソカーブームの立役者、シーマ現象の張本人、初代31シーマが引っ掛かりました!

初代シーマ、ご存じY31型7代目セドリック/8代目グロリアをベースとした高級サルーン、この時代はかつてない好景気=バブル期でしたのでトヨタと日産は従来のオーナー向け最上級車を超える高級車を発売、トヨタがクラウンマジェスタとセルシオ、そして日産はこのシーマとインフィニティQ45というクルマでした。

セルシオ、Q45はそれでも営業需要を見込んだモノでフォーマルなセダン型モデルでしたがマジェ、シーマはクラウン、セドグロの営業用にはなり得ない遊び人好みの?4HTがベース、このY31は「きっと新しいビッグカーの時代が来る」なんつーCMの通り従来の日本の高級車の概念を書き換えるエポックなモデルで個人的には長いセドグロの歴史の中でもNo1に思える名車だと信じて疑わないクルマ…

そんなY31の更に上級のシーマ、当初は販売店政策で『セドリックシーマ』『グロリアシーマ』と名乗るもモデルライフ中盤から『シーマ』に統一し現在に至っていますね!

そんな初代で現象までこさえたシーマですが2代目以降は急速にその人気、注目度は低下、初代の頃の好景気は文字通り泡と消え去りBIGカーが敬遠される時代に移ったのが大きな要因、また、4HT文化の衰退もあり2代目Y32以降のシーマはプレジテント、インフニティと大差ないセダンスタイルになった点も特に若い世代からは嫌われたのもあるでしょう、このテの高級車は中古期、“VIPカー”として一定の支持があるもY32はそれも低くシーマの名声はこれにより失われたか?って気がしますが現行型で5代目を数え時のプレジ、フーガ等と限りなく統合されつつも日産高級車の代名詞として現役、セダン型高級車の立ち位置があのトヨタですら迷いが生じる現代ですので現行シーマ、滅多に見られない存在ながらも生きながらえていますネ。

↓高級サルーンの名を欲しいままにした初代Y31から一転、単なる”旦那仕様”になった2代目Y32


Y31シーマ、デビュー直後に仕事で乗る機会に恵まれたんですがあの衝撃は今でも鮮明、Y31グランツでも驚いた新時代のセドグロでしたがシーマ、乗ったのがVG30DET型V型6気筒DOHCターボ255ps搭載のタイプⅡだったこともあり1.7tにも迫る巨体を軽々と俊敏に尻をこすらんばかりに加速していく様はもう当時としては驚愕レベル、M型(トヨタ)L型で慣れた6発エンジン、静粛さだけが取り柄!と頭こびりついていたのであの走りには声が出ませんでしたね~、懐かしい(笑)

現車を見てみますがデビュー直後の88年型、出品票にターボ記載がないのでNAのVG30DE200psのタイプⅠと推測、現代ならば200psで驚く事はないながらもNAでもトルクフルなこのエンジン、寧ろターボ付きがオーバークオリティ?元々VG30DETはソアラに対抗するレパード用に開発されたものなのでシーマはNAのVG30DEでも何ら不足ない走りが実現できましたしバブル期の世の中をワンさと走っていたシーマの大半はNAのタイプⅠだったのが実情です。

出品車、それにしても距離が実走3万㎞台というのが凄い、30年間の殆どをガレージで過ごしたのか?と思える内容で総合3、内外C、Dという評価もほぼ経年劣化だけで付くレベルです。

↓細かい不具合のみで機関上の異常はない様子、奇跡的上物Y31シーマて気がします!


今でこそ大して大きく見えないY31シーマですが当時は正に巨体、ベースのセドグロがまだ5ナンバー基本の時代でしたので3ナンバー専用ボディ、慣れないと狭い所では取り扱いにも気を抜けない、しかし気品と風格は輸入車にも負けない威風堂々さは従来の日本車にはない特別なステータス感があってと思います、だからこそ時代の後押しもあり高額なこのY31シーマがモデルライフの4年で約13万台も売れた所以でもありますね。

↓C評価の内装、全く問題なく往時の高級感を充分保っています!



細かい傷や凹、飛び石はあるも画像の限りは気にならないレベルの様子、何せ距離短いのでエンジンの不安は少なくともないでしょうね、走らな過ぎも良くはないけど走り過ぎよりはまだその方がいいし(笑)

↓フルオリジナルで色褪せもない出品車、VIP好きには見逃せない逸品?



外観ではボンネットフード先端のモール(出品票ではカウル)欠品が惜しい、さすがに外板部品はシーマと言えどももう出ないと思われるのでここはクルマの印象を決定付ける大事な顔、中古品でも装着したいものですね。

↓フードモール以外は完璧?な出で立ち!



出品地は西、落札額は思っていた程ではないながらもいつも書いているようにお店に並ぶ時は3桁は間違いないレベル、今でもこのシーマは伝説的ですしファンも多いと思いますがそれにしては3桁前半なら安いかな?まぁ、維持費、重課税、部品供給考えるとおいそれとは手出しできるクルマではないですが一つの文化、そして現象まで巻き起こした名車、後世に伝えたいクルマですよね~(^^)/
Posted at 2018/02/25 17:42:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ

プロフィール

「珍車PART789 http://cvw.jp/b/2682511/41955594/
何シテル?   09/17 13:49
“元”Gureです、しぶとく再登録、新規ネタ&過去ネタをUP中、過去記事は主に2013/5~2017/3迄、仕事場兼隠れ家?の山梨ヤードでのクルマ弄りや過去シリ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

以前登録頂いていた方との交流復活が主、新規も拒みませんが趣味嗜好に合わない場合は削除しますしこちらからは滅多に申請、イイね、レスもしません。
新旧問わず解除した方はお断り、過去対立した人物、その人物と友達登録者も方お断り!上からで恐縮ですが趣味の世界、ストレスフリーが理想の為ご理解下さい。
22 人のお友達がいます
MAIAMAIA * くさいしがめくさいしがめ *
ほりやんほりやん 白しび#3白しび#3
●ふくさん●●ふくさん● ケネス@元ギャランAMGケネス@元ギャランAMG

ファン

262 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
E39AギャランVR-4、3代目になります。 1号機1992~1997、2号機2004~ ...
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
息子との共同所有、エボIVも若い頃乗っておりまだ3歳だった息子が当時憧れていたと免許取得 ...
三菱 ランサーカーゴ 三菱 ランサーカーゴ
業務用、街乗り用。 初の4ナンバーマイカー所持、毎年車検は厄介ながら多量の積載、その気に ...
カワサキ ZZR250 カワサキ ZZR250
2018/4~の所有、4年ぶり2輪返り咲きの相棒になります!20年超で約25000㎞走っ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.