• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

元Gureのブログ一覧

2010年08月30日 イイね!

保存版“華麗なる一発屋!!!”…エメロード編

保存版“華麗なる一発屋!!!”…エメロード編 華麗なる一発屋!!!”シリーズ!またまた不名誉ながら我が三菱の『E52~54A/84A型エメロード』を紹介させて頂きます!

エメロードという車は7代目ギャラン/エテルナ(92/5発売、E52~57A/72A/77A)の4HTバージョン!!
92/5~96/8の約4年の存在、正確には96年にベースのギャランはモデルチェンジしてその後も継続されていますが後続EC/EA系ギャランに4HTモデルが存在しなかった点と4HTとしては上級のディアマンテに吸収されていた点をかんがみ、ギャランのバリェーションモデルではありますが『一発屋』として独断ですが認定させてもらいました~~。

前期モデルのRrビュー


インパネはほぼ7代目ギャラン/エテルナと共通


エメロードは三菱が当時人気のトヨタ・マークⅡやカリーナEDが欲しくて欲しくて仕方なかった!そんな気持ちが大きく感じ取れるモデル。

バブル初期から大人気を博し一時はベストセラーカー・カローラの販売台数すら抜き去ったX70系マークⅡやこれの次期型X80系マークⅡ、都会人のお洒落な日常にと訴えかけ4ドアでありながらクーペ並の低い車高、デザインが受けたカリーナEDの人気は当時絶大でベースのギャラン、旧型E30系はマッシブな佇まいとラリーでの活躍、桁外れの性能だったイメージリーダーVR-4で男性陣には熱い視線で捉えられたが女性にはその男臭さが不評、そこで三菱はこの反省から時期E5/7系ギャランとこのエメロードでは女性ユーザーも意識したマイルドなお洒落路線に振ったモノでした。

この時期は他メーカーでもマークⅡとEDに対する必死の喰い下がりからエメロード同様の”お洒落な4HT”は雨後のタケノコのように発売されていたので三菱だけをを責める気はしませんが頑固なファンの多い三菱車としてはそれらしさを失ってしまいこの時期から変な方向に迷走しだしたのを思うと残念で仕方ないですねー、柳の下ににドジョウは何匹もおらず結果的にはエメロードは花咲く事なく地味~ぃに忘れ去られていきました、デザインも武骨なデザインなら得意の三菱でしたがこの手の”お洒落”路線ではやはり苦手の様子でこの類のクルマで命である『流麗さ、スマートさ』という部分では今イチの仕上がりでこの種を好むユーザーには受け入れられてなかったですねー、ただ設計はバブル真っ盛りの時でしたからその仕上がりは非常に丁寧でキッチリとお金をかけており後続のEA/EC系よりも造り的には立派で足廻りも及第点、ドライブしてみて印象は決して悪いモノではなかったです、マークⅡに遜色ない”高級4HT”の宣伝文句に嘘はなかったです。

搭載エンジンは7代目ギャラン同様にV6が主体、廉価版に1800cc4気筒4G93OHC110psを搭載するもメインは最小排気量V6で話題になった1800ccV6OHC24バルブ6A11型135psとスケールup版2000cc6A12型V6DOHC24バルブ170psとなり決してライバルに見劣りするエンジンではなくその佇まいとは裏腹に力強さは充分、V6のジェントルさも顕著でその走りは好感触でした!
ただギャラン/エテルナに搭載された6A12のツインターボは載せられずエメロードはこんなところからもスポーツ重視ではなく雰囲気重視といった戦略でした!

しかしエメロード登場時には既に小型4HT市場は既に飽和状態でしたしベースのギャランと共に同カテゴリーに3ナンバーパーソナルカーとして成功していたディアマンテがあるにも関わらず無意味なボディ肥大化=3ナンバー化も何とも中途半端な存在感しかなかった印象、ギャランの方はセダンでしたのでそれでもある程度は受け入れられていながらもそれまでのギャラン(主にE30系)支持者からは”デブギャラン” ”バカボンのお巡りさん顔” と散々の言われようでした(-_-;)

ベースとなった7代目ギャラン(92/4~96/8)


エメロードはその後94年2月に6A12 MIVEC-MDの200psエンジンを得て雰囲気+走りを実現、94年10月のマイチェンでは外観の小変更に加え全車エアバック標準装備がなされまた、4気筒の1800と170psの6A12搭載車を廃止し車種整理がなされ1800(V6)とMIVECの基本単グレード(スーパーツーリング)となっています。

マイチェン後の後期エメロード(94/10~96/8)


エメロード、ベースのE5/7/8ギャランやディアマンテのセダン版SIGMA(F11~17A/F25/27A)と共に警視庁や神奈川県警で結構覆面捜査車両が活躍してましたが残念ながら一般ユーザーが乗る姿はマークⅡやED/エクシブ、ローレルHTやディアマンテの比ではなく10/1も見れなかった?感じです、税制変更時に上手く時流に乗ってマークⅡを慌てさせる人気を得たディアマンテ、男臭さが魅力で人気高かったE30系ギャランとは別の方向に行ってしまい出だしから迷走気味だったエメロード!!
マイチェン後もその販売成績は上向く事なく96/8の次期8代目ギャラン(EA/EC系)デビュー時には4HTブームも過ぎ去っていてあっさり絶版、この世を去りました、思えばマークⅡに憧れた三菱社員さんと警察しか乗ってなかってた?は言い過ぎかな(=_=;)

それほど印象に残らず悲運の 『一発屋』 でしたぁ。。。
Posted at 2017/11/14 17:04:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 一発屋 | クルマ
2010年08月01日 イイね!

保存版“華麗なる一発屋!!!”…コルディア/トレディア編

保存版“華麗なる一発屋!!!”…コルディア/トレディア編 一発屋と言えば年末なんかによくやる懐メロ番組や”あの人は今”みたいな特番でで「あー、こんなヤツいたなー」なんて懐かしく思い出す歌手やタレントなんかが皆さんにもおられると思います、ワタクシめの世代、歌手では尾崎紀世彦、三善英二とか…
他にクリスタル・キング、もんた&ブラザーズに久保田沙紀、KANとかetc…
結構「一発屋」、多いですよねー!ただ歌い手さんとは違いクルマの場合はヒットしないから一発屋になる訳でそれからすると名前上げた歌い手さんは大ヒットがありますから失礼ですね(;^_^A

まー、そんな訳で主に一代限りでこの世を去った悲運のモデルをUPしてゆきますが何せおぼろげな記憶(忘れた部分はwikiの力も借りますが…)なので不正確、誤認がある場合もあるかもしれませんがご容赦願いますm(_ _)m


栄えある第一弾は我が三菱の最大失敗作(?)と言われた『コルディア・トレディア』を引っ張り出させて頂きました!!

コルディア=クーペ、トレディア=セダンという全く同じクルマ、ちょうどセダンのギャラン/エテルナΣ、HTのギャラン/エテルナΛに次いでボディスタイルで名前を分ける手法が取られました、先輩車種がこれにて大成功を収めたのであやかりたかったのでしょうが…

コルディア・トレディアは両車とも非常に重要な役割を持たせて三菱が結構気合入れて82年2月にデビューさせたモノ、コルディアは6年に渡って三菱のエントリー・スペシャリティカーとして広く認知されていたランサー・セレステの後続モデル、トレディアはちょうど小型ファミリーカーがFR→FFに転換してゆく中で79年に発売された旧態FRのランサーEXに近い将来、取って替わりランサー/ミラージュとギャラン/エテルナ系の間、ミディアムクラスを担い量販車種として大きな期待が寄せられていました。
特にコルディアは『XG』と『XP』の2タイプを設定、XG=ギャラン店(ギャランのG)、XP=カープラザ店(カープラザのP)と分けて併売するという力の入れよう!但し外観上の顔の化粧違いというだけのものでXGがグリル付、XPがグリルレスというだけのものでした!
尚、トレディアはランサーEXが存在するギャラン店には設定なくカープラザ専売モデル。

ギャラン店向けコルディアXG (82/2~83/7)


カープラザ向けコルディアXP (82/2~83/7)


両車は当時FFはまだミラージュのみのラインナップだった為下級ながらこれベースで開発、この為エンジンはミラージュ同様横置きとされた1600cc G32B 1キャブ、1600ターボ付G32B 1キャブと1800ccのG62B 1キャブの3種類(トレディアには1400cc G12Bも設定)で特筆すべきは当時でも既に電子燃料噴射装置が当たり前になっており三菱も既に『ECI』としてΣ/ΛやランサーEXターボ等に採用していたがスポーツグレードであるターボ付でもキャブレーター仕様だったという点!
今振り返ればもっともNAから遠い存在のターボでありながらNAの基本みたいなキャブレーター仕様と言う何とも解せない設定でしたが横置きエンジン+ECI化の体制(スペース不足等も含む)が取れていなかったとの噂でしたねー…
尚この時期、三菱=ターボというイメージ化に必死の時期で親会社の三菱重工製ターボチャージャーを最大にアピール!日産やトヨタが米国製ターボを搭載していたのに対し“内製”を強調してました。
Σ/Λの2000/2300ディーゼルから始まり1800(ランサー)、550(ミニカ)、1400(ミラージュ)に次いで全ての車種にターボを搭載する、“フルラインターボ”をこのコルディア・トレディアで完成させていました。
またもう一点、スポ車=5速MTが常識なところにターボモデルにもミラージュの最大の売りだった副変速機=スーパーシフト(4速のみ)を採用、使いようによっては8段ギアとなるこのスーパーシフトはミラージュ登場時には大いに話題になりながらも“どのギアで走ればいいか分かんねー”的に評判を落とし2代目ミラージュ初期及びこのコルディア・トレディアのみで終了しています…。

このような意気込みで発売されたコルディア・トレディアでしたがコルディアこそターボモデルは1tに満たない軽量ボディと115psのターボエンジンの俊足さ(当時のライバルで標的とされていたTE71レビン/トレノ=同排気量、同馬力 これと乗り較べてみてもその差は驚くモノでさすが”ドッカン”TURBOパワーと驚いたモノでした!)その俊足から一定の注目は浴びたがセダンボディのトレディアは当初から”鳴かず飛ばず”といった感じでした。
コルディア・トレディアとも初期型は何となく野暮ったく派手さがないおとなしいイメージ、特にトレデイアは今振り返ればヨーロッパ調のシックな点も美点だと思えますが当時の日本人はスポ車なら派手、セダンならアメリカン的キンキラ豪華のイメージがないとウけない時代だったのでこうした点が低迷した理由であると分析した三菱、両車を早くも83年7~10月にマイナーチェンジします。

83年7月、マイチェンで中期型となったコルディア (83/7~84/10)


83年10月、マイチェンで中期型となったトレディア (83/10~84/10)


まずコルディアではXG、XPと分けていたものを統一、旧XGのグリルをより精悍にし迫力を強めました。
一方のトレディアはそれまでミラージュ/ランサーに近い、素っ気ない外観をモールの追加や意匠変更で上級Σに近づけた豪華なイメージに振り廉価版1400を廃止してます。
尚、両車ともターボモデルが1600キャブ→1800ECIとなり135psにハイパワー化、パートタイムながら三菱乗用(セダンタイプ)としては初の4WDモデルをトレディアにこのマイチェン時(83/10)に追加、コルディアには84/10=最終型マイチェン時に追加(この時、コルディアはFFと1600モデルを廃止し18004WDターボモデルのGTターボGSRターボの2車種に整理)等パワーアップと豪華/スポーツイメージを高めテコ入れ、販売UPを期待しますが劇的な改善を見る事はなく当時、あまりにも初期型の”野暮ったい”印象が拭えなかった記憶が鮮明です。
4WDはまだまだクロカンのイメージが強い時代でスポーツ4駆が浸透する以前のモデル(先駆けと言えますが…)だった為イメージUPには役立たなかったようですねー、コルディア4WDのグリルは所謂”ガンダム・ルック”化、これもゴツいイメージがやはりクロカン4駆のような印象でとても他スポーツモデルの流麗さは感じられずかえって悪い結果を招いていたように感じます…
またこの時代はAE86のレビン/トレノがデビューし大人気となり同じ三菱の同じ1800G62Bターボのランサーターボがインタークーラー付160psにパワーUPされたり伏兵であるいすゞジェミニのZZ、日産FJ20 4バルブDOHC(ターボ化)搭載のスカイラインRSシリーズやシルビア/ガゼール等、スポ車の話題には事欠かない時代でそんな中、出だしから地味なコルディアは浮上する事はできませんでした。

84年10月、1800ターボ4WDモデルに整理された最終型コルディアとそのインパネ(84/10~87)



トレディアも84/10に最終型にマイチェンされ前回のマイチェンよりもさらに派手、豪華に変貌、上級Σの豪華仕様で一定の人気があったエクシードや~エクストラ、また更にその上級のS11/12デボネア等の意匠にそっくりになり85年頃からは怒涛なる、半ばヤケクソ気味に特別仕様車が発売されます。

最終型トレディア(84/10~87)


しかしこうした改良、モデル追加もむなしく両車の人気、販売は上向く事なく元々一部にしか需要を見込んでいないコルディアは発売3年の85年頃からはほぼ放置プレイ状態、一方のトレディアはセダンという事から何とか一定の需要は取りたかったのか最終年の87年春頃までは『最後のあがき』とも取れるような特別仕様を追加と頑張りましたが結局販売不振は最初から最後までつきまとい遂に87年秋口頃にひっそりとその姿を消す事になり『コルディア・トレディア』は車そのものも、ネーミングも一代限りで終了となりました、振り返れば時代のトレンドに乗り切れず見当違いの方向に必死に悪あがきをしていた印象だけが今となっては残りますが80年代後半~90年代にかけて本気で三菱が重要戦略車として気合を入れて発売しながらこの体たらくは『華麗なる一発屋 !!!』に相応しいと思っているのはワタクシめだけでしょうか。。。?

ただあえてフォローするとすれば『コルディア・トレディア』は三菱の期待した実績は残せなかったがこれらの立ち位置的に後続であるE30系ギャラン(87/10)はその後大人気を博し三菱ファンには今も忘れられない名車となっているのを考えると ~失敗は成功の元~ を文字通り表しておりこれの失敗がなければE30の成功はなかった!と個人的には考えてコルディア・トレディアの供養としてやりたいですネ(^^;)
Posted at 2017/08/13 15:37:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | 一発屋 | クルマ

プロフィール

「往年のアクションドラマ考察と往年の名車達!! http://cvw.jp/b/2682511/42295625/
何シテル?   12/14 22:19
“元”Gureです、しぶとく再登録、新規ネタ&過去ネタをUP中、過去記事は主に2013/5~2017/3迄、仕事場兼隠れ家?の山梨ヤードでのクルマ弄りや過去シリ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/8 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

以前登録頂いていた方との交流復活が主、新規も拒みませんが趣味嗜好に合わない場合は削除しますしこちらからは滅多に申請、イイね、レスもしません。
新旧問わず解除した方はお断り、過去対立した人物、その人物と友達登録者も方お断り!上からで恐縮ですが趣味の世界、ストレスフリーが理想の為ご理解下さい。
20 人のお友達がいます
ケネス@元ギャランAMGケネス@元ギャランAMG * クラアス Gクラアス G *
NGW~年間⑯個プレゼント初当選者!♪~NGW~年間⑯個プレゼント初当選者!♪~ * 白しび#3白しび#3
くさいしがめくさいしがめ ほりやんほりやん

ファン

273 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
E39AギャランVR-4、3代目になります。 1号機1992~1997、2号機2004~ ...
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
息子との共同所有、エボIVも若い頃乗っておりまだ3歳だった息子が当時憧れていたと免許取得 ...
三菱 ランサーカーゴ 三菱 ランサーカーゴ
業務用、街乗り用。 初の4ナンバーマイカー所持、毎年車検は厄介ながら多量の積載、その気に ...
三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
先代パジェロミニの不具合多発と車検切れにより同型車に箱替え! 古く良く壊れるクルマながら ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.