• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

元Gureのブログ一覧

2017年07月29日 イイね!

珍車PART710

珍車PART710今回取り上げるのNコロ、これも手抜きで前ブログで関連車種を上げその中で語っているので詳細はそちらにて(^^;)

そう云う訳で珍車710弾はこのクルマです!

⇒『昭和45年(1970)ホンダNⅢ360』!!

デビュー時、従来からある各社軽自動車群(スバル360、スズキフロンテ、三菱ミニカ、マツダキャロル等)にあった概念=普通車を持てない“我慢車” を吹き飛ばし高性能で遊び心満載のシリーズ展開、FF方式により居住性、使い手も普通車(大衆車)と遜色なく価格は従来の軽を逸脱しない、そんな内容から爆発的ヒット作となりました!当然その名声は後年にも語り継がれ現在に於いては“名車”として認識されておりマニア、ファンも数多い…

今でもNコロは半世紀以上経過の軽ながら比較的多くの個体が不動、動作に限らず残っており先にご紹介した派生や後続初代ライフに較べても目撃度合い、高いと思われます。

1967年単一グレードで発売されたN360はその人気ぶりからツインキャブのスポーツモデル、キャンバストップ、ATモデル等数々のバリェーションを拡大、69年(NⅡ)、70年(NⅢ)の2回のMCを施し最終的には72年までの5年を生きたモデルです。

4輪進出間もないホンダの初の大ヒット作でもありNコロの成功が後のホンダ4輪の基礎になった事は間違いないですね~。

ただNコロはまだFFに不慣れなユーザーも多くFFとうい特性と高性能という部分でバランスを欠き横転事故等トラブルも続出、「ユーザーユニオン事件」(欠陥車騒動)が起きた事など古くからのファンには有名な話です。

↓67年、軽として破格な31psという高性能を背負いデビューしたN360初期型


Nコロは昔亡父が一時遊びクルマに持っていた事から影響され私自身も若き頃、僅か3か月程度でしたが下取りを足代わりにしていた時期もありとても馴染み深いクルマ、当時でも既に20年落ちでしたがバイクのエンジンをそのまま載せミッションもドッグ、フィーリングはバイク的でパワーもありまだまだFFの癖が顕著のこのクルマの特性を理解すれば非常にオモロイもので私などはFR主義者ながらFFのドライビングはコイツで学んだ感じです。

Nコロ、外観はミニクーパーのパクリではありますが内面は本田宗一郎氏らしく様々な工夫がなされておりドアを開けないと開けないガソリン給油口(ガソリン盗難が多い時期の開発でしたか…)や60年代に早くもワンタッチでのトランクスルー機構、空冷エンジンながらも特別な装備を施す事なくエンジンルームの熱気をダイレクトに車室に送り込むヒーター等の先進的機構が多いのもこのクルマを触ると驚く部分でした。

70年前後の普通車に巻き起こるハイパワーブーム、その軽自動車でのカテゴリーでこれに火をつけたのもN360、軽初のリッター100ps ツインキャブ36psという高性能モデル(N360TS)がその後のハイパワーミニ群の元祖でした。
ワタシが乗っていたのもこのツインキャブモデル、何せ軽いのとFFのFrヘビーで2キャブの吹けでしたからね、飛ばすとハンドルしっかり握ってないとどこ飛んで行くか解らん、そんな緊張感がありそれを逆手に取るとFRとは違った非常に面白い走りが味わえるモノでした!

想い出に浸るのはこん位で(^-^;
この辺で現車を見てみますね~

モデル的にはNコロ最終のNⅢ360、N→NⅡとは大幅に顔が整形され同時期にデビューしたホンダZと同意匠に変貌したモデル、個人的にはNやNⅡの顔付が好みでしたがスポーティさはNⅢかな!?
グレードは内外の意匠から最高グレードのツーリングだと思われますがNコロはカスタマイズされた車輌が多く断定は避けます。

↓R点内外D、走行不明はこの年式ですので仕方ないですがE/g不調がどの程度なのかが気になります!


5桁メーターのこの時代のクルマはよほど整備手帳やオーナーの信頼できる記録がない限り走行不明とされますが6万㎞程度で不調になるようなヤワなエンジンではなかったですからね、このN360E型空冷エンジンは最低メンテさえすればOHせず20万㎞走れる!と定評もあった位ですから現車、16万㎞か26万㎞か解りませんが構造は単純ですし余計なモノ(インジェクションとか排ガス浄化装置とか…)がありませんからパーツさえ手に入れば調子を取り戻すのはそう難しい事ではないと思いますが???

↓D評価ながら綺麗なインパネ&室内


スポーツ&高級グレードのみ施された木目もイイ状態ですしシート切れ、破れはあるようですが見る限りそれほど目立っておらずそろそろ半世紀を迎えるクルマとしては上物でしょう、画像で見るとサブロク時代のモデル、見るからに狭いですがNコロはFFの恩恵もありそう窮屈な感じもなく他車、特にRRやFRに較べるとこんなところも感心できる点でしたネ~。

↓外装も艶は消えかけてますが再生のレベルではなく逆にこの位ヤレた感じで乗るのもイイかも!?


A/W以外はオリジナル、水色なんて現役時代あったかな?って位あまり見かけた記憶の無いカラーですが確かに存在していました、殆どNコロは白が赤、シルバーの印象ですが珍しい色です!

一時前後意匠をミニクーパー風に整形するのが流行り“マネ・クーパー”なるNコロが流行った時期もありますが今となってはオリジナルが光りますね(私的感想)

↓オーバーライダー、フォグと外装フル装備のNⅢ!


出品地は西、鈴鹿がある関係かホンダ旧車は西に多い感じがします、関東でも狭山とかホンダに縁のある地は存在しますがなかなかホンダの旧車って見ないのでそんな勝手なイメージがありますナ(*^^*)

落札額はこれも軽きっての名車ですから高額、さすがに三桁には届きませんしその半分程度ですが整備、加修の店頭はガメツイ“〇ッ〇ス”辺りだと3桁出すかもしれんですねー(^.^)/~~~
Posted at 2017/07/29 18:40:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | ホンダ | クルマ
2017年07月28日 イイね!

珍車PART709

珍車PART709珍車シリーズ、今回はこれも既に忘れ去られた感がありますネ(*_*;

今でこそ評価が高く敢えてマツダを選ぶ層も増えましたが当時はまだ、特に関東ではマツダ車を買ったなんていうと「何で?」と怪訝な顔をされていた時代にバブル期に浮かれパイもないのに無謀にもマツダ5チャネルなんちゅー政策を掲げて次々に似たり寄ったりの金太郎飴的車種を乱立、案の定バブル崩壊後はREゴリ押しの70年代に続いて倒産の危機を迎えた暗黒時代のモデル!

マツダそのものが思い起こしたくもないでしょうし当時のアンフィニ、オートラマ、オートザム、ユーノス等マツダ店以外は殆ど消え(一部地方にほぼ名前だけザムだけ残る)“なかった事”のようになってますよね、若い世代が知らん事を良い事に(^^;)

最近ではレクサス真っ青の高級店舗も現れどうしてもワタシ世代ですとマツダ、調子に乗るといつもコケてるんでSUVやロードスター、デミオの好調・高評価で浮かれまた同じ轍を踏まない事だけを祈りますが…

さて、今回のお題ですね!

⇒『平成8年(1996)CBAEP型ランティスクーペタイプR』!!

前ブログで過去記事の“華麗なる一発屋ランティス編を上げたので詳細はそちらを見て頂き(手抜き…www)たいのですが出た時は何とも摩訶不思議なクルマでした。

メインがクーペを名乗りながら5ドアHBってのが如何なもの?なんて思いましたし比較的オーソドックスな4HTにしてもこの時期のマツダ車らしくグニャグニャしたラインのアクの強いスタイリングで個人的には当時、とても好感の持てるモデルではなかったですが多分?いすゞのクルマ同様に1歩先を行くデザインだったのでしょう、今見るとそう嫌悪感もなくかつ古臭くもない、ここは素直にマツダのデザイン力を感心するべきかな!?w

ランティスはマツダも結構気合入れて発売、CMにもリキ入れてバンバン流し~♪ランティス、二つの光が・・・・~と未だ耳に残っていたりと。

ランティスCM


しかしランティス、イメージはワタシ的には軟弱さを感じましたが乗ってみると意外に硬派、ツーリングカーレースでも活躍しただけあり非常に骨太で脚もハードな味付けでしたしエンジンも流行りに乗った感はあるも太っといトルクフルが味わえるV6 KF型DOHCは2Lで170psを発生、数々のクルマ乗りましたが2LNAで驚く加速、そういった印象がこのエンジンには強く残っています!

廉価版1800にしても可もなく不可もなく必要にして充分な性能、まだ当時はワタシらのような古い人間としてはマツダ=REという決めつけもありマツダのレシプロなんて!!とバカにしながら乗り込むと感嘆したりしていましたね(笑)
誤解なきよう付け加えれば70年代のREゴリ押し期や排ガス対策で各社青色吐息の時代でもマツダのレシプロはイメージよりはかなりよくできたエンジンだったと思います。

ランティスのモデルライフは93年~97年、実際にこの期間は既にバブルは崩壊しており設計時点の好景気の名残がたんまりと詰め込まれており逆にこれが時代錯誤な感じもしていましたっけ。

5チャンネル化により同じプラットフォームで同じエンジン、似たりよったりのデザインである別車種?が乱立、ランティスもその中に見事に埋没し商業的には失敗と言えましょう、決して悪いクルマではなかったと思いますが販売政策やカテゴリーの煮詰め次第では成功モデルになってもおかしくない、そんな風にに思いますが当時のマツダに何云っても無駄だったでしょうね、とにかくバブルに乗り先を行くトヨタ、日産、三菱、ホンダらを何とかして追い越したい!と猪突猛進でしたし(*_*)

さて現車ですね!
事故落ち(R点)で内外C、経過年数相応ってところでしょうか?ただ走行は実走6万㎞台と少なくオマケにMTですしグレードは最もスポーティなグレードであるタイプRですから刺さるマニアにはヨダレ物かもしれませんね~

↓21年経過なりの劣化程度?少走行なのはマツダファンとしては見逃せないでしょう!


↓C評価の内装、磨けば気持ちいい空間になる感じですね!


バブル期のクルマってのはメーカー問わず特に内装の質感は非常に高い、さすがに20年超えてきますとプラ部品などは硬化したり色褪せたりは避けられませんがこの時期のモノはプラの上に起毛を施したり布巻いたりと後年~現在のコストダウンだらけのモノとは異なり見える部分にそう貧しさを感じなくて済む、日産やホンダは内装メーカーの関係かそれでも劣化は手に取るように感じますがマツダはトヨタ、三菱と並びその度合いが少ない印象、勿論歴代オーナーの手入れ、保管環境に左右されるのは当然ですが仕事柄様々なこの時期のクルマを扱う立場としてはその印象がありますね。
この出品車にしても画像の限り痛みは少なく汚れ程度と思われ徹底清掃でかなりのレベルになるんではないでしょうか!?

↓このウイングのまま乗る勇気は年配者にはありませんがただでさえ今ランティス乗っていたら目立つのにこれはスゲェですねwww


↓外装もC評価でやや色褪せ感はありますが大傷、大凹はなく未再生でもまだイケるでしょう!


バブルを象徴するモデル、ソアラ?セルシオにマジェ、レパード?シーマ?ユーノスコスモにアルシオーネSVX…枚挙に問いませんがこのランティス、てかこの時期のマツダは大衆車ファミリアまで全てそんな感じがします、なかった事になっている?ランティスですがこれもあのイイ時代=クルマ達がキザで贅沢でいられた時代の生き証人、このクルマのファンやマニアは少ないかもしれませんが何とか生き残りを願いたいモノです(^^)/
Posted at 2017/07/28 21:08:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | マツダ | クルマ
2017年07月24日 イイね!

対極ランサー2段飾り!?(^^;)

対極ランサー2段飾り!?(^^;)
梅雨明け(そもそも関東には梅雨なかったんじゃね?って感じ)後も前も連日30℃超え、業務開始の午前9時~10時には普通に30℃オーバーだし既に少々バテ気味ですが今週はフルに陸屋請負なんで頑張りますゼ!

と言う訳で週明けから元Gure的には刺さるお仕事から開始!我が愛しの?ランサー2段飾り!!(笑)



見よ!ハイパフォーマンスのエボⅩと商用車ランサーカーゴの組み合わせを!!


下段は哀しいかな日産OEMのランサーカーゴ、これが同じ“ランサー”ですけんね、チョーウケるんだけど(ギャル風にwww)
しかし笑えます、とても同じクルマには思えん!って同じじゃねーし!!!!

まぁ、同じじゃない事は皆さんご承知ですね(*_*;

どうせなら我が愛車のエボⅣ/本物ランカゴで2段飾りしたかったなぁ。。。と積みながら妄想してました(^^;)



今日は他にもこんなのやりました、日産の変な?クルマの2段飾り!


マイクラC+C、初めて触りましたわ。
見かけは苦手ですが単なるマーチK12に較べると高級感あるし何より遊び人風味がいいですナw

ラシーンは顔を整形してありB110サニークーペのような顔つきに…

2台とも非常に綺麗だし物珍しいし幾らで売ったんだか?一般中古車店に搬入し金額聴いたらまぁまぁ驚く金額でした(*_*;

今日はこんだけ、捕獲もなかとです。

おしま~ぃ(^.^)/~~~
Posted at 2017/07/24 20:52:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 三菱 | クルマ
2017年07月22日 イイね!

ダメだこりゃw 次行ってみよーwww

ダメだこりゃw 次行ってみよーwwwという訳で(何がそう言う訳なんだか!)…(^^;)

本題入る前に…

いやー、昨日ホンダに悪態ついたら足跡は凄いながらイイね!激減、ホンダマニアの怒りを買った?解り易いですナ~w
それだけホンダファンが多いって事ですね、別にワタシはイイね少ないのがどうのではない、逆にイイねしないホンダファン様に感謝してますよ、えぇ。

以前スバルに悪態ついたらそりゃもう凄かった、イイねしないどころの騒ぎじゃなくレスで悔し紛れの罵声雑言の嵐!特に“〇太郎くん”(自分に自分で“くん”付ける時点で終わってる)なんてすごかったもんな、しつこくレスしてきて相手しないと自分から友達削除、まぁ、あん時はホッとしましたが(笑)

こうしたのに較べたらホンダ好きの方は大人ですよ、気に喰わない書き込みにはイイね!しない、無気になって感情的反論 と云うかイチャモンつけられても一生平行線、その位こっちは頑固なんでね、イイね!しない、それで充分に先方の意思は伝わるしそれでいいじゃん、好き好きはそれぞれなんだし…

改めて申しておきますがお友達&ファン登録頂いている皆さん、私は私の嗜好で物書きしますんで気に喰わんならそれでいい、私に迎合する事も無気になって反論する必要もナシ、趣味の世界、お互い気楽にイきましょー!

と、本題(^^;)
元Gure的には珍しくCM動画ネタでまた悪態つかせて頂きますんで。。。

最近我が三菱『アウトランダーPHEV』のCM見て思う事があるんすよね、三菱って昔は結構CMのセンスが良くてこんな部分もご贔屓メーカーだったんです、勿論トヨタや日産にも名作はありますが三菱のヤツは何かドラマを感じるCMが多かった!

近年で言えば『Hert Beat Motors』のシリーズCMなんて感心しちゃう位で僅か数秒でドラマが成立していてとても好きなCMだったんすよ…

三菱Hert Beat Motors CM集


今もデリカD:5のCMなんてデリカのヘビーデューティーさを伝える様は伝統的でスターワゴンやスぺギから継承する野性味を感じますがアウトランダーPHEVは“ダメだこりゃ”しか感じない、映る度に“次行ってみよー!”と長さんばりに叫びたくなるwww

何が嫌いかと言えばワタシだけの感性かもしれんし被害妄想?かもしれんですが何か日産臭をCMにまで感じるorz…

アウトランダーPHEV CM


ノートe-power CM


BGM、何か似てませんか?特にPHEVの15sec/21secとノート、てか日産車全般に使われてるBGM、このノートCMの場合6sec辺りで聴こえてくる御馴染みの♪へぇーへぇぇヘイ~ってヤツ、スゲェ似て聴こえるんですが!?!?シロクマがスノボってのも訳判らんし面白くもおかしくもない、まさか依頼した広告会社も日産と同じになったんか?

PHEV、三菱らしく雪道の走破性や野性味を表現したいのは解るんですがね、何かどこかで見たようなと思えば冬場やってたXトレイルに似てるし最後のモーターの加速音を強調するなんてまんまe-powerじゃん!と。

そのうち三菱も愚にも付かないような装備ばっかし強調するCMやりだすんだろうか?あっ、そんなに車種ないから大丈夫か(汗)

ついでに思い出したけど今オンエアされてるキャラバンNV350のCMも笑いました、“プロは安全第一”は御尤もですが自動ブレーキはともかく現場にアラウンドビューモニター未装備の箱バンでは入れないのがプロ言うんか!!どこがプロ仕様じゃ、こっちは毎日後ろなんて全く見えんクルマで仕事してんだぜ!といつもツっこんでますが(爆)

キャランNV350 CM


それともう一つ、トヨタの新型カムリも確かに“あの頃、クルマは熱かった”なんて言いながら80年代の素晴らしかったトヨタ車の懐かしい映像を被せてますがその“熱さ”を自ら消し去ったA級戦犯が何言うだ!!とこれもツっこんでます(^^;

大人になったとか言わんでどうせやるならカムリらしく“男60、GTアゲイン”位言ってみろや!ボケって感じっすw

カムリ CM


と今回はこれ位にて(汗)

決して取り上げたCMが好きな方、該当車種にお乗りの方を誹謗する意図ではなくあくまで個人的な苦手CMに対する見解ですんで反論の方、イノーバのホンダマニア同様大人の対応でどうぞよろしゅう頼んます(^.^)/~~~
Posted at 2017/07/22 14:06:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | CM | 音楽/映画/テレビ
2017年07月21日 イイね!

珍車PART708

珍車PART708珍車シリーズ、たまにはホンダ車にもスポット当てようと(^^;)

何せホンダ車、90年代半ばからこっち、NSXとビート、S2000に各タイプR、そして伝統のMRであるアクティトラック以外は全く興味なくあまり知らんし知りたくもない?何故かホンダは仕事でも触れる事も少なく近年長い事ミニバンと軽メーカー?程度の認識しかなかったと云うとホンダマニアに怒られるかwww
まっ、好き好きは誰にでもあると云う事にてこらえてつかい(^-^;

今回のお題はコレ

⇒『平成4年(1992)CB3型アスコットイノーバ2.0i』!!

これも見なくなった…てか新車時から滅多に見る事なかったですよね?ワタシだけか?まさかw

92年~96年の4年のモデルライフ、普通に4年あったのだし96年だとそんなに大袈裟に昔でもない、しかしとんと見た記憶ナシ=不人気車と元Gureの脳内では変換されております、あくまで私見ですよ、私見。。。

大体平成になるかならないか位からホンダのラインナップって解り難くなったと思いません?アコードビガーの派生がどんどん増殖、下のクラスもシビックの派生も増殖、しかもどれも似たり寄ったりのデザインでどれがどれだかエンブレム確認せんと若い当時ですら間違えそうでした(^^;

↓元ネタはアコードの兄弟車種であったアスコット


セダンのアスコットとはイメージが全く異なりますがいずれも地味な印象で派生が多過ぎて没個性なんですよね、まっ、この時代はバブル期でもありホンダに限らず別チャンネルの販売店が雨後のタケノコのように増殖しましたからね、元々多チャンネルだったトヨタ/日産に加え三菱もマツダもホンダもあれよあれよという間に増殖しましたっけ、特にマツダ5チャンネルなんて無謀とも思えるその展開は後に経営危機に陥る要因になったりと改めて狂乱な時代だったなぁと。

ホンダの場合はベルノ、プリモ、クリオの3チャンネルで展開、イノーバはプリモ店最上級車種であったアスコットの4HTバージョン、アスコットそのものがアコードの兄弟車種でしたしそのアコードの派生にインスパイア、兄弟にビガーってもう複雑怪奇の増殖は少々クドくまぁ、これはワタシがホンダに興味ないからこそそう映るのは承知ですが当時のホンダやマツダを選ぶパイがまだまだ少ない時代、車種を乱立すれば共喰い?共倒れ?になるのは恒な訳で…

イノーバの場合は急速に衰えたファッショナブル4HT人気の時期にも被ってしまったのも普及しない要因に感じます。

出品車はイノーバのド初期モデル、2L F20AのSOHCエンジン135ps搭載の最廉価版、イノーバには同じF20AのDOHC、そして中途半端な?2.3LDOHC(F23A)の3種が搭載されていましたね。

↓実走7万㎞台、3.5評価、内外C/Dという内容!


イノーバってあくまで私的な見解ですがスタイルもHT流麗さが感じられず何だかズングリむっくりしていて苦手なデザインでしたしセダンのドマーニやシビックを無理にサッシュレスにして間延びさせたようなイメージでエンジンも凄いパワーがある訳でもなく内外に豪華なイメージも感じられずパーソナル性もない、何もかも中途半端な印象だけが残っていますが…。

現車、内装C評価ですのでそこそこ綺麗!


インパネのデザインもこの頃、無個性ですよね、シビック~NSXまで似たような感じ、興味ないモノにはインパネだけ見ても区別がつかん(+_+)

↓背むしの感じが全然スポーティでも豪華にも感じずシビックセダンと見分けがつかん(笑)


カリーナED人気でこさえた急造の4HTイノーバに限らずこのような急造猿真似車種にいいモノなナシ!カリーナEDでさえも以前テストで乗った限りではベースのセダンを上回る良さは無かったしセレスマリノやプレセア、エメロード、そしてイノーバも同様の思いを抱くのみ!以上終了www

↓D評価の外装やややクリアが剥げてきている感じ?再塗装まではまだ必要ないかもしれませんがシャキっと感はないですね~


出品はお膝元か?近畿地方で落札はご想像に容易い出品店さん赤字のレベルでした(^^)/
Posted at 2017/07/21 21:40:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | ホンダ | クルマ

プロフィール

「ハマでのクルマ弄り記 2018.12/12 http://cvw.jp/b/2682511/42288711/
何シテル?   12/12 18:07
“元”Gureです、しぶとく再登録、新規ネタ&過去ネタをUP中、過去記事は主に2013/5~2017/3迄、仕事場兼隠れ家?の山梨ヤードでのクルマ弄りや過去シリ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

以前登録頂いていた方との交流復活が主、新規も拒みませんが趣味嗜好に合わない場合は削除しますしこちらからは滅多に申請、イイね、レスもしません。
新旧問わず解除した方はお断り、過去対立した人物、その人物と友達登録者も方お断り!上からで恐縮ですが趣味の世界、ストレスフリーが理想の為ご理解下さい。
20 人のお友達がいます
NGW~年間⑯個プレゼント初当選者!♪~NGW~年間⑯個プレゼント初当選者!♪~ * ほりやんほりやん *
白しび#3白しび#3 MAIAMAIA
くさいしがめくさいしがめ ケネス@元ギャランAMGケネス@元ギャランAMG

ファン

273 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
E39AギャランVR-4、3代目になります。 1号機1992~1997、2号機2004~ ...
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
息子との共同所有、エボIVも若い頃乗っておりまだ3歳だった息子が当時憧れていたと免許取得 ...
三菱 ランサーカーゴ 三菱 ランサーカーゴ
業務用、街乗り用。 初の4ナンバーマイカー所持、毎年車検は厄介ながら多量の積載、その気に ...
三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
先代パジェロミニの不具合多発と車検切れにより同型車に箱替え! 古く良く壊れるクルマながら ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.