• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

元Gureのブログ一覧

2018年01月29日 イイね!

珍車PART749

珍車PART749
今回の珍車はコレももう生息は皆無かと思いきやどっこい大作…じゃなくw どっこい生きてました!

新車時でも珍しい部類、性格上遊びクルマでの需要しかほぼなかったと思いますしね、それでも神奈川・湘南地方にはバブリーカップルや気取ったオッサンがよくドライブしている姿も見かけたなぁw

『昭和63年(1988)6代目BFMS型ファミリアカブリオレ』!!

BFファミリア、何せ先代のBDファミリアが”赤いファミリア”現象まで巻き起こした大人気車、これの後継でしたのでなかなか厳しい立場、大人気車のFMC程難しいモノはなく代々ずっ~と人気車で売れまくるってのは固定ユーザーが圧倒的に多いトヨタのクルマ位なモノ、マツダや三菱、ホンダ等第三勢力ではそれの継続ってのはなかなできるモノじゃなかったんですナ~。

BF型はそんな人気モデルの後だけありメーカーもかなりの気合の入れようでまず4代目をキャリーオーバーしていたバンもFMCし乗用系と同一シャーシとし当然従来のFRからFF化、そしてDeエンジンや1.6L DOHCターボ、国産本初のフルタイム4WD、可変吸気システムを採用したスポルト16、国産初のビスカスLSD(リミテッド・スリップ・デフ)を採用するラリーベースモデル(GT-A)等それまでのファミリアにない革新的なモデルのてんこ盛りでしたしね、BD無き後のBF、かなり頑張っていましたっけ!!
まぁ、結果は決して芳しくなくBD人気の何十分の1?って感じで努力した割には人気、イマイチでしたが…(但しこれはワタシの生息地=関東圏での話、当時まだまだ西日本に較べマツダの普及率は低かったですのでね、BDファミリアとSA22のRX-7は例外でした)

↓BDの後を受け先代より格段の中身を充実させたBFファミリアでしたが…


現車はその気合の中で最もマツダが訴求したかった?歴代ファミリア唯一のオープンモデルであるカブリオレ、いかにもバブリ時代のチャラさが際立ちますが今となってはあのヒトもクルマも裕福な時代を語る証人のように感じます。

↓R点、内装C外装Dという評価は年式勘案すれば上の部類!


BF型のモデルライフは85~89年(但しバン/ワゴンは除く)、カブリオレの追加は86年とやや遅れてラインナップしましたがこの時は結構大きな話題、安全上の問題からオープンモデルが極端に少ない時代で84年のシティカブリオレに次ぐコンパクトオープン、注目度は高った!

BFカブリオレも何回か乗りましたがボディ補強の分か?クローズドボディのモデルと較べ重々しい印象はありましたが何より当時は滅多やたらにないフルオープンでしたので爽快感は格別、実用性は低くとてもマイカーにしたいとは思えませんでしたがレンタカーで遊び時に満喫したい!そんな思いを起こさせてくれる魅力はありましたねー。

↓C評価の内装、ハンドルのスレ始めマツダ特有のプラの色褪せはあるでしょうがオープンモデルでここまで綺麗な状態を保つのは至難!


BFはBDと比較して中身だけでなく車体も一回り大きくなり内装なども時代を反映して質感も上昇、同時期のカローラやサニー、ランサー等と較べてもやや高級なイメージ、走りも大きくなった分、パワーユニットも充実していたので不満はなくスポーティさではBDとは比較にならない出来栄え、これはカブリオレでも同様な印象ですが逆に従来にあった軽快さは影を潜めましたしファミリーモデルでやや足が柔らか過ぎ?の感覚以外は決して悪印象のあるクルマではなかったです、ただ、見かけが地味だったんでしょうね、期待ほど売れませんでしたネ…。

↓旧いオープンに付き物の幌やスクリーンも画像の限り痛みは少ない感じで屋根付きにて大事に保管されていた様子?


しかし改めてこの頃を振り返るといい時代でした、このファミリアやシティのような大衆車でリーズナブルにオープンが設定されたり走りのターボやDOHC等も他ライバル含めて選り取り見取りでしたしね、若い世代でも遊べるクルマ、走れるクルマをメーカーがこれほど提唱していた時代もないでしょう、今ならこのクラスは安手のHVとか燃費一辺倒、つくづく今の若い世代が気の毒に感じますしそんな状況だから何も高い維持費払ってクルマ持とうとか思わなくなるのも理解できたりします(*_*)

↓今こんなモデルが出たらオシャレですよねー、軽(S660やコペン…にしても高額過ぎですが)のようにコンパクトにも夢を持ちたいモノです、まぁ、売れんでしょうが(汗)


出品は中京地区、落札額は思った程高額ではなかったながらこれも整備され店に並ぶ時はそこそこイイお値段になりそうです、BFファミリアとしては一番現在価値が認められている、そんな落札であった事は間違いナイです(^^)/
Posted at 2018/01/29 22:52:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | マツダ | クルマ
2018年01月28日 イイね!

信州の旧車ヤード訪問

信州の旧車ヤード訪問
一部旧車マニアには有名なN県S市の旧車ヤードに2008年訪問時の一部画像をUP、60~70年代の今となっては貴重な旧車が中古車店を廃業したまま在庫を並べた状態で時が止まっています。

謎なのは時々在庫?が入れ替わっていたりする点で興味深い一角、管理者は至近におりパーツ盗などに監視の目を光らせている様子

※訪問から時が経過しているので健在か否かは不明です。


信州の旧車ヤード
Posted at 2018/01/28 17:29:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旧車 | クルマ
2018年01月28日 イイね!

いすゞプラザ訪問!

いすゞプラザ訪問!
2017年夏に訪問したいすゞプラザ展示車輛の一部を「UPしています。

いすゞプラザ展示車
Posted at 2018/01/28 16:32:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | いすゞ | クルマ
2018年01月28日 イイね!

ハチマルミーティングin2013 富士スピードウェイ参加&ギャラリー車輛

ハチマルミーティングin2013 富士スピードウェイ参加&ギャラリー車輛
2013年秋、富士スピードウェイで開催されたハチマルミーティング観覧時に琴線に触れたクルマを保存しています。


ハチマルヒーロー・トヨタ/日産編

ハチマルヒーロー・三菱/その他編

Posted at 2018/01/28 01:30:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミーティング | クルマ
2018年01月27日 イイね!

今週の捕獲18/1.22~26

 今週の捕獲18/1.22~26
今週の捕獲、成果のご報告www

今週と言っても陸屋仕事は月、水、木、昨日は自分のブローカー仕事なんで3日間の捕獲っつー訳ですが例の横浜、東京の旧車コーナーがある大会場には業務の都合上、他の人間が行ったのであまり収穫は無かったんですがそれでもチラホラはネ(^_^)v

さて、大雪前の月曜日、午前中は時々雪はパラつくも海側(所謂湘南)は時折陽が差してたりで県央にある陸屋ヤードから僅か10㎞程度でこんなにも天気違うとは!神奈川も広いなぁ…とノンキに渋滞待ちしていたら出た!トイメンのコンビニにいたコレ!!


DR30スカイラインHT2000RSターボですね~。

R30、特にRSはまだまだ残っていて旧車としてはAE86に次いで良く見る?なのでそんなに興奮はしないもやはりこうして日常のヒトコマにポッと現れると目を惹きますナー、ハチマルヒーロー他ではあまりにも多く出ていてイチイチR30に足を止める事ないのですが街中にいるとやっぱり^^;)

遠目ですから正確ではないですがこの固体、内外がオリジナルだとすれば83/2~同8月の僅か半年間のラインアップだったFJ20ET DOHC16バルブターボ190psの”史上最強のスカイライン”のコピーでファンを熱狂させたRSターボ、83/8以降は鉄仮面になりましたから希少な3本グリルの前期型RSターボ、西部警察でも有名ですね!


ガンメタ2トーンのボディは再生でしょうかね?陽の光を照り返し遠目ながらとても極上を感じ取れるモノ、今な無き2ドアHT、スカイラインらしい迫力のスタイリング、ハコスカケンメリもいいですが80年代のNo1スカイラインはやはりこのR30だと思いますネ(個人的感想)

鉄仮面もいいけど何気に3本グリルの迫力の顔も好み、昔セダンを乗ってましたが神経質でエアフロの弱いFJ20、ワタシのはこれに手を焼き代替えしましたが今尚こうした極上な個体に出会うとこっちまで嬉しくなったりします♪

この日は雪が来る雪!って感じで仕事を早く終わらせるのに集中、捕獲は車中からのこのRSターボのみ…

1日空けて24日はそこそこ大漁!?!?

まずはコレ


後続レガシィツーリングワゴンの爆発的ヒットの基礎となった3代目レオーネツーリングワゴンですねー!
60年代~70年代、前身であるスバル1000・ff-1・1300Gと後続である初代、2代目レオーネが凡人には理解が困難と言うか天の上の存在wな出で立ちやメカでそれこそがスバル!!というイメージを突き通していましたが84年にデビューした3代目レオーネはそのヘンテコ?ながらスバリスト相手に頑なだった個性を弱め一般ユーザーにも取っ付き易くなり大のスバル嫌いだったワタシですら「おっ、今度のレオーネは随分地上に降りたなぁw」なんて思ったモノです(笑)

”オールNEWレオーネ”のコピーでデビューした3代目レオーネは当初セダンのみで登場後ワゴン/バン、クーペが随時追加されましたがこの中で一番人気はワゴン、RVブームの最中でしたしシリーズ中では一番スタイリッシュ、これなら乗ってもいいか!と本気で思わせてくれたもんです。

現車、北海道からフェリーで遥々東京入り、他所さんの荷物なんで触らず開けず遠目に見るだけでしたがサイドシルはミルフィーユ状態、前期モデルだから32年は経過してるので仕方ないながらボディが綺麗な分、残念な感じでした。下回りは恐らく悲惨な状況か!?


純正A/W、フルオリジナルなツーリングワゴン、頼もしい4駆ワゴンの走りでしたが北海道にはまだまだ現役で生息してそうですね!

お次は小規模オク会場からの一品


C31ローレルのセダンですよ、まだ生き残っていたんですね~

C31は81~84年の在任、現車は82年MCの後期型、R30スカイラインの兄弟車だったのもありスカイラインの父・故桜井氏が関わったモデル、しかしクルマの出来は上々ながらあまりにも質素でライバルのマークⅡと較べ貧相なイメージから人気、評判は芳しくなく後期でこの部分を補い一気に成金趣味旦那仕様に変貌したのが笑いましたっけw

現車は所謂お買い得グレードだった2000グランドエクストラ、セダンの残存だけでも珍しいのに一番出たメダリストとかSGLでないのも驚き!


内外D、総評3.5、最終84年モデルですので33年経過、それなりのヤレ、不具合は出ているもキチンと整備すればまだ現役続行余裕って感じのレベルです。


HTはそれなりに人気あり往時はそこそこ見たC31ローレルですがセダンは一般ユーザー、少なかった感じ、地方のタクシーや教習車なんかの印象がありますねー。


お次は千葉の他所の陸送会社ヤードに引き取りに行った時に見つけたコレ


ウワッ、またレオーネ、但しセダンwww
87年でしたのでレオーネの最終に近い、3代目レオーネの在任は84~92年、但し89年以降はレガシィに実質的に代替わりしているのでこれ以降は廉価版お買い得グレードのMAIA/MAIAⅡとバンのモノグレードのみ、ワゴンやクーペは廃盤となりますが現車はまだ現役バリバリ時代の個体!

こちらは関東圏のクルマのようで先記ワゴンのようなミルフィーユ症状はなく内外共に比較的綺麗、MTの4WDモデルでした。


内装にややヤレは見受けられるも30年落ちとは思えない状態、スバルバカがさぞ喜ぶ個体でしょうネ(^_^)v


スバルバカが喜ぶ、と言ったら次のコレは発狂モノでしょうwww


コレは搬入に行った中古屋さんの在庫、希少な3代目サンバーの後期=550cc拡大モデル!

在任期間は73年~82年という長寿で前期は360ccで”剛力サンバー”とやたらCMで叫んでいたのが記憶に残りっています。

76年に排ガス規制クリア&新規格対応の暫定拡大版「サンバー5(ファイブ)」を挟んで77年から現車の新規格版(当時)となる訳ですが排ガス規制クリアの部分で長い事親しまれた2stから4st OHCのEK22/23(500/550)型に換装、以後最終サンバーまであの独特な乾いた音を聞かせる最初のモデルでした。

現車は79年モデル、昔はやたら見かけましたがさすがにどんな田舎行ってももう見れないでしょう、40年近い歳月が経つ軽トラが実働で売り物になっているのがまず凄い!ボディもまだまだしっかりしており少々強気の価格掲示してましたが目ん玉飛び出るような価格でもないしマニアにとっては良心的な価格設定かも!?

何かこの日はスバルづいていて若干不愉快でしたが(笑)気を取り直して翌25日!

朝から静岡のオク会場に引き取りに向かい途中の駒門PAにて先日の大雪で見事な雪(厚)化粧した富士山に癒しをもらい快調にお仕事スタート(^_^)v


富士山パワーか?好物をお載せする事ができましたゼ!
2台引き取りの2階はどうでもいいんですが下段に注目です、元Gure好物の旧い菱車ですけんねーw


82~91年の一世を風靡した初代パジェロ、軍用or実用一辺倒のジープから代わってそれまで無骨、悪路走破の荒々しい男臭いイメージしかなかったクロカン4駆の概念を変えた初代パジェロ、現代のSUVブームの元祖はここにあり!って感じですナ。

現車、デビュー時からラインナップされた貨物登録になるキャンバストップ、他にメタルトップ、後年追加のワゴンが売れ線でありフルオープン化できるキャンバストップは一番ジープの後継ぽかったと思います。

その性格上快適度は他車型には劣るもワイルドさはジープ譲り、ただやはりこの頃はジープも併売していましたし中途半端な印象は否めなく街でもそう見かける事はなかっしワタシもキャンバスの初代は初めて触ったと言う…

まさか現代でこれに乗れるとは思ってませんでした、移動の数十mですが”あの頃”の三菱車を味わえ至福です、前日の不愉快さ?も吹き飛ぶ感じで(笑)

オーバーフェンダーで1ナンバーに公認改造されています!



キャリアに積んでもその迫力の雄姿にホレボレ、86年型で走行13万kmでしたが総合4が付き内装C、外装Bという上物!これも一体幾らで落としたか気になりますわ。

初代パジェロでここまでの美品も滅多にないでしょう、しかも汚泥、雪道をガンガン攻めるイメージのキャンバストップでこれですからね、マニアには涎モノ間違いナシ!スバオタのサンバー発狂よりは低いかもしれんけどw

L系デリカスターワゴンと同一の4D55型2.3Lディーゼルターボ グロス95psは現代感覚だと明らかにパワー不足ながらこのエンジンの悪癖=大量の黒鉛吐き もなく念入りに整備されている様子、パワー不足と言ってもキャンバスは軽いので普通に走る分には無問題、何かとっても欲しくなる気分(^^;)



C評価の内装ですがインパネの経年劣化でCとなっている感じ?シート等は非常に綺麗でBでもおかいくない!



各部の内装デザインが80年代の三菱を如実に表し思わずE10ギャランΣやスタリオン、ランタボ、トレディア/コルディアの往年の姿を彷彿してしまいます(笑)


足回り、ハンドリング、ミッションも問題なく快適フィーリング、3桁レベルの逸品でした!

と今週はこん位の捕獲っす、また来週をお楽しみにぃ!おしま~ぃ(^^)/
Posted at 2018/01/27 13:07:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 業務 | 日記

プロフィール

「草ヒロ54 http://cvw.jp/b/2682511/41617956/
何シテル?   06/17 22:39
“元”Gureです、しぶとく再登録、新規ネタ&過去ネタをUP中、過去記事は主に2013/5~2017/3迄、仕事場兼隠れ家?の山梨ヤードでのクルマ弄りや過去シリ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

以前登録頂いていた方との交流復活が主、新規登録も拒みませんが自己の嗜好にそぐわない考えの方は削除させて頂く事があります。
新旧問わず登録⇒解除した方はお断り、過去対立した人物、その人物と友達登録者も方お断り!上らのモノ云いで恐縮ですが趣味の世界、ストレスフリーが理想なんでご理解下さい。
26 人のお友達がいます
ケネス@元ギャランAMGケネス@元ギャランAMG * LED・HID販売のfcl.LED・HID販売のfcl. *みんカラ公認
まさき亭まさき亭 白しび#3白しび#3
minicatminicat くさいしがめくさいしがめ

ファン

245 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
E39AギャランVR-4、3代目になります。 1号機1992~1997、2号機2004~ ...
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
息子との共同所有、エボIVも若い頃乗っておりまだ3歳だった息子が当時憧れていたと免許取得 ...
三菱 ランサーカーゴ 三菱 ランサーカーゴ
業務用、街乗り用。 初の4ナンバーマイカー所持、毎年車検は厄介ながら多量の積載、その気に ...
カワサキ ZZR250 カワサキ ZZR250
2018/4~の所有、4年ぶり2輪返り咲きの相棒になります!20年超で約25000㎞走っ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.