• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

元Gureのブログ一覧

2018年03月25日 イイね!

草ヒロ50

草ヒロ50デヘヘ、本日2回目のUP(汗)

今回の草は一旦ジャンクヤードを離れて街角天然草ヒロを取り上げたいと思います!

にしても今回のは勿体無い、青空の月決めPに無造作に放置されたエボ、エンジンブローか何かで不動になり修理する予定で置きっぱで既に数年経過!?って感じかな、あくまで勝手な想像ですが…

外装悪いだけで実働?いやいやナンバー切られてるしタイヤも4輪ペチャンコなんで草と断定した次第っす。。。

赤いボディは色の特性上もありパッと見ながら劣化が激しい感じ、遠目なので第一世代のエボでもⅠかⅡかⅢかは判断できません、特にこれらの特定が容易なRrスポがGTウィングにされているんでね、感覚的にはⅡのような感じですが断定できませんナ。

今や大幅に数の減った第一世代のエボ、Ⅰが平成4年、Ⅱが6年、Ⅲが7年ですのでどれも20年軽くオーバー、貿易にも高値で出るしまともな個体であれば特にⅢなんぞプレミアでまともで少走行なら200、300とする現在、Ⅲ程ではないにしろⅠもⅡも底値はとうに抜け出し3桁間違いないしこの個体、例え不動でも放置するようなクルマじゃないし勿体無いしか言いようナシ!まぁ、持ち主さんの事情は当然解りませんから勝手書いてますが(笑)

平成4年~8年、ギャランVR-4から継承してWRCで大活躍、インプレッサと共にラリーウェポンの名を欲しいままにしたランサーエボリューションⅠ~Ⅲ





この個体、普段通らない山道で遭遇、車中からの観察。
客先に出向く時迷った際に出会ったのでなかなか今後の注視はできんですがチャンスあったら今度は下車してじっくり観察したい、持ち主さんにどうしたいか?確認後何だったら引き取りたい個体ですね、菱ヲタ、ランサーマニアとしては当然(^^;)


Posted at 2018/03/25 17:51:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 草ヒロ | クルマ
2018年03月25日 イイね!

珍車PART761

珍車PART761今回取り上げるのはひょんな事から探してみた4tトラック、コレ、かつて大人気で往時は売れまくり相当な個体数だったんですが10年強前の首都圏NOX/PM規制法発布により大都市圏では乗れなくなり一気に減少、海外でも人気あり貿易に出たのが大きいですね。

しかし国内でも規制関係のない地方では活躍する姿もまだ見られますがそれでも年式が古くなってきましたしかつてに較べるとさすがに少なくなりました…

⇒『平成2年(1990)U-FK417JK型初代ファイターキャブバック型クレーン付き平ボディ』!!

これは上述の通り首都圏では走るのは勿論、登録もできませんからまず現役を拝むのは無理、山梨在時は毎日のように見かけましたから関東では東京、神奈川、千葉の一部、埼玉や大阪、兵庫等大都市限定の珍トラック?になりますネ( ;∀;)

いやね、同業?仲間がこれを買取したという話を聞きハマに戻って1年、全く見ていないFK、懐かしくなって探してみたという(笑)

何を隠そうコレ、ワタシがトラック触りだして初めて乗った4t車、もう20年以上前の事ながら初めての4tですんで初めての女同様に忘れられんのですwww

ふそうの4tはこれの先代から『FK』の型式で統一、現在に至りますがファイター名を名乗ったのはこの代から!
84年~92年のモデルライフで現行は2代目、つまり92年以降FMCがなされず今に至ります。

現行(FK60/70系=数字の大きい側はワイドキャブ)は顔付やインパネ、安全装備、快適装備等初期とは大幅に異なり共通しているのはフレームとキャビン骨格、ドアパネルなど一部のみですが実に30年近くFMCがなされずいい加減古臭いながらそこは見事に時代に応じたリファインがなされ内情を知らなければ今でも立派に通用、まさか業界にいても現行2代目や大型のスーパーグレートをここまで引っ張るとは思いませんでしたがこれらデビュー後、ふそうを取り巻く環境の激変から思わぬ長寿?になっている訳ですね~。

現在はベースFKの増tモデルも大きく普及、免許制度の改革もありますがこの時代は4tと大型の棲み分けがハッキリしており今のようにパッと見4tながら大型免許でないと乗れないというまぎわらしいモデルもなかった時代は分かり易くて良かった(笑)

さて初代ファイター、この時代三菱はトラックに関して下は軽のミニキャブトラック(U10系)から上は大型のグレート(FU/FP/FS/FW等)までデザインを統一、一貫性を持たせる事で三菱製トラックをアピール、中でも4t/大型はそれ以前は頑強でタフであればいい、内外装のデザインなんて二の次三の次、他社を含めそれを示すような厳ついエクステリアが常識だったところ、都会的でスマートな外観に乗用車並みのモダンな室内を与えられてデビュー、大型のグレードはグッドデザイン大賞を受賞する程でトラックの世界を一変、この後ライバル他社もふそうに続けとばかりいすゞフォワード、UDコンドル、日野レンジャーなど主に4tを皮切りにオシャレな出で立ちに変化、バブル時代には大型もこの波に乗り従来の強面、厳つさ、怖い という一般に植え付けられた大型のイメージを変えるに相応しい時代を迎えふそう系トラック、それの牽引役を果たし当時のファイター/グレートは大幅に普及、4tではシュアNo1、大型も日野に次ぐ2位と健闘、当時の物流業界でふそうの名声が一気に高まったモノでした。

同じデザインアイディンティのふそうの大型『ザ・グレート』


さて現車、4tトラックでは20年、30年経ても値落ちの少ない代表的存在のキャブバッククレーン付き平(通称ユニック)モデル、走行は4tとしては少ない22万㎞程度で総合3、内装Cという30年になろうかというトラックとしては真に素晴らしい状態です。
働くクルマですしドライバーは会社から与えられたモノなので人によっては乗りっ放しで愛情を注ぐなんてされずに朽ちていくのも多い中、このFKは幸福モノでしたね(笑)

下経年劣化は見られるもまだまだ現役可能な様子


搭載されるユニック製4段クレーン、この時代はまだフック格納機能がない(ユニックはユニフック、タダノはフックイン)がなくラジコンも普及前夜でしたのでこの個体もラジコン無の通常型、国内ではこの通常型は人気ないのですが海外ではそんなもんなくても充分に通用、現にこれも驚く金額で落札されたのでほぼ貿易でしょう…

それにしても室内Cというのがいい、なかなか4t車、しかもクレーン付きを使うような環境にいる個体で室内まで気を配られている個体は少ない、ダンプとかフルクレーンなんてそりゃもう中は悲惨?と言ってもいいようなモノばかり見てきてるんでユニックと言えど一応建設系でこの程度には驚きです!

↓80年代の三菱らしいペキペキ調のインパネデザイン、当時はこんなオシャレな内装のトラックは類を見ませんでした。


このFK、内装のデザインもキャビンやスリーパーの広さも申し分ないのですが初体験以来さんざん乗ってきて思うのはまだ三角窓が現役で視界的に個人的には乗り易いとは言えない印象、いや、この時代はいすゞもUDも日野も三角窓、健在ながらミラーと三角窓の支柱が干渉してミラー確認がし辛い感じがありこれだけが好きでなかった、4tでもOPのアンダーミラーが付くとかなり違うんですが視界的にはこの時代ですとUDのコンドル(CM系)が一番乗り易かったかなぁ…

まだまだ過積載当たり前の時代ですんでエアブレーキは今よりも強力、確か安いモデルや後続で設定されたミニヨンなんかはブースターも存在していましたが慣れれば4tクラスでブースターは逆に止まらず怖くて×2 なんて想い出も蘇りますわw

この個体、荷台の荒れも少なくかなり丁寧に使われていた様子、ガラ(ゴミ)や重量級資材を積んでいるとこの状態キープするのはなかなか困難、敷かれた鉄板も貼り替えの必要がない位程度がいいですナ!

↓鳥居、や煽り部分も極上といっていい程の綺麗さ!



先述の通りこの個体、軽の新車並みの金額、昨今は軽と言えどいいお値段しますんで想像に容易いかと。
出品地は北関東、以前はFK400系、以前はやたらに出ていましたがさすトラック出品数最大のこのオク会場でも数える程度の出品になっていたのは少々驚きでした。

↓通称“角目”と呼ばれる精悍な顔付ももうなかなか見れなくなりました。


因みに角目と言われる所以は大型グレードが後期になりプロジェクターライトに変更された事から前期を角目と業界では呼んでました、FKでプロジェクター化されたのは2代目FK600/700系なので400/500系では角目しか存在しないのですが便箋上こう呼んでいたのも懐かしい(^^;)

このFKを皮切りに今後は珍4tを少し探索してみよっかな~、乗用もマンネリ気味だし(^^)/
Posted at 2018/03/25 15:01:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 三菱ふそう | クルマ
2018年03月24日 イイね!

草ヒロ49

草ヒロ49
繁忙期の激務ですっかりみんカラやる意欲も失われておりますが撮り溜め草ヒロシリーズ、やっちゃわんとネ(^^;)

今回も例のジャンクヤードにいたお宝っす、これもまずもう見れないもんなぁ~



てーんで今回ご紹介するんは6代目BF型ファミリアの3HBターボGT-X!


85/1に爆発的ヒットを飛ばしたBD型5代目の後を受けてデビューしたBFファミリアは結局のところ、先代を上回る人気や売り上げは達成できなかったながら好景気の時代を反映し質感を高め贅を尽くした仕上げがなされカブリオレや国産初のフルタイム4WD+DOHCターボを追加したりと意欲的なモデルでしたよね~。

現車、そのDOHCターボフルタイム4駆となる1.6GT-X!


こんな希少なクルマがゴミの中に埋もれている、マツダマニアが見たらさぞ哀しむ光景ながらゴミ中と言えどコイツ機関面は不明ながらもパッと見だけならまだ充分復活可能な感じ?

白だから目立たないってのもあるけどボディは経年劣化の褪せや剥げ、小サビは当然あるも大きなサビ、凹や傷はない様子、サビと言えば前任BDがまだ未成熟の防錆技術で現在ではそれが要因であれ程売れまくったBDが死滅状態なのもその辺に大きな要因があるんではないかと思われます、しかし85年辺りからはマツダに限らず飛躍的に防錆技術も向上しているのでね、この個体もその恩恵に預かった!?1台かもしれません…

このファミリアが置かれている部分は地面に鉄板も敷かれておりそんな部分も直接湿気に晒されないのもイイ状態でキープされている感じ、下回りも驚くような痛みもなく動力部分さえ問題なければすぐにで車検取れる?レベルに思えましたヨ


GT-X、ラリーベースのGT-AやGT-Aeなどもラインナップ、B6型DOHCターボエンジンは当時クラス最高のネット140psを達成、国際ラリーでも活躍しましたが後発のトヨタセリカGT-FOUR、日産パルサーGTI-RやブルーバードSSS-R、三菱ギャランVR-4、スバルレガシィRS等各社の並み居るラリーウェポンの前に影は薄くラリーマニア以外にはこのクルマの偉大さは周知されずに終わりましたがWRCブームが湧きに沸いた80年代後半~90年代、そのきっかけを作ったのがこのBFファミリアのGT系でしたしね、長い歴史と数多くのモデルを輩出したファミリアでも特に注目できるモデルに思います。
国産車でラリーと言えばエボインプ、残念ながら市場ではファミリア=ラリーのイメージもなくWRCカーであった事ももう忘れ去られてしまった状況ながら国産ハイパフォーマンスカーの歴史に刻まれるクルマですね!(私感です、ファミリアマニアには不快さがあるかもしれません、スンマセン)

しかしここの外人、これもどうしたいんだか不明ですがなかなかコレクション?のセンス、チョイスは下手な日本人マニアよりもいいでないかい?って感じますわ、次回お会いした時はこの“草”たちを今後どうするのか?是非調査したいと思っちょります(^^)/
Posted at 2018/03/24 17:44:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 草ヒロ | クルマ
2018年03月23日 イイね!

みんカラ:週末モニターキャンペーン【プロスタッフ春の洗車モニター】

Q1. あなたが使った事のあるプロスタッフ製品何ですか?
回答:黄色便ゴールド

Q2. モニター商品(シャンプー、ムササビクロス、エックスマール、キイロビンGの中から)をご記入ください。
回答:ムササビクロス

この記事は みんカラ:週末モニターキャンペーン【プロスタッフ春の洗車モニター】 について書いています。


※質問項目を変更、削除した場合、応募無効となる可能性があります。
Posted at 2018/03/23 20:18:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2018年03月18日 イイね!

珍車PART760

珍車PART760
珍車シリーズ、連続して大型トラックを熱く?暑苦しく?語ったんでそろそろ乗用に戻りますか(^^;)

て訳で今回のお題、腐ってもZ、ジャパニーズスポーツの原点はやはりコレですよね!戦後間もないダットサンスポーツから始まりフェアレディ210、SPL、SP、SR、そして69年にフェアレディZとなり以来半世紀、中断時期はあるも一貫して国産スポーツカーの代名詞的存在であるZの中から久々出品見つけたんでご紹介

⇒『昭和56年(1981)2代目S130型フェアレディ200Z-T2by2 Tバールーフ』!!

130Z、これは今でこそ旧車名車の一つに数えられプレミア値にもなっていますがリアルで見てきた世代としては排ガス対策期のモデルでしたし酷評されて印象が強い…

確かにワタシもかつての愛車でしたし先代S30時代の240ZやZ432のイメージを消せずに乗れば動力性能はガックリせざるを得ない、Zの最大の顧客であるアメリカの要望を受け30Zに較べ無用に肥満化したボディもドンガメ度をより顕著にし国内では決していい評価は聞かれませんでした、‟Zは堕落した”と78年S130デビュー時はそんな感じで(*_*;

ご存じの通りL20Eの2000とL28Eの2800の二通りでしたがまだまだ3ナンバー、オーバー2Lなんてクソ高ぇ税金の時代、一部富裕層しか280なんて手にできず一般人は200が普通、走りでは280ですと当時の水準では145psという高出力でZの名に恥じない走りはしたものの200だと実にこのスタイルが残念になる程の悲しさ、大幅に格下のパルサーやサニーのEGIモデルに置いて行かれる程の遅さは特にZですと酷評も致し方なかったでしょう、唯一のライバルだった後発RX-7(SA22C)のREパワーの前で200は完敗でしたしね~…

しかしあの時代、スポーツカーがあらゆる背景から全否定される中で各社この類のクルマを続々と引っ込める中、Zとしての矜持を持ち続けラインナップし続けた日産の姿勢は拍手モノ、2000年代に再びそうした時代が再来するも一時途絶えたZの魂を蘇らせたMrビーン氏、これだけは大きく賛同しましたしね、国産スポーツカーの十字架を背負うフェアレディZというクルマはどんなにスポーツカー逆境の時代でもそうした運命を義務付けられてるのでしょう、それにどんなに揶揄、ケチ付けられようとも応える日産の姿勢は立派だと思います!

そんな事言いながらドンガメZに乗っていた時代、ワタシのは初期型だったんでね、後にラインアップされたTバーとかマンハッタンカラーが眩しくて眩しくて!中でもS130終盤のようやくラインナップしたL20ETターボ145psのZターボ、これはホントに眩しくて目が潰れるかと思った(笑)

何せ130のモデルライフは~83年迄、その前年に日産ターボ攻勢のドベでラインナップされたZターボ、今更ながら5ナンバーで280の性能が得られるというのはセドグロやローレル以上にZファンが喉から手が出る程欲しかったモノ、そのスタイリングやイメージから型式認定がなかなか得られなかったという内情ですが僅か1年のZターボ、儚い憧れでした。

82/10満を辞してデビューしたZターボ!!



セドグロ430に国産初のターボモデルが追加されたのが79年、Zターボまでの3年でターボブームが急速に広まりZターボデビューは今更かよ!!的空気もありましたが一世を風靡したL20ETを例え僅かでもZが搭載した事に意義がある!私的にはそう思います(^_^)v

それでは現車を見てみましようかね、81年のマイチェン直後の後期型、よりS30風味だった前期テールをリ・デザインし80年代の現代風に改められたモデル、280はエンジン改良が施され145→155psと出力UPがなされるも200はその部分は手付かずでした。

↓そろそろ40年を迎える個体として内外Dながらまずまずの状態をキープ!


驚くのは実走5万㎞台?5桁メーターですんであてにはならないですが業者オークション、走行管理は徹底してるんで入庫記録他から実走と謳う以上間違いないでしょう、仮に違うと大きなペナルティ喰らうし…

事故落ちによるフレーム歪みや経年劣化は見てとれるも実働の130も数少なくなりましたしね、この個体は人気のTバールーフ、マンハッタンカラーでないのが惜しいですがこれでもマニアは歓喜モノでしょう。

↓スパルタンなS30Zからグランドツーリング的なインパネに変更されるも今見ればこれも立派にスパルタン!D評価ながら清掃他でCレベルとなりそうなイイ状態


S30後半でこれも米国からの要望で追加された4人乗りの2by2、スタイリング的には2シーターには敵わないながらもイザという時に狭かろうが横にしか座れなかろうがRrシートがあるとないとじゃ天と地の差!オーナー時はスタイリッシュな2シーターを横目で見ながら利便性ではコレ!!と無理矢理納得していたのも懐かしい、現車もそんな2by2、S130になってより2by2はbサイクになりますが売れ線はやはりこちらでしたね~。

↓Rrビュー、塗装のヤレや各部の劣化はやはりビッチリと再生してやりたい!


次期Z31までロングノーズ、ショートデッキのS30のイメージ、4代目Z32ではガラリと変わるワイド&ローのデザインとなり今に至りますが我々世代ではやはりZと言えばS30~Z31のイメージ、勿論Z32以降もいいんですが多感な時期に植え付けられた印象は最早一生モノですな、旧世代のZに乾杯って感じで(微笑)

↓やはりZはこの顔でしょ!?Frビューは外装Cを付けたい位綺麗!


出品は北、落札額はスカイライン程の驚愕価格ではないもやはりそれなりに高く店売り時は当然商品化され美車に仕立てられるでしょうから200オーバーは間違いない?もっとボるかなガメツイ金亡者の旧車屋じゃ…!?

しかし路上デビューが容易に想像できるS130、今や希少ですネ(^^)/
Posted at 2018/03/18 16:19:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ

プロフィール

「事故被害者になってみたorz… http://cvw.jp/b/2682511/42082216/
何シテル?   10/20 13:52
“元”Gureです、しぶとく再登録、新規ネタ&過去ネタをUP中、過去記事は主に2013/5~2017/3迄、仕事場兼隠れ家?の山梨ヤードでのクルマ弄りや過去シリ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お友達

以前登録頂いていた方との交流復活が主、新規も拒みませんが趣味嗜好に合わない場合は削除しますしこちらからは滅多に申請、イイね、レスもしません。
新旧問わず解除した方はお断り、過去対立した人物、その人物と友達登録者も方お断り!上からで恐縮ですが趣味の世界、ストレスフリーが理想の為ご理解下さい。
21 人のお友達がいます
NAKAtecNAKAtec * 白しび#3白しび#3 *
くさいしがめくさいしがめ * ●ふくさん●●ふくさん● *
LED・HID販売のfcl.LED・HID販売のfcl.みんカラ公認 ケネス@元ギャランAMGケネス@元ギャランAMG

ファン

265 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
E39AギャランVR-4、3代目になります。 1号機1992~1997、2号機2004~ ...
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
息子との共同所有、エボIVも若い頃乗っておりまだ3歳だった息子が当時憧れていたと免許取得 ...
三菱 ランサーカーゴ 三菱 ランサーカーゴ
業務用、街乗り用。 初の4ナンバーマイカー所持、毎年車検は厄介ながら多量の積載、その気に ...
カワサキ ZZR250 カワサキ ZZR250
2018/4~の所有、4年ぶり2輪返り咲きの相棒になります!20年超で約25000㎞走っ ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.