• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hafafbafkfgのブログ一覧

2017年08月28日 イイね!

たえずやっかい

たえずやっかい乗客たちが下船の準備をはじめるごろ、ジェイコブは降下の途中、軽いトランス状態に入ってしまったことを思いだして、愕然とした。あのとき、おれはケプラーの上着につかまった視光師
くようにして身を起こした。新しい姿勢をとると、マーティンの目をまっすぐ見すえて、
「わたしは、彼らのことなど、気にしてはいない。ファ・ギンは、消極的、なロマンティストにすぎない。デムワは、愚か者、のように見える。ファ・ギンの友人は、みんなそうだ。
そうではなく、もっと気になるのは、いまや基地の、トラブル・メーカーとなった、ふたりの存在だ。ここにくるまで、知らなかった、ことだが、基地のスタッフには、ひとり、チンプがいるな。彼とあの、ジャーナリストは、われわれがここに、到着して以来、ごとを、巻き起こしている。ジャーナリストのほうは、基地の要員たちに、無視、されて、騒ぎたてているし、チンプのほうは、しじゅう、カラにまとわりついて……あれを、〝解放〟、しようとしている、ありさまだ。こんなことでは魚肝油 維他命……」
「カラが命令をきかなくなったんですか? たしか、彼の奉仕期間は……」
ババカブはばっと椅子からとびあがると、シュッと息を吐きだし、鋭い歯をむきだした。「話の、途中で、口をはさむな、この、人間、めが!」マーティンの隠えているかぎり、ババカブの地声を聞いたのは、これがはじめてだった。キーキーというかんだかい怒声は、ヴォーダーからのことばを圧して、耳に痛いほど響いた。
しばらく、マーティンは身も心もしびれたようになって、身動きもできなかった。
ババカブのこわばった姿勢が、徐々にリラックスしはじめた。ほどなく、逆立った毛皮は、ほとんどもとのようになめらかにもどった。
「謝罪、しよう、人間=マーティン。原始的種族が、このような、ささいな過失を犯した、からといって、激昂するぺき、ではなかった」
マーティンは音をたてないようにしながら、ためていた息を吐きだした。
ババカブはふたたび腰をおろし、「きみの質問、に答えよう。カラは務めを、忘れては、いない修身。親種族、の権利によって、わが種族、は彼の種
Posted at 2017/08/28 19:01:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「請你用滿滿的少女感和他一起幸福禱告! http://cvw.jp/b/2695195/41600228/
何シテル?   06/13 16:18
ですが、ある日のこと
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

お友達

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
ですが、ある日のこと

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.