• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

サカイほーかいのブログ一覧

2018年10月28日 イイね!

自己責任はどこまで何にまであるのかないのか




危ないところに好き勝手に行ってその後始末は人様につけてもらう。
たしかにけしからん話ですなぁ。
ただ情報を知り伝えるというのが仕事というのであれば危ないところに好き勝手に行かないとどうしようもないわけで。
今回の身代金に憤りは危ないところに好き勝手に行ったオジサンに向けられるものではなく髭面のあの方々に向けられるべきものなんだろう。
でもそうした怖い方々に向けるより何の後ろ楯もない危ないところに好き勝手に行く困った日本人のオジサンに向けるほうが安心安全なのでみんなそうしているんだと思う。卑怯なことを正しく見えるように行使して弱者や障害を取り除くというのは我々の得意技。
危ないところに好き勝手に行ってその後始末は人様につけてもらう。
これはけしからん話として処理したほうが色々と都合が良い人も多いのだろう。
身代金の話はシンプルで危ないところに保険を掛けておけば解決とはいかないまでも緩和は出来るはず。報道が貴職ならそれを守るべく身代金に備えておけば良いだけの話だろう。
危ないからしては行けない。危ないから取材してはいけない。
面倒だから関わってはいけない。
それは全くその通りだが同時にあらゆる事象に目や耳を塞ぐことになる。世界に溢れる不実や不正や暴力は情報が隠蔽された空間でなされる以上、危ないところに好き勝手に行くオジサンを守らないと我々自身が守れないのだ…
Posted at 2018/10/28 09:45:23 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年10月21日 イイね!

廻らない




稀代の名機。skyactiv-g 1.5
BPとは違うよ。もぅ全然。
だがおいらのNDのエンジンは廻らない。上はもたついたように廻る。懐かしいBPみたいに。
なぜかといえばいつもアクセルをベタ踏みしていないから。
さして力がないスカイアクティブでもMTで引っ張ってやればNDは相当速い!もうとんでもない速度域に達するため若くはないND乗りのほとんどは日常遣いでアクセルを踏まないはずだ。
そうした優しいアクセル遣いが積み重なった結果、50000kmを刻んだエンジンは3~4000rpmのレスポンスは鋭くそれ以上は苦しげに廻るようになった。そういうマナーを身につけたのだ。う~む。
これで日常遣いで困ることはない。必要は回転域ではレスポンスは鋭いので気持ちが良くないなんてことはない。
ワインディングでも問題はない。若くはないので飛ばさないからだ。
充分速いし気持ちが良い。
だがしかし。
稀代の名機は廻すことを前提に開発された。そのためのスカイアクティブだったはずだ。(廻さないことを前提に開発もされているけれど ロングストロークだし)

廻らないエンジンを廻るエンジンに出来る躾方(しつけかた)は知っている。BPエンジンに教えてもらった。



NAのBPは基本廻らない。無理をして高回転で廻すとやかましい。
どうするか…それは少しづつ廻ってもらえるように辛抱強くBPを説得するしかない。廻らないのでまず付き合ってしばらくの間は廻さない。それを三月ほど続ける…それが終わったら1000rpmほど上げて廻すようなことをまた三月ほど続ける…エンジンオイルをこまめに替えて徐々に徐々にエンジンの回転域を上げてゆくのだ…どこかの時点で市販のエンジン添加剤を入れてピストンのシリンダーの摩擦を低減してやるとBPはそこそこ廻るようになる。アクセルペダルの踏む力が格段に下がるから実感出来るはずだ。


現代の名機 skyactiv-g 1.5はアナログなBPと違いデジタルッ子なので同じことを施しても効果は薄い。ガソリンの絞りはワイヤーでなくデジタルなサーボモーターかそれに類する制御のため愛情を懸けてもアクセルペダルが軽くなることはないだろう。


でもまぁ踏んでいけば廻るようになるはず。
どのメーカーのどのエンジンもエンジンは廻るように出来ているから。
負荷を与えて仕事をするように環境を整えれば機械というものは人よりずっと素直だ。
この地球上から内燃機関のクルマが消滅する日は近い…その日が来るまで環境汚染を促進していることの痛みを感じつつエンジンを楽しもう。

Posted at 2018/10/28 10:12:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月13日 イイね!

バカ達の夢…




いよいよ公開が迫る…
バカ達が俺らバカ達に向けて大サービス

盛り上がる年代は著しく狭く限定されるけれど
軍艦は工業的に生産されるものなので同じ型で細かく仕様が違うのは
至極当然。今は3Dモデルでサポート出来るようになったので
それはそれで見処ではないかと。
個人的にシド・ミードファンでもあるので2520型を彷彿とさせるあの艦は結構好き。確かにアンバランスで不恰好だけれど従来技術に新技術を無理矢理上乗せした感が出ているのでそういう風に妄想すれば面白いよ。

一つの価値観にみんなが寄り添って問題に対処するのは今の時代にはそぐわないのでヤマトの物語は既に終わってしまっているけれど。


個々で閉じて分散的に対処しても時として問題は解決しないことを
今の若い人には知って欲しい…
ヤマトはそれを少しだけ教えてくれる。見方次第だけれどね。
Posted at 2018/10/28 16:11:25 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年10月01日 イイね!

また戦うってさ




戦線復帰

アイドルはそういうものだ。
彼女達は(俺ら労働者も)合法化された奴隷。社会構造に組み込まれてしまえば何でもアリだ。

彼女達を救う(救わなくていいけれど)方法は
貢ぐか
無視をして関わらないこと

凄惨だね。俺ら戦う男としては複雑だ。
アイドルなんて辞めちまえッ!俺も会社を辞めちまうからッ!

辞めないけどね。(正しくは辞められないけどね。)
Posted at 2018/10/01 05:46:55 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「@タッチ_ さん
このバランスがで、出来るように精進しています。

私のi-DMはまだ壊れません。(泣)





何シテル?   11/23 06:08
i-DMが好きです。今も白ランプをもらいますが購入当初よりは減りました。少しの進歩ですがうれしいです。低速でも青ランプ。高速でも青ランプ。渋滞でもステージ3でア...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

コレ取ってイイって事? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/02 07:30:05
「ND5RC」半年点検とRF試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/11 22:44:43

お友達

お友達は募集していません。でも私のブログを読んで下さって少しでも楽しんでもらえたり共感して下さったりアドバイスして下さっている方等、私は友人だと思っています。

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.