• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2020年01月17日

白いシビック

白いシビック 1972年(昭和47年)に販売が開始された
HONDA・CIVIC。


最初に出合ったのは、中学2年生の時の担任の先生が乗っていた初期型でした。


1976年(中学1年)
1977年(中学2年)



76年~77年の当時に私が夢中になっていたものは・・・・・


サーキットの狼が1975年(昭和50年)、小学6年生で始まっておりスーパーカーブームが絶頂期。

F1の存在を、中学で友達になった前○君に教えて貰い舞い上がった1976年。
そして、(私にとっての^^)運命のバイブル連載(村上もとか氏)が始まったのは1977年でした。

テレビにカブリ付いた、F1日本グランプリの富士開催も76年&77年でしたね。
先進地区(笑)の友達は既にバイクに乗ってましたネ~(農道というコトでw)
そんな、恐らく人生で一番多感な時期でした。

方程式ひとつ、英単語ひとつ まともに覚えず(笑)ディーノのSPECとかを受け売りのままノートに書く様なウマシカな中学生でした、私。
何も知らない私は「センセェなんでシビックなんかに乗ってるん?」などと聞いてました。



先生:「燃費も良くて、とっても好い車なんだぞ~」
と笑って返してくれました。

とても失礼な質問だったと”思い出すまで”気付かないものですね^^。





72年デヴュー時のCIVICの凄さ、HONDAの努力は、皆様ご周知の通りですね(^-^)
馬力や格好しか追っていなかった若い時代には、自家用車の本質が解っていませんでしたからww。

今ならば、もっとその良さが理解出来そうな気がします。。。。。
















私が就職した1980年代前半は、まだまだペッタンコ(笑)の車が大人気でした。

R30型が未だ新車の頃、1世代前のJAPANの漆黒の4枚車に、ピカピカの弥生ホイールをハの字でベッタベタの先輩が居りました。
マンホールを避けながら走るその車の後部座席で、頭を屋根にぶつけながら乗せてもらった記憶が蘇りますw

そんな会社の寮生活、4つ位年上の先輩が乗っていたいたのが。
こちら。



CIVIC RS.

先輩の車体は、マルーン色に黒色のワタナベを履いていました。
車高もしっかり落としてあり、見た目が”カチっと”した個体でした。
(写真が1枚も無いのが残念です・・・)

当時定番のタコ足と連装のキャブ(タシカ?・・SOLEX)にスポーツマフラーでいい音させてましたね。
一つ上の先輩の車両となった頃、時折運転をさせて貰ってました。
MOMOのジャッキスチュワートの極太ニギリの感触が懐かしいです。
(個人的にはニキラウダ・モデルが好きでした♪ケド)

近場の小さな峠や宇治側沿いのワインディングなど、結構シャープで楽しいクルマでしたねー。

先輩から譲るお話を頂いた時、私は丁度「ジュリアの話」に傾いていたので結局縁がありませんでした(笑)。
この時に、もしCIVICに乗り始めていたら、現在は違った車歴になっていたかもしれませんねー。

現代のTYPE-R や 90年代のV-TECH 車に比べれば、本当に寂しいスペックでしょうが、本当に面白い車でしたね。

上がりは、このままセブンでと思っていますが(笑)、免許返納前にもし機会あれば・・・??^^。


















1982年の春、未だ桜が蕾な頃、私は生まれ育った山陰から大阪へ出て来ました。
電車(地方では列車^^)では無く、父の運転する車でした。
そんなに余裕が無かった事も一つの理由ではありますが、関西の親戚各々への訪問も兼ねておりました。

父は、大型2種免許の仕事をしておりましたが、我が家は昔から常に軽自動車でしたね。



(ミニカ・スキッパーと弟)


35年以上前は、田舎の県には略 高速道路が無かった為、中国自動車道までの下道には結構時間が掛かりました。


それで、父が近場の叔父さんから借りてきた車がこちら。



写真も(^^)借り物ですが、海沿いに在住の叔父の車は”サビっ錆び”でした。
恐らく、素は白色の車であったと思われますが、グレー化した色と茶錆色が混ざった様な(笑)。


田舎を朝早く出発し、ゆっくり長い時間をかけて進む車中。
余計な事は喋らない戦前生まれの寡黙な父と、
同世代意外とは喋る事などない10代の私と。




田舎道を本当に長くゆったりとした空気の車中で、一つだけ覚えているのはAMラジオの雑音と共に流れていた 82年2月発売のサザンの新曲 でした。



あれから約38年。








帰省した折などに親父や親族と共に酒を呑みながら、いつも。。。。

「小さい時に何処かに連れて行って貰った事が無い」
「家族旅行や遊んでもらった記憶が無い」

などと、呑んでは父の前でも平然とホザいておりました。
父はいつも黙って笑っておりました。




【言語道断】 【脚下照顧】






今月初めの風が強かった夜、祭壇横に並べた布団の中で。

揺れる蝋燭の火を見ながら。

「そりゃそーだ・・・・日曜日が休みじゃない仕事だったもの」

家族の為に一生懸命働いてきた父の当たり前に。


どうして気付かなかったのか。







初七日も済ませ、昔とは大きく変わった道路と風景で帰阪しました。

ヴィッツで 引っ張りだしたCD を聴きながら( ´_ゝ`)y-~~。









最後まで読んで頂き誠に恐縮です。
個人的なツマラナイ話に 「みんカラ」を使用してすみません。
父は全く世の中とは かけ離れた人生でしたので、最後ぐらいは と。
車好きな方でしたので・・・ご容赦ください。
結局、私の自己満足なんですけども。(笑)
ブログ一覧 | 個人的なお話 | 日記
Posted at 2020/01/17 00:37:20

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

親父のクルマに。
take@蝦夷。さん

こんな車知ってますか?
Y-KAZUさん

“あの日” から20年。
狩猟犬さん

CIVIC EVOLUTION。
13さん

この記事へのコメント

2020/01/17 12:48:17
こんにちは!

お父様のお話し、37年前に亡くなった自分の父親のことを思い出しました。北関東に就職してから半年ほどで亡くなったので一緒に飲んだのは数えるほどしか無く、親孝行らしいことは何も出来ずじまいで。。。孝行したい時に親はなしです(TT)

お父様が乗られていたスキッパー、懐かしいですね。最初の4輪は普通のミニカ(ポンコツをもらい受けた)でして、バイト先のガソリンスタンドの隣が解体屋で解体前のスキッパーからタコメーターやら足回りをそっくりタダで頂いて交換、後はお決まりのスプリング二巻きカットでベタベタに。そんな思い出があります(笑)

np
コメントへの返答
2020/01/17 22:44:16
こんばんは!
NanoPico さん

37年前ですか。。。
お父様はお若くして亡くなられたのですね。
お察し申し上げますm(_ _)m。。
そういう視点で見れば、ほんの10年程前まで一緒に飲めていたのは幸せだったかもしれません。
お袋の時には、親父にはもっと孝行を思っていたのですが結局寝かせたっきりでした。
情けないやら悲しいやらで。

良かったですw
ミニカの画像を載せたら”何方か”には懐かしんで貰えるのでは?とUPしましたので♪
中学生くらいまでは、よく親父にくっついて行き、あちらこちらの解体&廃車置場にお世話になりに行ってました。
懐かしいです。
カブがよく捨てられていて、当時親父は2個1や3個1を作っていました。(笑)

NanoPico さんの人生初愛車がミニカとは意外な感じもしますが、若いときは皆精一杯ですものね。
でも皆、記憶には深く残っていたりしますものねw

コメント有難う御座いました。
本年も宜しくお願い致します(*^-^*)
2020/01/17 12:55:17
こんにちは。
今も名前が続いている、シビック。
これだけ歴史があると、人生の節目ごとにシビック、なんですね。

初代シビック、最初はあまり良い印象ではありませんでした。
S800, 1300を作っていたホンダが、パワー半減したシビックを作るなんて・・・
でも60年代宴の後に来るクルマは、こうあるべきだったのですね。

私も最初のホンダ車は、ワンダーシビックでした。
当初、父からは、「カブ屋のクルマを買うのか?」と怪訝な顔をされてしまいましたが。
父(1941年生まれ)は、「技術の日産」でしたからね。

そんな父も、もう今では私よりも年下になってしまいました。
いつまでも記憶に留めておくことが大事だと思い、正月には息子と帰省がてら、逢いに行ってきましたよ。
コメントへの返答
2020/01/17 22:44:57
こんばんは!
くまとっど さん

ウチの親父のイイ車の代名詞は「プリンス・ダットサン・日産」系でしたね~。
マツダとホンダは昭和40年代での親父達世代にはイマイチだった様ですね。
四角ファミリアが売れるまでの「東洋工業」さんは、技術陣が頑張っているのに売り上げが追いつかない。
REへの取り組みの凄い努力と葛藤のなか、ファミリアクーペや初代コスモ~RX3、カペラ、ルーチェなどなど。
マツダ車の足周りの良さは昔から有名でしたし、リアー周辺デザインも昔から秀逸でしたね♪
中古車引き取り額が低く、どうしても新車販売が伸びなかったのですよね。
現代のマツダ社の勢いは、其の頃からの技術の蓄積と思っています。

ホンダ車。
私は中村良夫さん大好き人間ですので、4輪スタートの頃のお話と、私が生まれた年のF1参戦の話はいつでもウキウキします。
ホンダ1300はRA302と重なる部分があり、あまり好きではないのですが(笑)。
従兄弟がずっと昔から未だにS800を2台(クーペとオープン)所持してます♪
そのあとのCIVICは、当時はダサイ・モッサイ・トロイなどなど、批判の嵐だったかもしれませんが、北米排ガス規格を通った最初の記念すべき日本車ですものね。
当時、売れたかどうかは良く知らないのですが、仰る通り現在の日本車の在り方や内燃機関の創り方など、大きな礎だったと思います。
このシビックの車内空間がアコードへ、それが今主流のミニバンにも生きている気がしています。
ホンダ・エンジンのレースからのフィードバックは言うまでもなくですね(笑)。

くまとっどさんも、お亡くなりが早かったのですね。。。
はい。私もそう思います。
想いを留めて、お盆と正月にはこれからも逢いに行きましょうお互いに。

コメント有難う御座いました。
本年も宜しくお願い致します(*^-^*)
2020/01/17 13:36:13
オヤジは5年ほど前に逝きましたが
最後のモノクロの写真そのままの世界
が家のオヤジ像と重なりますね。
子供を持って初めて、親子に対する
無償の愛ってのがシミジミ分かりますね。

我が家の最初の愛車は、クリフカットの
キャロル、2台目がヒーター後付け
の空冷フロンテ、軽以外で初めて
やってきた車はパブリカだったかな
初代シビックは心に残ってます。
当時は、なんかモダンでお洒落に
感じました。パワーの事なんか当然、
見当も付きませんしネ。
中学の同級生が免許取って買った車が
初代シビックで、よく横に乗せてもらい
ましたが、トレイ式のダッシュパネル
もモダンで垢抜けた印象でした。
現代のシビックとは隔世の感が・・

話は飛びますが、劇場初公開の日に
フォードvsフェラーリを観て
来ました。良かったです。友人と同伴
だったので我慢したけど、最後には
ホロっと来ちゃいました(~_~;)
七転さんも、ぜひ観に行って下さい!!
コメントへの返答
2020/01/17 22:45:43
こんばんは!
SL No23号 さん

SLさんと私の歳の差からすると、お父様は昭和一桁くらいでしょうか。。。
今回、遺影は姉弟が準備してくれたのですが、葬儀の際の写真を古いアルバムから私が数点選ばせてもらいました。
当時のモノクロ写真の中から「一番下の写真」を見た時、私が貰う事にしました(笑)。
これで両親とも逝きましたので、シミジミ・・・・です。
人ひとり、ポンと生まれてくる訳ではないですからね。

←キャロル/スズキ空冷/パブリカ(水平対向だからフラットフィッシュで書こうと思っていたのですがヤメました♪)
いまは、Q車オフの展示会/ミーティングで観れたら超希少価値の車ばかりですねw

そうです!シビックは外観だけならダサイ感じでしたが、内装のアイデアは最先端だった気がします。
ポケット多くなる草分けでしたし、ダッシュパネルは当時の車は大体グローブBOX側はモッコリしておりましたね。
結構助手席は圧迫感があったりしてました。
懐かしいですwww

その映画でしょ♪
実は、新年会(こちらの車関係者)で、映画観てから一杯の会の予定でした。
ちょっと、まだ親戚周りとかしてましたので断ってました。
落ち着いたら是非観に行きたいです♪

コメント有難う御座いました。
本年も宜しくお願い致します(*^-^*)
2020/01/17 16:59:53
お疲れ様でした。
バイクに車に、やはり父親の影響なんですね! (似てますね~)
週末ゆっくり休んでください。
わたしのセブンはまだ戻りません(^^!
コメントへの返答
2020/01/17 22:46:16
こんばんは!
クロム7 さん

はい、正月があった様な無かった様な・・・(笑)
結局、世間様よりも長い飛び石の冬休みだったのですがww

やっぱり~影響受けてますかね(汗)(^^)
時代や車やバイクは変わって行ってますが、これからも楽しみたいと思います!

なんと!まだですか!
お歳暮足らなかったのでは(笑)
直ったら、また走りに行きましょうね♪

コメント有難う御座いました。
本年も宜しくお願い致します(*^-^*)
2020/01/17 20:23:44
朝仕事前にチラ見させていただき、「この投稿はゆっくり読みたい」と感じて、家に帰ってきて今読みました。

数ある時代の中で、御縁をいただいた家族ってステキですよね。
そして思い出がいっぱいな投稿に、笑ってるお父様のお姿が目に浮かぶようでした。

シビック出逢えるといいですね👍
コメントへの返答
2020/01/17 22:46:47
こんばんは!
にゅーとらる. さん

チラ見&再度のゆっくり読 に感謝感謝です。
親父は決して表舞台に立たない人ですから喜んでますキット♪

本当にw、世間にはどうでも良いコトなんですが、親父とお袋が結婚して生まれたワケでして♪
その二人が存在しなくなって始めてご縁だったなと感じて。。。

シャイな方でしたので、向こうでコッソリ笑ってくれていれば幸いです。
お言葉有難う御座います。

上がりのシビックはホントニ軽い気持ちで書きましたが、もし縁があれば。
でももう部品は無さそうですしね~~(笑)
ドウナルコトヤラ♪

パンダのオレンジ化おめでとう御座います!
明るいカラーは気持ちも明るくなりますよ!!

コメント有難う御座いました。
本年も宜しくお願い致します(*^-^*)
2020/01/18 20:37:49
こんばんは\(^o^)/

お父上・・
昔の写真、現代と比べるとバイクも車もダサく感じてしまいますが
当時、そのバイクに乗っていたのはやはりバイク好きなんでしょうね。
俺なんかより年上の方で車に乗っていた方は少ないです。
ミニカスキッパーはイタリア人のCMを覚えてます。
高校の先生が乗ってました。

七転さんの車好きは、お父上の影響が大きいでしょうね\(^o^)/
コメントへの返答
2020/01/18 21:45:39
あれ?優しいコメントにビックリ(;'∀')""

こんばんは🌙😃❗
Cooたろう さん🎶

そうですね^^~、恐らく昭和30年前後なのであまりバイクも走っていない頃かと(笑)
それでも今まで見ようともしなかった親達のアルバムを開いてその歴史を見ると相当新鮮でしたねw。
僕達の知らない時代の母や父の顔等は他人の様でした。
でも、このバイク写真は気に入ってしまい貰って帰ってきました(^-^)

三菱車はこの世代のFTOやGTOがカッコ良かった思い出があります。
ランサーの実力の高さはラリーで有名でしたよね?
(Cooたろうさんの現役時代???^^)
83年か84年頃、ランサーEXが出てめちゃくちゃ欲しかったですがお金が無かったですww
スキッパーはもう既にウッスラなのですが、子供心にリアのガラスから中が見えるのが格好良かった記憶です♪

弟も車に乗り始めた頃、お袋が私たち3人に向かって【くるま馬鹿】と言った事を思い出しました(笑)

嬉しいコメントを有難う御座いました。
本年も宜しくお願い致します(*^-^*)
2020/01/24 01:17:46
遅くにコメント失礼します。 いろんなお優しい気持ちやいつぱいの気持ちのブログ、自分とあわせて涙しそうになりました。 シビック、消えることなく進化し続けてましたね、私も乗っていたようだと思います。 クルマ好きな師や家族の影響で今の七転さんがいておられること、、、かっこよくて家族思いのお父様、うらやましいです。
たくさんの思い出をいつまでも大切に、そしてそれをまた多くの人に優しさと共に。
本当にありがとうございました。 
コメントへの返答
2020/01/24 23:51:28
遅いReコメントで失礼しちゃいます。
こんばんは🌙😃❗
月正@tazetta・まりえちゃん さん🎶

あ💦いやいや、お涙頂戴のつもりは全くなかったので、本当に恐縮です。
「こんな無骨で無愛想な人がこの世に存在してました」と記録をさせて貰いたかったという僕のワガママなブログです。

姿・形が進化と変化を続けても、その名前が残っていくのは素晴らしい事ですよね!
その車のファンの熱意以上にメーカーの努力が無ければ繁栄も維持も出来ないですからね。本当に凄いと思います。

僕の様にガチャガチャと文章を並べても”愛が無い”のですが、無口でも背中で語る姿の方が格好良いですし”愛も感じ”ます。
多分、一生僕は親父は越えられないと、今回改めて認識しました。

ですので(笑)ありがとうと言われる様な人間ではありません。
小さい人間です。・・・・

が、
此れからも
どーぞ宜しくお願い致します(*^-^*)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「今朝はカフェMMまでモーニングツーリングです😃」
何シテル?   02/02 09:13
七転(ななころび)です。 1990年頃、京都大原の府道でイキなり上から爆音で現れ、颯爽と過ぎ去って行った車が始めて実車で出逢った[スーパーセブン]でした。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

リンク・クリップ

モーガンでセヴンなお家に。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/02 23:50:12

愛車一覧

バーキン ケント1600 バーキン ケント1600
窓際ビンボウ・サラリーマンで明日が見えませんが、ドーセ引退後も五里霧中の社会なら・・今の ...
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
まあまあのセダンから、セブン費用捻出+車庫長(車高調ではなく)の為、中古車屋でノーチョイ ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.