• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年05月15日

ちはティリンギャ

ちはティリンギャ のだ。わたしは身震實德金融集團いしながら、不運な召使たちを何が消してしまったかを知ったように思い、ばけもの

じみた存在を意識から閉めだすことができないまま、わたしたちのまわりにある、新しく見えるようになった世界の他の特徴を、やっきになって観察しようとした。しかしわたしをじっと見てい

たティリンギャーストが、口を開いてこういった。
「見えるか。見えるだろう。常にきみのまわりで漂ったり跳ねまわったりしているものが、いまはっきり見えるだろう。人間が純粋な大気とか、青い空とかいっているものをつくりだしている、

あの生物どもが見えるだろう。このおれは障壁を破ることに成功したんじゃないのか。生きている者がこれまで見たこともないものを、きみに見せてやっているんじゃないのか」わたしは恐ろし

い混沌のなかでティリンギャーストの悲鳴を聞き、わたしのすぐまえに猛だけしく突出された、ティリンギャーストの荒あらしい顔を見た。ティリンギャーストの目は焔の穴で、わたしをくいい

るように見つめているその目に、わたしはいまこそ圧倒的な憎しみを読みとった。機械はひどい唸りをあげていた。
「こうしたのたうつものどもが召實德使たちを殺したと思っているんだろう。莫迦め。こいつらは無害なんだ。しかし召使たちは行ってしまったというんだろう。おまえはおれをとめようとしたな。

はげましが欲しいと思っていたおれを、はげますどころか、水をさしたじゃないか。おまえは宇宙の真理をこわがっていたんだ。この臆病者め。しかしもう逃げられんぞ。何が召使たちをかたづ

けたと思う。何が召使たちに悲鳴をあげさせたと思う……まだわからんのか。まあ、すぐにわかることになる。おれを見るんだ――おれの言葉を聞け。おまえは時間や大きさというものが本当に

あると思っているのか。形や物質のようなものが本当にあると思っているのか。いってやろう。このおれはおまえのやわな頭では思い描けないような深みにまで探りをいれたんだ。無限の果の彼

方を見て、星ぼしから魔物どもを呼び寄せたんだ……世界から世界へと移って死と狂気を撒き散らす、影の存在をおれはつかっているんだ……宇宙はいまやおれのものだ。聞いているのか。やつ

らがいまおれを追っている――むさぼり喰い、溶かす奴らが。しかしおれは奴らをかわす方法を知っている。奴らが召使たちを捕えたように、今度捕えるのは、おまえなんだ……身じろぎしてい

るな。動いたら危険だといっておいたはずだ。これまでのところは、じっとしているようにいって、おまえを救ってやっていた。多くのものを見せて、おれの話に耳をかたむけさせるた楊海成めにな。

動いていたら、もうとうの昔に奴らに捕えられていただろう。心配することはない。奴らも害はおよぼさない。召使たちにも害をおよぼさなかった――召使たちにあわれな絶叫をあげさせたのは

、奴らの姿だったんだ。おれのペットたちはかわいくはないからな。美的な標準がまるっきりちがっているところから来たんだから、それも当然のことじゃないか。分解には痛みはない――確か

だよ。しかしおれはおまえに奴らを見せてやりたいんだ。おれはもうすこしで目にしてしまうところだったが、目にするのを避ける方法を知っている。興味があるか。おまえが科学者じゃないこ

とくらいは、まえからわかっているさ。震えているのか。おれが見つけだした窮極のものを見るのが恐ろしくて、震えているのか。じゃあ、動いたらどうなんだ。疲れたのか。心配することはな

い。奴らがやってきているんだから……ほら、見ろよ。見るんだ。おまえの左肩にいるじゃないか……」
 このあとのことで記すようなものはほとんどないし、新聞の記事を読んでいる人なら先刻ご存知だろう。警官がティリンギャーストの家でおこった銃声を聞きつけて、家のなかでわたしたちを

発見した――ティリンギャーストは死に、わたしは意識を失っていた。リヴォルヴァーを握っていたことで、わたしは逮捕されたが、ティリンギャーストの死因が脳溢血で、リヴォルヴァーの撃

ち抜いていたのが、手のほどこしようもなくこわれて床におちた、あの有害な機械であることがわかったので、三時間で釈放された。わたしは目にしたものをほとんど何もしゃべらなかった。検

視官が疑いをもつことを恐れたのだ。しかしわたしが口にしたおおよその話から、医者はわたしがまちがいなく、恨みをいだく狂った殺人者に催眠術をかけられたのだと、そういったものだ。
 できることなら、医者の言葉を信じたい。自分のまわりや頭上の大気や空について、どうしても考えざるをえないものをはらいのけられるなら、わたしの騒ぐ神経も安らぐことだろう。わたし

はひとりきりでいて心地良く感じることはもうないし、疲れているときには、追われているという恐ろしい感じが、ときとして背筋を凍らせる。医者の言葉が信じられないのは、ごく単純な事実

のせいなのだ――警官たーストが殺害したといっているが、召使たちの死体はまだ発見されてはいない。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2017/05/15 12:00:32

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

を見せに来たとき
hafafbafkfgさん

「  笑  」 ~  ver.137
利根川の天然水さん

ネコを飼ってたら、心筋梗塞は 40 ...
ぶっくらっきいさん

転勤 退職 後任者の手当
ぶっくらっきいさん

訪問客の車はま
hafafbafkfgさん

頭ん中が、
R03さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「夏季脫毛有什么方法? http://cvw.jp/b/2700438/42045737/
何シテル?   10/09 16:01
henbalyyです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

お友達

1 人のお友達がいます
ABESHOKAIABESHOKAI *みんカラ公認

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
BMW 1シリーズ ハッチバックに乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.