• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年06月23日

降臨…



待ちわびました( ´,_ゝ`)


センチュリー好きとして、三世代目モデルの正式発表、販売の日を迎えることができ、感激ですた(*´・ω・`)b


昨日、芝刈りしながら、あぁ、センチュリーの日だ…と(笑)





継承と進化。





LS600hLを母体に誕生した新型センチュリー。


歴代クラウン、センチュリー、LSシリーズで培われてきた日本流の最高級サルーン造り。


それらすべてが結集した最高級フラッグシップセダン。






クラウンで育ち、LSを愛でてきた者として、またセンチュリーに憧れ続けてきた者として、新型センチュリー、強く興味をそそります。


買えないけど( ´∀`)/~~





先代GZGより、更に大きくなりました。
さすがにここまで大きいと、ドライバーズカー的な使い方は辛いか?( ´,_ゝ`)


車庫に入らない?(´・ω・`)

考えることが貧乏臭くてイケませんw


御存知、孤高の象徴でもあったセンチュリー専用V型12気筒エンジンは廃止となりました。





V12の代役は、LS600h系のV8気筒+高出力モーターによるハイブリッドユニット。


ダウンサイジングと言っても、V6にダウンサイジングしたレクサスLSとの格の違いは健在。


まぁ、見た目からして格が違いますがw





欧州V12モデルの性能も意識したと言われる先代LSハイブリッドの5リッターV8ハイブリッドユニット。


元々、静粛性能や滑らかさ、動力性能は世界的に高いレベルでしたが、新型センチュリーではより細かい専用のチューニングが施されているようです。


ここ最近のクラウン、マジェスタ、レクサス系車種では、音を敢えて残す、聞かせるといった静粛性の造り、味付けでしたが、センチュリーではどうなのか?興味津々です。





先代までの伸びやかさ…みたいなのは、少し薄れちゃいましたが、どう見てもセンチュリーとしか言えないデザイン、形、風格であります。


先代があまりに素晴らしかったので、新型プロトタイプの印象は、正直、最初は馴染めずイマイチに感じてしまったのですが、パンフレットを眺めながら、あるいはモーターショー展示時の画像写真を眺め続ける内、良いな…と思うように( ´,_ゝ`)





日本を象ったクルマ…。


新型はちょっと、ロールス・ロイスを意識したようにも思えてしまいますが、日本オリジナル。和の高級モデル。日本最高級車として、海外製ハイエンドモデルに劣らない魅力がありますね。


LSが踏み入れない領域だと思います。





快適性はさぞや素晴らしいのだろう……この画像を見るだけで、そう思える。


より広くなった後部席。更に充実する装備。


進化ですね(*´・ω・`)b





三菱ディグニティのスーパーエグゼクティブシートを思い出すオットマン形式。


貫通式ではなくなりました。足元が広くなったからでしょうかね。


そんな事を気にするの、私くらいかw





後部席マニアとして、40系LS、先代センチュリーの後部席との乗り比べをしてみたいものです……(¬_¬)


絶対に買えはしませんが、止せば良いのに、Webサイトで見積りシミュレート(笑)



2045万円ww



10年後くらいに多走行の前期モデルの中古車狙います( ´∀`)/~~笑





最高にかっこよくて、凄くて、偉いクルマって、私の頭のなかの世界では、W140のベンツが頂点にあるのですが…


唯一、それと並ぶのがセンチュリーなんですよね


この2台は神です( ゚∀゚)





新型への買い換えによる、GZGの下取り増加。


新型を買うお金持ちの人に感謝w



楽しみは、これからです( ´,_ゝ`)

ブログ一覧
Posted at 2018/06/23 07:12:52

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

V12でも無いしロールスロイス似に ...
waiqueureさん

日本の最高級フラッグシップモデルが ...
クロポロさん

センチュリー、3代目へ
ユタ.さん

トヨタ車では唯一欲しいと思える車な ...
仁政さん

センチュリー出るけどやはりデカい!
まるがおドライバーさん

ついにLS500、そして「センチュ ...
まるがおドライバーさん

この記事へのコメント

2018/06/23 10:10:45
お早うございます。
いつも、有難うございます。

とうとう出ましたね。
やはり、時代とはいえセンチュリーほどのクルマですので、V12気筒は残してほしかったと思います。
まずは、新型センチュリーのカタログが欲しいです!(笑)
コメントへの返答
2018/06/23 10:28:09
お早うございます。
こちらこそ、いつもお付き合い下さり、有難うございます。

とうとう御出座しになられました。
V12気筒は、残してほしかったな…と、どうしても思いますね。

LSやクラウンがクーペルックに移行し、重厚でオーソドックスなセダンスタイルは、センチュリーだけになってしまう気がします。

カタログ…私も欲しいですが、貰えるのでしょうか?笑
2018/06/24 00:38:19
こんばんは、お疲れ様です^^
ブログ楽しくご拝見させていただきました♪(いつもです^^)

新型車のほとんどがシャープ・スポーティーへと流れるトレンドの中、当然の如くオードソックスなセダンスタイルを保持している辺り、やはり圧倒的な車格を感じますよね♪
ファントムのような雰囲気も出てきましたが上品なイメージも併せ持っていてとても好印象です^^♪

40系LS・先代センチュリー・新型センチュリーは自分も本当に乗り比べしてみたいです^^♪
このクラスになると3車とも長けている分野があるのか、それとも新型が全て上回るのか…
大総統さまの言われます最近は聞かせる静粛性ですが新型センチュリーはどうか興味津々……自分も最も気になるところですが私的にはセンチュリーは圧倒的な静けさを誇ってほしく思います♪

後席貫通式が気になる…し自分はドア周りのウェザーストリップの設計が気になります^^最外周ゴムがボディ側に全周施工されているようにも思えます。(マニアックでスミマセン…)
実車の初ご拝見機会が楽しみです^^
またテールランプの細部も凄過ぎて、、夜に見かける時も楽しみになりそうです♪

現行技術での新型センチュリー開発での静粛性、ハイブリッドのエンジン始動振動面、パワーシートやスイッチ類1つ1つの滑らかさなどなど…
まだまだ大総統さまには聞いて欲しいことが多々ありますが、久しぶりにワクワクさせていただける超高級セダンの登場だと思います^^♪
(長文で大変失礼致します。)
コメントへの返答
2018/06/24 22:03:10
こんばんは!お疲れ様です!
お返事が遅くなり、申し訳ありません。
いつもお付き合い下さり、有難うございます。

最近のはクーペスタイルばかりで、重厚さに欠け、全く興味を惹かれませんね。
センチュリーは変わらずのスタイルで、安心致しました。

日本の建築物は、海外の物のような壮大なスケール感や、見た目からしての圧倒的な絢爛豪華ぶり等に比べると、控えめであり、しかし、細部に至るまで徹底した作り込みや、一つ一つの細かいパーツに意味を持たせ、それらが繋がり、組み合い、折り重なる事で初めて意味を成す。
それらが生み出す凄みと言いますか、残念ながら上手くは言い表せないのですが、センチュリーは、日本的な美しさが宿るクルマだと思ってます。

どんな走行感覚なのか?想像すら及びませんが、後部席を試乗会にて体験されたディーラーの方が仰るには、コース走行中、殆ど揺れず、静かで、手元に用意されていた書類をゆっくり読むことができた……とか。

シートベルトを手に取り、引き出して引っ掻けるまでの動作一つ、滑らかだったとの事。
2018/06/25 09:43:08
新型発表おめでとうございます(^_^)
この言葉は、
誰よりもセンチュリーを敬愛する大総統殿に言いたくて、この日を待ってました(笑)

誰が何と言おうと
今回も正しく
世界に誇れる唯一無二の日本の高級車。
クールジャパンだと思います( ̄^ ̄)

W140とセンチュリーの共通点。
ユーザーや販売店などの
無責任な意見に左右されず造った
「イヤなら買うな!」くらいの
造り手側の意気込みを私は勝手に感じます。

日本の高級車作りに悩むレクサスへ。
センチュリーを見習ったら如何でしょうか?(爆)
コメントへの返答
2018/06/25 12:39:02
お疲れ様です。
有難うございます(^_^)

仰る通りでして、世界に誇れる日本の高級車ですよね。

両者共に造り手の拘り、魂を感じます。
唯一無二。唯我独尊。そんな印象ですね。

レクサスもデザインの中に日本的な造りを取り入れているようですが……
何だか分かりにくいですよね(´・ω・`)

2018/06/25 16:15:41
こんにちは^^

いよいよ発表になりましたよね^^
大総統さんのブログ(見解)をお待ちしておりました。

やはり時代の流れですね、、、先代のあの引き締まったようなシルエットは無くなってしまったのは残念ではございますが、実車を前にしましたら圧倒されそうな迫力のあるデザインですね^^

早く、実車を見てみたいものです。
コメントへの返答
2018/06/25 17:33:17
こんにちは!
お疲れ様です(^-^)

いよいよ…ですね。
センチュリーに憧れる者として、モデルチェンジを迎えることができ嬉しく思いました。

初代が30年。二代目が20年。
新型の三代目が、一体何年続くのか…。

先代の洗練されきった、完璧な美しさの印象が強烈に脳に刻まれており、新型のシルエットはまだ見慣れません。

きっとこれは、Gにお乗りのヤクヤミ様が、新型Gに対して抱いた思いと、似ているかと…勝手にすみません(汗)

実物を目の当たりにしたら、きっと存在感に圧倒されるのだろうな。と思います(^_^)

私の住む田舎県でも、2台は新車が確定しているそうです。
全国で一番早い人で、9月頃との噂です。年末か来年頭くらいが納車ラッシュでしょうか?

実物を見れる日が楽しみであります!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@Laurel佑那 さん。

お疲れ様です。

21系後期は良いですよね(^o^)

大排気量卒業したら、21系に落ち着こうかな…等と思います。

何シテル?   12/12 10:20
-
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

音質改善の「デジタルプロセッサー」や快適向上の「スマホクレイドル」に購買意欲をくすぐられた~【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/08 10:09:50
旭産業 きゃっぷとーるくん CD-55S 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/30 09:50:21
SAMURAI PRODUCE ロアグリルガーニッシュ 4P メッキ仕上げ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/22 20:10:53

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス LS レクサス LS
perfect the new 誕生、LS460。 どこまで人に新しい驚 ...
ダイハツ ハイゼットジャンボ ダイハツ ハイゼットジャンボ
チョコモナカジャンボ。 バニラモナカジャンボ。 ハイゼットジャンボ。 グリーンジャ ...
トヨタ セルシオ トヨタ セルシオ
完全への飽くなき追求。 今ここに、感動となってその姿を顕す。 The relen ...
トヨタ クラウンマジェスタ 最高のクラウン。 (トヨタ クラウンマジェスタ)
未来へと続く道を示す地図は、 私の心のなかに置いてある。 あとは ただ静かに ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.