• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MOGUL-Mのブログ一覧

2011年09月30日 イイね!

次から次へとよーやるわがく~(落胆した顔)

次から次へとよーやるわ巨大なミニで引いてしまったかと思えば、今度はクーペのご登場でぃ。
普通では考えられないこの両極な戦略…ホント勝ち組は強いね。
なんか普通のミニを上からプレスしたみたいなわーい(嬉しい顔)
さすがにこのサイズのクーペとなると、2+2は無理なので2シーターです…ん?なんか似てない?そうルノー・ウィンドのライバルだわ。

このミニクーペはクローズドだけど、確かこれにもオープンモデルが追加されるはず。

ただお値段はウィンドに比べ、かなりの開きがありますね。
相変わらずの殿様価格。一番安いクーパーのマニュアルで297万円。
ここまで出すなら、他の選択肢があるなぁわーい(嬉しい顔)

というか、最近車内空間のないクルマが苦手になってきました。
閉所恐怖症というわけでもないんですけど、なんか閉塞感からすぐに疲労してしまいそうで…冷や汗
オープンボディだったら、まだ開放感を味わえることもできるけど、クローズドボディだとどうしようもないモンね。

今回もミニはちゃんとマニュアル車をラインナップしているのは、天晴れ、天晴れ晴れ
しかし殆どは受注発注なんだけどあっかんべー
「お客さん、マニュアル車でそんなオプションつけたら6ヶ月待ちだよNG マニュアル車なんて売る時に泣くぞ泣き顔 それより目の前の展示車だったら即納だよ決定 これでオフ会行ったら年内は英雄扱いされるぞあっかんべー ハンコ押しとけexclamation」 ってな殿様商売が全国中で巻き起こったりしてうれしい顔
Posted at 2011/09/30 06:03:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ
2011年09月29日 イイね!

消、消、消えるげっそり

消、消、消えるスゴイインパクトのある表紙にまたヤラレてしまいました冷や汗
120ページほどの経済誌ですが、2/3はこの特集に割いていました。
これも690円もしましたがく~(落胆した顔)

日本車がなくなるんですって!
真意のほどはというと、予想通り生産拠点の海外進出です。
六重苦の日本国内の自動車産業だと。
いくつわかりまつ?

1st重苦 餅の論「超円高」。70円台では全くの赤字で、本来は100円が輸出の採算ラインといってます。

2nd重苦 貿易の自由化。FTAの発行国に世界的にシェアを奪われまくり。韓国車大躍進の要因です。

3rd重苦 労働規制。残業規制や派遣問題等、労務費が韓国の倍くらいの差があるとの事。

4th重苦 高い法人税。震災で引き下げは見送り。因みに韓国の約1.7倍。

5th重苦 電力不足。震災の影響で輪番操業。

6th重苦 温暖化ガス規制。新燃費規制等が近々導入へと。

ということで、日本車メーカーが国内生産では世界で戦えないのも頷けますね。

実際に世界的にはクルマの「地産地消」が進んでいるので、日本もこの流れで進んでいくんでしょうか?
日本の基幹産業の自動車も生残りをかけて、ドンドン空洞化が進んでいきそうがまん顔
どうなっちまうんでしょう、ニッポン。

ガラパゴス軽自動車だけが残って、それ以外は輸入になったりしてがく~(落胆した顔)
さぁ、みんなでイースに乗ろう手(チョキ)
ボクは、ジムニーにしとこうっとうれしい顔
Posted at 2011/09/29 06:40:57 | コメント(3) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ
2011年09月27日 イイね!

ディーゼルは難しいがまん顔

ディーゼルは難しい先日試乗したイプシロン。
残念ながら、ツインエアぢゃないんぢゃない?ってな印象を持ちましたが、何気に気になるのがそう、ディーゼルエンジン。1.3マルチジェットと呼ばれるディーゼルター坊。

確か初代カーグラフィック編集長の小林彰太郎さんが、2代目イプシロンのディーゼルに乗られているはず…?


欧州ではこのディーゼルが主流ですが、日本では主流はガソリンエンジンで、ディーゼルエンジンは世界一厳しい日本の排ガス規制に、欧州のインポーターは輸入できません。
また日本人自身も、ディーゼル=貨物という図式がこびりついているせいか、ガソリン=乗用車みたいな考え方が主流で、ディーゼルは人気がありませんがく~(落胆した顔)

とはいえ、ここはマニアックな並行輸入業者、本国で主流のディーゼルを何とか日本人にも体験してもらいたいということで、頑張って輸入しております。
となれば、この新型イプシロンもディーゼルなら結構魅力的だろうと思いましたが、現時点では輸入の予定無しとのことです。

でも過去に2代目はディーゼル売っていたし、この新型デルタもディーゼルをラインナップしていたはず?
で、セールスに聞くと、刻々と厳しくなっていく日本の排ガス規制に苦労しており、中々クリアできないそうです。
日本の検査は外気温等様々なシチュエーションで計測され、これがクリアできればこれがクリアできずと悩ましいことになっているそうです。

実際ガレージ伊太利屋には販売待ちのデルタの在庫がそれなりにあるそうです。
ただ並行輸入車は可哀相なもので、この検査でクリアしても10台までしか登録できないんですって!
すでに日本国内を走っているディーゼル車があるのに、今は売れませんとは滑稽なことですね。
となると、ナンバー付きのディーゼル車は希少価値があるってこと?
いやぁ、マニアック~!

しかし、なんやかんやで登録できたディーゼル車の走りは、欧州の純正とは似ても似つかぬ酷いものになってたりして…冷や汗
Posted at 2011/09/27 06:08:31 | コメント(5) | トラックバック(0) | イタ車 | クルマ
2011年09月26日 イイね!

初めて見た目

初めて見た一所懸命雑誌に取り上げてもらっているトゥインゴ…ぢゃなくてウインド冷や汗

先日イプシロンの試乗の帰りに寄ったSAB東雲の駐車場で見かけ、思わずカメラ
いやぁ、さすがSAB東雲ですね。

イメージカラーのブルーしか知らないので、このホワイトは初めて見ました。というか、実車で見るのも初めてでした。

ん~ん、白は地味ですな。
変わった2シーターオープンなので、派手な色がいいように思います。
実車を見てもイメージは変わりませんでしたね。
やっぱ高いボンネット、狭いグラスエリア、昔のオープンカーのスタイルはもうありません。
あまり近くでガン見は失礼なので遠慮しときましたが、開放感もあまりなさそう。

やっぱり、私はトゥインゴ・ゴルディーニがいいな。
そういえばトゥインゴがフェイスリフトしたから、このゴルディーニは短命に終わりますね。
希少価値がでるかな?…出ない方に3000点手(チョキ)
Posted at 2011/09/26 06:02:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ
2011年09月25日 イイね!

ヒドイもんだがく~(落胆した顔)

ヒドイもんだ昨日は久しぶりに台風一過の朝の高尾山でも散歩しようと、6時に到着富士山

いつもの山道に行くと、なんと通行止めがまん顔
今回の台風の影響で倒木があったらしく、殆どのコースが通行止め。
とはいえ、朝の6時なんで誰もいません。
行けるところまで行ってみようということで、強行突破冷や汗
いきなり参道自体が赤土でツルツル滑ります。

5分も歩くと崩れ落ちている斜面もあり、倒木もあちこちに。
そしてここがその現場がまん顔
丁度参道を跨ぐように倒れているので通行はできますが、何しろ休日は凄い人出なので、こりゃ通行止めも仕方ないねがく~(落胆した顔)
倒木で電線が下敷きになり、後ろの電柱も倒木側に大きく傾いていました。
水戸では電柱は地震で傾いていますが、これもスゴイげっそり

で、ドンドン頂上へと歩いて行くと、今度は土砂崩れでガードレールが宙に浮いているところも。
ただ登り口よりも被害はマシでした。

8時前に下山すると、既に入り口にはガードマンが。
何か言われるかなと思いましたが、「スゴイことになってたでしょ」 と同意を求めてきましたわーい(嬉しい顔)
復旧については、現時点で未定だそうです。
折角これから紅葉の季節を迎えるというのに早く復旧しないと、高尾山株式会社も大損害です泣き顔
因みに頂上の木々もかなり倒木していました。

異常気象や地殻変動など、東北のみならず、日本中が大変なことになってしまいました。
日本が立ち直るのは、まだまだ先か涙

上りはじめの右手斜面



土砂崩れ現場



頂上の倒木
Posted at 2011/09/25 06:11:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ

プロフィール

「いつもの幕張定点観測。
漸く下降し始めたのかな?
見にくいけど、レギュラー148円とハイオク159円。」
何シテル?   11/13 09:50
07年7月にLUPO GTI(中古車05年式)を購入した記念にブログを始めました。 紆余曲折を経て、再びオープンカーを手中に。 人生初のプチ旧車、果たしてこ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

ファン

43 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ コペン ダイハツ コペン
長い回り道をしながら、漸くたどり着きました。
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
最近の軽自動車の進化に驚き、人生初の軽自動車に乗ることに。 久しぶりの最新国産車となり、 ...
フィアット パンダ フィアット パンダ
09年9月26日にめでたくイタ車復帰致しました。 今度もマニアックな限定車、PANDA1 ...
フォルクスワーゲン ルポ フォルクスワーゲン ルポ
色々と迷った末に、非常に評価の高いLUPO GTIを選びました。もう新車がないので、05 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.