• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

じゆん(147-5-660)の愛車 [ホンダ S660]

SSI水冷オイルクーラー 加工・取り付け

カテゴリ : エンジン廻り > 冷却系 > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度★★★
作業時間12時間以内
作業日 : 2018年04月15日
1
SSI 水冷オイルクーラーを取り付けました。 購入したものの、諸先輩がたのレビューにあるよう、どうやら油温が正確に計測できない問題があるようなので、取り付けを躊躇していました。

色々考えて、今回、油温センサー取り付け位置を加工してから、取り付けました。結果は、正しく油温計測も出来ています。また、元来のオイルクーラーの機能である油温の上昇も抑えられ、下降も早く、良い感じです。  
2
オリジナルのサンドイッチブロックです。
左側の大きい穴がメーカー推奨の油温センサー取り付け位置です。

このセンサー位置が問題です。センサー位置がオイル流路からかなり離れていること、またセンサー位置は袋小路であり、オイルフローが存在しないこと。この二つが主因となって正しく計測できないと推測します。

エンジンオイルの大まかな流れ(この製品を取り付けた場合)は、
①オイルパンから吸い出され、オイルポンプで駆出される。
②オイルブロック中心の大きな穴の周囲にある、小さな穴を通って、オイルクーラーを通る。
③オイルフィルターを通り、中心の大きな穴(フィルターをねじ込むボルトの穴)を通って、エンジンに向かう
④エンジンブロック・タービン、ヘッドへと循環し、オイルパンに戻ってくる。

つまり、この中心周囲の小さな穴を通ってオイルフィルターに向かう方向にオイルフローがある訳ですが、その穴から直角に曲がった袋小路の先に油温センサーがある訳です。しかも、遠い・・・

メーカーさんは、おそらく、補機類のベルトが近く、スペースが限られた中で、苦心の末センサー位置を決定されたのだろうとは思いますが、現実的には、実際の油温と、センサー部の油温にかなりの差が生じてしまっていると推測します。正しく、レスポンス良く油温計測するためには、一般的なサンドイッチブロックと同様に、油温センサーをオイルフローが存在する場所まで持ってくることが必要です。
3
今回、やってみようと思ったことは、次のとおりです。
①オイルブロックのセンサー取り付け部分左側を大きく削る、
②すでに空いているオイルセンサーへの横穴に1/8PTタップでネジを切り、センサー先端を直接、オイル流路である小さな穴のところまで持ってくる。

右側の穴は油圧センサー用にしようと思っています(まだ油圧計はもっていませんが・・・)。油圧はこの位置でも正しく測れるはずなので、右側はこのまま残しておくことにします。

さあどうやって削ろうか・・・
自分でやっては美しくなく、また不確実なので、ここはプロにフライス加工をお願いすることにしました。

近所の金属加工会社にお願いしました。個人の一品モノ、全然おいしくない仕事ですが、「やったことないなあ、まあやってみよか」と社長が快く受け入れてくださりました。


さすが、プロフェッショナル!あっという間に私が思っていたとおりに加工してくださいました。ありがとうございました。
4
センサー取り付け部分 左側を切削した後です。美しい。きれいに加工してもらいました。削ったところは、後に腐食防止のためDIYで塗装しました。
5
センサーが出てくる穴を少し広げて、かつ隣の穴(油圧センサー取り付け部の穴)とつなげちゃいました。

やすりがけ、バフ掛けもしましたが、ここは素人クオリティです。が、それなりにいい感じになりました。
6
かなり、手順がぶっ飛びますが、オイルクーラー自体の取り付け手順です。取り付け手順は他の諸先輩方の整備手帳が分かりやすく、参考になりました。

オイルフィルターホルダー(オイルフィルターをねじ込むボルト)を外して、ヒーターのバイパスホースを外して、オイルクーラーへのホースを接続して行きます。

私は、エアクリボックス、タービン冷却ダクト、冷却水エキスパンションタンク(冷却水を補充するタンク)を外して作業しました。

確かにヒーターバイパスホースは外しにくかったです。手が傷だらけになりました。
7
分かりにくいですが、こんな感じでホースを取りまわしました。スペースに余裕がないので、他のホースや補機類に干渉しますので、ホース類の保護・養生も行っておきました。

取り付けが終われば、オイル クーラントを注入してクーラントのエアー抜きです!
8
取り付け後の試運転
ちょっとアクセルを踏んでみて、水温を90まで上げて走ってみました。油温は約90度です。

今回の取り付け方法で、油温が70℃以上に上がらない ということはなかったです。

本当に正しく計測出来ているのかについては、別途検証が必要ですが、油温の上がり方や通常走行時の油温を依然と比較して見ていても、おそらく正常に計測出来ていると感じています。

また、普段は、水温+10℃が大抵の油温で、ちょっと踏むと水温と油温の乖離がかなり大きかったのですが、そのあたりは、マイルドになったと感じています。そこそこオイルクーラーの効果もあるとは思います。また、油温の下がりも早いです。

そこそこの値段で、DIYできる水冷オイルクーラーということで、この商品はとても魅力的であるとは思います。
しかしながら、オイルクーラーを購入する方の多くが油温計を装着されていると思いますから、正しく油温が計測出来ず効果が実感できない、また何より車のバイタルサインである油温が正しく測定出来ないのは要改善点だと思います。

今回の加工で、うまく取り付けることは出来ました。個人の備忘録として整備手帳にアップしていますが、結構リスキーなセルフ加工であると思います。DIYは自信のある方にしかお勧めできない内容です。

サンドイッチブロックの加工は、やはりプロにお願いして良かったと思います。ただし、どこの工場でも受けてもらえるようなものではないことと、もし失敗しても文句は無し、という条件で受けてもらったことも付記しておきます。

後は、サーキット走行時にどの程度に油温を抑えられるか、楽しみです。



イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

クーラント・レベルゲージ製作

難易度:

インタークーラーをノーマルに

難易度:

サーモスタットの交換 後編

難易度: ★★

BYS ワイドクーリングダクト 取付け

難易度:

ラジエーター逆流ホース

難易度:

ミドルテンプサーモスタット

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「[整備] #S660 Flatwellハイフロータービン インテークパイプ ターボパイプ取り付け その2 https://minkara.carview.co.jp/userid/2709172/car/2287020/4932859/note.aspx
何シテル?   08/25 10:21
じゆん(147-5-660)です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

業界で20年叩き上げた中古車店代表が書いた本『ネットに騙されない本当の中古車選び』はこれまでのノウハウ本とちょっと違う!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/25 08:18:02
NDロードスターで学ぶ「ギア比」と「最終減速比(ファイナル)」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/06 23:21:06
バネ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/30 19:02:33

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S660 ホンダ S660
ホンダ S660に乗っています。DIYで楽しんでいます。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.