• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

なすなすびのブログ一覧

2018年02月28日 イイね!

お久しぶりです。

もう何が何だか…。

忙しかったというのもありますし、特に目立った報告も多くなかったりもありますし…。

なにより…

最近台頭した「みんカラ」よりさらに敷居の低い「cartune」の登場が大きいかも?

みんカラがFacebookなら、cartuneはTwitterみたいな。

要するに、ちょっとした投稿が楽なのです。

でもってちょっとチヤホヤされちゃって、調子に乗って投稿してるフシも…?


近況①
保険の関係で試運転に留まっていたムーヴちゃん。

この度、自動車保険の契約をしました。

対人対物と人身をしっかりと…な内容。
誰かに迷惑かけたら、ちゃんと償えるようにしておかなければなりません。

車両保険?
そんなものはありません。自己責任です。

車両保険に限っていえば、迷惑被るのは自分自身に限られるので…想定される実害は有限です。

保険料は一括払いです。カネの重みがこう…ズシッとくるなぁ…。


近況②
プロポーズして上手くいき、そのあと一旦保留となり、只今悪くはない方向で良い方向へ進みつつあるような…?

私は自分自身のためには全く努力ができないタイプなので、誰かのために働く…というか、そうしたいと思える人がいるというのは結構幸せに思えることだったりします。

ネット上に書く活動報告は対物的なものになるのですけれど、けっこうメインのレジャー活動は対人的だったり?

人が好きなのですねぇ、たぶん。


近況③
上でそんなことを言いつつ…最近は、機械を相手にすることの多いお仕事をしています。

考えてみれば、私のようなタイプの人間は機械を相手にあまり苦労をしません。

みんカラで出会う人たちも、概ねそんな風に思える人が多いのですけれど…偏見かな?

そこでちょっと哲学ちっくな命題?

リアルな社会では、「合格率5%」とか「1000人受けて合格者は上位5人」なんて状況、けっこうザラにありますよね。げんなりします。

ところでこれを読んでいる人たちって…たとえばドリフトが出来るだとか、基礎工具が揃ってれば概ね何となく使えるとか…。下手をすれば、趣味で溶接・エンジンのオーバーホールなんかしてますだとか。

そういうものをリアルに「中学時代・たとえば100人いる同級生」というシチュエーションに当てはめた時。

私より出来るやつは居ないよなぁ…なんてこと、結構何かしらあったりするのかなぁ、なんて。

するとそれだけで、集団の上澄み1%の実力者…みたいな事実が意識されたりするのかなぁ、なんて思うわけです。

人間って自分を褒めるには根拠があれば尚易し。自分に自信のない人ほど、はっきりした事実の前には謙遜のなかに居心地の良さを感じられるような気がします。

なんて。
最近自信がないって私に相談してくる人が多いんです。
それでちょっと思ったことを書いてみたのでした。

近況④
誕プレを作りました。1/10より。

木の板を買ってきて、


徒然なるままに、お絵かき。


カットして


削ってって、


時にはこんな仕込みもして、


彫り終わって、


塗って


完成(2/18)


光ります。


残業ばかりあった月でした。そんな月に寝る間も休日も削って、制作時間トータル80時間ほど。

甲斐性しかないのも、人としては如何なものなのでしょう?


近況⑤
なんかスポーツカーが集まってたので、知り合いもいないのに突撃。
こういう時は、次々話しかけます。

一眼レフ持ちの人に頼んで、撮ってもらうことに成功。



まあ凛々しい…。

こうなるって分かってたら、洗車してから行ったのに…。

近況⑥
安かったです。安かったのを理由に買いました。別に必要ないです。


でも安いですねぇ…。

近況⑦

知人のFD3S。調子悪いからみてくれと言われるも、私にロータリーエンジンは分からない…。

あっちこっちから異音、内装はガタガタ。こういうところ…マツダですねぇ…。

外装レストア→内装レストア→機関レストア→の段取りなのですが…依頼先の手がなかなか空かないので、しばらくはこんな感じでしょう…。

彼は全くメカ的な知識がないため、ボンネットを開けません。
開けてびっくり。オイルフィラーキャップがない。

彼が触ってないのなら…最後に触った整備工場が相当ダメということになりますね。
こわいなぁ。



…というところでした。

ではでは。また次の投稿まで。
Posted at 2018/03/01 00:25:59 | コメント(3) | トラックバック(0)
2018年01月14日 イイね!

誕プレ計画1

誕プレ計画1近所にケンメリGTRとカルソニックBNR32が展示してあるらしいです。

本日は。

2月中旬の誕生日に合わせ、こっそりプレゼントを作ります。

実物大ドミネーター。
その人に勧められて見たアニメ「PSYCHO-PASS(サイコパス)」。その作品内で登場する武装です。

踊る大捜査線だっけ、なんだかそんな感じの作品を手がけた人がSF刑事アニメを作りたくなったとかで。
さらに虚淵玄…心が病むようなキツイ展開の天才脚本家が脚本。

つまりは、刑事ドラマ的な心情描写とか大衆心理とか、そういうところで繊細な作品。シリアス系。

で、過去には


こんなもの(fate staynightより)や


こんなもの(ラブライブより)を作ってきたのですが

また木の板です。
基本的にエレキギター作りで馴染みのある方法をとります。

なお、変形機構は納期の関係でムリそう…。

まず、

ネットで拾ってきた使えそうな画像を元に、構造を考えます。



木の板に写し取りますけど…なにげに大変です。

木のフシは使いたくないので、自然と避けることになるのですけども。
避けるの結構大変です。所詮ホームセンターの木ですからね。


選定の段階で、こういうのはアウトです。というか、ほとんどこんなもんです。

フシが大丈夫かと思えば次は…

ソリが凄かったり。
なんか曲がった作品になります。

今回は19ミリ厚を二枚重ねて、中央で分解できる構造にします。
できたらLEDなんかで光らせたいので、裏から配線なんかにアクセスできる整備性が必要。

そのため…まずは捨て穴を開けられるところに穴を開けて、ソリや木目などを勘案しつつ基準位置を作ります。


木ネジで打ち込みました。

そしたら

ジグソーで大雑把にそれぞれをカットしてから貼り合わせ。

ここからはトリマーなどで、厳密な輪郭を揃えることになります。

とりあえずオモテ面側の板を基準にするので、


ただいまのところは、このような感じ。

まだまだ先は長いです。

10ミリ以上厚みも落とさねばならない感じなので…大変そう。

土日の休みだけでゴリゴリと頑張らねば。

それか…仕事の休憩時間に、インバーターとトリマーで車内で作る…?
Posted at 2018/01/14 18:10:19 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年01月05日 イイね!

ユーザー車検

ユーザー車検ユーザー車検。


ほんとはこの車、売ったのですけど…。

10月に売って、そのまま納車待ちしていたら…相手がお金ないと言い出したため、このたび出戻り。

車検が11月までだったため、車検切れ状態。

4日に軽自動車協会で自賠責を25ヶ月切り、ネットでユーザー車検の予約。

5日に朝10時半から役所で仮ナンバーを借り、ヘッドライトだけ適当に研磨して軽自動車協会へ。


黄ばんだヘッドライトは、光量で落ちちゃうからね。

きらきらのマルチリフレクターだから、R33スカイラインより遥かにラクだけど…。

S13シルビアの頃のヘッドライトとか見ると、よく車検通るなぁと思います…光量の維持が大変そう。

なんやかんや遅れに遅れ、11時40分に現地に到着。遅すぎ。

2ラウンド目は10:40〜12:00だったと思うのですが…。

3ラウンド目をのんびり受けるかなーと思ってたら、受付の人が行ってこい!と謎に推してくるので検査ラインへ。

軽の検査ラインは初めてなのですが…誰も並んでない。
というか、来た時から誰も並んでない。誰もいない。
普通車の経験だと常時混雑、12時ごろでも多少は車列があるものですけど。

それでサクサクと。

まず古い法定12ヶ月点検のシールって、剥がさないといけないらしいです。フロントガラスの左上についてることの多い、丸いシール。
綺麗に、残さずに。
分離しやすいし剥がしにくいタイプのシールです。事前に剥がしましょう。

まずは受付で渡された書類のチェック。
それを踏まえて、持ち込んだ車が車検証の通りの車かどうかチェックします。
ボンネットを開けて、フロントガラスから辿って下あたり。バルクヘッドという鉄板の部分に大抵は車台番号が刻印されています。それで替え玉チェック。
それからエンジンが無関係なものに交換されていないかチェック。エンジンにある刻印を探して、車検証のものと照合。

全然違う車のエンジンとか、排気量が違うエンジンを載せ替えるカスタムがあるのですよね。
エンジンの排気量は自動車税算出のベースなので、変な替わり方だと脱税でアウト。
そうでなくとも、部品の強度が証明できない組み合わせなんかもあり、別型エンジンの載せ替えは厳しめ。

で、排ガス。地域にもよるのでしょうけれど、普通車とは順序が違います。
やり方は超簡単。棒状の測定器をマフラーに突っ込むだけ。待ってれば終わります。

次。サイドスリップ。
鉄板を踏んで通過する感じのところです。
フロントタイヤのアライメントを見ています。
車がまっすぐ走る状態かどうかを大雑把に見ています。
ふつう、特に激しい事故とかしてないならあまり落ちることはないです。基本的に車検って、良くも悪くも基準はかなり甘いです。

次。スピードメーターの誤差チェック。
ローラーの上にタイヤを乗せます。車は止まってるのに、タイヤだけが走ってる状態になります。
違和感がすごいのですが、とりあえず40キロ出してパッシングします。
上の方に駅の電子掲示板みたいなのがあって、そこに合否や指示が逐一表示されます。
どんな人が落ちるかというと…スピードメーターが動いてない人とか、明らかに純正と径の違うタイヤを履いてる人とかですね。
それでも基準は相当甘くて、だいたい1割〜2割くらい許されちゃってます。

で、ブレーキの検査。電光掲示板に従います。
ブレーキを踏め!って指示されたら全力ブレーキ。
サイドブレーキを引け!って指示されたら、全力サイドブレーキ。
ブレーキが壊れてなければ、ふつう合格します。

次に、その場でヘッドライトの検査。
古い車はハイビームで、2000年代くらいの車からはロービームで測ります。
私のR33スカイラインはハイビーム、L150Sムーヴはロービームです。今回初めてロービームで検査を受けました。

落ちやすいのが多分、ヘッドライトの黄ばみ。コンパウンドなんかでゴシゴシして通ります。
汚いな、って思うヘッドライトはダメなことが多いです。
お店に車検に出すとヘッドライトがピカピカになって帰ってくるのはこのためですね。

あとは変な電球を入れてるとか。

ヘッドライトの向きが購入時と違う…ぶつけたとか、交換して未調整とか、車高を大きく変えて未調整とか。そういう時にも落ちます。
昔はよく、車検場の駐車場の壁にヘッドライト当てて調整してました。
ブロックやレンガ調の壁って、上下左右に方眼紙状のラインが入ってて、すごく調整しやすいのですよね。
でも最近は、それを禁止する旨の張り紙がされていることが多いです。

で、最後の検査は下回り検査。
普通車の時は、下回り検査ゾーンに車を停めるだけで勝手にやってくれましたが。

軽の場合、乗ったままリフトで持ち上げられます。ミニバンの背丈くらいの高さまで上げられます。

足回りのことはよくわからなかったとしても、棒やら何やら数本が張り巡らされているのは分かると思います。
その付け根の一つ一つに大抵はゴムのカバーとかクッションが付いています。
その多少のヒビとかであれば、あまり落とされたりはしないようです。
それが完全に破れていて、中に入っている潤滑油がギトギト漏れ出してたりしたらアウトです。
あとはエンジンとかミッションからあまりにもオイルがタレてるとかもダメ。
車検に持ち込む前に自分で見て、大体わかります。
普通の車高の車であれば、ダンボールか何か敷いて潜り込んで見れば分かります。

今回は、リフトで上げられた上でエンジンを切って、ハンドルを左右にフルで切らなければなりません。
動いてない車のハンドルを回すのは、鉄板の上でもなかなか重たいです。

あとはブレーキ踏んだりするくらいで終わります。簡単。

そのあと渡される書類を事務所に提出して、数分待てば終わりです。帰っていいです。

…という流れでした。

変な改造されてない比較的新しい車って、楽ですねぇ。

自分で国や県の検査場に持ち込んで車検を通せば、検査料だけの原価で車検を通せます。

今回は車検に必要な重量税0.8万/2年と自賠責2.5万/2年。
あとは検査手数料1400円程度でした。

年式などにもよりますけれど、3.8万くらいで車検できます。
エコカーあたりだと重量税なんかもいらないんだったかな?
そうなると、車検は1万円もしないのかも。
Posted at 2018/01/13 20:09:13 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年12月30日 イイね!

メッキホイール

メッキホイール

似合わなかったので、剥がして、



これを塗ります。何事もお試し。

ミッチャクロンマルチを吹いて、その上に2回ほど塗装。

真っ暗ですが。

こんなんなりました。

メッキに見える時と見えない時があります。
リムがメッキで、スポークはメッキ風。マッチングは悪くないです。

コツは…缶をよく振って混ぜることと、意外と薄塗りしないこと…?

均等に吹きつつ垂らさずなところを狙う感じ?ちょっと独特です。

あとは耐久性かなぁ。
Posted at 2017/12/30 20:09:00 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年12月22日 イイね!

なやみ

今日は、センチメンタル。

いつも通りだけれど、今回は特に趣旨の整理されていない投稿です。
情報性はないけれど、吐き出して楽になる療法と思って、勘弁してあげてください。

一癖ある車を維持する一般人がどんな悩みを抱えるのか、というのを知る意味では結構貴重かな?

車界隈でここまでマメに記録する人も多くないと思うので…。


スカイライン。2年半の付き合い。

車乗りというか趣味持ちが、定期的に陥る悩みの中にあります。

スカイライン降りるかなぁ問題。

なんだか、過去にも投稿した気がしなくもないような?

軽く悩む回もあれば、今回みたいに割と深刻な時もあったり。

車関係なく、なんとなく気持ちが落ちてる時に陥りやすい状況かも。


ライフスタイルの変化というか、車に求めるものの変化があって。

私以外も運転できるような小さい便利な車で、もっとあちこち走り回りたい気持ちが強くなってきたみたい。

スカイラインの整備の勉強をしてきたのは、止むに止まれぬ事情で維持できなくなる状況に抗いたかったからなのだけれども。

それが案外、私の気持ちの側が変化するとは想定していなかった。

なんだか妙に、車弄りという趣味自体すら断捨離しようとしているほどに事態は深刻。


スカイラインでしか出来ない経験に概ね満足したというか、欲がない状態も一因。

実際にアイデアを形にしなくても、頭の中できちんと形になれば満足してしまう性分でもあるし…私の中では特にもうチャレンジしたいものがあまりなくて。

コストや時間みたいな、物量的な原因で実現しない課題って、あんまり燃えなくて。

もっと知恵の輪みたいな、アイデアで乗り越えるスマートな課題が欲しいけど見つからない。

どこか仕上げるたびに別の部分が気になって、いつまでも仕上がらないのも疲れる原因になっていたり。

かといって劣化は進むので、何もしないというのも選択肢にはなくて。

そうすると、方向性は自ずと放流になる?


ただ、スカイラインが私の元を離れたとして…恐らく新天地では、そう良い扱いは受けないような不安だったり。

いろいろ判断を鈍らせるから、物に対して持つべき感情ではないけど…。

むしろよほど私よりまともな人の元へ辿り着く可能性だってあるのだし。

けれど、手放してしまったらその先、自分の車の行く末は知りたくないかも。
チラリとでもSNSで見かけるのでも、なんとなく複雑な気持ちになるような気がして…。
愛着のある人ほど、まだ走る車を潔く完全抹消してしまうのもそのためかなと、今なら思う。

でも解体屋に出しても、わりと部品剥がされたボディがいつまでも雨晒しで置かれていたりするけども。
地金屋一体の解体屋でないと、そういう人は本来ならなかなかスムーズにはお別れできないと思うのよね…。

私は解体は考えないけれど、さてどうするか。
割り切ってタダであげても良いと思う人は数名いるのだけれど。わがままを加えると、色やホイールを変えてくれるとありがたいかなって思ったり。
そんな道理はないので、思うに留まるけれど。

身の回りを見ていて一番正解に近いのは、どれかしらの方法で維持費をカットしての複数持ちかな。

でも今回は、一旦車の整備と距離を置きたいという気持ちがネックで。
たぶん一旦まっさらにしたいのだと思う。


たぶん、このスカイラインを手放すと、もう2度とここまで好みの仕様のスカイラインには乗れないと薄々感じる。
今回がスカイラインとしては、一度きりのラストチャンスなのだろうなと思う。

そもそも最近は、スカイラインを探すのが大変。
日産のFRに関して言えば、どノーマルか、あるいはボディの色がチグハグな車か。GTRルックのようなコピー系を除けば、大体その二極化。


ものすごい熱量で数年間修行した楽器関係も、いまは考えたくないような状況で。
私は趣味のペース配分が悪いのかもしれない…。

たぶん車に関する用具類も、メンテ用の小道具を残して処分する勢いのような…。

それでたぶん、1.5リッター未満の小さくて古くて可愛い車を買うんだと思う…。

別にそういう車が嫌なわけでもなく、カローラやマーチあたりの車はスカイラインと同じくらい魅力的に思っていたりするけれど。

でも乗るとしたら、ホイールを含めてどノーマルで乗るのだと思う…。もともとそんなに改造が好きなわけでもないので…。


なんだか文章からも、なにかにすごく後ろ向きに気落ちしている感じが滲み出ているような?

落ち込んでいる時や怒っている時に何かを決断してはいけないというのも訓なので、直ちに過ちに出るつもりはないけれど…。


ただ何度となく、こういう葛藤も含めてスカイラインと2年半を過ごしてきたのであります。
ただ楽しいだけじゃなくて、今後も一緒に過ごすために超えないといけない課題もたくさんあって。
その度に単なる道具とは違う距離感になっていくのを感じることも出来たり。

これはこれで、リアルな実車としてのスカイラインの、酸いも甘いもな魅力でもあると思うけれどね。


後ろ向きに沈みながら、ある意味前向きにも捉え得る、ただいまそんな分岐点にあるのです。
Posted at 2017/12/22 07:39:07 | コメント(3) | トラックバック(0)

プロフィール

「@34RtypeM@邪王真眼 R33前期系、フィルター無いのですぐ埃臭くなるのです…」
何シテル?   12/25 23:39
なすなすです。 頭の中にパッと浮かぶ超典型的なR33を作りました。キレイ系、ぴかぴかエンジンルーム教。かなりの節約DIYをしています。 2015年にスカイライ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

お友達

お手数と思うので、ほぼ無言なリクエストで構いませんです。
21 人のお友達がいます
スポコン ヴァリエッタスポコン ヴァリエッタ * たーたん主任@R32&#215;2+S15たーたん主任@R32×2+S15 *
東三河のケンジ東三河のケンジ ひとみ。ひとみ。
34RtypeM@邪王真眼34RtypeM@邪王真眼 ドレスアップ屋 ~緋~ドレスアップ屋 ~緋~

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
中期型R33 GTS25tを、DIYでどうにかしていきます。 手作業に1500時間ぐらい ...
ホンダ PCX ホンダ PCX
リッター50走る、超実用車です。 125ccの中では、一番ツアラー色が強い車種じゃない ...
ダイハツ ミラジーノ ダイハツ ミラジーノ
ミラジーノです。突然家に来た車。 前オーナーの乗り換えで宙に浮いていたところを回収。 ...
ダイハツ ムーヴ ダイハツ ムーヴ
家族の車です。たぶん普通のくるま。正直よく知らない…。 なんとも特徴のないデザインは好 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.