• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まんぞくのブログ一覧

2017年05月28日 イイね!

続 古本の楽しみ 

続 古本の楽しみ 連休明けに遅れて到着した1冊が予想以上に濃い内容だったので紹介します。

オートスポーツ1971年五月号付録
第四回東京レーシングカーショウ

というやつ。ちなみに購入価格は回転寿司一回分くらいかな(笑)。中身を見ず購入だったので期待はしていなかったのですが。

勿論カラーページは有名どころ
日産R382
トヨタ7
ポルシェ910
などレーシングカーや、いすゞやマツダのミッドシップ試作車

これらはネットでも簡単に検索できるので割愛。興味深いのは入門クラスのフォーミュラーや小排気量のグループ7、カスタムカーなど。いまや歴史の片隅に忘れ去られたようなクルマの詳細な記事。



カロッツエリア渡辺氏のリカーンの詳細記事、グリフォン(ホンダSベース)の記事など
リカーンは現存しています。数年前からネットに写真が出ていますね。
某所にある!という噂は昔々に一宮の御大から伺っていましたが。



当時のツーリングカーや国内ラリーカー  今見ると野武士のような無骨さがたまらない。



工業高校の生徒が作ったカスタムカー。サンバーベースのリアエンジンだけど、これってデルタS4に似ていませんか?(年代的にはこっちが先)



左下のクルマはエスのクーペの外観のドラッグレーサー。セドリックZXクーペの名は誤植だとおもったのだが、エンジンは日産製。



カスタムカーの審査委員長は桜井真一郎氏。

審査委員で、とりわけ辛辣な評価をする審査員は由良玲吉氏。ググってみたら由良拓也氏のお父さんのようです。



今から10年以上前、FJ360とかFl500のポンコツを購入しようともくろんでいたことがありました。あるいは将来の楽しみの為に引退直後のザウルスジュニアやフォーミュラーKeiの購入も画策しておりました。

あと一歩で実現という時期に私が病気をしてしまい、この計画は白紙になってしまいました。

今思えばあるていど先見の明があったのではないかと思います。FLマシーンやザウルスなんかは今や引っ張りだこですから。ちょっと惜しいことをしたと思います。










Posted at 2017/05/28 20:47:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車関連古書など | 日記
2017年05月24日 イイね!

幸いなことに負け続けています

幸いなことに負け続けています断続的に今もヤフオクでいろんなものを買っています。
フライングV号の二期工事(来年以降の予定)に関連するパーツなど。

それと並行して少し決めたことがあります。
(普通は成就するまで秘密にするのですがね)

「むかしのいすゞジェミニのドレスアップパーツを、機会があれば購入しておこう」

というあまりにも無謀な計画。
具体的な車両購入予定もなければ物件もないのですから(笑)。

ただ、昔さんざん愛用し(ここ重要)やり残したことのある車なので、何がしたいかだけははっきりしてます。

逆スラントの1600LSのクーペ(セダンでもOK)を想定しています。
排気量とグレードにはこだわりあり。
ZZ/Rはパス。

それで、
フロントスポイラー
ヘッドライト
ホイール ATS Aタイプに限る。(PCD100でフライングVに流用不可)
レカロのシートレール2脚(特に助手席用)
ベレGのアンテナ
GT/Eミラー
このあたりの出品があれば参戦しよう(笑)と。

予算はAZ-1の外装部品などを出品して充当しようかと。




そうはいいながら「プレミア感一切なしの中古部品の相場」での入札しかしておりません。

てなわけで現在いくつか入札し、順当に全敗しています。


まぁ、現車があるわけではないので「あと一押し!」をしていないからなんですけどね。

負ければ負けたでお金は減らないし、相場や動向も判るし、意外と楽しめています。






Posted at 2017/05/24 20:06:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 部品 | 日記
2017年05月19日 イイね!

銭のとれる男

銭のとれる男1966年の映画である。主演は田宮二郎。

30年近く前にテレビ放映があったと記憶するが、その後放映もなければDVDなどの販売もない(あったかもしれないけど)。色々な権利関係で難しいのでしょうか?わりと気になっている映画です。

詳しくはここ
内容的には大した筋書きではないのですが。

何故見たいかというと記憶ではレースシーンが多くて、それが船橋サーキットとべレットGTだったような気がするからです。

ヤフオクで検索するとこの映画のポスターが「それほど無茶でもないほどの価格」で出品されています。
額装してガレージに飾るのも悪くないかも。




もう少し有名なところでは「ゴーゴー若大将」も気になりますね。こちらは入手可能なようです。
Posted at 2017/05/19 20:59:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車関連古書など | 日記
2017年05月14日 イイね!

香嵐渓に行ってきました。

香嵐渓に行ってきました。本日はGW前からドライブのために予定を空けておきました。
行先は愛知県の香嵐渓近辺。片道160Kmの行程のなります。
ちょっと男臭いというかマニアックなお出かけで、本来ならおーさん達を誘うべきなんでしょうが今回は嫁さんと二人、気に入ってもらえるか若干不安ではあります(笑)。建前上は「紅葉の綺麗な香嵐渓を空いている時期に偵察!」てな感じかな。

まず行ってみたかった場所はここ。




名鉄の廃線跡なんですが、なんとレールも撤去しておらず、良い雰囲気を持った「廃な場所」であります。駅舎は登録有形文化財になっており、地区の人達の憩いの場になっています。



藪の中に線路は続いていきます。マムシに注意!の看板アリ。



終着駅はカフェになっています。五平餅をいただきました。



このあたりは廃線跡を遊歩道に活用するため、線路内には砂利が敷つめてあります。若干気分はスポイルしますが、架線柱が残っています。



じっくり探検したい場所ではあります。ただ、ただ人の手が入ってないところはどんどん密林に、入ったところは雰囲気が、、、、てなわけで早めに訪問する方が良いかもです。

で、香嵐渓へ。本日はいすゞ車のミーティングなのです。
全国から集まったべレットや117、ビークロスやファーゴ、ジェミニやPiazza、アスカもいたよ。

あっ、言い忘れましたが私はISCC(いすゞスポーツカークラブ)の元会員です。まぁ、末端も末端でしたけどね(笑)。

その前にお参り



香嵐渓というのはこのあたり一帯を指すようで、昭和の観光地といった風情。シーズンオフなので休んでいる店舗も目立ちますが、そういう閑散期の町興しとしてクルマのイベントを開催しているみたいです。通りすがりの興味のない人も充分楽しめるようになっていました。

で、4台のボンネットバス。


無料の試乗会で街に繰り出します。





これが面白かった。香嵐渓の路地の狭い道を職人芸のようにすり抜ける。軒先の風鈴に手が届くような距離。乗客は思わず歓声と拍手。道路事情が劣悪だった昔を追体験させてくれる素晴らしい演出。これはお勧めです!。

で、私のお目当ては、べレットGT-Rでもハンドメイド117でもなく、これ!



PFジェミニ。至福の時間でありました。それにしてもK東さんって伝説の人みたいになっているんですね。あちこちでお名前をお聞きしました。

帰りは近所の温泉に寄ってみました。あえて名は伏せますが、かなり廃な感じというかパラダイスというか(以下自粛 汗)。



ジュークボックス(故障中)

ただ少し手を入れたら素晴らしい空間になるような気がします。今回は風呂だけ利用しましたが、噂では料理はけっこう美味いらしいです。





Posted at 2017/05/14 20:51:14 | コメント(4) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年05月12日 イイね!

ゴールデンウイークにやったこと。

ゴールデンウイークにやったこと。流鏑馬とともに今年のゴールデンウイークに楽しめたことというと、ヤフオクでの古本購入でした。

先発の2冊は既に日記に書きました。

休み明けに3冊送ってきましたので簡単にご紹介

オートスポーツ誌No4,No5,No15の三冊です。(1965年春~1966年10月)

ここで脱線
ちょっと気になったのはこれらの本が発行から50年を経過していることです。著作物は作者の没後50年、と言われていますが、この写真の掲載は厳密にはどうなるのだろう?なーんか微妙ですがOKな気がする。教えて詳しい人。



今回の目玉はオートスポーツNo4に掲載されている浮谷東次郎の「スズカサーキットのドライブテクニック・ホンダS600」と題する「大論文(13ページ)」であります。これは表紙の欠落した本の入札で送料込みで1000円でした。幸い記事自体は欠落なく、ちょっと鉛筆で書き込みがあったりしてかえってリアルな歴史を感じます。
これなんか著作権の問題がなければいずれ全頁PDF化したいような気もします。

個人的にはこの記事は20年ほど前に一宮の御大宅で拝ませてもらったことがありますが、それ以来欲しかったもので感無量であります。まぁ、今走るのには参考にならないかもしれませんが。



レーサー三保敬太郎によるロータスエランの試乗記。この方はジャズピアニストでもあり11PMのテーマ曲の作者としても有名ですね。浮谷東次郎によるUP15のスズカ試乗記は前述のような「論文」ではありませんでした。あっさりとした記事。



No15に掲載された「日野GTプロトタイプ」の詳細記事。もともとまんぞく家のカーライフは50年前のルノー4CVやコンテッサ900で始まっていますから、これは興味津々の記事でありました。

この3冊にはほとんど広告記事はなく、68年あたりからパーツ広告やスピードショップの広告が増えてきます。この時期に日本のモータリゼーションというかモータースポーツが劇的に進化したことが伺われます。
広告にある無名カーショップのロゴなんかステッカーで再現したら面白いかもしれません。

最後にどうにか記事が読めるサイズで一枚アップします。




面白いでしょ?
かび臭いのには参りましたが、大切な宝物確定です。
Posted at 2017/05/12 20:17:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自動車関連古書など | 日記

プロフィール

「@常につまらない自由人 お~さん♪ おじいさん、それは言わない約束よ!( ̄▽ ̄)」
何シテル?   11/27 11:53
まんぞくです。 名前の由来は「ねこあつめ」の食いしん坊ネコキャラです。 免許を取って35年以上。旧車歴もそのくらいです。 クルマ好き少年のなれの果て。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/5 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

キレる。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/31 12:24:26
大仏プリン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/29 22:52:56
実用性か?趣味性か?悩む。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/24 01:12:22

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
一年は長かった! 買うぞ!と思った時の日記↓ https://minkara.carvi ...
スズキ キャラ フライングV (スズキ キャラ)
製造終了時に1年落ち8000Km走行の中古を購入し現在まで所有。2オーナー車です。当時投 ...
ホンダ S800 ホンダ S800
黒いS600クーペからの乗り換えです。このクルマとは波乱万丈の25年を過ごしてきました。 ...
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
オールマイティに使える小さなクルマとしてAWDターボ軽自動車を愛用しています(過去のクル ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.