• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まんぞくのブログ一覧

2017年11月23日 イイね!

愛車の冬支度

愛車の冬支度いつもは12月中旬の作業なんですが、今年は通勤経路で氷点下もあったので、早めに冬支度。

さきにウォッシャー液を補充。夏場は水道水なんですけど
ワイパーブレードも交換(写真はありません)




先日のトンネル探索で汚れています。
さらにセンターキャップのHマークが色あせてきました。
これはカッティングシートで作ったものなので来年春までに新調しましょう。↓







で、ジャッキアップ。↑
もうすでに冬限定のステッカーを貼っています。



センターキャップは裏からCリングを奥に押し込んで避難させておいて指で押すと簡単に抜けます。
ドライバーでこじって爪を一本折ったのはナイショです。



一応正月の工作にしようかと思っていますが、新しい赤のカッティングシートは既に手元にあります。
左のウイングエンブレムも4枚持っていて、これを貼ろうかと思ったこともあったのですが「勿体無いからやめなさい」と指導が入りました(笑)。



純正テッチンと夏用アルミとはナットの形状が違います。ホンダ純正は特殊なので。このあたりは知らない人は要注意ですね。

で、センターキャップはネスカフェの蓋。
これは数年前にMixiで知ったネタなんですが、強度的にも経年変化的にも申し分のない性能です。
九州の某オーナーさんがこのネタをアップしたときに「あなたの後ろだけは走りたくないですw」と書いた奴が居たように記憶しますが、、、心配御無用だと思います。
Posted at 2017/11/23 11:18:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | N-one | 日記
2017年11月19日 イイね!

トンネル探検してきました。

トンネル探検してきました。狭いところに頭から突っ込む、これは動物の習性なのかもしれません。

ちょっと以前に軽自動車が一台やっと通れるくらいのトンネルがみんカラblogで紹介されていて、しかもそれが自分のテリトリーの中だったので少々驚きました。

色々調べていくと地元滋賀県にはこういう農道のトンネルというのが結構あるということで、いちど探検してみたいと思っていたところ、みん友のおーさんが案内してくれるということに。ご好意に甘えてジムニーチームのツーリングに途中参加させていただくことになりました。

データとして隧道の名称なども書いてもいいのですが、離合困難で、しかも私道に近い道ということで詳しい場所は省略します。ただ約2時間ちょっとで6ヶ所くぐったとだけ書いておきましょう。

(写真はくぐった順序とは異なります)

集落の細いあぜ道を抜けると、いきなりこんな感じ。
狭い!でも怖い空気は意外とありません。



トンネルの向こう側には



二つ目はこんな感じで現れます。ちょっと不気味


中は離合はおろか軽自動車一台がやっと通れる広さ


旧いものもあれは、コンクリートで補修されて味気ないものもあります


ここは狭すぎて「無理」と判断しました。360の軽自動車ならいけるかも。徒歩で探検


昼なお暗く、落ち葉で滑る路面の先には旧いトンネルが



ここはアプローチまでが険しくてちょっとスリリング。


最後の場所はN-oneでは無理という判断でジムニーの助手席で。




ところが険しい林道の先に待っていたのは



倒木。撤退を余儀なくされました。
ジムニーの皆さん、おーさんありがとうございました。
なんだかブラタモリみたいで楽しかったです。



おわりに


これなんかBGMにいかがでしょうか?
Posted at 2017/11/19 18:09:07 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年11月13日 イイね!

第38回AHSMに行ってきました、、、、が。

第38回AHSMに行ってきました、、、、が。今年もAHSMには参加しました。ただしクルマなしで。
タイトル写真は朝の鮮魚市場ではありません。鈴鹿サーキットのパドック裏です。

昨年のレポートはこちら 第37回AHSM


少し序章をば

うちには製造されて50年のホンダS800と、ジムカーナ車下がりのAZ-1(キャラ)改造車フライングVの二台のスポーツカーがあります。この性格の似通った二台にどのように向き合うかはなかなか難しい問題でもあります。(金銭的、家族の非難を別にしても)

で、
エスは王道にて仕上がったジムカーナ仕様のクルマとして性能「維持」に努める。

フライングVは楽しい乗り味のカスタムカーとして「試行錯誤」しながら作って楽しむ、

という風に考えています。

あと、節約のためにエスのスポーツタイヤを買ったら数年間それで遊んで、山十分なのに経年劣化して賞味期限が切れたらフライングVで使う、という流れにしています(決してえこひいきしているわけではないです)。理由を簡単に言うと、横剛性が強くて、グリップはそこそこのタイヤを探していてたどり着いた結論なのです。柔らかめの足でも一見乗り味はスポーティーです。

そういうわけで、昨年で賞味期限が切れたエスのネオーバをフライングVで消費するためのATSホイールであったりするわけです。時間的にも金銭的にもフライングVの足が仕上がるまではジムカーナどころではないし。




そんなわけで、往復の道中も楽チンこの上なし。



夜のサーキットホテルにはこんな展示も



一般参加しているのですがなぜかスタッフ章をいただくので車検のお手伝いも早起きしてやっています。





フライングV製作にはエス関係の多数の人の協力もいただきましたので、お披露目の意味もちょっとありました。意外とウケは良かったです。

走行会中の写真もあるのですが、近年はクルマより「人」をメインで撮っているので、お見せできません。

--------------------------------------------------------------------------

さて、ここからはちょっと取り扱い注意なんですが(とくにスタッフ章を首から下げている人が書いたと誤解のないようにお願いします。私は一般参加者です。)



いろいろな意味で、長く続いたAHSMに危機感を持っています

いろいろな要素があるのですが、大きく分けると二つ。

1)オーナーやクルマの高齢化

第一世代(新車時代をよく知る人)の高齢化、クルマの価値の高騰により若い人が気軽に入れる趣味でなくなった、デッドストックの枯渇。主要部品の「金属疲労」という問題。イベントを開いて講演をお願いするにしてもゲストが高齢にて来られなかったり、そもそも新ネタが尽きてきたし。

今回自分が出来る協力として「自分より若い世代でエスのエンジンに興味を持ったメカニックを誘う」ということをしてみました。より深くエスに興味を持ってもらえることを祈っています。

2)鈴鹿サーキット等会場側の問題

サーキットの格式が高くなることは結構なんですが敷居が高くなってしまい、かつての「タコ部屋宿泊」もなければ、参加者のたまり場が場所的にバラバラになってしまったり。中古部品展示がほとんどないのはなんとしても寂しいです(いろいろな要因があると思いますが)。なんか、会場側が昔のように我々を歓迎をしていないような気さえします。
そもそもホンダ所有のお宝を全部茂木に持って行かれたのも寂しい事ですよね。もう随分経ちますが。
この25年を振り返ると「天然温泉が出来たこと」以外、車好きが集う会場としての環境としては悪化してると思います。
さらに近年は一週間後に控えたSound of Engineのあおりか、貴重なSベースのレーシングカーの参加がそっちに流れて減っているのも気になります。



毎年5万円近くを捻出するのは厳しいものがありますが、(そして自分が言うのもナンですが)まずは参加者が安定して多いことが大切だと思います。頑張って皆さん来年はエスを鈴鹿に引っ張り出しましょう!





Posted at 2017/11/13 20:20:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | ホンダスポーツ | クルマ

プロフィール

「難しい曲。覚えられないよ。でも歌詞があるとは知らなかった。https://www.youtube.com/watch?v=sQTzIdj6eZw
何シテル?   11/23 21:15
まんぞくです。 名前の由来は「ねこあつめ」の食いしん坊ネコキャラです。 免許を取って35年以上。旧車歴もそのくらいです。 クルマ好き少年のなれの果て。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

キレる。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/31 12:24:26
大仏プリン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/29 22:52:56
実用性か?趣味性か?悩む。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/24 01:12:22

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
一年は長かった! 買うぞ!と思った時の日記↓ https://minkara.carvi ...
スズキ キャラ フライングV (スズキ キャラ)
製造終了時に1年落ち8000Km走行の中古を購入し現在まで所有。2オーナー車です。当時投 ...
ホンダ S800 ホンダ S800
黒いS600クーペからの乗り換えです。このクルマとは波乱万丈の25年を過ごしてきました。 ...
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
オールマイティに使える小さなクルマとしてAWDターボ軽自動車を愛用しています(過去のクル ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.