• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まんぞくのブログ一覧

2018年06月30日 イイね!

とりあえず少し先のこと

とりあえず少し先のことフライングV号は現在ガレージの奥で寝ています。
エアコンが効かんので。予算的にも厳しいことになっています。
いずれはこのエンジンフード+何らかのウイング製作をせにゃならんのでしょうけれど。まだまだ先のことですな。

今月になってChibimal SVさんという方がみんカラを始められ、デザインに対して興味深い考察をされています。それに刺激されてちょっと色々振り返ったり今後の計画なんぞを考えてみました。
私もあらゆる角度から眺めつつ、ビールも飲みつつ(笑)。




完成直後の姿。ホイールはハヤシストリート13インチ金色塗装。エンジンフードはダックテール。
モータースポーツ色(それも土系)の強い仕様ではありますが、いろいろチグハグな部分もあり。



前後異径ホイールに拘った頃。7J-14オフセット-6ホイールに185/50R14タイヤ。グラベルから若干ターマックっぽくなったか。



ダックテールもやめてウイングもつけてみた。色々やってみたのだがクルマの操縦性が、やればやるほど悪化傾向にあって悩んでいた頃。



一旦戻して走り重視に振ってみた。走りは軽快になってきた。
ノーマルエンジンフード半開きって、ナカナカ似合うな!なんて。



ワイドトレッドスペーサーを導入し前後同サイズのタイヤを使うことにした。銀色のATS Aタイプはクルマの印象をがらりと変えてしまった。モータースポーツ色が抜けて軽快なロードカーになりました。



調子にのってフロントエンブレムも大きめにしてみました。


今ここで作業が止まっています。

今の車高ではロードカーないし土系寄りのイメージで進めていかないといけないのでしょうね。




合成写真)もう一度ダックテール仕様にして、裏面だけ艶消しカッティングシートを貼ってみようか?



合成写真)このホイールはいずれ導入せねば。とは思うのだが、、、、、。
土系の対極にあるデザインですね。





ホイールの色というのは重要な要素。この2枚の写真だけでもかなり感じが変わる。
アカキンはどうしても「やる気満々」に見えますね。

ATSを思い切って金色ペイントにしてもいいのかも。







追記)
こうやって過去の写真を並べてみましたが、結局重要なことは

1)このクルマでどこを走って遊びたいか?→これで外観の仕様がだいたい決まる。

2)予算は?外観のみならず、それにふさわしい馬力、足回りを平行して行うと一気に予算が膨らむ。

ということなんですね。そうすると自ずと次にやる弄りネタがみえてくる、、、、、。

Posted at 2018/06/30 23:03:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | AZ-1 | 日記
2018年06月22日 イイね!

いよいよアレが発売に

いよいよアレが発売に来月早々に新型ジムニーが発売になります。外見については先祖がえりしたような感じですが個人的には「望むところ」でありました。現在通勤で使用中のN-oneの後釜としては魅力的なのではないでしょうか?
ちなみに愛車紹介にちょこっとだけ書きましたが、一時期LJ20-1型(水冷360ccフル幌)に乗っていた事があります。





解りにくいけど、グリルはLJ10の横スリット。



さて、話をN-oneに戻しましょう

10万キロ達成記念 2017年2月

このクルマは4人乗れるファーストカーとして購入しました。
持論なんですが「1990年ごろの1500CCくらいの足の良いファミリーカー(たとえばシビックやファミリア)」というのがひとつの基準としてあって、それ以上の快適性や居住性や贅沢は(普段用)クルマには不要である。と、考えています。
適度に不便で、適度に疲れて、適度に鈍重であってOK。そのくらいが運転していて退屈しないというわけですね。(長距離は鉄道で!という住環境もあります)

第一、この30年で制限速度がどれだけ引き上げられたというのです?
この30年で日本人の体がどれだけ大きくなりました?
日本の道路がどれだけ広くなりました?

そうすると技術が進歩した分だけ下のヒエラルキーで充分、ということになります。ていうか、椅子が良くなったのだろうな多分。
「いつかはクラウン」と逆の発想ですね。

小さくても荷物はすごく積めます。たとえば自転車2台



125000キロ記念 2018年2月

現在132000キロ、このままでいくと来年15万キロということになります。で、2月以降変わったことがあったとすれば

子供が1人、札幌で暮らすことになった

というのがあり、寒冷地仕様4輪駆動のN-oneの余生は北の大地に、、、、という線が濃厚です。

で、現在、一年以内に顔を元に戻すか(あるいはエスハチ用本物でないレプリカグリルに変えるか)、手放せば二度と巡ってこないCal Boonホイールの代わりを用意すべきか?を考え中です(笑)。というわけで低コストのN-one弄りを再開することになります。



N-oneの後釜候補は家の事情からATが必須であり、悪化するであろう燃費や積載能力が心配であります。ここを重視するならば他の車種にすることもありえます。




実はもうひとつ、嫁さんのクルマのダウンサイジングも計画しております。年齢とともに大きなクルマのとり回しがキツくなっているのも事実でして、プリウスを小型化したい、、、、。もうHVでなくても良かろう、、、。

そこへ先日の地震。
実はうちのプリウスには5万円のオプションで1500wのコンセントが付いています。
災害時非常電源にするためです。それをすっかり忘れていました。
この容量の非常用電源を探すのは意外と大変です。



Posted at 2018/06/22 21:05:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | N-one | 日記
2018年06月15日 イイね!

クルマの顔について

クルマの顔について我が愛車フライングVは御承知のように低い位置にヘッドライトが付いています。



通常こういったノーズの形状だとリトラクタブルにするとかボンネットの面にヘッドライトをつけるべきなんでしょうが、色々と考えてバンパーと呼ぶべき位置にしました。この形状については良くも悪くもフライングVの個性になっているのですが、一方でいまなお迷いがあるのも事実であります。三菱レグナム用の逆スラント形状の異形ヘッドの流用なども時々考えるのですが、、、、、。



こんなのが気になります。

さて、ある日youtubeで70年代のコンセプトカーの動画を見ていて正体不明の車を見つけました。アルファロメオの試作車なんでしょうが、、、。







ところが、アルファロメオから攻めても出てこない。検索ワードを変えて変えて数百枚の画像一覧をだしてやっとたどり着きました。ここでギブアップし、gine‐AZさんに情報をいただきました(ありがとうございます)

Toni Biancoという人物がキーワードのようです。
イタリア出身のブラジル人のようです。(ここから先、間違っていたら指摘してね)
アルファロメオのエンジンを積んでブラジルのローカルレースなどで活躍した車のようで、Furiaというそうです。
アルファ以外にも色々なエンジンを積んでいたみたいです。水色のものはBMWエンジン





サイズもコンパクトで、めっちゃかっこいい。いいなぁ、、、、。





で、ジネッタみたいにGTカーを作ろうとしてみたり、、、、、



ワーゲンビートルを流用したクルマを量産したり。Bianco S



ブラジルのビートル流用のスポーツカーといえばPumaが有名ですが、こいつのほうがかっこいい。





このBianco Sを何台か見ていると、小技で自分の車をよりカッコ良くするヒントがあるかもしれません。

あと、みんカラの人で日本への輸入を試みている人がいるみたいです。もうどこかで走っているかもしれません。






おまけ)FuriaやBiancoは70年代のブラジルのクルマなんですが、そのころ日本では、、、、、。



軽自動車ベース、ガルウイングドア、リアにエンジンとAZ-1の御先祖様、しかもヘッドライトの位置が、、、、、

これはシロマ号といいます。

キーワードを与えてくれたgine-AZさんに感謝。

写真使用に問題のある場合は連絡ください。削除します。












Posted at 2018/06/15 20:50:01 | コメント(4) | トラックバック(0) | AZ-1 | クルマ
2018年06月13日 イイね!

特別企画)撮り鉄の頃を思い出して

特別企画)撮り鉄の頃を思い出してちょっとマニアックすぎたなぁ、、、、興味の無い方はスルーで。

タイトルに1972とあるけど73年かもしれない。あまり自信ないです。同様に



中三とあるけどはっきりしない。米軍放出の(ちいさな)ジャケットは撮り鉄の頃に着ていたのでもう少し前かもしれない。

前回の日記のあとC57110の消息についてコメントを頂いた。撮影当時からこの機関車が「事故復旧車」であることは知っていたのだが、その事故が六軒事故であり、40人以上の死者(修学旅行生がたくさんいたらしい)を出す凄惨なものであったのを知ったのはネットが発達した最近のことであります。

事故といえば有名なC57一号車も実は中身が2号車であるらしい。なんて話もあります。この機関車は山口号や北びわこ号でも有名だし、点検中に阪神淡路大震災で被災したなんて話もあります。

そんなこんなで数日間年配の撮り鉄(というより汽車キチ)のブログを徘徊しておりました。いやいや、すごく懐かしい!

さて、それでまたまた古いアルバムを出してきました。
当時関西本線や草津線でSLを追いかけるとデフレクターに装飾が施されたものが多数見られました。



誰が呼んだか、、、「ツキシカ」「ピース」





極めつけはこれ。これが来ると盛り上がるのなんの! D51499



(以上今回の写真は、まんぞくとその父の撮影です)

こうやって考えると国鉄の頃も「遊び心」というのはあったのだなぁ、、、、とか感慨深いです。
Posted at 2018/06/13 21:24:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | 銀塩写真 | 趣味
2018年06月07日 イイね!

送料込み260円で落札

送料込み260円で落札ヤフオクで一枚の古い国鉄乗車券を落札しました。

昭和45年10月10日に運行されたミステリー列車の乗車券。
京都・大津間旧東海道線開通90周年記念だそうです。

鉄道友の会京都支部が企画、日本旅行協賛なんでしょうか?

落札価格は178円。
送料込みで260円ですから安いものです。

自分としては、鉄道グッズ収集や切符集めの趣味はありませんが、、、。

実はこの裏面に書かれたものに惹かれたのです。

裏面↓



昭和45年10月10日、午前7時40分、C58蒸気機関車に引かれた列車は京都駅を出発。
一路奈良を目指します。奈良で28分休憩の間、機関車はC58から D51型蒸気機関車2両の重連運転になります。木津経由し10時50分に伊賀上野着。約3時間の休憩になります。(散策とかしたのだろうか?)

13時45分伊賀上野を出発し柘植経由で難所の加太越え。14時41分に亀山着。ここで機関車がC57型とD51の重連になります。(ひょっとすると↓の写真のような後補機かもしれませんが)

(昭和48年頃の加太越えの写真。撮影者は父です。)

柘植からはC57一両で田園風景の中を走る。日も暮れた17時40分には草津駅に到着。
草津からはEF58型電気機関車で京都へ、、、、という旅であります。

このC57110は後年自分も写真を撮ったことがあります。これは参宮線の頃の写真。(撮影者:まんぞくとその父)




ついでに草津駅の昔の写真も貼っておきます。これは上り線ですけど。(撮影者:まんぞく)


EF58もいまや貴重ですよね(撮影者:まんぞく)


いずれにせよ、今では考えられないような(鉄道ファンにとっては)贅沢な旅であったようです。

昭和45年10月10日というのは私は9歳。まだ鉄道に興味を覚える前の話です。
この年には両親に連れられて大阪万博に行き、食べたことの無い味の鶏フライを食べました。日本初出店のケンタッキー・フライドチキンですね。
自分は昭和47年の夏休みからカメラを手にします。そのころ近所で同じように写真を撮っていたのがみん友のおーさんで、全く一面識もなかったのですが、ここから数年後高校で出会うことになります、、、、、。






それから48年後の今日、ネットを使っていろんなことがわかります。
昭和45年10月10日は土曜日。その日の京都の最高気温が26度。天候は曇り時々雨だったようです。この日は東京でも記念のSL列車が運行されたようです。(気象庁HPやWikiなどで検索)

乗客の多くは鉄道好きだったでしょうから物持ちが良い(笑)
お弁当券をアップしている人がいました。

写真を撮っている人もいましたよ!
滋賀県在住の私より年上の方のブログがみつかりました。

多面的に情報収集すると48年前のこの日のことが、リアリティをもって脳内に浮かび上がってきます。


---------------------------------------

さて、SLはともかくこの沿線は今、どうなっているのでしょうか?

これもちょっと調べてみたら、現在のダイヤで通常列車を乗り継いだとすると、ほぼプラスマイナス30分くらいの差でこのダイヤをトレースできるようです。3時間弱の伊賀上野駅の休憩をどう過ごすかは問題ですけど。(伊賀鉄道で繁華街にでようか)
ちょっと旅行計画をねってみようかな?

ちなみにぴったり50年後、京都・大津間旧東海道線開通140周年にあたるのは2020年。
10月10日は50年前と同じ土曜日みたいです。












Posted at 2018/06/07 23:33:08 | コメント(3) | トラックバック(0) | 銀塩写真 | 日記

プロフィール

「FEで使えそうなニッコール43-86を買ってしまった。大丈夫??と言う値段で。」
何シテル?   12/02 11:11
まんぞくです。 名前の由来は「ねこあつめ」の食いしん坊ネコキャラです。 免許を取って35年以上。旧車歴もそのくらいです。 クルマ好き少年のなれの果て。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

キレる。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/31 12:24:26
大仏プリン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/29 22:52:56
実用性か?趣味性か?悩む。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/24 01:12:22

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
一年は長かった! 買うぞ!と思った時の日記↓ https://minkara.carvi ...
スズキ キャラ フライングV (スズキ キャラ)
製造終了時に1年落ち8000Km走行の中古を購入し現在まで所有。2オーナー車です。当時投 ...
ホンダ S800 ホンダ S800
黒いS600クーペからの乗り換えです。このクルマとは波乱万丈の25年を過ごしてきました。 ...
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
オールマイティに使える小さなクルマとしてAWDターボ軽自動車を愛用しています(過去のクル ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.