• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まんぞくのブログ一覧

2018年12月24日 イイね!

準備中

準備中年末の掃除をしていると色々なものが出てきます。

某SNSグループで、ある有名ホンダスポーツオーナーさんが「ガレージを掃除したらこんなものが出てきました」と写真をアップしておられます。その中に工房名岐さんの販促グッズ(というか記念品)がありました。

工房名岐さんについてすこしだけ説明しますと、1972年開業のホンダスポーツ/ジムカーナのお店です。当時は名岐バイパス沿いの西枇杷島辺りにあり名岐オートという名前でした。2000年の東海大水害にて店は被害をうけ、これを機に一宮市への移転。その際に一宮市内に「名岐オート」と似た名前の会社が既にあったため工房名岐と社名変更しました。 現在で開業46年になります。

実は先月私も部屋を掃除しており腕時計をみつけました。



これも記念品ですが当然電池切れで止まっており、4月に買った工具で電池交換を試みたものの、裏蓋がどうしても閉まらず、結局街の時計屋さんに泣きついて蓋を閉めてもらって復活(笑)。蓋だけでは申し分けないのでベルトを新調しました。

すこぶる正確で重宝しています。



さて、自分の知る限りの名岐オート/工房名岐の記念品というと

Tシャツ、カレンダー、ステッカー、ワッペン、腕時計、プラモデル、トレーナー、パーカー、ウインドブレーカー、ボールペン、コースター、カーバッチ、マグカップ、タオル、、、、、、、、等々

随分多岐にわたることが伺えます。

私は外部の人間ですが(笑)、沢山あるのでこれらの写真を集めて、一覧としてアップしてみてはどうか?と思うようになりました。

そこでお願いです。特に名岐オート時代の旧い記念品をお持ちの方、写真を提供願えませんでしょうか?
宜しくお願いいたします







名岐オート時代のTシャツ。赤は珍しい。

既に20年前のものですが何故残っているかというと「着ない」からです。というのはこれは結婚の際に家内に頂いたもので、これを着て新婚旅行(豪州)に行きました。




Posted at 2018/12/24 20:43:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | ホンダスポーツ | 日記
2018年12月08日 イイね!

居心地悪し

居心地悪し家内が不在で、車検にだしたプリウスを引き取りに行くのを頼まれた。
代車を運転してディーラーに向う。(車種すらわからない)
清潔な店内、(それなりに)丁寧な対応、あまり書いたことがない同意書みたいなものにサイン、等々。

正直いって居心地悪い(お店の接遇が不満なのではない)
散髪か歯医者に行ってるような感じ?ちょっと違うかな?

自分の知ってる自動車との関わりとは全く別の世界のような気がして落ち着かないのである。

ちょっと補足すると、家内の使用する車については弄ったりしないようにしています。
新婚の頃、エスクードのハンドルをモトリタに換えて使ってもらっていたら、出先でホーンが鳴りっ放しになって凄く怒られた事がある。それ以来、そうしています(笑)。



みんカラで私がファン登録しているKさんという方、旧いフィアットをお持ちで以前ライターをされていたのかな?上手な文章なので愛読しているが、自動車趣味の将来について悲観的なことを何度か書いておられる。

大いに同意できる反面、読むと自分も釣られてちょっとブルーになっちゃうんだけど。

なんか、ふとそのことを思い出しました(笑)。







さてと、留守をいいことに悪戯。

プリウスのリアにステッカーを貼っていたのだが色あせて汚いので張替え。

候補



低い確率だろうけど、後ろに付いたドライバーが「おやっ?」と思う奴ね。
どれにしようかな?

判らないステッカーがあったら質問してください。ちなみに上の反射しているのは三国SOLEXです。






Posted at 2018/12/08 12:22:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日々雑感 | 日記
2018年12月06日 イイね!

ちょっとマツダな話

ちょっとマツダな話ちょっと前、みんカラではマツダファンフェスタのレポートが沢山アップされておりました。一度は行ってみたいイベントではあるのですが、一方でうちのフライングVは大改造車であることと、元が「スズキ・キャラ」であるので、幾分参加しにくいイベントだったりします(笑)。そのキャラは阪神淡路大震災の直前、滋賀マツダ(現在の京滋マツダ大津店)併設の中古車センターで購入したものです。



さらにさかのぼること数年。平成元年式(だったと思う)ユーノスロードスター標準車。これは滋賀にユーノス販売店が出来る以前に予約したので納車は滋賀マツダだったような記憶があります。おーさんと交代で運転して遠出したときの写真かと。

さて、滋賀マツダといいましたが、この会社は旧い歴史を持っています。

どのくらい旧いかというとこんな写真もあります(60年前の大津展より)



昭和37年の航空写真。すでにこの地にあったりします。写真中央やや左の工場がそうですね。この写真、地元の人が見れば驚愕の変貌ぶりだったりします。前の道路が国道1号線、右が京都、左が名古屋方面になります。余談ですがここから左へ300メートル位行くと「プリンス自動車」のディーラーがあり、いまもそこで日産車を売っています。


なんで急にそんなことを思い出したかというと、



小さくて読みにくいかもしれませんが「マツダ前」というバス停があるのです。長い歴史を物語っているように思いませんか?


ちょっと調べてみたのですが「マツダ前」というバス停は秋田にもあるそうですね。



それだけ

おしまい
Posted at 2018/12/06 22:13:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々雑感 | 日記
2018年12月02日 イイね!

2000年の日記から

2000年の日記から今回も発掘した文章からです。もうそろそろネタが尽きてきたのですが、これも当時は衝撃的でした。というか旧車道楽をやっていると必ず遭遇する都市伝説のひとつでしょうな。読み返すと2000年12月3日の出来事と書いてある(笑)

で、この顛末ですが、私は転勤でこの地方に行く機会が減ってしまい、そうしているうちに数年後近隣の愛好家に引き取られたと聞いています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


驚きの発掘

(2000年の日記から、2018年再編集)

7月から週2回電車で移動している。8月ごろ車窓から気になるものを発見した。それは線路脇の農家の畑の片隅で朽ち果てているライトバンだった。トタンが被せてあって車種は分からない。気になって毎回目を皿のようにするのだが電車は時速90キロ近くで飛ばすので時間にして約1秒しか見えない。しかし何回か見るうちにそれが30年以上昔のものに思えてきた。そして色などからホンダLM700ではないか?と疑うようになった。説明すると初期ホンダの小型商用車でエンジンはDOHC。このブロックを流用するとS600のボアアップが可能というエンジンである。手持ちにS600のエンジンもあるので、もしそれがLM700なら、、、、、とか考えるようになった。


Wikipediaより借用 ホンダL(M)700

 近畿某N県在住のこの道の先輩氏と電話する機会があって、確信は持てないけれど怪しいバンが車窓から見えると話したところ、二つ返事で見に行く!という話しになった。ちなみに彼は3台のS600の不動車を所有する、<車の発掘>の達人、本業は整備士さん。

 さて12月3日。私は現場最寄の駅にいて到着を待つ。彼は6時起床でやってきた。トラックで(笑)。別にこの日に積んで帰るつもりではなく燃費と運転の楽さでそうしたらしい。近所の喫茶店で朝食をとり私の偵察用ジムニー360(LJ20)で現地に向かう。

 現場は農家であるのだが古い家屋と電車の高架下の間で容易に近づけない。勇気をふりしぼって半ば不法侵入のように侵入し、そこの近所の人に強引に事情を説明して持ち主を聞いた。私一人なら到底できない勇気であるが、そこは達人、持ち主を割り出した。(本人もこのときの空気で難航を直感したらしいがN県まで手ぶらでは帰れんとおもったらしい)そのときあたりを見回し我々は異様な光景に目を丸くした!



注)写真はイメージです

 畑には放置された軽トラのフレームやら残骸が、、、AKや!と直感。ホンダT360かT500の残骸が無造作に朽ち果てている。ちなみにわが国初のDOHC車といわれたホンダ初の4輪車だ。そしてライトバンは、、、LM800。これはS800と同じエンジンを積むLM700の後継車。そしてその後ろの蔦のかたまりの中に何かが、、、朽ち果てたS800だ!



注》感じ方には個人差があります

 そうこうしているうちに持ち主が現われた。気難しそうな方が小さな声で話をはじめた。あまり詳細に書けないが、何か事情があって彼の中で四半世紀時間が止まっているかのようであった。話によると以前はここで自動車整備の店を開いていて、ホンダSやNを整備していたらしい。ある日側面をこわしたS800(リジット)を買ってきて整備にかかったらしい。この車はお気に入りであったがロータリーを積んでやろうと10Aエンジンも買ったらしい(現役当時ロータリー搭載の競技車あり)。そして板金をするべく分解したあたりで突然作業はストップ、一切の興味を失ったらしい。そして仕事もやめてしまったらしい。それが何時ごろかはわからないが(おそらく25年以上前)ぽつりぽつりと昨日のことのように話が続く。 腰を据えてお話しを聞くことにした。話は続く。隣の土蔵にはそういえば新品部品がまだあったはず。整備関係の資料とかいろいろ、、、、もう長年忘れていたけれどどこかにあるはず、、、、。20年以上は誰も足を踏み入れていないような建物を指差す、、、、。畑の真ん中で話は続く。良く見ると足元にパーツが散乱している。LMのホイルキャップやらS800のセルモーターやら4連キャブやらが畑に埋まって芽を出している、、、、めまいがしてきた。



注》写真はイメージです。


 一時間ほどして寒くなってきたので、双方の住所のメモを渡す。私達は14.5年エスを持っていいて趣味でやっているけれど一人は整備士だとわかると、ちゃんと自分で直せるのなら全部譲っても良いとのこと。何度か連絡をとりつつ雪がなくなるころに作業をしましょうということになった。

 というわけでこの話はそれ以降進展していない。現物は最近電車から見る限りはそのままのようである。とにもかくにも異様な体験でした。本当に四半世紀誰の目にもとまらずに忘れ去られていたのだろうか?今後どのように進展するかは全く未知数であるが謎は深まるばかりである。それにしても興味を失うということは趣味の大敵なのかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当時はこういうものが宝の山に見えていたし、物欲のため「だれかに取られてなるものか!」なんて思ったりしておりました(笑)。いまなら、眺めて侘び寂びにひたるという選択肢もあります。

興味を突然失うというのは恐ろしいものだと当時思いましたが、自分の身にいつふりかかるのか?この歳になるともうすぐかもしれませんね。



Posted at 2018/12/02 19:34:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々雑感 | 日記

プロフィール

「@常につまらない自由人 お~さん♪ おじいさん、それは言わない約束よ!( ̄▽ ̄)」
何シテル?   11/27 11:53
まんぞくです。 名前の由来は「ねこあつめ」の食いしん坊ネコキャラです。 免許を取って35年以上。旧車歴もそのくらいです。 クルマ好き少年のなれの果て。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

キレる。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/31 12:24:26
大仏プリン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/29 22:52:56
実用性か?趣味性か?悩む。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/24 01:12:22

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
一年は長かった! 買うぞ!と思った時の日記↓ https://minkara.carvi ...
スズキ キャラ フライングV (スズキ キャラ)
製造終了時に1年落ち8000Km走行の中古を購入し現在まで所有。2オーナー車です。当時投 ...
ホンダ S800 ホンダ S800
黒いS600クーペからの乗り換えです。このクルマとは波乱万丈の25年を過ごしてきました。 ...
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
オールマイティに使える小さなクルマとしてAWDターボ軽自動車を愛用しています(過去のクル ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.