• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まんぞくのブログ一覧

2020年09月30日 イイね!

タイムトラベルとは痒いものなり。

タイムトラベルとは痒いものなり。某日、郵便小包が届く。A3くらいのサイズ、厚さは8センチという感じでしょうか?ズシっと重い。これが1954年への切符なんだろうか?

1954年アサヒグラフ51冊。新年号から順番に並んでいました。出品者評価のためにざっと目を通す。気になった部分はスマホで記録。3冊も目を通した時点で支払った対価のことは気にならなくなりました。だが読んでいるうちに体が痒い(笑)。蚤かダニかいるのかもしれないなぁ、、、、、。

どうやらタイムスリップの副作用は痒みのようです。

ちなみに1954年についてはここ。事前に目を通していくと順番に事件が現れる。



武者小路実篤とか御木本幸吉とかがリアルに出てくる。裸の大将も



この年は映画の当たり年かな?恐怖の報酬とかローマの休日が出てくる。





この年の大きな事件はやはり水爆実験と第五福竜丸事件
(ちなみにこの項のWikiの写真ほとんどすべて、今回載っています。)
そして放射能マグロの風評被害

ざっと目を通した感じで印象に残るのは随所に遺体が出てくることです。今なら閲覧注意となるのでしょうな。

終戦後9年。朝鮮戦争が終わったばかり。これを取材した人も読む人もほぼすべてが戦争経験者。すなわち人を殺したか殺されかけたか逃げまどったか飢え死にしかけた人が全てである。イデオロギーの問題ではなく、実体験からくる厭戦と反核というものが迫力をもって伝わってきます。

近年の反核や反戦作品のどれよりも力強いもので新鮮でありました。逆にいえばそういったバックグラウンドのない人たちの議論というのはどうにも薄っぺらく見えてしまうのでした。

ついでにこんなのも。政治家は今も昔も、、、、、、








気分を変えよう



毎回「告知板」というコーナーがある。何か一つテーマを決めてその道の達人7~8人の写真とインタビューが掲載されます。ジャズピアニストがテーマの告知板が今回入手したかった記事であります。

次回はこのあたりから面白そうなものをピックアップします。



Posted at 2020/09/30 20:59:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車関連古書など | 日記
2020年09月28日 イイね!

タイムトラベルに行ってきます。

タイムトラベルに行ってきます。とうとう気がふれたか!と思わせぶりのタイトルなんですが(笑)
過去を旅をしてみたい!などという思いでこんな日記も書いたことがあります。あと2週間ほどでその日がやってくるのですが、、、、。


この時感じたのは、Wikiの情報ばかりでなく無名人の記録をネット媒体の中から拾い集めて整理すると、過去の出来事をリアルに再現できる。という手ごたえでありました。


さて、以前書いたこの日記

この本を読んだときあまりに緻密な調査がされていて大変感銘を受けたのですが、同時に若干の違和感を感じておりました。いかに詳しく調べたとしても、一人の著者の書かれたものは、ある意味「バイアスがかかった状態」になることが避けられないのではないか?と。具体的にいうと、「ジャズピアニストの心理」というか「ミュージシャンの心理」の分析という部分に若干の違和感を感じておりました。



この写真は上記著書「そして、風が走りぬけていった」に掲載されていた写真で、人物は死の前年の守安祥太郎であります。1954年のアサヒグラフからの引用だそうです。

引用元を読んでみたい気がしてきました。

そんなわけでヤフオクで検索をかける。
昔では考えられないことですが、あっさりと見つけることができました。ただし

1)そのものずばりの号、1000円+送料700円
2)1954年一年間のセット51冊 送料込みで11000円ほど。


上記のポートレート写真はここにあります。

さて普通に考えれば少々高いとはいえ1)以外選択肢がないように思えます。
1冊200円相当の2)を買ってもいいのですが問題は「これが生まれ年というのならばいざ知らず1954年にはこだわりや愛着が全くない」という点にあります。要するに1954年だけにやたら詳しくなることに何の意味があるのか?みたいな思いがモヤモヤと残ります。

と言いながら結局高いほう落札してしまいました。
「特に意味もなくタイムマシンをセットしたら1954だった」的に自分を納得させました。(笑)。


さて面白い記事がみつかりますやら、、、、、、、。遅い夏休みの旅行先は1954年です。

1954年の主な出来事


Posted at 2020/09/28 20:27:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジャズ | 日記
2020年09月26日 イイね!

咳をしてもペトリ

咳をしてもペトリ前回の日記でペトリカメラの広告を載せた。
実は一台持っているがあまり良いイメージはありません。当時ペトリの一眼レフはどうもキヤノンのバッタ物にしか見えなかったので。(実は歴史の古いメーカーなんですが)

とはいえ今回思いがけずレスもついたので出してきた。

ここ1年程、フイルムカメラはいじっていないのですが、以前は「倒産した弱小メーカーの変態一眼レフ」を集めていたことがあります。



ミランダセンソレックス、ペトリFT,トプコンユニ、(トプコンは会社が健在です。)
いずれもジャンク2個一の怪しい品。でも黒ボディーなのが自慢。この種の廉価版には黒ボディは大変珍しいです。当時廉価版に⁺1000円がなかなか出せなかったのかもしれません。
このペトリは1968年製のFTです。



完全不動の黒ボディの外皮を不調中古銀ボディに着せ替えたものです。まぁAZ-1の着せ替えみたいなものです。(ただしレンズ基部の飾りアルミ板は変更しませんでした。)

このカメラの困ったところはスローガバナーの不調(粘り)と数枚に一度シャッターが作動せず露光しないというものでした。このためそこで作業を途中放棄にしておりました。



裏蓋を外した状態。他のカメラのこのアングルとは景色が大きく異なります。
ふつうはこの場所に歯車とレバーが詰まっているのですが。
このカメラの特徴はいろいろな同期を一本のカムシャフトで制御している点にあり、実はこれが難物で今まで手を付けられなかったのです。

今日は、全くの思いつきですが、カム周辺にCRC5-56を塗ってみました。(光学機械なので噴霧せずに刷毛で)

あっさり直りました。(嬉)

300回くらいの空シャッターで誤作動一度も無し。
試写ができそうです。

ネットで調べると、このシステムはペトリの定番でしたが後年改められます。北米での寒冷時トラブルが多かったのが原因だそうです。




ラジオコマーシャルを見つけました。
2分39秒から後継機FTⅡのCM

当時TVCMもあって「ぺ~とり~」(♪ララソ)というジングルは良く覚えています。



当時ニコンの性能を半額で、、、、というのがキャッチフレーズでしたからあながち嘘ではないようです。ニコンFの広告(こちらは昭和36年ごろ)
Posted at 2020/09/26 17:13:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 銀塩写真 | 日記
2020年09月22日 イイね!

連休最終日

連休最終日今日は雨の予報もあったので予定なし。朝からトイレ掃除、ゴミ出し。天気が良さそうなのでお出かけ。でも渋滞が予想されたので50Kmほどで終了。この4連休とにかく人出がすごい。2週間後しーらないっと!



ちなみに家内は



北の大地に。まぁ、LINEで連絡を取り合っていますけど。

昼間は自宅で古本をだしてきた。
60年ほど前のアサヒグラフ。以前近所に古本屋さんがあって、こんなの一冊100円から300円で平積みになっていましたから何冊か買っていたのです。



カメラとラジオ。



裏表紙はダイハツ。
まぁ、カテゴリーは「自動車関連古書など」ですからね。

実はちょっと調べていることがあって、さらに5年ほど古いのをネットオークションで狙い撃ちするつもりです。その準備といいますか、、、。



昭和35年ごろ、午前3時のジャズ喫茶で音楽を語り合う女性。ファンキー族というのだそうだ。見も知らずの女性の写真を無許可無修正で載せるのはちょっと抵抗があったのだけど。現在80歳を超えておられるであろうからまぁいいでしょう。(連絡あった場合は削除か修正します)取材記者の視線では不良娘なんだろうけど。

イカすナオンだと思うけどな(笑)

無論この後のことは紙面ではわからないのですが、この女性のその後の人生、ちょっと興味を惹かれます。いい人生を送って大物になっていたらいいな、、、。



Posted at 2020/09/22 21:49:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車関連古書など | 日記
2020年09月20日 イイね!

お彼岸

お彼岸今月の初め、親父の命日をすっかり忘れていた!という大失態をやらかしました。不思議なことに数日前から彦根米原に縁のある話が相次ぎ、ちょっと後ろめたい思いの中、お彼岸の本日は何もすることもなく、家族は留守にしていたので、ふと思い立ってひとりで墓参りにいくことにしました。お詫び行脚ですね。

実家大津と墓のある彦根までは距離にして60キロくらいあります。ここ20年程は名神高速を使っているのですが、自分が幼少の頃、年に数回親父は必ずR1からR8のルートで彦根に家族を連れて行きました。車は日野ルノー、コンテッサ900、初代ローレル、予防安全コロナ、ギャランΛと変わりましたがずっとそうでした。

街の風景がどんなふうに変わったか?時間はかかるけど今回はこのルートでのんびり行くことにしました。R8沿い高宮のUPガレージにも寄ってみたかったので。

ここで話は脱線。ちょっと前に県内AZ-1乗りさんの書き込みで、「県南部にUPガレージがなくなった。県内は高宮だけ」と聞いたからです。実は以前は我が家のすぐそばにもUPガレージがありました。既出かもしれませんが思い出があります。

ある日自転車で冷やかしに行った時の事。隅っこのほうに小汚い黄色のバケットシートが置いてありました。お店の方に値段を聞くと2000円(くらいだったと思う)。これはTRDの偽物じゃないか?みたいなニュアンスでした。すぐにお金を払ってレシートをもらい、後で取りに来るから!と車を取りに帰りました。そのシートの背面にはなるほどよく似たシールとTOSCOと浮彫がありました。その後レストアして某氏のダルマセリカに収まっています めでたしめでたし。


てなことを思い出しながら一路彦根を目指す。

それにしても安土付近の新幹線並走区間や能登川、愛知川界隈は昔とあまり変わらないですねぇ。国道から路地に入ったらいまだにミゼットやT360が走ってそうな雰囲気。

高宮のUPガレージでは残念ながら収穫なしだが、店を出たあたりから慢性的な渋滞が彦根まで続く、、、、。ノロノロ運転で見つけた風景。



ここには一度も足を踏み入れたこともないのですが、40年前の事を鮮明におもいだしました、、、、、、、、、、。







写真はまんぞく家に20年近くいたレオーネスイングバック4WD

1980年の秋だったとおもいます。親父はセカンドカーにこのレオーネを買ったばかりで大満足。私も免許が取れて「いつでも貸す」と任意保険を変更してもらったばかりでした。

滋賀スバルの企画だったのか記憶があやふやですが、その頃レオーネ4WDばかり数台で一泊ツーリングが企画されました。ルートは奈良県南部十津川村や龍神スカイラインだったと思います。6台くらいだったかな。免許取り立てでギンギンに頭でっかちな(笑)まんぞく君は助手席で同行することになりました。

ところが、山岳路に入って親父の運転が次第に遅れを呼ぶようになります。

今考えれば親父は普通のサンデードライバー、他のメンバーといえば自動車関係、プロドライバー、走り屋だったりするので当たり前だったのかもしれません。

その時のツーリングのリーダー格が上の写真の板金屋さんのオヤジさんでした。

親父は息子にいいところを見せられず、若干しょげ気味ではありましたが(笑)、誰かの提案で「免許取り立てのコイツを鍛えよう!」ということになったようです。レオーネのハンドルは私に託されます。

先行車のラインを忠実にトレースしてついてくること。ブレーキポイントに気をつけろ、とか言われつつ前後を固めてくれました。助手席の親父にも指示されながら、アクセル全開を覚えたのでした、、、、、。

ああ、懐かしいことを思い出した!

その後この板金屋さんとは一度も会っていないのですが、店にはしばらくウインチ付きの青いレオーネエステートバンが止まっていました。いまもお店が続いているのは(多分)代替わりもうまくいって、派手ではない堅実な商売を続けておられるのでしょう。今後の繁栄を陰ながら応援しております。



このちょっと先で左折するのですが、ここでは親父は必ず「シトロエン欲しい」と言っていました。(笑)



お花を買って



この井戸はずいぶん前に枯れていますけど。



佐和山城跡(左のこぶ)を見ながら昼食



かえりはR307経由で

故人のことを定期的に思い出すのは良いことだと説法でよく聞くので、今日のドライブは非常に有意義だったような気がします。



Posted at 2020/09/20 18:59:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記

プロフィール

「難しい曲。覚えられないよ。でも歌詞があるとは知らなかった。https://www.youtube.com/watch?v=sQTzIdj6eZw
何シテル?   11/23 21:15
まんぞくです。 名前の由来は「ねこあつめ」の食いしん坊ネコキャラです。 免許を取って35年以上。旧車歴もそのくらいです。 クルマ好き少年のなれの果て。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/9 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

キレる。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/31 12:24:26
大仏プリン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/29 22:52:56
実用性か?趣味性か?悩む。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/24 01:12:22

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
一年は長かった! 買うぞ!と思った時の日記↓ https://minkara.carvi ...
スズキ キャラ フライングV (スズキ キャラ)
製造終了時に1年落ち8000Km走行の中古を購入し現在まで所有。2オーナー車です。当時投 ...
ホンダ S800 ホンダ S800
黒いS600クーペからの乗り換えです。このクルマとは波乱万丈の25年を過ごしてきました。 ...
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
オールマイティに使える小さなクルマとしてAWDターボ軽自動車を愛用しています(過去のクル ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.