• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ヒデ英の愛車 [ホンダ シビックフェリオ]

整備手帳

作業日:2020年12月16日

オルタネータ分解・点検

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度
作業時間 30分以内
1
発電不良で取り外したオルタネータを、分解して現物修理が安いのか、リビルトに出すのが安いのか判断することにします(・∀・)
2
今回、回転部分に異音はありませんので、ベアリング系は良好と判断します。

メーカーによって分解方法は違いますが、DENSO製はプーリ反対側のカバーを外せば、主な部品の点検が出来るようになります。
3
まずは、ブラシです。
これはバネの力で、常に押し出されるようになっているので、写真のように半分以上突き出ている状態であれば、残量は残っていると判断できます。
4
次はスリップリングです。
内外のスジ傷の部分に、ブラシが接触して回転することで発電されるのですが、段付き摩耗も無いので見た目は良好と判断できます。
あとは、テスターを当てて断線・ショートしていないかを確認します。
5
これはICレギュレータです。
機能としては、オルタネータの発電量の調整をしている部品です。

これは、専用のテスターが無いと診断できないので、点検しようがありません(;^ω^)
6
これはダイオードです。
オルタネータは、回転することで発電しているので、本来は交流電流が発生するのですが、自動車は直流電流で作動します。
ですので+-で反転しながら流れる電流を、+のみに整流するという部品です(詳しくは省略(;^ω^))

これは、決められた端子同士で、一方向にしか電流が流れないのを確認すればOKです。
7
最後は、本体のコイルですが、これは断線とショートを確認するだけです。

今回、発電不良だったので、ブラシ系の不良と思っていたのですが、点検の結果は良好でした。
他のトコロも、特に不良が見られなかったので、消去法でいくとICレギュレータの可能性が高い・・・かな(´・ω・`)
これだったら、\6000ぐらいで部品があるので、現物修理の方が安くなります・・・が今月はイロイロ購入したので、来月以降に先送りです(;´∀`)

イイね!0件




関連整備ピックアップ

フロントキャンバー付けてキャスターつける

難易度:

IPF USDM 取り外し

難易度:

オルタネータ交換

難易度:

パワーウインドウ動かなくなってます(修理保留中)

難易度:

ドアハーネス断線修理

難易度: ★★

フェンダー巻いた

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「オートポリス スーパーラップ結果発表(;´∀`) http://cvw.jp/b/2718032/44803089/
何シテル?   01/31 23:43
ヒデ英です。自動車整備士をしています。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

ホンダ シビックフェリオ ホンダ シビックフェリオ
EG9フェリオSiRです。こちらはサーキットメインです。 エンジン  G.T WORK ...
ホンダ フィット3 ハイブリッド ホンダ フィット3 ハイブリッド
ホンダ フィット3 ハイブリッドに乗っています。こちらは通勤用です。 2014/10  ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.