• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年07月26日

テラリウム

テラリウム 七月に連休があったので、オールペンが終わったら一泊程度でキャンプに行こうと思ってたんだけど、二回目の梅雨が来たかのように雨ばかり。

予定の初日が完全に悪天候だったので、急遽予定変更。

ちょっと日をズラして、日帰りで何かしようって事になったんだ。


今回も、昔からの旅の相棒コウヘイに任せてしまった。
暑い夏はやはり高原がいい。

北八ヶ岳にある、標高2000メートルを超える国道・麦草峠。

ここから少し分けいったところに、白駒池という美しい湖があり、
ここを3時間程度で周回できるハイキングコースがあるというのだ。


普通の森とは違う、特殊な趣があるらしい。


いよいよ山に入っていきます。

クルマを降りた途端に、ヒンヤリとした空気だった。
動いていないならウインドブレーカーがないと寒い。


意外に急な登攀が続く。
ハイキングというよりは立派なトレッキングコースだね。

ま、僕が勝手にハイキングだと思っていただけで、れっきとした登山のコースだと思う。

最初の登りは、去年登った瑞牆山(みずがきやま)に近い感じだ。
ただ、違うなと思ったのは・・・身体がやたらと軽い。
そりゃそうだ、自分の標準体重より5キロも減らしてしまっているのだから。。。

全く息が上がらないし、軽いからかトルクを掛けるような踏み込みが必要ない。

軽さに勝るチューニングはないとは、よく言ったもんだ。


身をもって知るのであった。





もう一つ違うな、と思ったことがある。


この森は・・・苔だらけだということだ。



苔、こけ、コケ・・・兎にも角にも苔だらけなんだ。
非常に濃密なシラビソの緑色、若草色の新芽、そして、森を征服するかのように蔓延る様々な種類の苔たち。






これには、何度も立ち止まって呆然と見渡してしまう。

もののけ姫や、ナウシカの世界に入り込んでしまったかのような美しく鮮やかな下生えの世界。


ここは苔の森なんだ。




(こんな森があるといいな)
そんな風に頭に思い描く理想の森。

いや、それ以上かもしれないような深淵で緑豊かな森のイメージが具現化されたようなんだ。


こんな風景に出会うために、これまでも沢山の旅をしてきた。

それは、僕の中にある理想の世界・美しすぎる自然環境との邂逅を求めるが故だ。

最初にイメージがあるんだ。
そして、それと同等かそれ以上のものを目的としている。




何故ひとは自然に惹かれ、美しいと感じるのか。

あまりきちんと説明はできない。

空が青くてきれい、とか、夕日が赤くて凄い、とか、
誰もが感じる単純な感覚の延長線ではあると思うけれど、


何故それを求めるのであろうか。




それを求め、目の当たりにすることで、身体や精神の隅々まで満たされていくような感覚がある。
途方もなく広く、美しい世界と一体になるような感覚。

深い安堵。


原初的欲求という言葉を使ってもいいだろうか。





少し登ると、昼下がりでも気温は19度。

北八ヶ岳には、趣のある山小屋が多く存在する。
「山小屋銀座」と呼ばれているそうだ。

お洒落なカフェのようなところもある。


少し酸っぱいコケモモジュース。
アセロラとも違う不思議な味が心地よい疲労感に染み込んでゆく。


ゴールデンウィークには藤井フミヤも来たそうな。





ゴツゴツした頂からは、目指す白駒池が見える。
何て清々しい見晴らしだろう。

気持ちのいいコースだな。


コウヘイもよくこういう所を見つけてくるな・・・。

最近は劇団の連中なんかを連れて山登りに行くようになったらしいけど、
今年は八ヶ岳を狙っているらしく、色々リサーチをしていたらしい。

みんながみんな、それに挑めるモチベーションがあるんだろうか・・・


仲間内の楽しいイベント感覚で舐めてると、山は危険だからね。


自分も、走る連中と少し山をやるようになったけれど、
誰でもおいでよ、とは言えないのが登山。


目の当たりに出来る美しさと引き換えに、とてもストイックな世界だもの。

それらを苦にせず、逆に楽しめる精神がないと厳しい趣味だよね。




みんなはこういう山奥を歩きながら、木々やコケ、吹き抜ける風の音を、
美しいと感じるんだろうか。





清冽な水をたたえる白駒池。
一周1キロあるかないかのきれいな山上湖です。

ここまで来るだけなら、逆回りで国道からすぐなので、軽装のオバちゃんなんかもカメラ片手にやってきている。

でもね、こういうのは2、3時間歩いて来るからいいんだよね。


バーナーとコッヘルを引っ張り出して、ラーメンやらコーヒーの準備。
涼しい高原で、自分で淹れるコーヒーは別格なんだ。





雑誌や新聞などでも、「苔の森」として紹介される北八ヶ岳山麓。

ふかふかしていて栄養価の高い土壌はたっぷりと水分を含んでいる。
涼しく、湿潤な気候も手伝って、コケが育つのに非常に適しているという、とても特殊な環境のようだった。

苔ってこんなにも綺麗なんだね。




ひとえに、これ以上があるだろうかというような満足。

経済的な価値も、名誉や見栄もない。
いいクルマもいい時計も、ここでは無粋なものになってしまうだけだ。


ここでの緑が、吹き抜ける風が、飛び跳ねる木漏れ陽が、
幼い子供が高いブランド品を喜ばないことと同じ理由で、そこに輝いている。
ここに持ってくるべきなのは、それらを素直に受け止められるこころだけ。

本当の贅沢とはこういうものなんだ。





美しさとは、そのものの価値のことではなく、人の心を揺さぶる感動のことだと思う。

森の中で輝く苔たちが、人の原初的欲求を揺さぶる感動ならばそれは美しく感じるんだろう。
人間の本質的なところに響く何か理由があるんだろう。


理由は判らない。


判らないが、それはとても自然な事のように思えた。





うん、やっぱいいな・・・こういうの。


みんなも森へおいでよ。



ブログ一覧 | Nature's | 旅行/地域
Posted at 2013/07/31 07:16:18

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

マニアックにもほどがある?本
彼ら快さん

愛車紹介11000イイね到達‼️
ヴェイルサイド フォーチューンさん

『艶MAX』も、コロナ対策商品です!
ウッドミッツさん

ゴンちゃん日記36‼️
ミッキーたんさん

ホンダ シビック(FL)キックガー ...
axispartsさん

MASAモータースポーツに遊びに行 ...
すーさんぼいるさん

この記事へのコメント

2013年8月2日 9:14
すごいですねここ....


最近自然と戯れてないなぁ・・・
コメントへの返答
2013年8月5日 2:13
隠れたすごいところは沢山ある。

そういう所を探し出すのもこういったトレッキングの醍醐味なんだなぁ。
2013年8月2日 17:33
こんなトコロにこんな秘境があったなんて…
ちょっと行ってきますw
コメントへの返答
2013年8月5日 2:14
スーツで行っちゃダメだぞ。
瑞垣の半分って所かな。
2013年8月2日 20:51
綺麗なところですね♪
今度行ってみますp(^^)q
コメントへの返答
2013年8月5日 2:18
寒いから上着を一枚余計にね。
麦草峠→丸山→白駒池→麦草峠ってコースです。

本当にきれいで感動しますよ。
2013年8月3日 23:15
いいですね、北八ヶ岳の美しい山と池。

北横岳から亀甲池、双子池でテン泊して雨池・・・
そんな山歩きをした記憶があります。

また、行きたい・・・

from カブぱぱ

コメントへの返答
2013年8月5日 2:23
懐かしい場所なんですね、あの辺もきれいな所ですよね。

自分もテント泊で行きたかったなぁ。

カブパパはホント旅や自然が好きなんですね。
九州縦断・・・羨ましいばかりでした。
2013年8月8日 11:11
凄いところですね~
写真見てるだけでワクワクしてきますww

釣りは中止ですね?
では、ワタクシが替わりにアソコで釣っておきますねwww
コメントへの返答
2013年8月13日 8:52
八ヶ岳周辺は面白そう。
涼しいし、いいな。

釣りはまた来季かな…行きたかったけど。
2013年8月8日 23:11
一度は行ってみたいですね。

今年は何時ごろやります?
コメントへの返答
2013年8月13日 8:55
行きやすいしオススメ。
富士山は厳しそうだね…富士山じゃなくてもいいかも。もう、予定の二回は登ったのかな?

おすすめアイテム

プロフィール

だ い です。空白が二つですw 板金塗装と整備をちょこっとかじってマス。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/1 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

人気ブログランキング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/09/13 00:37:18
 

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI イプ太郎 (スバル インプレッサ WRX STI)
峠にサーキットにジムカーナに雪山に、ファミリーカーに、10年以上お世話になってます。 ...
カワサキ KSR-I カワサキ KSR-I
ずっと憧れだった川崎のスペシャル原付も気が付けば25年落ち。遂に買ってやりました! フ ...
スズキ エブリイ エブ子ちゃん (スズキ エブリイ)
妻の通勤&保育園送り迎え及びキャンプ用に買い替えました。 不整地走行を想定した4WDに、 ...
ヤマハ ジョグ アプリオ アプリオ (ヤマハ ジョグ アプリオ)
KSRレストア中のサブとして購入。 高校生の頃にも乗っていたジョグアプリオ! まさか今更 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.