• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しろえく@WAKのブログ一覧

2018年03月09日 イイね!

CIVIC TYPE R

先日、近くのホンダディーラーに現行CIVIC TYPE Rの試乗車が配備されたとの情報を仕入れたので、早速オジャマしてきました。




CIVIC TYPE R

めちゃめちゃカッケ~(;´Д`)ハァハァ
実車を見るのは今回が初めてなのですが、写真で見る限りでは「なんかゴテゴテしててどうなの?」と思っていましたが、いざ実車を見るとすごくかっこいいです✨写真で見るより低く、かなりの迫力です。




245/30R20。かなり大きめのホイールインチですが、その奥のブレーキも立派なキャリパーが。



センター3本出しマフラー。エンジンスタート時は音は小さめながらもしっかりとした重低音が響きます。



シートは大きめでしたが腰回りをしっかりと支えてくれてスポーツ走行にもしっかり耐えれるかと。


説明を受けたあと、試乗スタート♪
まず感じたのがクラッチの軽さでした。320psというパワーにしてはかなりの軽さに感じ、とても扱いやすいクラッチだと思いました。最初コンフォートモードで走ると、「ちょっとスポーティーなクルマ」くらいの感覚。軽めのクラッチとも相まって街なかでもすごくラクに走れます。スポーツモード、プラスRとモードをスポーツ寄りにしても、このエクステリアや320ps、20インチタイヤから想像する乗り心地の印象とは全く違い、かなり乗りやすかったです。
さすがにプラスRモードにするとハネますが、TYPE RっぽいといえばTYPE Rっぽいです。途中、2速で「踏んでみてください♪」と同乗のスタッフさんがおっしゃられたので遠慮なく踏み込んでみましたがさすがFF 320ps、しっかりホイールスピンしました。でも充分なトラクション、昔乗っていたFFターボのマツダスピードアクセラに比べるとかなりしっかりとしたトラクションが掛かります。
クラッチの軽さから感じるもの、全体の乗り心地の良さ、踏み込んだ時の加速感とトラクションの掛かり、、、FFニュル最速と扱いやすさの二面性、ほんの少し味わえたような気がします。本領はもちろんサーキットで発揮されるのでしょうけども、街乗りでも十分に楽しいクルマでした(*´Д`*)




ラケッジスペースもかなり広め。しっかりと実用性も兼ね備えています。



320ps 40.8kg/m。
60km/h+5km/hの速度で約1500rpmでしたので、燃費も使い方によってはいいかと。


こんな感じのCIVIC TYPE R。かなり気合いの入ったエクステリアから感じる印象とは全く違ったしなやかな乗り味。スタッフさんがおっしゃられていた「輸入車から乗り換えられる方が多い」というのもすごく納得できる気がします。




とてもいいクルマです(*^ω^)
Posted at 2018/03/09 15:41:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記
2018年01月24日 イイね!

MOVE CUSTOM

現行型ムーブカスタム。
試乗させていただく機会があったので。。。



MOVE CUSTOM RS ハイパーSAⅢ

現行ムーカス最上級グレード。ターボ車になります。



ボディカラーも含めて個人的にすごく好きなデザインでカッコいいです✨特にフロントデザインが素敵です。






内装もオシャレです。カスタムグレードになるとサブではなくメインのクルマとしても使えるクオリティで洗練された感じです。メーターも2眼式でタコメーターも立派です。

走行中はとても静か。ターボエンジン+軽量ボディで市街地走行では不満は全くありません。余裕も感じられるので高速道路でも十分な性能だと思います。ブレーキが少し甘い気がしましたが、踏み足すとしっかり効いてくれたので踏み方&慣れの問題かと。

ムーブカスタムは以前から好きなクルマで、数世代前のモデルで契約寸前までいったのですがそのときは最終的にご縁がなくなってしまいました。そんなモデルなのでモデルチェンジするたびに気になってはいるのですが。。。車両価格は162万円、オプションや諸経費を入れると約213万円でした。
通勤用&少し遠出用のセカンドカーとして個人的にすごく欲しいモデルです。


L175前期の時に本気で買おうとしてハンコを持って話がまとまりかけた段階になりオプションの詰めの話をしていたとき、37万円のレーダークルーズ+プリクラッシュセーフティのメーカーセットオプションが欲しかったのに担当営業が「必要ないですよ」と言って付けさせてくれなくてあまりの言い方に「じゃあもう買いません」と言ってお店を出たのは懐かしい思い出ですなぁ……(*・ω・)
Posted at 2018/01/24 12:57:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記
2018年01月13日 イイね!

LEAF

日産LEAF G




100%電気自動車の日産LEAF。来るべき(?)EV時代に備えて現行EVで予習しておこうと思います。
新しくなったLEAF、エクステリアデザインはエッジが効いてカッコよくなっています。リチウムイオンバッテリーの容量も大きくなりカタログ値はMAX400km走行可能。



メーターにバッテリー残量が表示されますが、この時期ですのでシートヒーター左右席+エアコン+ステアリングヒーターを使用して、バッテリー残量95%表示で走行可能距離は280kmほど。余裕をみても250kmは走れそうで、日常使いでは1回の充電で1日十分に走れると思います。リヤシートにもヒーターが付いているのはさすが電気自動車。



いいなと思ったのがこのフロントシートでした。見た目以上にしっかりしたホールド感、特に腰回りを適度に保持してくれる感じがとても快適です。




あえてなのかどうかはわかりませんが、電気自動車でもインテリアデザインは一般的なクルマと変わりません。しっかりとしたセンターコンソールがあって、そこに電気式のフロアシフトがあります。いずれ電気自動車が今以上に一般的になると、このインテリアデザインも大きく変化するのかもしれません。

やはりEVなのでゼロスタートもかなりのトルクでスポーツターボ車並の鋭い加速をします。しかも当たり前ですがエンジンが無いので音はロードノイズのみ。遮音・吸音がしっかりしていてエンジンが載っていないんだなぁと実感します。
そしてe-Pedal。いわゆるアクセルペダルの操作だけで減速、停止まで出来てしまうというもの。このe-Pedal自体はノート e-Powerの時に体感しましたが、LEAFはノートよりもアクセル操作がやりやすい気がしました。アクセルから足を完全に離すとブレーキを踏んだような減速感、最初は戸惑いましたが慣れてくるとペダルコントロールで狙ったところに停止出来ます。ペダルの繊細な操作が必要ですが、慣れると楽しいものです。
とあるジャーナリストの方が「ペダルは本来1つであるべきで、1つだと踏み間違いの事故もなくなる」的なことを言っていたことを思い出して、なるほどな。。と、ほくそ笑んでいたイタイ私。

近い将来、走るクルマのほとんどがEVという時代がくるようですが、プロパイロットも含めて自動運転の是非は別として、LEAFに乗っているとEVでも運転する楽しさは変わらない気がしました。バッテリー、航続可能距離、インフラ、充電時間、、、いろいろ課題はありそうですがどんな風になっても走る喜びはなくなってほしくないなぁと感じました。

Posted at 2018/01/13 18:06:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記
2018年01月06日 イイね!

Arteon

MyD近くにあるフォルクスワーゲンディーラー。以前から気になっていたアルテオンが展示されているので新年早々突撃してきました。
このディーラーさんは以前にGOLF Rヴァリアントを拝見させていただいた時にお世話になったディーラーさん。今回はアルテオン。



Arteon R-Line 4MOTION Advance

2リッターターボ、280ps 35.7kgm。7速DSG、フルタイム4WDです。コンセプトカーな雰囲気。どことなく未来感が漂います。



個人的にアルテオンのこの角度すごく好きです✨ルーフからのライン、リヤフェンダーのラインが個人的にとてもカッコよく感じます。



テールゲートも広く開き、ラゲッジルームは広大です。




リヤウインカーは流れるタイプのシーケンシャルウインカー。テール&ストップランプの光り方もいい感じ。



この展示車はAdvanceなのでタイヤ&ホイールサイズは245/35R20。標準仕様は19インチですが、デザイン面のみで考えると20インチのほうがこのクルマには合っている気がします。




インテリアも水平基調。



12.3インチのデジタルメーター。ある程度以上のクラスになると今後はこれがスタンダードになるのでしょう。



ナッパレザー。カーボンデザインがアクセントになっています。




アルテオン。事実上フォルクスワーゲンのフラグシップなクルマだと思いますが、写真で見るよりも実物はエクステリアのラインがとてもキレイでした。車両価格は標準仕様で549万円、Advanceグレードになると599万円。価値観は人それぞれですが、カタログを見ると「いつもと違う、フォルクスワーゲン。」と最初にあるのですが途中で「着飾りません、フォルクスワーゲンですから。」と出てきたり。いろいろなブランドがあるグループ内での複雑な大人の事情が垣間見えるような気がしたりしなかったり。。。

ディーラーさんいわくアルテオンはゴルフ等と比べてあまり数が売れるクルマではないので、この展示車はナンバーを付けずにずっと展示車のまま置いておくそうです。個人的にはこういうクルマだからこそゴルフ等との違いを確かめるために試乗車としてナンバーを付けて、実際に試乗をしてみてアルテオン独自の味というものを感じてみたいと思うのですが、ディーラーさんにもいろいろ事情もあるでしょうし。。。

とはいえクルマ自体はすごくオシャレですし、ラゲッジルームは広大で実用性にもとても優れたいいクルマだと思います。未来感があるエクステリアなので走っているととても目立ちそうですね(*^ω^)
Posted at 2018/01/06 17:10:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記
2017年10月07日 イイね!

インプレッサスポーツ

スイスポを試乗させていただいた日、SUBARUさんにもオジャマしてインプレッサを拝見。


※インプレッサは諸事情により写真を撮っておりませんことをお許しくださいm(_ _)m






インプレッサにはハッチバックのスポーツとセダンタイプのG4がありますが、今回はスポーツ。
現行型になってとてもカッコよくなってスポーティーなハッチバックといった感じ。試乗車は黒パールで引き締まったカッコよさがありました。

店長さん同乗のもと、試乗スタート。
エンジンが冷えていた状態からのスタートだったのでエンジンをかけた時は煩かったですが暖まってくるととても静かに。試乗車のグレードは2.0i-L、2リッターNAで154ps。実用的で賢いCVTと相まって十分なパワー感でした。

派手さはないものの、扱いやすいエンジンと最高性能な安全性を誇るEyeSight ver.3。乗る人だけでなく歩行者のことまで考えた全ての面での安全性は「もしもの時」にとても頼りになることでしょう。
インプレッサスポーツ、実用的で扱いやすくとても素晴らしい安全性を持ったいいクルマだと思いました♪


今回なぜSUBARUかというと、、、相方さまのお父上がいわゆる「スバリスト」という人でありまして、その娘の相方さまも多少なりともその影響を受けているワケでありまして、、、国産車ならSUBARUがいいとのことなので拝見させていただいた次第であります。


お土産をいただきまして、、、



LEVORGのプルバックミニカー♪




意外とリアルに出来ていて、フロントガラスにはEyeSight用のステレオカメラが再現されています。




この台紙上のコースを走らせると、ミニカーの前にあるイラストにぶつからずに停まります。

店長さま、お忙しい中ありがとうございましたm(_ _)m
Posted at 2017/10/07 19:54:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記

プロフィール

「@しるしる14 さま
私も先日自分のクルマでやりました💨スマートキーでもメルセデスは意外と簡単にインロックできます(ーдー)
ご無理はしないで、お気をつけて。。。」
何シテル?   07/07 12:02
しろえく@WAKといいます(^^) ドライブが大好きで、休日はクルマに乗っていろんな所に出かけています。なかなか遠出は出来なくなりましたが、走って気持ちのいい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

Hello and Goodby 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/22 13:59:27

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
A250 SPORT 4MATICです。 前期A250から後期A250へ乗り換えました。 ...
メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
メルセデス・ベンツ A250 SPORT 4MATICに乗っています。 W176Aクラ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.