• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

よーつの愛車 [トヨタ アルテッツァ]

クラッチマスター、レリーズとエンジンマウント交換

カテゴリ : 足廻り > 駆動系 > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間12時間以内
作業日 : 2018年08月04日
1
毎週、毎週、クルマがウマの上に乗らない週はありません。

強化クレビスを組み込んだクラッチマスターシリンダーと、オーバーホールしたレリーズシリンダーを取り付けます。

どうせエンジンマウントも交換しようとしていたところなのでサージタンクを外してやります。

エアクリボックスも含めてごそっと取り外します。

サージタンクを外したら、エンジンにゴミが入らないように養生するのは基本ですね。

スペースができるのでだいぶ楽にやれます。

例によって先人の整備手帳を参考にして進めます。
2
ある程度フルードを上抜きして、残りはレリーズシリンダーのブリーダープラグを緩め抜き切ります。

となればあとは外して取り付けるだけ。

マスターそのものとクレビスが交換となるので、クレビスピンまでの距離を元々ついてた物と同じになるよう調整してから取り付けです。

サージタンクが外れてるおかげでスペース的にも余裕をもった作業ができます。
クレビスがついたままでも楽勝で差し込めます。

ついでにクラッチホースもステンメッシュのものに交換しておきます。

これでクラッチの伝達系統をほぼ交換したことになります。


クラッチそのものは今のところ問題ないようですが、レリーズベアリングがカラカラと嫌な音を出しています。

その内、自分でクラッチ交換をやることになるんでしょうね。

3
最後にブレーキと同じ要領でエア抜きをしておしまいです。

ブレーキと違い、ブリーダープラグを解放してるとペダルが戻ってこないので踏み込む度に手で戻す必要があります。

マスター、レリーズ両方を変えているので経路内にはフルードが全く無いのでいくらペダルを踏んでもフルードが降りてきません。

なのでブリーダープラグにシリンジを接続して、強制的に配管内の空気を吸い出してやります。
ある程度吸い出したら、今度はフルードを呼び水的に強制注入します。

そしたらペダルを踏むとフルードが降りてきました。
こうなったらしめたもの。
あとはブレーキのエア抜きと同じ要領です。
今週もアストロのワンマンブリーダーが活躍しました。


左が今回取り付けた殆ど新品っぽい中古品。
強化クレビスは先週に組み付けたので、取り外した右の寸法を測ってクレビスピンまでの距離を同じに調整。
これを怠ると後々面倒なことになります。
4
続けてもう一つのミッション。

エンジンマウントの交換に入ります。

まずは急がば回れの精神でサージタンクを外します。


って、さっきから外れてます。


※ここからは暑くて写真を撮る余裕がありませんでした。


使う工具は17のボックスのみ。

ナットは片側3個、両方で6個だけ。

上のナットを外します。
運転席側はサージタンクが無いので楽勝です。
助手席側はエキマニがありますが、その間を縫って工具を入れてやります。

外れたら次は下側。

インパクトでギャーンとやるだけ。
砂とかゴミが落ちてくるので注意。

5
そしたらばオイルパンに当て木をしてジャッキでエンジンを持ち上げます。

前後方向に斜めに持ち上がるので、エンジン後部がバルクヘッドに当たるくらい持ち上げます。

外すのは軽い知恵の輪状態です。

フリーになったマウントをメンバーに着地させて、車両後方向に向けて斜めに持ち上げる感じでガチャガチャやると抜けます。

運転席側は上からやりましたが、助手席側は下に潜ってやりました。


取り付けはその逆手順。
上手いことエンジンマウントを滑り込ませて位置決めをします。

6
左右のエンジンマウントが上手いこと入ったらジャッキを下ろします。

でナットをしっかりと締めておきます。

画像は取り外したエンジンマウント。

ODOメーターは15万kmを超えていますがマウントは千切れたりしていません。

ゴムが硬化してるのはよくわかります。
新品は手でぐにぐに動きますが、取り外したものはカチカチです。
7
下に潜ったついでに今後の作業の都合上、フロントメンバー補強バーを取り外します。
これがあると新しいパーツがつけられないもんで。

こいつを外してスタビブラケットをノーマルに戻します。

黒く塗ってありますが本来は青色のクスコ製です。

なかなかお気に入りのパーツなんですが仕方ありません。

かわりにタワーバーを入れてあげようかな。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

エクステンションハウジング オイルシール交換

難易度:

デフオイル交換[138291km]

難易度:

ミッションオイル交換

難易度:

クラッチ交換(クスコ→EXEDY) odo296039km

難易度: ★★

ミッションオイル交換12

難易度:

春に玉砕した4.6ファイルの復活に向けて2

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「東京に到着。

東北新幹線に乗り換えて宇都宮へ。」
何シテル?   06/02 08:22
RS Limited Ⅱ 6MTです。 父親から譲り受けたAS200 Zエディション 4ATから乗り換えました。 3年かけていじった部品をASからRSへ総...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

熱と戦え 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/26 08:47:55
クラッチマスターシリンダー・レリーズのOH 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/20 15:33:03
レリーズシリンダー O/H 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/20 14:52:27

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
後期 RS Limited Ⅱ ターボの6MT。 栃木から嫁いできた2号機です。 1 ...
トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
AS200 Zエディション 4ATです。 父親が13年乗ったものを譲り受けました。 乗り ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.