• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

オルメテックの"扶桑 完太" [三菱ふそう キャンター]

極秘燃費向上作戦 インタークーラー塞ぎ

カテゴリ : エンジン廻り > 吸気系 > その他
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
 
1
極秘燃費向上作戦を水面下で遂行しました。

グリルシャッター製作は燃費向上には顕著な効果を発揮しませんでした。しかしオートエアコンのヒーター開始時間の短縮は明らかな効果を発揮しました。更なる一手を講じました。
2
これ、インタークーラー塞ぎです。

グリルシャッター製作時からの持論で5~6月末の燃費を目指します。みんカラ参加前から燃費記録をもとに、エンジン環境を近づける方法です。

エンジンを早く温め、冷やさなのにはどうしたらいいのか。エンジン始動後、エンジン直結の冷却ファンが遠慮なくクーリングします。-6°でも+39°でも同じです、エンジンにとってはたまったものではないと思います。いくらサーモスタットがあってもファンは回り続けるます、せめて吸気温だけでも春の温かな空気を吸わせてあげたい。
そこに立ちふさがるのも、インタークーラー。「大きな物体」、これのおかげで、いくらエンジンが温まっても冷たい空気を送り続けてくれます、これでは燃調が濃いままです。早朝の運転ではとても春は訪れないでしょう。

今の時期ならインタークーラーの入口と出口では、ほとんど温度差はありません。皆さんも触って確かめてみてください。 

ちなみに最も寒い今の時期は、過去のデータでも10~11km/L台でした。

画像はアルミテープを貼ってみました。
3
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンは違いますが、ネット上で検索したら、ガソリンエンジンの燃費の良い吸気温は35~50℃と書かれていたり、社外品のプリウスの気温連動型クリルシャッターで燃費向上をうたい販売されていたり、トヨタからはマジェスタやレクサスの上級モデルに採用されていたり、自動車メーカーもエンジン温、吸気温、の研究を進めているようです。

画像はプラダンの穴をテープでふさいだものです。
4
あるネットの書き込みでは、北海道に住む方でビックホーンのオーナーさんは冬場インタークーラーを断熱材で塞ぎインテークヒーターとして活用し、夏場と変わらない燃費を記録しているそうです。

画像はプラダンを貼ってみました。
5
使った材料は、アルミテープこれだけです。一巻買うとどれだけのインタークーラーを塞げるのか。またすぐ剥がせます。

無謀だと思われる方が大半だと思います、でも私は、この時期インタークーラーを9割塞いでも真夏日陽気を超えることはないと思いますし、次元は違いますが、昔のターボ車はインタークーラーを備えていない車がほとんどの時代もありました。

私は、燃費はクルマの健康のバロメーターだと思います、燃費が悪くなれば何か原因があります。エンジン不調故障、メンテナンス不足、運転の未熟さ、過積載、加齢など。裏を返せば燃費の良いのはクルマの状態が良いコンディションであると考えます。
人もそうですがクルマも十分にパフォーマンスを発揮できる環境に近づけてあげたいです。

今回の燃費は13.71km/Lでした、前回も走行距離の半分程度にテープを貼り、12.78km/Lでしたその前の塞ぎ無しの3回は11.3km/Lでした。今回良い条件の走行環境だったことも確かです、DPFもありませんでした。それを差し引いても燃費向上は見られたと思います。

あと私の燃費向上の極意、「自分が自転車をこぎ、運転している」と思い運転すると。すると自然と先の信号変わるタイミング予測したり、下り坂を利用して加速したり、惰性を上手に利用したりてエコ運転になると思います。


追伸 プラダンよりアルミテープの方が若干燃費はいいような気がします、今流行りの、オカルトチューンのアルミテープ効果でしょうか。


全て個人の感想で、試される方は自己責任でお願いします。  


イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

巻き込み防止ステー

難易度:

DPF付属のセンサー交換

難易度: ★★★

ドラレコステッカー

難易度:

スペアタイヤカバー、アルミ縞板ステップ製作

難易度: ★★★

トラックのあおりで快適作業台

難易度:

パワステフルード補給

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2018/02/07 08:18:41
初めまして。
今、エンジン冷却水が一番速く上がる方法は何なのか検証しているのですが、グリルシャッターもアルミテープで塞いでいるのでしょうか?
コメントへの返答
2018/02/07 20:46:28
初めまして、コメントありがとうございます。

グリルシャッターは単純に外気導入口のバンパー、グリルの開口部を簡易的に塞いだもので、特に隙間をアルミテープ等で塞ぐ事はしていません。大体9割程度かと思います。キャブがチルトするため10割塞ぐと整備性に支障をきたすため難しいと思います。

サンバートラックをお持ちのようですが、私も本田開戸の燃費向上も視野に入れています。ノンタマさんの投稿も参考にさせていただきます。
 
またの訪問、コメントお待ちしています。

プロフィール

「[整備] #キャンター 荷台の3段活用、超長尺物積載用架台(馬)製作 https://minkara.carview.co.jp/userid/2740092/car/2326102/4794639/note.aspx
何シテル?   05/19 21:25
オルメテック (折り目テック) です。よろしくお願いします。 ワンオフ、DIYに強いこだわりがあります。特に外装板金系に。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ アクティトラック 本田 開戸 (ホンダ アクティトラック)
とってもDIYしやすい相棒です。これといった故障もなく乗りやすい車です。夏仕様、冬仕様と ...
三菱ふそう キャンター 扶桑 完太 (三菱ふそう キャンター)
三菱ふそう キャンターに乗っています。ワンオフ、DIYにこだわっています。後付け外装パー ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
我が家の車です。綺麗に乗っていきたいと思います。 この車に乗ると、違う自分になれそうな ...
その他 発動機 大和 溶子 (その他 発動機)
新ダイワ製溶接兼発電機です。東日本大震災の直後に求めました。すでに2台兼用機が手元にあり ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.