• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

porschedreamerのブログ一覧

2018年01月07日 イイね!

718Cayman日記 2017年12月

718Cayman日記 2017年12月2017年12月某日 京都へ
 1年点検を終え,ウィンタータイヤに履き替えたケイマンは長距離ドライブに向けて準備万端。この日は早めに仕事を終えて,勤務先から京都を目指す。福岡都市高から九州道に入り,関門橋を渡って中国道から山陽道をひた走る。平日の夕方早くで交通量は多くないが,流れは意外に遅い。大型トラックもほぼ制限速度(大型なので80km/h)で走っており,追い越し車線に出てくることもあるので,ブレーキを使わずにうまくスピードを調整しながら走る。
 ちょうどいいので,前が空いたときに4速にシフトダウンして巡航速度までつかの間の加速を楽しむ。オイル交換も終えたエンジンはごく軽く回っていて気持ちがよい。龍野西SAで給油して京都へ。この後,雪が降り始めたが大阪周辺は交通量が多く路面に積もるほどではない。京都市内はこの時間だと中心部以外はすでにクルマも少なく,順調に到着。さほど疲れも感じない,いいドライブだった。 
 本日の走行距離は678.8km,燃費は14.1km/Lだった。

2017年12月某日 城崎温泉へ
 以前,一緒に仕事をしたことのあるメンバーが年に一度くらい旧交を温める会に参加するため,城崎温泉に向かう。高速経由ではおもしろくないし,なかなか走れないエリアでもあるので,どこを通ろうか地図を見ながら思案し,鞍馬からR477で花脊峠を越え,府道12号に入るルートを選んだ。ナビにセットしたのは鞍馬寺,黒田郵便局,大野ダム。これで希望のルートをたどることができる。
 路肩には雪が残っているが,路面には雪はほぼなくウエット(タイトル写真),気温も2.5度C以下に下がることはなく凍結もなし。綾部から福知山では地元のクルマが多かったが,そこを抜けるとまた空いてきた。
 昼食はWebで見つけた,まるそう高野とした。もっと高そうな店かと思ったら,昼はちょうどいい感じの定食屋である。カウンターに座ると正面の黒板に「本日の焼き魚定食 さば 紅ざけ いわしみりん干し,かきフライ定食,ぶり大根定食」とある。もちろん他にもうどん,そば,丼,各種定食などメニューは豊富。後から隣に来た常連とおぼしきグループは定食の前におでんを注文していた。高野からは出石を通ってそのまま城崎温泉へ。宿は城崎にくわしいメンバーがとってくれた小林屋。城崎にたくさんある木造3階建てのひとつで重要文化財である。路地をはさんで向かい側にある建物の1階が車庫になっており,旅館の軽自動車の奥にクルマをしまって本日の走行は終了。
 走行距離は188.8km,燃費は13.7km/Lだった。

2017年12月某日 城崎から福岡へ
 朝,起きると雪が降っていた。クルマの通る道路は半分溶けた状態になっているが,屋根や道ばたには10cm程度積もっている。温泉好きの人たちは旅館が用意している長靴を履いて外湯に出かけたようだ。但馬コウノトリ空港の飛行機は欠航,ほかの人たちも比較的早く帰路に着くようなので,こちらも9時半くらいには出発。雪の山道に回ろうかと一瞬迷ったが,先も長いので安全策をとり,川沿いの県道・国道を南下する。それでもしばらくは積雪路であり,観光客のクルマも混じっているから流れは遅い。しばらく走ってようやくふつうに流れ出してほっとする。ケイマンとウィンタータイヤの組み合わせは雪道でも安定して走れることがわかっているから,さほど緊張することもないが,車間距離は広くとってのんびり走った。

 朝来インターから播但連絡道路に入り,そのまま山陽道を目指す。途中から晴れてきて,路面のドライに。ちょうど入りやすいガソリンスタンドがなく,そのまま高速に乗ってしまったので,給油量を減らすために早めに停まることにし,龍野西SAで給油と早めの食事を済ませることにした。後はひたすら西に向かう。広島あたりでは雪が舞っていたが路面はドライのまま。山陽道から中国道は空いており,2度ほど休憩して順調に九州へ。
 北九州あたりから急にクルマが増えて混んでくる。そういえば今日は日曜日だ。古賀インターで下りるとなぜかナビが久山方面へ,と指示したが気にせずにいつものように3号線に出た。ナビが久山方面を指示したのは,つまり渋滞しているからなのだった。すぐにナビに従って迂回する。どこかで見たような道だと思ったら,広域農道につながっているおなじみの道だった。他にもいつも通るルートとは違うところを少し通って自宅までほぼ渋滞なしに到着できた。
 本日の走行距離は631.9km,燃費は13.2km/Lだった。雪道を1~2速で走った区間があり,若干の渋滞もあったことを考えれば燃費は上々だろう。

2017年12月某日 郊外ドライブ
 年末年始はクルマも多く,なかなかケイマンに乗る機会もなさそうなので,一走りしておくことにした。しばらく県道92号の様子を見に行っていないので,工事が進んだかもしれない。広域農道を経て県道30号を東へ進み,県道92号を南下して脇田温泉へ。ここまでは空いていて快調なドライブ。
 集落が途切れるあたりにあった「通行止め」の看板がなくなっている。ただし「未舗装未改良通行困難」の表示はあるので工事が完了したわけではなさそうだ。そのまま進んでいくと,数ヶ月前と同じ地点で行き止まりとなり「工事関係者以外立入禁止」となっている。通行止めではないということは,狭い旧道の方は通れるようになったのか?気になるので,少し歩いて下りてみることにした。完全に新しく道路を造っている部分の脇あたりまで,新しいガードレールが装備され,路面も滑り止めのコンクリートのような舗装になっている。狭いので離合はところどころしかできないが,これなら通れるのではないか,と判断してクルマに戻り,クラクションもならしながらゆっくりと進むことにした。かなりな急勾配の下り,枯れ枝や落ち葉もある。先ほど歩いたところよりも少し進んだところで,たしかに未舗装の部分が見えてきた。幅もさらに狭そうだし,これを進むのはさすがにまずそうなので,切り返してUターンすることに。落ち葉のせいか停止時にグリップ感がない。リバースに入れ,HOLDモードからクラッチをつなぐ。案の定ホイールスピンが始まるが,少しは動いてくれる。PSMも盛大に作動しているが,ダートや雪道ではないから地面を掘る心配はないはずなのでそのまま踏ん張ってもらうことにした。無事に数メートル後退して切り返し。「通行困難」は伊達ではなかった。これが険道か。
Posted at 2018/01/07 15:08:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 718Cayman日記 | 日記
2018年01月07日 イイね!

718Cayman日記 2017年11月

2017年11月 市内走行でのシフトタイミング
 ここのところ福岡市内ばかり走っているので,市内走行について書いてみる。交通量も信号も多い市内では,エンジンを回したところで燃料を消費するだけでつまらない。そこで,スムーズに走れる回転数をあれこれ試していた。718ケイマンは2Lターボであるが,市内で流れに乗って走るくらいならブーストがかかることはない。カタログのトルク特性は最大トルクだけが書かれているから,2LNA状態のトルクカーブは不明であるがターボなしでもそれなりにトルクはある。PDK仕様の燃費走行では1700rpmくらいでシフトアップされるという記事を読んだような気がするので,MTでもそれくらいでとりあえず走っていた。しかし,さすがにこれだと燃費はよいものの,エンジンはややつらそうな感じである。200回転刻みくらいで試した結果,1速から2速へは2400rpm,2速から3速へは2000rpm,4速以上は1800rpmあたりが良さそうである。もちろん5速と6速になると上りか下りかの勾配による。気温変化のせいか走行パターンのせいか,あまりアイドリングストップしなくなっているので,燃費への影響はわかりにくいが,大きな変化はないように思われる。

2017年11月某日
 しばらく通勤路と空港までくらいしか走っていない。明日からまた出張だし,天気もいいので回り道をすることにした。国道385号線から県道56号を経て国道263号三瀬峠を越える。峠までは快調,ヘヤピン立ち上がりの後輪と路面の感触を楽しみながら走る。峠を越えてしばらくしてトラックを先頭とした集団に追いつく。後続車もいないのでしばらく停車してまた走り出すがバイクに追いつかれてしまった。ちょうどきれいな紅葉があったので,その先の広くなっているところに停車して歩いて戻り写真を撮る。
 再度走り出してからは快調だった。県道299号で右折し,北山ダム付近を通って県道39号へ。国道323号に出て,お気に入りの県道12号を目指す。県道12号に入ったところで先行車に追いついてしまったが,その先の集落部分が広くなっているのであわてずに付いていき,追い越し可のところで無事にパス。そこをすぎるとすぐに峠道にかかる。Sportモードにして,2速を中心に快調に走る。路面はきれいだが,一部路肩側に落ち葉が積もって車線が狭く見えるところがあるので要注意。落ち葉の上でブレーキングするような事態を避けるべく対向車に注意しながら走る。
 途中,白糸の滝に立ち寄るが,ここはあまり紅葉するような木がないようだ。前原から西九州道に入ると,ずいぶん交通量が多かった。100km/h制限のところの追い越し車線も80km/h以下のクルマが走っているのが気になるが,70~100km/hあたりの加速も楽しいクルマなので,それはそれでよい。
 本日の走行距離は92.3km,平均時速52km/h,燃費は10.6km/Lだった。
Posted at 2018/01/07 14:47:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポルシェ718考察 | 日記
2018年01月07日 イイね!

718Cayman日記 2017年10月

2017年10月某日
 しばらく福岡近郊を走っていないので,仕事帰りに回り道することにした。国道385号から佐賀方面はお気に入りだが,有料トンネルがあり,かといって旧道は酷道(走行に問題はないが,狭すぎて走って楽しくはない)なので違う道を開拓したい。地図で見ると385号より北西側しか走ったことのない県道136号がある。なぜ今まで気づかなかったのだろうとこの道の入口を探して注意しながら走ることにした。このあたり,ダムができたことにより道が大幅に付け替えられていて,ナビの地図も更新されていないので七曲峠のサインを探しながら走る。すると・・・入口は見つけたが,工事中で通行止めだと。なるほどそれで気づかなかったわけだ。
 このまま有料トンネルに進むのもしゃくなので,背振山を越えることにする。板屋側の道は狭いが,自衛隊用に整備されていて路側部分は両側にきれいに白線が引かれているから走りやすい。急勾配のヘヤピンもあるので,1速でのスロットルコントロールの練習と考えながら登る。今日も登るにつれて霧が出てきた。まあよくあることなので気にせず登り,そのまま県道305号の下りに入った。こちらは幅は広くなるが,白線などはほとんど消えているから霧の中では要注意だが,他のクルマは1台も見かけなかった。
 県道46号で三瀬方面へ。今日は空いていて好きなように走れる。sportモードで2000~4000回転を保つようにシフトチェンジ,たまに5000回転くらいまで回して快調に走った。新しい道にトライしようかとも思ったが,暗くなってくるので,またの機会ということにして,いつものように県道39号から県道12号とつないで前原へ抜けた。12号も最初の区間は他車の後ろだったが,途中の直線区間(追い越し可)でパスした後は前走車はなし。対向車も2~3台のみ,それも慣れているクルマのようで最後まで満足の回り道となった。
 本日の走行距離は128.1km,平均時速45km/h,燃費は10.1km/Lだった。ちなみに気温は22度程度だったが,タイヤ内圧は走行開始時がフロント2.0bar,リア2.1barで,山道走行中はフロント2.2bar,リア2.3barと表示されていたから,調整はとりあえずこれで良さそうだ。

2017年10月某日
 本日は糸島で打ち合わせ。天気もよく,その後少し時間があったので,ここまで来れば前原から山を越えればすぐ三瀬なので一走りして,そばを食べに行くことにした。国道202号バイパスが切れるまで進み,さらに高速と並行した道を前原IC手前まで進んだところで,その先は工事中通行止めであったので左折。ゴルフクラブ手前右折してしばらく進み県道12号に出た。
 白糸の滝手前の広い直線で前を走っていたSUVをパスして峠へ進む。国道323号に出るまで対向車が数台あったのみで完全にマイペースで走れた。晴れていたが日陰のコントラストが強すぎることもなく,それほど落ち葉もなくて走りやすい。いつものように県道39号を左折して三瀬へ。今日は途中で北山ダム湖畔を抜けることにした。どこで食べようか少し考えて,国道263号を右折し松玄を目指した。お店に入るとすぐに女将さんが「前のトランクがいいですね」と言う。中から駐車場を見ていたようだ。後で「エンジンはどこにあるんですか」とも。ケイマンに乗り換えてからクルマがきっかけの会話はずいぶん増えた。
 今日は炊き込みご飯がむかごご飯だというのでせいろそばとのセットにした。やや高いが鶏と野菜の天盛りもかなり魅力的。次はこっちにしよう。帰りは県道299号に出てダム湖の北側を周り県道39号で右折,国道323号から県道12号へ。片側交互通行の信号で軽トラに追いついたが,すぐに譲ってくれたのでありがたく峠を目指した。食後なので往路よりもややペースを落として快調に走る。西九州道はややクルマが多く,100km/h制限のところもペースがいつもより遅かったが渋滞するほどではなく,都市高で不穏な動きをするクルマをかわしながら無事に帰着した。
Posted at 2018/01/07 14:42:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 718Cayman日記 | 日記
2018年01月07日 イイね!

718Cayman日記 2017年9月その4

718Cayman日記 2017年9月その42017年9月某日
 今日は奥琵琶湖を目指そうと朝から出発。いい天気である。昨日とは逆に京都から国道367号途中越を進み,途中で国道477号を滋賀方面へ,すぐに県道311号を左折して国道161号湖西道路に向かった。バイパス路を快調に北上したが小松のバイパス終点から渋滞。このあたり集落を抜ける狭い道なのでしかたがないのだろう。集落を抜けるとまた流れ出した。萩の浜口を右折して県道304号線へ。ところどころ琵琶湖を眺めながら快走する。地図にある通り交通量は少ない。道の駅「しんあさひ風車村」というのがあったので寄ってみようかと思ったがリニューアル工事で閉まっていた。そのまま湖畔を眺めつつ走る。風車街道と表示があるのだが,風車は見かけない。どういう言われなのだろう。
 マキノを過ぎて海津を右折し県道557号へ。電光表示によれば,海津大崎から工事のため先は当分(2018年3月31日まで)平日通行止めのようだ。湖側に停車できそうな場所を見つけてしばし写真を撮り,先へ進み,つづら尾展望台に到着。奥の方にトヨタC-HRがずらり。バイクのツーリング・グループも多い。駐車場からは東側だけが見えるが南西側も見えるはず,と少し歩いてみる。展望台下の斜面に,野鳥撮影なのか超望遠レンズを三脚に据えた人たちが数人見える。南西側が見える展望所までは湖側のフェンス沿いに歩くと少し距離があるが,海津側からの進入路を通ればすぐだった。ここから月出方面は一方通行。といっても路肩に白線を引いてあるだけなので,路肩は汚れているが,ほとんどの部分は2車線分を使って走ることができる。ただところどころ土砂崩れの補修中なのか狭くなっているところがあるので要注意。逆走車注意の看板もあるが,これでは一方通行の意味がない・・・。
 続いて月出展望台を目指す。ナビにセットして走っていたのだが,表示がなく通り過ぎそうになってしまった。路肩をバックして戻ってみると,展望台ではなくなっていた。駐車スペースには入れるものの,木が生い茂っていて湖がほとんど見えない。トイレも完全に閉鎖されていた。そんなに維持管理が大変なのだろうか。そろそろ昼過ぎだが,食事のできそうな場所はなさそうなので,道の駅マキノ追坂峠を目指すことにした。県道512号から国道303号へショートカットして抜けようと思ったら(ナビの指示通り)通行止めだったので,そのまま303号まで走って左折。国道161号に出て道の駅に到着。それなりに混んでいたが,すぐに駐車できた。建物外のベンチで弁当を食べている人多数。レストランに入りたかったので,名前を書いて待つ。待ち行列に「25人」というのがあるのが気になったが,10分程度で入ることができた。揚げ物が人気なのか唐揚げは売り切れ。人気No.1は味噌カツ定食,No.3がエビフライ定食だったが,軽めでよいので山菜そばを頼んだ。山菜がたっぷりと分厚いしいたけが入っていてとてもおいしかった。平日ならもう少し空いているのだろう(火曜休み)。
 せっかくマキノに来たのでメタセコイア並木を通って帰ることにする。どのくらい混んでいるだろうか,と思ったが,さすがに渋滞するようなことはない。北端に近いところでクルマを停めて一瞬記念撮影。

 中程の路肩がやや広くなったところではバイクがずらりと並んでいて狭くなっていた。前回と同じくバイパスは使わずに県道335号,534号とつないで国道303号を経由して367号に入った。あとは京都まで一本道。上りになるとスピードの落ちるクルマが前の方にいるらしく,また下りでもスピードが上がらないので,なかなか6速に入らないのが不満だが,のんびり走る。夏と違うのは自転車が多くなったことか。三千院周辺もさほど混まずに無事,京都に戻ることができた。本日の走行距離は190.4km,平均時速43km/h,燃費は13.0km/Lだった。

2017年9月某日
 いつものように給油をすませ,一路福岡へ。平日だが大阪周辺の交通量は多めだったが,山陽道に入ってからはそれほどでもなかった。制限速度を基準にできるだけ一定速度を保って走るようにする。前走車の後ろで速度が落ちた後,前が開けた時には,時に4速までシフトダウンしてエンジンの感触を楽しむ。といってもフル加速はしないので過給圧は最大でも0.5bar程度か。平地の定速走行ではエンジン回転数からすると,7速ギアがあればと思うこともあり,PDK版の方が燃費は伸びるのだろう。下り坂ではアクセルオフでも6速だと速度超過気味になりブレーキをあてることもあるが,PDKでのコースティングはどんな設定になっているのだろうか。クルーズコントロールは経験がないが,ブレーキがかかるのか,はたまたシフトダウンされるのかな?九州に入ってからもさほど交通量は増えず,100km/h区間での規制もなく順調だった。本日の走行距離は650.7km,燃費は14.4km/Lだった。
Posted at 2018/01/07 14:36:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 718Cayman日記 | 日記
2018年01月07日 イイね!

718Cayman日記 2017年9月その3

2017年9月某日
 出発前にちょうどクルマ好きのオーナーが駐車場にやってきたので少し話をした。ここでは毎年,岡山ポルシェが試乗会を開催し,そのあとレストランで商談会になるのだとか。まあ試乗コースとしては最高だし、料理もおいしいからさぞ商談も進むだろう。付近のおすすめの道を訊くとレストランのシェフもオーナーも「鍵掛峠」だと言うのだが,残念ながらここは昨日走れなかった通行止めの部分なので,次回に持ち越しである。
 さて,昨日走り終わる頃にかなり右足が疲れていたので,シートを一段後ろに下げることにした。クラッチは踏みやすい位置なのだが,中国道は下り坂でアクセルを完全に戻すような時間が長く,一般道でも制限速度が厳しいため踏んでいるより戻している時間の方が長い。そうすると足首を曲げて待機させることになり疲れるようだ。シートを下げるとこれまでのクルマと比べクラッチを踏み込んだときにはかなり左膝は伸びた状態になるが,クラッチがさほど重くないこともありそれほど問題はない。なぜ踏み込んだ状態でクラッチだけがかなり遠くにあるのかは不明だが,ペダルの調整は可能なのだろうか。
 昨日登ってきた道(県道284号)をまず下る。県道52号で左折し,吉原付近で大山広域農道へ。県道45号に出て蒜山大山スカイラインへ向かおうと思ったらこちらも通行止めのようである。しかたがないので昨日走った広域農道で国道482号まで下り,東を目指すことにした。482号は川沿いの緩やかな道でのんびりドライブにはもってこい。適度なアップダウンもある。昔,社会科でならった人形峠,トンネルが片側通行のようだったので,それなら「迂回路」と書いてある峠を走ろうと旧道へ。アトムサイエンス館まで快調に登ったがここで通行止め。ここにも迂回路の看板があるのだが,よく見るとトンネルへ回れと書いてある。なんだかよくわからないが岡山県側がだめなようだ。しかたがないのでトンネルに戻り,東を目指す。そろそろお腹も空いてきたので,用瀬付近の食堂を検索する。目に付いたのが喫茶ドーリー。3名のレビューがいずれも5点。5点満点はなかなか見かけないので,行ってみることにした。ナビの指示通りに角を曲がるが駐車場がない。用瀬駅の前も非常に狭い旧市街。もう一度前を通ってみようと国道373号に出て近づくと,JAなどと共通の駐車場があるのだった。階段を上るところから昭和のレトロ。メニューは豊富で,値段は900円くらいから1500円くらいとけっこうする。ちょっと期待しながらも高いので肉うどんにした。妻はナポリタンである。ナポリタンは鉄板でじゅうじゅうと音をたてていたが,麺はやわらかすぎ,味もたいしたことはなかったらしい。肉うどんは出汁はまあまあだが,肉がいまいちだった。他の設備も含め5点は褒めすぎだろう。バランスを取るなら2点かな。
 気を取り直して用瀬から鳥取自動車道(このあたりは無料区間)に入る。雨が降り出したが,流れはまあまあ。佐用から中国自動車道に入り,名神経由でそのまま一気に京都へ。おおむね予定どおりの時間に到着できた。本日の走行距離は345.8km,平均時速66km/h,燃費は13.8km/Lだった。

2017年9月某日
 実家の庭に茂った草木を剪定したりしていたら昼過ぎになってしまったが,せっかくの休日なので,ドライブに出ることにした。山中越え(府道30号)を上り,久しぶりの比叡山ドライブウェイ。すてきなワインディングなのでのんびり走行ではあるがsportモードon。ロテル・ド・比叡前のハーキングからまず滋賀側,京都側両方のながめを楽しむ。ややかすんでいたのが残念。祝日の土曜日だがさほど前走車に詰まることもなく山頂に到達した。山頂のパーキングエリアは区画の4隅だけに印のあるタイプだが,なぜか区画ではないところに続けて駐車している車が5~6台あり,区画部分が通路になっていた。展望台的なものは有料のミュージアムの中にしかないようでちょっと期待外れ。京都側のロープウェイ山頂駅からもあまり眺めはよくない。ロテル・ド・比叡前の駐車スペースの方がよほどよい。気を取り直して,奥比叡へ。延暦寺はまた今度にしてそのまま進む。何かの作業帰りなのか小型トラックの後ろについてしまったが,ほどなく見通しが効くところで無事にパス。まだ紅葉には早いが緑のもみじもまたきれい。料金所手前までほぼ前走車に追いつくこともなく,のんびりと快適に走った。
 料金所を出て少し行ったところで県道47号線へショートカットする道があったので左折。47号線はルートを新しくする工事をしているようで,そこへの接続道路のようでけっこう立派だったが何も表示がないのが不思議。しばらく新しくなったと思われる47号線を進むが,まだ開通していない区間もある。その部分は昔ながらの県道という感じだが,おおむねすれ違い可能な幅ではある。国道477号レインボーロードに出て左折。途中越を目指す。あとは国道367号線鯖街道を京都へ。ペースは遅めだが,信号がないので快調に京都まで走った。本日の走行距離は57.4km,平均時速35km/h,燃費は10.0km/Lだった。郊外ドライブにしては燃費が悪いが,標高800m分ヒルクライムしていることを考えればいいと言えるかもしれない。
Posted at 2018/01/07 14:15:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 718Cayman日記 | 日記

プロフィール

「718Cayman高速道路走行と燃費 http://cvw.jp/b/2743100/41446795/
何シテル?   05/06 17:48
porschedreamerです。よろしくお願いします。 子供の頃から夢見てきたポルシェをようやく手に入れました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン
 初めてのポルシェは 718 ケイマンになりました。ポルシェに乗ることを夢見て40数年。 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.