• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さまさま@愛知のブログ一覧

2016年09月30日 イイね!

岐阜板取方面に避暑ツーリング(今度は寒かった)

長雨が続きます。
昼過ぎまでは降水確率が低いので、3日前にも行った板取周辺の県道に行きます。

今日は長いこと動かしていないXLRで出動。
2ヶ月も動かしてやってませんね。
05:40

金曜日の朝。
街が目を覚まし始めています。

今日は道を間違えないもんね。(^^)b
気温は20℃弱。
メッシュのジャケットを羽織って、自分にはちょうど良いぐらい。
05:50

おかしい。
太陽は右手に見えなくてはいけないのに、太陽の方を向いて走ったり。
もう岐阜に到着して良い時間なのに、どうして犬山にいる?

またやってしまいました。
同じ間違いはしない⇒別の間違いを犯す。

まぁ、間違っちゃいけないというわけでもありません。
自分だけならぜったいに来なかっただろう、成田山を見ることができました。

散歩をする人、ベンチに座って景色を眺める人の姿もあります。
07:05

昔の風情を残す鵜沼宿。
ここも道を間違えなかったら、来ることがなかった場所。
よく整備されています。
いくつか見学できる建物がありますが、残念ながらまだ開館時間になっていません。

道が広くてキレイ過ぎる気もしますけど、地域の生活と遺産の保存をバランスですね。
07:30

国道418号線に乗って、武芸川方面に向かいます。
気温が低いところでは、16℃。
メッシュのジャケットでは、ちょっと寒いぐらい。

行くところ行くところで、高速の橋脚の工事が進んでいます。

エジプトのパピルスを模った柱にも見えます。
08:25

この頃、朝も昼もメシ抜きパターンが多いので、今日は意識して何か食べようと、コンビニで肉まんを買いました。

武儀川沿いの土手で、まだ鮮やかな彼岸花と、そろそろ刈り取られるだろう田んぼを眺めながらの遅い朝食。
これからだんだん温かいものが嬉しい気候になっていきます。
08:50


特にココに、という目的地もなく走っていたら、見覚えのある谷合交差点まで来ました。
そう言えば ずいぶん以前に、ここを右折したことがあったっけ。
県道200号線とあります。
曲がってみましょう。

神崎川を見下ろしながら奥へ。
川の景色は、どこも美しくて、数分走っては止まり。


細い道なのに、やけにトラックが多いです。
治水工事でもやっているのかと思いましたが、鉱山があるからでした。
その工場の向かいにある、神明神社。

階段は見た目以上に急で段差も大きく、手すりを頼らないと恐いです。
なかなか頻繁に様子を見にくることはできないのでしょう、ちょと荒れた感じです。
09:50


これだけの水量があるかと思えば、まったく水が見えなくなってしまったり、その変化には驚きます。

少し進んだ所にある「ゴロゴロの滝」。
落差10メートルほどのコンパクトな滝です。

説明書きがあるわけでもなく、名前の謂れは分かりません。
10:00

お地蔵様にもご挨拶。


ゴロゴロの滝から200号線を少し引き返し、県道を離れて神崎方面へ。

左へ行けば神崎、右は白岩。
まずは白岩の方へ入っていきます。
コンクリートの橋があるぐらいですから、民家でもあるのかも知れません。
10:25


緑の中に静かに咲く、小さな花が可愛らしい。


残念、と言うより予想通りですが、行き止まり。
10:40

戻って神埼へ。
どのルートも路面に苔が生えていて、ちょっとブレーキングしただけでズリンズリン。
パッと見 コンクリート色の路面も要注意。
特に下りがおっかないです。

神埼から奥は立入禁止で、チェーンで止められています。

水又線とありますね。

同じ道を帰る途中、道標を見つけました。

「宝谷」(おそらく現在の円原川)を経て、「圓原」へ通じている(いた)のかな?


季節なのか今年は特別なのか、スズメバチがたくさん飛んでます。
先日オランちゃんで来た時は、タンクが黄色いので寄ってくるのかと思いましたが、XLRは白。
森の中で目立つ色だからでしょうか。

握りこぶしほどの立派なアケボノ色のアケビもありました。
先週は香りだけだったキンモクセイも、橙色になり始めましたね。

再びゴロゴロの滝を通って200号線を北に向かいます。


穏やか流れから落差のある急流へと、ほんとに変化に富みます。
11:10

しばらく行くと、分岐があります。

右は舗装されていますが、100メートルほど先で行き止まり。
「樹遊人塾」の看板が掲げられた小屋が残っています。
北山小学校仲越分校が廃校になった後、自然に親しむような学校として使われたのかも知れません。
土地の人に話を聞く機会はありませんでしたが、昭和の時代にはそれなりの人数の小学生がいたのでしょう。

左は仲越林道
11:25

この林道も、1キロほどで通行止。

左手には橋があり 道も続いているようですが、私有地です。
11:30

さて、今日はそろそろ帰りましょう。

200号線を戻る途中、一瞬「モーニング」の文字が目に留まりました。
一旦は通過したものの、どうにも気になってUターン。

「モーニング」
目の錯覚じゃないです。
12:05

本当に営業してる?
時計、止まってるし。(^^;

でも、ナンバーが付いた、新しい車が停まってるしなぁ。


恐る恐る入ってみると、まんま学校。
静か…

心霊スポットみたいに、廃墟で亡霊に遭遇…なんてこと無いよね?

オフロードブーツを脱いで、「北山小学校」のスリッパに履き替えます。
黒板の案内に従って右奥に入ると、食堂がありました。
良かった、無人じゃない。
マカナイのお姉さんたちがいました。

平日だからか いつもなのか、昼時というのに、広い食堂に客は自分だけ。
…まだ不安。(笑)
メニューを見ると、いろんな定食があって、天ぷらに焼肉にと けっこう豪華なものまで。

失礼な気はしますが、こんな分かりにくい場所にあって、客が入るはずがない。
遠巻きに
「ここは地元の皆さんが食事をするんですか?」
と尋ねると、
「この近所の人よりも、岐阜とか県外からとか、遠くのお客さんが多いですよ。」
と。
状況よく分からず。

お手頃な定食をお願いし、出来上がりを待つ間、室内に置いてあるパンフレットなどを見ていました。

なるほど、旅行誌などで紹介されているから、遠方からのお客さんが多いわけね。
納得です。

「田舎料理しか無いけれど どうぞ。 ご飯のおかわりは自由ですよ。」

いゃ、美味しかった♪

朝は食べたので 昼は抜きにしようか、それともコンビニがあれば おにぎりでも…と考えていたのに、ご飯を三杯食べて、四杯目は自粛。(^^;
ご馳走さまでした。

最初は、オカシナ料理が出てきたら、友達にウケるかも知れないと不謹慎な考えでしたが、いやはや失礼しました。

どうも自分は裏口から入ったようで、グランドがある方が正面玄関のようです。
そうだよね、学校だものね。

満腹になって北山小学校を後にし、「ちゃんと」岐阜市に向かいます。

岐阜市内の金華山を貫く鴬谷トンネルは、狭くて独特の雰囲気。



平日の日中なので、国道22号線もそこそこの交通量。
急ぐ旅でもなし、ノンビリ列に並んで信号待ち。

でもどうして、毎回行きに迷うんだろうねぇ。
14:40

幸い雨にも降られず、明るい内に帰着。
XLRはTLMやモンキーよりも一回り大きいので、楽チンでしたゎ。
15:30

走行距離:215km
燃料消費:5.50L

全行程


山県市周辺


神崎周辺
Posted at 2016/10/01 23:59:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 旅行/地域
2016年09月27日 イイね!

岐阜板取方面に避暑ツーリング

岐阜板取方面に避暑ツーリング9月も末と言うのに、暑い日が続きます。
台風の影響か、晴れの日がほとんどありませんが、今日は久々の晴れ。
いつの間にか夜明けも遅くなりましたね。
5時はまだ真っ暗。

連日、U君のモンキーばかりいじっていましたが、依頼された作業も終わったので、オランちゃんでツーリングしましょう。
あ、U君のモンキーは、昨晩 別れを惜しむ間もなく引き取られて行きました。

特に悪いところはないと思いますが、灯火類とオイル量、タイヤの空気圧を点検して出発。
05:55

おっと、今日の目的地は、岐阜県の洞戸・板取方面。
ちょっとラフロードを走りたいです。
国道23号線で西に向かい、庄内川の西岸沿いに北上するつもり。

だんだん日の傾きが変わってきましたね。
気温は25℃。 まだ夏ですか。

早朝と言っても平日なので、交通量は多め。
大きな交差点では大型トラックに囲まれて、信号が変わるのを待ちます。
06:00

どうしたものでしょう。
清洲を通るルートでは、間違いなく迷走してしまうんです。
この時間帯、名古屋市内を北上すれば1.5時間ぐらいの岐阜まで、今回も2時間もかかってしまいました。(^^;


山のテッペンには岐阜城。
07:00

岐阜市内を抜け山県に入る頃には、休日のように交通量が減ります。
と同時に、コンビニやガソリンスタンドも激減。

道の駅ラステンほらどでトイレを借ります。

そう言ゃぁ、朝ご飯 食べてなかったな…
でも、ガッツリ食べる時間でもないし。
自販機で暖かい缶コーヒーを買って、遠くの町並みを眺めながら一休み。
08:35

柿野の清瀬神社。
ちょうど1年前に来たのですが、父が他界した年だったので、鳥居をくぐれませんでした。
今日はちゃんとくぐって、お参りさせてもらいます。


近くの集会場や空き地では、年配の人たちが草刈りや掃除をしていました。
若い人がいないんでしょうね。
仕事もしないで、ノンキにツーリングしているのが、申し訳なく思えてきます。
08:55

通りがかりには、大きな栗の木が何本もあって、道路にイガグリがゴロゴロ。
近所の人に聞くと猿が食べるそうで、なるほどたくさんの殻が散らばっています。
落ちたばかりの、立派なのをゲット♪

まぁ「猿」ということでは親類ですけどね。

オフロードブーツが活躍。(笑)

こうしている間にも、時折「ボスン」と落ちてきます。
こんなのがアタマに落ちてきたら、たまらないですね。
09:20


来る途中、コスモスを見かけましたが、自分はひっそり咲く雑草が好きです。


山間に入っても気温は下がらず、23~24℃前後。
雨が続いて湿気っているせいか、少し歩くだけで汗が吹き出します。


川の流れる音は心地よく、場所場所によって魅力があって、立ち止まっては進み。
10:20

過疎が進み、いたる所に廃墟があります。

たまたま役場の人が外国人らしい人とやってきました。
挨拶しただけですが、この山奥で生活しよう…
そんな話があるのかも知れません。

『この先 大型車両の通行は危険』

昔は大型車両が入ってくることもあったのでしょうか?

『クマに注意』の看板と、捕獲罠も見かけます。
近年 人里でクマに襲われるニュースもよく聞きます。
自分もツーリング先で、10メートルの距離で出くわしたことがあるので、また無いとも限りません。
オランちゃんのキーホルダーは鈴付き。
御守になるかしら? エンジンの音の方が、熊よけになりますか。(^^;


人里からちょっと離れた所に、いくつか祠があります。

どうやって維持しているのかは分かりませんが、お参りして山に入らせてもらいます。
10:55

黄色いタンクが引き寄せるのでしょうか、ちょっと停めているとスズメバチがやってきます。
季節柄、マムシやハチには気をつけないと。

草むらを歩くと、ブーツやGパンにヒルがいっぱいくっついています。
この手のものが苦手な人だったら、逃げ出しちゃいますね。


昨年はもっと奥まで入れましたが、倒木が多くて途中で断念。

腐ちて何とか立っていた木々が、この台風と長雨で大量に倒れたようです。
倒木に前後を挟まれて動けなくなった軽自動車が、取り残されていました。
11:20

倒木を乗り越えたり溝に嵌ったりで、脚がつってしまいました。
おまけに気温も湿度も高くて、避暑どころではありません。

舗装路もコケでツルンツルン。
ビクビクしながら下ります。

ふと治水ダムの隅を見ると、こんもりとした山。
カワウソ?かなにかの巣でしょうか?

中からエイリアンでも飛び出してきても恐いので、眺めるだけにしておきます。
11:35

林道西洞~納谷線。

舗装はされていますが、道幅は狭く路面も長年補修されていないようです。
12:00

ものの2,3分で、工事現場。
自分は落合から狭い道を来たので、急に開けるとビックリします。

この1年で、工事は2キロぐらいしか進んでいない感じですが、距離から推して来年には終わるのかな?
工事のジャマをしてはいけないので、11月中旬以降に出直しましょうか。
昼を回ったので、今日はこの辺で帰ることにします。
12:10

途中にあった公園には、彼岸花が咲いていました。
土手とか田んぼの畦に咲いているのはよく見かけますが、こんな平面というのはあまり見ないですね。

どこからか、キンモクセイも香ってきます。
もう10月だもんね。
12:35

どうしよう、
どこか食堂でお昼にしようか。
でも、明るい内に帰りたいからなぁ。

けっきょく岩佐のコンビニで、おにぎりになりました。

最近、食事も低燃費。
あまり食べたいと思わなくなりましたねぇ。
13:05

帰りは岐阜から国道22号線で順当に。
交通量のせいもあるでしょうが、気温は30℃超えてますね。
日が暮れるまで、山にいた方が良かったかな?


帰着~
まだまだ夏を感じる一日でした。
15:30

走行距離:174km
燃料消費:3.50L

ルート全体


どうしても迷ってしまう、清洲あたり


板取あたり


西洞-納谷線
Posted at 2016/09/28 23:13:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 旅行/地域
2016年09月25日 イイね!

受講案内が届きました

受講案内が届きましたクジ引き番号から、ぜったいに受講はできないとあきらめていた、職業訓練の案内が届きました。
今回の募集は受講できないと思っていたので、また来月応募するつもりでいたんです。
もしかして、
「こいつは放置しておくと、いつまでも遊び呆けているから、活を入れてやる」
という措置だったりして。

退職して3ヶ月。
すっかりフラフラダラダラの生活が板についてしまい、失業中なのに緊迫感がなくなっています。(^^;
社会復帰できるのかしら?
10月から3ヶ月間の専門学校通い。
不安あり、ちょっとだけ期待感あり。
Posted at 2016/09/25 23:48:16 | コメント(3) | トラックバック(0) | 雑記 | ビジネス/学習
2016年09月23日 イイね!

タンクを載せると、完成したような錯覚(笑)

タンクを載せると、完成したような錯覚(笑)U君から依頼のあったモンキー改修。
懸案だった純正カラーも、近い色が見つかったので、一安心。
まだ作業途中ですが、タンクを載せてみました。
うふふ、
思った以上に色合いが合っています。
まだハーネスやマフラーが残っているのですが、こんな状態でも 出来上がったような気分。

実のところ、まだマフラーとエアクリーナが手元にないのが不安材料。
というのも、U君にはTLM50の4サイクル版を作ってあげたことがあるのですが、完成までに7年もかかってしまいました。(^^;
「エンジン載せるだけで良い」が「エキゾースト作って」になり、「外装一式メンテまで」と…

職業訓練が始まると作業も滞るので、「9月いっぱいでできるところまでね」と宣言してあるのですが、途中で放り出すわけにもいかないですよねぇ。
あと1週間で どこまでできるやら。

え?マフラーのプロテクタを再メッキしたいって?
無理です。(^^;
Posted at 2016/09/23 18:45:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | オートバイ | クルマ
2016年09月16日 イイね!

職業訓練の面接

職業訓練の面接今日は職業訓練の適性試験があって、筆記試験と面接を受けてきました。
定員20名に、応募35名。
成績の良い順に…じゃなくて、合格者が定員を超える場合は、くじ引き。

筆記は、算数・国語などの一般常識。
常識のある人ならいいんだけど、自分はからっきしダメです。
四文字熟語とか、栄養素とか。
とにかく漢字が書けないんです。
これ、パソコンばっかり使っているせいですね。
自分の住所すらアヤシかったりします。(^^;

でもまぁ、おそらく合格点には達しているでしょう。
ただ『クジ』が曲者。
今日の時点で、全員がクジをひいて、そこには番号が書かれています。
自分は29番。
合格者多数の場合は、この番号が若い順に、職業訓練を受講できるんです。
つまり、自分の場合、自分より若い番号を引いた人10人が不合格じゃないとダメなんです。
試験は簡単だったので、皆さん合格しているでしょうから、既に落選が決まった感じ。

ま、しかたないや。


久しぶりに地下鉄にのったのですが、名古屋には名城線というのがあって、これには「右まわり」と「左回り」があるそうです。
でも、時計回りなら分かりますが、右回りってどういう意味?
英語の表記を見ると、ちゃんと「clockwise」と書いてあります。
自分なら「右回り」=「反時計回り」の解釈ですが、世間一般どっちなんでしょう?


なんてくだらないことを考えながら帰宅して、受験の合否見込みを奥方に報告。
「また受けりゃイイじゃん」
はい、そうします。

午後からは、やらないつもりだったモンキーいぢり。
塗装を頼まれたのだけど、バラす必要があって、グリス切れやら錆やら見てしまうと、そのままにはできないですね。
一式洗浄して、新しい油にしてあげましょう。

こんな一日でした。
酒呑んで寝よう。
Posted at 2016/09/16 17:42:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑記 | ビジネス/学習

プロフィール

「[整備] #モンキー なんとなく調子が悪いので、キャブをクリーニング https://minkara.carview.co.jp/userid/274638/car/1477141/5648870/note.aspx
何シテル?   01/26 13:09
オートバイ旅行が好きな会社員です。(失業したので、でした、←再就職しました) しょっちゅう車をいじっているせいで、ご近所や友達には『車好き』で通っていますが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

愛車一覧

三菱 アイ 青色アイ (三菱 アイ)
残念ながら生産終了してしまって、新車を購入することはできませんでしたが、程度の良い200 ...
ホンダ モンキー オランウータン (ホンダ モンキー)
1972型で、オリジナルカラーはオレンジっぽいメタリックでした。 30年前は3台あったの ...
ホンダ TLM50 エムちゃん (ホンダ TLM50)
トライアルなどできもしないのに、デザインがとても美しくて購入してしまいました。 それもず ...
ホンダ XLR125R XL (ホンダ XLR125R)
前のオーナーさんがレースに使っていました。 タンクは凹み、シートは裂けのポンコツを譲って ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.