• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さまさま@愛知のブログ一覧

2019年04月29日 イイね!

桜に雪に…雨 福井県大野市ツーリング

桜に雪に…雨 福井県大野市ツーリングGW前、専務から
「どこかへ行きましょうよ。」
と声がかかっていました。
特に予定もないし、行きますか。
自分は30日が出勤、専務は5月2日。
連休後半には何か予定が入るかも知れないので、4月29日に決定。
行く先は自分任せ。
あれこれ考えたのですが、久しく走っていない徳山ダム方面へ行きましょうか。
国道417号線で池田町 大野市へ向かい、国道157号線で帰ってくるコースを考えています。

今回専務はSEROW225。
ブレーキ強化とかキャブ交換とかしたかったのに、仕事が忙しくて購入したまま5年放置していたようです。
一昨昨日組み上げ、一昨日 群馬で開催されたオフロード走行会に参加して戻ったばかり。
まったくタフな人です。
自分はXLR125R。
もう半年近く、まともに乗っていません。
そろそろ燃料使っちゃわないとね。

雲が厚い空。
予報では夜に降ってきそうなので、日が暮れる前に帰りましょう。
05:50

国道23号線で長島まで走り、揖斐川長良川沿いに北上。
木曽三川公園からは県道220号線で揖斐川左岸を走ります。
いつものように交通量は少なく、風もなし、信号もなし。
これで青空なら言うことはないんだけどなぁ。

気温は10℃ちょっと超えるぐらいでしょうか。
長時間走るには、ジーパンではちょっと寒いです。

自然の中にコンクリート工場特有の建物を見ると、ちょっと宮崎駿風の景色を思い浮かべます。

何となく好きな景色。
08:15

あまりに快調に走っていたので、道を間違えて国道157号線で本巣まで行ってしまいました。
こっちは帰りに走る予定。
まぁ、このまま逆ルートでも構わないのですがね。
5キロほど引き返し、予定通り417号線に乗ることにします。
08:20

専務 少し寒いようで、ジャケットを重ね着するために小休止。
道の駅「星のふる里ふじはし」

連休とあって、オートバイも10台ほど来ています。
自分はどうしようかな。
ガマンできないほど寒いわけでもないので、ジーパンのままでいいか。
09:20

徳山ダム。
完成してから訪れるのは初めてかな。

徳山村へは何度も足を運んだのですが、その村落が湖底に沈んでいると思うと、寂しい気持ちになります。
1989年に全住民が移住したようですが、その後も工事関係の車に給油するため、ガソリンスタンドは営業してい
たと記憶します。
09:50

感傷的になりながら、417号線を北上。
しばらく行くと、あらら、通行止め。

でもね、奥から車がくるんです。(^^;
たぶん地元の人たちが山菜採りに入るのでしょう。
ということで、前進~。
10:30

国道は途中で終わっていて、そのまま林道冠山線に続いています。
滋賀の今庄市まで整備するんじゃないかと思っていましたが、知る限り20年以上動きはないようですね。

二股の左へ行くと高倉峠を越えて今庄方面。
417号線にならずして終わるのか。
右は冠山峠を越えて池田町方面。
10:40

冠山峠から見える福井側の路面には、残雪が見えます。

この峠は何度も通っています。
2003年の11月末に来た時は、積雪はなかったものの路面が凍結。

歩くこともできずに引き返したことがあります。
凍結していたのに、単車を降りて歩くまで気が付かなかった。(^^;


取り敢えず雪の中へ。(笑)

カッポジるだけで、なかなか前進しません。
10:45

専務
「ここからずっと下りですか?」
さまさま
「ずっと下りです。」

「上るのは無理だけど、下るだけなら何とかなるんじゃない?」

「上司の命令に従います!」

圧雪と言っても、少しラフなアクセルワークをしようものなら、後輪はズブズブと沈んでいきます。


よし、通過できた~

と思ったら、次のカーブでまた積雪。

「シ○コかけて溶かしたらいいんちゃいます?」
とか、お下品なことを言いながら、500メートルほどの積雪路と1時間以上も格闘。
何とか通り抜けることができました。
11:40

峠を下ると、あの雪道がウソのよう。

土砂が崩れているところはありますが、そこそこ快適なワインディング。

大野市に着いた頃には、とっくに昼過ぎ。
雪道では飯どころではなかったけれど、もう腹ペコです。
帰り道も給油ポイントまで遠いので、ここで満タンにしておきます。

既に218キロ走行。
悪路を走った割に燃費は良くて、40km/L。
13:20

昼は以前立ち寄って美味しかった「お清水」で、ソバを食べようと思っていたのですが、店外にまで待つ人たちを見てパス。

大野城の駐車場にオートバイを置いて、街中で食堂を探すことにします。


歩きながら
「ここって観光地ですよね?」
と専務。
「なんでこんなに人が少ないの?」
いゃ、確かに。。


小奇麗な新しい店よりも、ちっちゃな昔からあるような店が好みの二人。
食堂一軒目。

「この店なら客なんていないでしょ。」
と失礼なことを言いながら覗いてみると、、
なんと満席。
そして、客全員がコップの水だけを前に待っている様子。
ちょっと不気味でさえある景色。
13:35

食堂二軒目。

ちょうど食事を終えて出てきたご夫婦が、
「ここはウマイよ、オススメ♪」
と高評価。
入ってみますか。
13:45

お客さんは家族連れなど6人。
特に混雑している様子でもないんだけど、注文とお茶が来るまで20分待ち。(^^;

専務はカツソバ大盛と焼さば寿司。
自分は焼さばネギ丼を注文。
これまた待つこと20分。
同じ頃入った家族連れは、食べ終わって出ていきましたがな。

ようやく運ばれてきた専務のソバ大盛は「並」。
加えて寿司が一貫足りない。
専務怒ってるんじゃない?
「大人なので大丈夫です。」
怒ってるゎ。(^^;
次はないなと。

ちょっと不満げに食堂を出て、街を散策。
ホント、人の姿があまりありません。

うちへの土産に、山元さんで「はまなみそ」を買いました。


さてさて、もうじき午後4時になってしまいます。
大野市をゆっくり散策できると良いのですが、帰りは酷道で有名な157号線。
そろそろ帰らないとね。

専務のSEROW、ヘッドライトが妙に暗いのと、テールランプもボンヤリとしか光っていません。
ライト類は昨日装着したばかりで、充分にチェックができていなかったようです。
これから山道に入るし、この天気ではすぐに暗くなるでしょう。
近所にホームセンター コメリがあるので、電球を交換してから帰ります。

テールは電球が白っぽく変色していたので、寿命でしょう。
ヘッドライトはH4タイプのLED。
新品だと言うのに、半分が点灯しません。
そりゃ暗いわな。 さすが中華クォリティ。
H4のハロゲンなんて、うちに帰ればはいて捨てるほどあるのに、ここで2000円の出費はイタイですね。

16:10

電球交換を終え、国道157号線に向かいます。
途中、路肩に「この先通行止」の看板があったような なかったような。
ここならまだ158号線に回るというルートもあるけれど、まだ対向車も来るので大丈夫かな。

そう話しながら温見峠方面へ走っていくと、だんだん交通量は減り、麻那姫湖青少年旅行村で誰もいなくなって
しまいました。
キャンプに行く人達だったのね。

通った3本のトンネルは、照明が切られて真っ暗。
全面通行止だもんね。

温見ストレート?

この辺りかな?
これまでそんなに長い直線があるとは思いませんでしたが、有名らしいです。
17:15


今日、この看板を見るのは何回目でしょう。
もぅ、「ようこそいらっしゃいました♪」としか読めません。
まだ根尾まで2箇所通行止ポイントがあるようです。

無事?岐阜県入り。

温見峠。
17:30

路面の荒れも大したことはなく、157号線を南下。
ただ黒津地区まで来ると、完全に封鎖されています。
通行止めになって久しいので、このまま廃道になってしまうかも?

折越林道で東へ向かいます。
越波地区を通るこの林道は国道157号線よりも安全。
越波では、何人かの人たちが住居の雨戸を外したりする姿が見えました。
村落を離れた人々が、大型連休に集まる準備なのでしょう。

何年か前の夏に専務が通った時は、大勢の人が集まっていたそうです。
自分も数年前に、最後の住民という人と話したことがありますが、この土地への思いを感じました。
また願養寺の金をつきにきましょう。
18:10

県道255号線に出てしばらく走ると見える、神明神社の鳥居。

人口密度に似つかわしくない、立派なものです。
だいぶ暗くなりました。
専務のSEROWは光軸が出ていなかったので、調整を兼ねて小休止。
18:50

あっという間に暗くなります。
XLRはHIDにしてありますが、前の車に迷惑をかけそうな気がして下向きにセットしたため、夜道は怖いコワイ。

桜が満開の地域もありますが、真っ暗な中に見える花は白黒にしか見えません。

418号線に出て1キロほど、樽見から再び157号線を走ります。


瑞穂市に入る頃、天気予報通り降り始めました。
カッパを着てしまうと食堂に入るのが面倒なので、近くにあった「から好し」で夕飯にします。
19:55


ツーリングで朝昼晩と外食するなんて、何年ぶりでしょ。
ソロだと食べずに帰ってしまうのですが、専務は家で食べない生活習慣なので、こんな時ぐらいはお付き合いしましょう。
こういう店に入ってしまうと、腰が落ち着いてしまって走り出せません。

帰るのもめんどくさいな~と思いながらカッパを着て、家路へと就きます。

本降りになりました。
20:45

夜に雨の中を走るのが、こんなに恐ろしいものだと感じたことがありません。
街ではシールドに着いた雨粒が乱反射して見づらく、暗がりではセンターラインだけが頼り。
危うく分離帯に突っ込みかけたり。

ほうほうの体で帰宅したのは午後10時過ぎ。

専務のお宅は隣ですが、会社に置いた車と入れ替えるため、途中でお別れです。
一日お疲れさまでした。
22:25

雪の上を走れたのは面白かったですが、天気が悪かったからか 何となくスッキリしないツーリングでした。
明日は仕事かぁ。。

走行距離:418km
消費燃料:10.3L

全コース


池田町・大野市周辺


根尾周辺


今回も、インカムに助けられました。
これがなかったら、帰るのがもっともっと遅くなっていたでしょう。
あまり必要性を感じていませんでしたが、意思疎通が難しいオートバイでマスツーリングする際には、有用な機器です。
Posted at 2019/05/03 09:37:15 | コメント(4) | トラックバック(0) | | 旅行/地域
2019年04月28日 イイね!

古い古いオートバイを見てきました

古い古いオートバイを見てきましたふと朝刊を流し見ていたら、安城市で古いオートバイの展示会の記事を見つけました。
天気もいいし、この半年で100キロも走っていないXLRで見に行くことにしました。

安城市郊外にある、安祥城址公園内に市民ギャラリーがあります。
うちから35キロ。
国道23号線バイパスができたおかげで、小一時間もあれば行くことができます。

初めて訪れました。
静かな環境にあって、とても良い感じです。
大混雑…と思いながら出かけたのですが、比較的空いていて ゆっくり見ることができました。


「車好き、オートバイ好き」ではありますが、実はこのような展示会や博物館には一度も来たことがなくて、今回が初めてなんです。

広いギャラリーには古いオートバイが整然と並べられています。

手前がBS、奥はトヨですね。
トーハツとかメグロ、ホンダも展示されています。

懐かしいと言うと、ウソになります。
いまは大半のメーカーが無くなっていて、当時、子供だった自分の記憶には無いものばかり。
ほとんどが後に雑誌などの記事で、その存在を知ったもの。


これはラビット。
町内に昔からずっと乗り続けている人がいるので、馴染みがあります。
この展示車とは違って、毎日お孫さん(ひ孫さん?)を送迎する現役です。
すごいメカノイズですが。(^^;


オリンパスにエーブスター。
ナンバーが「木の板に手書き」なんて車両も。


陸王RQ750ですな。
この中で、いちばん馴染みがあるオートバイ。
学生の頃、教授が持ち込んで研究室に置いてありました。
4年間見ていたので、懐かしいです。
「10万で買わない?」
と聞かれたのですが、とても自分には維持できないだろうと断ってしまいました。
今にして思えば、もったいなかったような。(笑)


運良く実走会が催されていて、ナマの排気音を聞くことができました。

良いものを見させていただきました。
長年、愛情を注いできたオーナーさんたちに感謝。
Posted at 2019/04/28 20:38:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | オートバイ | クルマ
2019年04月07日 イイね!

母と妹とお花見ドライブ

母と妹とお花見ドライブ各地からの桜のニュースを聞き始めて数日。
ぼんやりしていたら、名古屋では終わりかけ。
まぁ、混雑する場所へ行くぐらいなら見なくてもいいや、って人なのですが。
でも、母親が最近めっきり足腰が弱って、日常生活は困っていないものの、アチラコチラを回るのは辛い様子。
あまり孝行してこなかったので、こういった機会も大切にしないとね。
駐車する場所がないと、母を連れての移動は難しいので、近隣で空いていそうな候補地をさがしました。

やってきたのは、南区にある見晴台遺跡
花見じゃなかったの?
まぁまぁ、せっかく来たのだから。
外観は年代を感じる資料館ですが、中はキレイな展示室。

展示物が多いとは言えませんが、個人的に好きな雰囲気なので、たぶんまた来るでしょう。
で、肝心の桜ですが、公園になっている敷地内は満開で、多くの家族連れて賑わっていました。
さて、散策しますか…
と思ったら、母が
「まぁ、ええゎ。」
どうも人が多くて気が乗らないみたい。(^^;
いゃ、そんなに混雑してないんだけど。
遠目に眺めてからアイで公園の周辺を一周して、山崎川の方へ行ってみることにします。

山崎川の桜は有名で、とても来るまで来るところではありません。
走りながら川沿いに咲く桜を眺めるだけ。
写真をとる間もなく通過です。
それでも、
「キレイに咲いとるがね。」
と、母は車の窓越しに眺めながら嬉しそう。

途中、ホームセンターに立ち寄り、実家の風呂釜の修理見積もり。

花見に行ったのに、このまま帰っちゃうのもなぁ。

で、けっきょく 町内の公園に立ち寄りました。
最初からここでも良かったかな?(笑)


「花見」と言うには中途半端な気もしますが、ドライブしている間、母は街並を懐かしそうに眺めていたので、良かったとしますか。
Posted at 2019/04/07 20:33:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | 景色 | 日記

プロフィール

「暖機が早くなる、魔法のようなものがあるなら http://cvw.jp/b/274638/43514130/
何シテル?   12/03 22:15
オートバイ旅行が好きな会社員です。(失業したので、でした、←再就職しました) しょっちゅう車をいじっているせいで、ご近所や友達には『車好き』で通っていますが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

愛車一覧

三菱 アイ 青色アイ (三菱 アイ)
残念ながら生産終了してしまって、新車を購入することはできませんでしたが、程度の良い200 ...
ホンダ モンキー オランウータン (ホンダ モンキー)
1972型で、オリジナルカラーはオレンジっぽいメタリックでした。 30年前は3台あったの ...
ホンダ TLM50 エムちゃん (ホンダ TLM50)
トライアルなどできもしないのに、デザインがとても美しくて購入してしまいました。 それもず ...
ホンダ XLR125R XL (ホンダ XLR125R)
前のオーナーさんがレースに使っていました。 タンクは凹み、シートは裂けのポンコツを譲って ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.