• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Shiba_Mixの愛車 [マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)]

エンジンチェックランプ点灯

カテゴリ : 足廻り > 駆動系 > 調整・点検・清掃
目的修理・故障・メンテナンス
作業ショップ作業
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2018年01月07日
1
エンジンチェックランプが点灯したのは2017年12月31日。
DPF再生終了後間もなく、下り坂で加速を試みた際にアクセルオンから数秒で軽い衝撃と共に燃料カットが入り、チェックランプが点灯しました。

自分の車は当然対策後の1.5Dであるため異常振動だの失火だのが原因ではないとは思いましたが、数秒間の燃料カットが入ったもののその後は通常に戻っている事からリコールの要因となった現象ではない事を確認。

しかしエンジン再始動後もチェックランプが点灯し続けていました。
2
この時点で考えられる要因は…
1.ECU書き換えで通常よりも多くの燃料が噴射されている。
2.DPF再生直後に起きた出来事であった。
3.加速により多くの燃料が噴射された。

以上の環境から、DPF再生直後(つまり燃料噴射が多い状態)において加速(燃料を多く噴射する行為)によって燃料噴射量過多となった事がチェックランプ点灯の原因であろうと結論付けましたが、データがある訳でも無いので裏付けを取るという意味も含めてディーラーへの点検をお願いする事としました。
※チェックランプそのものは翌々日には消灯しています。
3
ディーラーで点検してもらった結果ですが、やはり出力制限が掛かっていたみたいです。
これがどのような原因であるかは不明ですが、DPF再生直後に燃料噴射量が閾値を僅かに超えたために起きた偶然の現象だろうという話でした。
実際、昨日にDPF再生がありましたが再生終了後も定速走行していたせいかランプは点灯しませんでした。
4
ちなみにエンジンは綺麗そのものらしいのですが何故かDPF強制再生をする事になりました。
そのお陰か、若干エンジン音がマイルドになったような???

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

異音チェックからのドラシャブーツ切れか何か

難易度:

eCLEAN PLUS

難易度:

ミッションオイル交換

難易度: ★★

オイル交換

難易度:

マツダコネクトVerUp59.00.502

難易度:

洗車 23,222km

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

マツダ・アクセラ15XDの燃費記録/取り付けパーツ記録用です あまり長距離移動をしないので燃費はそこまで伸びないと思います 追記:2017年8月20...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)に乗っています。 2016年11月5日納車、現在 ...
スズキ Kei スズキ Kei
セカンドカーです。 私は時折運転する程度で日常的に運転する事はほぼありません、普段は親が ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
社会人一年目の6月に通勤用として購入、アクセラに乗り換えるまで乗っていました。 今は親が ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.