• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

J456のブログ一覧

2011年12月06日 イイね!

次期ホンダスポーツはでかい??又は軽??


某情報筋によると、次期ビート事ホンダ製小型大衆横置きミッドシップスポーツカーはこのままで来ると、でかいかも??
なんと、なんとMGFサイズ??

と言う事は4発1.3~1.5L+ターボで150~180PSでも1000Kg超える可能性有り。
あちゃ~。

普通車登録で耐クラッシュ性等は確保され、下手糞小僧の愚息には良いかもしれませんが、
大衆横置きミッドの弱点を曝け出す危険性は有ります。
故に、その目方で横置きミッドならば、Wet時の限界操縦性はNGでしょう。
当然タイヤ依存性高い・・・凍ります。。。
二度有る事は三度有る。

是非軽自動車企画で3発0.66~1L+ターボで64PS(75PS)~130PS位/800Kg位で、お願い致します。
三度目の正直です。

もう、重たくて大きいのは流行りません。

何か馬鹿でかい4WDのHVの大衆横置きミッドも造っていると言う噂ですから、大きい方での四度目の失敗は許容しますが、責めて小さい方は真面目に綺麗に造りましょう。
四度目の失敗は許されても、三度目の失敗はもう許されません!!

他の信頼説では2012年の暮れに軽自動車規格で出ると言う情報を得て居ますので、如何なんでしょうか??

国内販売の60%を軽で占めと言う『リップサービス』してくれていますが、現実には如何なんでしょうか??
軽で儲かってもスーパースポーツや高級車で儲かっても、同じ銭ですからね~。

 
Posted at 2011/12/06 14:49:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 欲しい車 | 日記
2011年11月28日 イイね!

左翼政権下『バグダッド東京』で遊べるスポーツカー考/下品なJ456セレクション

21世紀の左翼ミンス政権下の最悪環境『バグダッド東京』で『ブランド主義者のクルマ嫌いのブランド好き族』を斜からヒット出来る御勧めスポーツカーは『HM製インサイト1.0とHM製ビート系とと軽ターボ5速とWRラリーウエポンズとNAロドスタ』だけです。
あくまで『下品なセレクト』で有名なわたくし『J456セレクション』ですので聞き流して下さいませ。

①インサイト1.0
車重820KG(5MT)850KG(CVT)で70PS+10PS/10KG+5KGの性能ですが、都内の低速走行時や首都高レベルの低中速コーナーなら少々ハイグリップ系のポテンザやアドバン噛ませば、ブランド族が御好みのハイパワーデブ車両は楽勝鴨れます。
最後はぶつけてでも引かなければ相手は高級車絶対引きます。
こちらは絶対的に安物ですから。しかも軽自動車並みの軽さで耐クラッシュ性は圧倒的に上。

この辺は泥臭く無いので大好きです。
浪花節と演歌は嫌いです。
やはりシャンソン、オペラ、ブルース、ソウル、ヒップホップ、ロック、ロックンソウル、昭和歌謡、ロマン歌謡の方が好きです。


②一世代前の軽自動車ターボ/5MT 
下記のビートとも重複しますが、800kg前後の軽量車で少々弄れば90psと言うお買い得商品です。
人気が有って少々値は張りますが、価格崩れが少なくリセールが堅い。
と言うか、これからは軽自動車やそれベースの将来型Aセグメントの時代ですから、この辺は持って居ても損はし難いです。
高級外車何かでぼろ糞値落ちしている暇有ればこちらで遊ぶ方が気が利いてい居るし、何しろ玄人受けが宜しいです。
軽のターボでピンクコレクションを刺すのも乙なもんです。
しかし真面にぶつけては殺されますから、軽自動車としての分はわきまえましょう。。

③ビート
730KG64PS(実馬力55PS位)10KGの性能ですが、大衆横置きミッドですが3気筒なので軽い為、殆ど横置きの欠点を露呈しません。
パワーはターボ車(公称64PS実馬力75PS位)では無い為足りませんが、やるならオーバーサイズ・ピストン(メーカー製は無いですがレプリカ作製した業者も居ます)入れてエンジンフルオーバーホールさせれば実馬力で70PSも狙えます。
一々オリジナル云々抜かす馬鹿業者も居ますが、ユーザーが自己責任下で弄るのは自由。
そりゃ何でも感でもボデイ剛性云々抜かして、全てS耐仕様にさせる様な悪徳業者の仕事はバッシングされるべきでしょうが、それとこれは話が違う。
おいおい、専用スリックタイヤ仕様のS耐車と精々SタイヤやクムホV700や国産高性能ラジアルしか履かないのにフルスポットは不要。却ってボデイ堅過ぎてオーバーステアが強く成ります。
運転制御し難く何のよね。。。
ビートはオープンだから、ボデイ下トラス等で固めて、11点式ロールフープ+軽量HT噛ませば充分です。
これで低速コーナーだけならブランド族に勝てます。
流石にぶつけては殺されますから、軽自動車としての分はわきまえましょう。。

④モンスターエボⅩとSTI/S206
これらはヒットマンとして生まれた嵯峨が有ります。
殺し屋としては最高です。
モンスターは田嶋コーポレーションでエンジン脚ボデイまで手をいれた公道用チューニングカーで360~370PS/50~54KG/1550KG。(HPに成ると吹け上がりと更にパワートルク向上します。)
他は言わずと知れたフル電子制御式フルタイム4WD+SST。500万位。
S206はSTIがニュル24優勝記念車として出したSPLで100台全部発表前に売り切れ590万仕様が素晴らしいです。
こいつらはブランド族の首を楽に切り落とせる能力が有ります。
高いと言ってもブランド品の1/4以下ですから。
最後は避けません。ひきません。悪しからず。

⑤次期HM製小型軽自動車スポーツカー
出ればビート後継車ですが果たして何処まで進化しているか??

⑥NAロドスタ
これは安くてしかも国産ヒストリックカーに成りえる可能性のあるNAロドスタです。
20万キロ走行していてもフルオーバーホールすれば楽勝!!
これでブランド族を低中速コーナーで刺せます。
最後はインサイトと同じです。避けません。。。悪しからず。   
Posted at 2011/11/28 08:58:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 欲しい車 | 日記
2011年11月22日 イイね!

次期HM小型軽量スポーツカー情報

年下半期に出ると予想されて居る『次期HM小型軽量スポーツカー』はHMの屋台骨を受け持つ軽自動車規格だそうです。
英国系のDNAも混じって居ると言う噂で良いかもしれません。

多分飼うでしょう。

ただ、それを流石に数年後に愚息に譲れるかと言われればNG。
大昔の軽四輪免許制の時代は中卒で働いて居られた方々や走り系高校生が、バイク/自動二輪と同じ乗りで乗っていました。
しかし、現代のクルマ環境下では軽自動車はベテランが乗るクルマです。
御宅系バイクも大人と言うか爺婆向けですからね。

故に4年後初心者マークの愚息には与えられません。
SpoonS2000じゃ初心者では乗り熟せないだろうしし、軽はNGなら。。。
愚息が好きなのはランエボなんです。
特に白・・・・本当はエボⅣなんです。・・・・イニD世代で卓巳に初めて土を付けたエボ夫のエボが好きなんです。
しかし、幾ら三菱怪獣マーク2と言えども、あのパワーですから厳しい。
しかし乗せれば当家3代が継続乗車出来る訳で、運が良ければ親父殿も生きているかもしれません。
しかし事故は不味いです。
しかし、妙案では有ります。

さて、経験の少ない若い子に乗せるにはやはり普通車枠は欲しいです。
HMとしては、経費を抑える為に軽自動車枠にして、財布の薄いクルマ御宅爺婆と薄給の若い兄ちゃん姉ちゃんでも引っ掻けようとしている魂胆は丸見えです。

しかし、現状は普通車枠も欲しかったりするのよね~。
追加版で1.3L+ターボ過給機付きの普通車枠も出ないですか??
出れば軽と普通車Wで揃えられます。

安くければ又軽ければ又ホイールベース短ければ、幾ら大衆横置きミッドシップでも価値は有ります。
高くて重ければ。。。。。石に成ります。

三度目の正直です。・・・・前作の失策/二度ある事は三度有る??
いえいえ、ビートの成功から数えれば二度目ですから、成功するでしょう。
あちらの失策ラインでは有りませんから、多分成功してくれる筈です。
信じて居るよ!!もう失策はこれ以上継続しては活けません。
イメージが地に落ちる処か消滅紛失壊滅します。
これ以上リア駆動系で失敗したら終わります。
失われ得たリア駆動HM車の20年の歴史。
なんか日本経済そのものだな~。

と言う事は日本と同じならNGか!!・・わやや。

それこそ、唯のミニバン屋から軽自動車屋に成ってしまいます。
あ、軽自動車屋で良いのか。。。

HMさん、今度こそ頑張って!!!  応援して居ます。

幾ら大衆横置きミッドシップでも、余程のデブで酷い性能で無ければ飼わせて頂きます。
Posted at 2011/11/22 15:32:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 欲しい車 | 日記
2011年11月12日 イイね!

インサイト1.0考察




やはりこれは5spで乗るクルマです。
結論はATはNGです。

スケベ心で、レース用に仕立て直しても面白い。

N-1.5仕様にして、内装除去、助手席+A/C残し、ボルトオン11点式ロールフープ、運転席バケットシート、6点式ハーネス、消火器、オイルキャッチタンク、サーキットブレーカー、触媒付きストレート・マフラー、エキゾーストマニフオールド、軽度ハイカム、高回転域のみサブコン制御、車重軽いので安い減推力調整式車高調とスポーツスプリングでも充分、フイット用LSD、フロントブレーキをスポーツ系パッド装備すれば面白い玩具に成るかな??

N-1仕様に拘るならば、エキゾーストマニフオールド、軽度ハイカム、高回転域のみサブコン制御はNGです。

これでエコカーカップ等の燃費レースや各種素人耐久参加も面白いです。
相当未来派の箱車レースカーに成るかも知れません。

結局は車重が命です。。。・・・820KGは美味しいよ~!!
上手くすればN-1仕様範囲でも800kg切りは可能でしょう。


しかし、関東地区のインサイト1.0を扱う店は余りに究極まで素晴らしく購入出来ません。
 

写真1・・・日仏ホンダ偽918
写真2・・・インサイト1.0
写真3・・・蓮セブン・マーク4
Posted at 2011/11/12 00:05:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 欲しい車 | 日記
2011年11月06日 イイね!

HM製小型軽量スポーツカーと大衆ミッドシップスポーツ考察

最大の期待の星は、HM製小型軽量スポーツカーです。
果たして軽枠超えて、国際商品化の為、普通車枠で造って来るのか否か?
わたくし個人レベルでは普通車枠希望です。
4気筒1000~1300cc+ターボ過給が希望。
850Kg/150psなら相当美味しいです。
スプーン&タイプワン等でエンジン内部や冷却系や各種パイピングや吸排気系まで手を入れて、ブーストアップさせれば楽勝180~200psでしょう。
充分にイタリアン・ジョブのアルフア4Cは鴨れます。
だって、安いからコーナーのブレーキングで楽勝。
立ち上がりやストレートは負けるでしょうが、耐久性では問題外でしょう。故に勝ち!!
ここでレースユースや速く走行させるには如何に耐久性が必要で、メンテナンス代やパーツ代が安く且つ部品流通が素晴らしく無いと使えません。
故に国内ユースならば国産車には勝てません。
安いから、高い4Cにコーナー入口で譲らなければ勝てる世界です。

普通車枠ならビートとS2000の後継車に成れます。
操縦性が素直ならS800の後継車にも成れます。

その為には誰でも操縦し易い、軽くて安く造れるFFが宜しい。
操縦性追い込んで行くと、とっ散らかる横置きミッドはもう卒業だよ。
誰だ、大衆横置きミッドを造ったのは・・・フイアットのX1/9でした。
未だこいつは初期型1300ccで850kg軽かったから許されました。
横置きミッドは超軽量レーシングカー(子ザル等400kg位です)ならばフアイナルオーバーステアも楽勝対応可能です。
それまでの大衆的ミッドはロータス・ヨーロッパ(1300~1600cc/650kg位)とVWポルシェ914(1.7~2.0L/920~950kg位)で両者とも縦置き搭載に拘って居ました。
①ロータス・ヨーロッパは自己所有は有りませんので未明ですが、先輩が何人も持って居ましたので借りた印象ですが、軽いレーシングカーぽい雰囲気でしたが、流石に同型実は全く異なる『47GT』の様に純レーサーとは全く異なっている公道用乗用車です。
しかもリアが見えないので1台でタイムアタックするなら宜しいですが、混走での走行会やレースと成ると厳しい。
70年代旧SCCJ走行会では簡単にロータス&初期型ケーターラム・セブンズに鴨られていました。
②VWポルシェ914はポルシェ一族のレーシングカーで無い『市販車』ですから、どうしてもGT化してしまい当時から重さがネックに成っていました。
わたくしは悪趣味の権化で旧クラブ後輩の『ミイラ爺』に嫌われる車種が大好きなので、何と親父殿と合わせて4台も購入してしまいました。
最初で最後の914/6のぼろぼろドン柄と臓物は今年に成って処分出来ました。
さて、最終的にはリアヘビーと言う強いトラクションとのバーターで起きる強いフアイナル・オーバーステアが許容出来るか否かのいつもの911系のロングエンド話に到達します。
914は逆にリアが少々軽くなりそれを振り回せるほどのパワーも無くしかも重いと言うハンデに成ってしまいました。
故に世界規模でVWポルシェ914は公道用大衆スポーツカーとしては大人気ですが、サーキットでは厳しいです。
80年代に米国SCCA系レースでトラクションをもっと取ることの出来るボデイ改造キットや脚の設定も開発されたのですが、そこまででした。
わたくしは90年代に旧SCCJ系レースで試しましたが、少々は益しに成った記憶が有ります。
少なくとも70年代の様に筑波2000最終コーナーでワヤでは有りませんでした。踏めました。
踏めましたが、腕利きの乗るアルフアGTVやMGBに軽く抜かれます。重かったからです。
③フイアットのX1/9は全く未明です。当時の同級生で初期型を購入した人がいた位で、水没した車両を起こして販売する為のデモカーに乗せて貰った事が有りますが、公道チョイなので良く解りません。格好はVWポルシェ914より良いと感じましたと言う程度です。
後期型は、対米仕様で豪華且つ1500cc化で重くなり、1300cc時代の様な切れが無くなったとは聞いて居ます。
1300ccの初期型ベースに初期のダラーラがレースユースさせ且つ格好良いボデイキット販売して居ました。
次期アルフア4Cはダラーラ製カーボンケプラー/モノコックで850kgと言う話ですが、何か因縁めいて居ます。
アルフアと言うかフイアットはちゃんと造り込み出来るのか否か??


で、HM製の話は戻って、オープンに拘るのか否か?
個人的にはオープンは国内では不要です。RHTなら益しと言うレベル。
だって、治安低下しているので壊される可能性高いし、何しろフクシマを有している国ですから開ける事は無いと言っても良いです。
国際商品としては屋根開いた方が売れるのか??
ボデイが弱くなりスポーツ性能低下の最大原因ですからクーペが希望です。
S2000の大失敗/オープンカーなのかスポーツカーなのかどっち付かずで、最終的にはオープンを否定したオープンカーとして息絶えました。
欧米最終限定モデルはハードトップ標準装備(対米仕様は幌も無し)とメーカー系エボルチオーネであるスプーンS2000はクーペスタイルを取ってしまいました。

纏めると、2座FFオープンRHT1.3Lターボがわたくしレベルの希望的観測です。果たして??
Posted at 2011/11/06 05:47:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 欲しい車 | 日記

プロフィール

#cadwell
何シテル?   12/06 11:24
車遊びは道楽で、自転車遊びとドライビング・テクノロジーとアーチェリーとフラメンコは趣味です。 元々の趣味は極真&Boxing。 ①FJ1300NOVA ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ロータス・セブンに対してのどうしようも無いレベルの知識の巨人大先生様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/03 13:46:38
GodFather1~3を観て。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/31 00:22:08
軽自動車増税は過疎化に繋がりかねない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/29 07:38:12

愛車一覧

ロータス その他 ロータス その他
①1967年式LotusSevenMark3/SCCJ/ForJapan ベース・コスワ ...
三菱 ランサーエボリューションX モンスター360specHP/オーリンズ (三菱 ランサーエボリューションX)
かなり速い脚車で、大いに満足。
輸入車その他 東京R&D製カドウエル 日仏ホンダ偽918 (輸入車その他 東京R&D製カドウエル)
鈴鹿クラブマンレースで利用されていた、東京R&D製のカドウエル/戸田レーシング製4AG+ ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3型でNCの最終モデルに成る様です。 NDまでのつなぎで飼ってしまいました。 RHT ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.