• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

J456のブログ一覧

2010年11月11日 イイね!

国内レース&アマチァレースの証。

国内レース&アマチァレースの証。ラリーやダートラやジムカーナは総合/参加費がレースよりは安く上がる為、まだまだアマチァリズムが有りますね。

レースは如何でしょう?
老眼強すぎのCOTY選出委員の『自動車評論家大先生様方』が、自動車メーカーの御招待の下、公認レースに御参加され、予選落ちしても、御参加権利義務も有する程御立派な訳です。



こんな話を見たり聞いたりしていたら真面目に公認レースに、自腹で取り組んでいる素人アマチァドライバーは参加すると御思いですか??

だから、わたくしやわたくしの仲間は参加を取りやめました。

新しいクルマ/マシーンによる公認レースもそうですし、旧いクルマ/マシーンによる公認レースもヒス系スリックタイヤが入手し辛いと言う理由で雨に強いその世界では存在しない筈の『国産Sタイヤ』が拡大解釈ローカル・ルール下の下公認ですから、真面目に取り組み気が失せます。
御所有されるオクルマの方がヒス系スリックタイヤより余程の事御入手し辛い筈ですが。。。


そんなんで、非公認山猫レース型式走行会に行けば行ったで、ルール無用、貧乏人だから勝ってな格好で参加も自由。
ルールに書いてないから、貧乏で買えないから自由!!

旗信号は見ない見えない解らない、黒旗OK競技長が何ぼのもんじゃい!!の世界も有ります。

K4やアイドラーズの様な例外も多々有りますが、それが非公認山猫レース型式走行会の殆どです。

良心が有れば怪我をしなくて済むならば怪我をし難い格好を御勧めするのが普通でしょう。

戦車の様にぶつける為に生れて来た様に丈夫な997GT3に、ブレーキ整備不良のZ06がFSWの1コーナー入口で側突させ御相手を頸椎損傷させたと言う悲劇的事故も有りました。
これもHANSシステムさえ装備されていたら無傷だったかもしれません。

こんなんから比べれば、先日の公道ツーリングで一般車両巻き込んで大事故起こした大馬鹿野郎達もまだ可愛げが有ります。



大先生方が『ただ』で御車を各社から御提供又は『超格安』で御購入されても構いません。
我々も業者間では普通です。

しかし、こと競技/スポーツ・コンペテションに関しては自動車業界以外はそんなインチキしていません。
招待選手はエキビジション参加なので、他の競技では予選落ちも通過も章典も何も無い訳です。

だから、オリンピックでもワールドカップでも国体でも、モータースポーツはスポーツと認定されないのです。


悲しいです。
モータースポーツマニアには。。。。

写真は業界には存在しない筈の『国産Sタイ使用可能』な特殊FIA公認ヒス系レースの車両表彰式です。・・・実は果物
Posted at 2010/11/11 00:30:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | ヒストリックカー | 日記
2010年02月11日 イイね!

旧い車やマシーンの今後の生き方/生かせ方

70年代前半~60年代以前のクラシックは(当方蓮/セブン3&4を含め)、既に排気ガスや安全性を含めた『環境と時代』に合わなく成って来ており、公道・サーキットを含め『非常に残念ですが』乗るチャンスが少ないです。
と言うか、有りの侭で『乗って騒いで喜んで』居て良いのですか??

過去は、街興しや地域の活性化に、少々は役立っていたとは思います。

しかし、これだけ地球温暖化防止や公害規制が高まって来ますと、旧いものでも現代社会に適合させるには、少なくとも、車検対応レベルの『排気ガス及び騒音』に対応可能な『触媒や吸排気系』の装着は必須常識です。
その為には、スロットルボデイ自体は旧式のキャブのままでも、FSW/NA1600式にフルコンにて電気系を制御してでも対応すべきでしょう。
排気ガス抑制も実燃費も実動力性能も確実に向上します。

旧いから、車検取得上は許されても、モラル上/環境上は許される訳有りません。

博物館で展示させたり、メーカーであるHMの様に自社コースで走行させたりは有りでしょうが、
我々愛好家が実走行させる範囲では公道は無理でも『サーキットと限定』させれば、多少の延命も可能かもしれませんが、最終的には、旧い車やマシーンは、電気自動車化する位しか延命チャンスは無いかもしれません。
その為にも軽量車は絶対的に有利です。
いずれは、公道でもクローズドでも、必ず規制又はガス代の大幅上昇(たとえば10000円/L)に成ったりして、現実にはエンジン車は走行させられ無く成るでしょう。

最近発表されたモンスター製のEVスポーツ等はセブンを更に小さくしたEV車に見えますから。。。

旧い車や旧いマシーンだから『排気ガス垂れ流しOK』の時代は『完全終結』しました。
Posted at 2010/02/11 22:02:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | ヒストリックカー | 日記
2009年07月18日 イイね!

日本のヒストリックカーレース文化が向上しない理由

日本のヒストリックカーレース文化が向上しない理由日本のヒストリックカーレース文化が向上しません。
何故だとお思いですか?

『本音トークはマイミクさんはあちらで御覧下さい。面白いですよ~!!』

日本では、ヒス系のみならず公認非公認問わず、欧米と異なり、レースを業者さんが主催されている場合が多いです。
特に現在の非公認レース型式の主催は、どうしても利益云々が出てくるから公平性にかけてしまいます。

①内の御客さんだから多めに見てねとか、
②@@さんだから旗信号オフシャル指示無視はしょうがないとか、
③某有名雑誌編集長だからピットロード速度違反は無かった事にしましょうとか、
④欧米ヒス系公認レースではヒストリック・コンパウンド・レーシングタイヤ以外は駄目/存在しないのですが、国内では公認/非公認含めSタイヤが主流なので、1972年式以降のヒストリック・スリック・タイヤの代わりにSタイヤを認めるとの事でしたが、
昨年までは文章化されておりませんでしたが、今年から明文化されたので、了解しました。
⑤『元F-1DR』だから、チェッカー後追い抜きは許しましょうとか。。。
抜かれた我々は、ご本人に直接クレームを付けさせて頂きました。
教育が良いのか、ちゃんとその場で謝罪してくれたので許しました。
 
愚痴っていたら限が有りません。
まあ、レースと言うのは元々欧州の王侯貴族の道楽から始まっているので、貧乏人は手を出すものでも有りませんし、不公平が普通です。
しかし、欧米では、裏で滅茶苦茶やっていても、表面上は公平な振りを上手く演じてくれます。だからレース人口が減らないのでしょう。
御金も国内の約1/2位しかかかりません。
日本は御金がかかり過ぎですし、表から堂々と不公平を行使してしまうから、皆嫌に成って、止めて行くのでしょう。
だからアイデアマンの主催するK4GPやアイドラーズ12は非公認でも面白いですよ~!!

この日本独特の不公平精度も、日本のモータースポーツ及び自動車遊び史上の王侯貴族階級で有った旧『@CCJ』が2001年にJAFを脱退し、アマチァ系公認レース及びレース型式走行会を中断してしまったことに起因しています。
(現@**@+++クラブと旧@CCJは組織的には何の関連性も有りません。)

まず国内公認ヒストリックレースくらいは共通ルールにすべきでしょう。
タイヤ、安全タンク、競技クラスなどなども。。。
ハンデ云々は各自で決めれば良いですが。。。

非公認は各自/自由にやれば宜しいでしょう。


さて、わたくしは、良い出会いが有れば、60年代英国FF/フオーミュラーフオード(FF)を欲しいのですが中々出会いが有りません。残念ですね~。
皆帯に短したすきに長しで活けません。
ま~、簡単に言えば国内では値段か高すぎます!!
モナコ・ヒストリックに参加可能な『欧州旧FJ/F3以上』ならば価格高騰は致し方が有りませんが、FFレベルでなんで???FFなんて数年前は70万くらいだったのに。。。
FFの性能は所詮FFです。
これだったら90年代のカーボンモノコックのF3を数台買って来て、
当時の若手DR(今ベテラン)に模擬レースで乗って貰ったら盛り上がりますよ~。
最後の周でピットインして貰い、私が優勝させて頂く出来レース。
これは面白い贅沢つーもんです。

FFなどのヒス系フオーミュラーは、維持費修理代にお金かかったとは言え、何年間かは遊んで且つオーナー様として楽しんだのに関わらず、現状のまま、かかった費用の総額で売ろう何て、プロの車屋さんでも考え付きません。
だから日本国内のヒス系レーサーは新陳代謝悪いのよ。
考えが『さもしい』んだよな~。
こう言うレベルだから欧米の様なヒス/ワールドは出来上がりません。
向こうは、こう言うレーサーは一度買ったら手放さないか、売却するなら格安で個人売買するから参加人口も増え伝統文化と成るのです。
また欧米ではサーキット持ち込んで眺めているだけの様な爺は一人もいませんが、日本では雑誌屋さん主催のイベントでは眺めているだけでパドック内でワイン飲んじゃってる爺共もいて誠に遺憾です。
ピット内喫煙する獣やピットロード内スピンする下手糞、舐めているのか赤旗コースインされるプロの運ちゃんまでいます。

プロの車屋はちゃんと整備し、皮むき磨きかけ、内クリ(内装クリーニング)して、ボデイ駄目なら板金再塗装し、壊れている機関はOHし、御金かけてポンコツを中古車商品として再作しています。
どうしようも無い店はそのまま売るから売れないの!!
どうしようも無い店はデイラー系にも沢山存在しています。世も末だ!! 

ヒス系に限らず、アマチァレースを面白くさせるには、K4GPの様に往年のスーパースターDR軍団を安全且つ低価格でポンポン追い越させてくれる環境造りと大きな縛りだけで小さな縛りには目を瞑る/K4なら排気量のみ、ヒスならタイヤ制限でしょう。
それで主催者を損得勘定の無い『素人』がやれば面白くなります。
・・・Sタイヤとスリックは不可、
公道ハイグリップラジアル(出来れば70扁平が理想ですが存在しないので、大負けに負けて50扁平まで)
と欧州仕様のDL/CR65(国内仕様除く)での縛り。

幾らSタイヤやスリック付けてチューニングさせ、速く走ろうとしても我々爺には限界が有ります。
幼少時からカートをやってSRSやF3に行った兄ちゃん達には絶対勝てません。
だったら速度を低めて遅くして、マシーンコントロールとレースの駆け引きを楽しめば良いよ思うのですが。。。


以上愚痴でした。

写真は2007年ルマン・クラシック・ジャパン・富士で、元F1DRチームを破って優勝した時の優勝盾です。
Posted at 2009/07/18 11:28:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | ヒストリックカー | 日記

プロフィール

#cadwell
何シテル?   12/06 11:24
車遊びは道楽で、自転車遊びとドライビング・テクノロジーとアーチェリーとフラメンコは趣味です。 元々の趣味は極真&Boxing。 ①FJ1300NOVA ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ロータス・セブンに対してのどうしようも無いレベルの知識の巨人大先生様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/03 13:46:38
GodFather1~3を観て。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/31 00:22:08
軽自動車増税は過疎化に繋がりかねない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/29 07:38:12

愛車一覧

ロータス その他 ロータス その他
①1967年式LotusSevenMark3/SCCJ/ForJapan ベース・コスワ ...
三菱 ランサーエボリューションX モンスター360specHP/オーリンズ (三菱 ランサーエボリューションX)
かなり速い脚車で、大いに満足。
輸入車その他 東京R&D製カドウエル 日仏ホンダ偽918 (輸入車その他 東京R&D製カドウエル)
鈴鹿クラブマンレースで利用されていた、東京R&D製のカドウエル/戸田レーシング製4AG+ ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3型でNCの最終モデルに成る様です。 NDまでのつなぎで飼ってしまいました。 RHT ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.