• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

よてぃっちの愛車 [ヤマハ MT-09]

整備手帳

作業日:2020年10月11日

サグ出しと足回りセッティング(イニシャルアジャスター・伸側減衰力調整)

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度
作業時間 1時間以内
1
ビビりなのもありますが、峠でどうも思った様に曲がれない。
そもそも60kg無いもやし野郎なのでデフォルトのセッティング(70kgでの設定かな?)だと硬すぎるかな?リアはノータッチだったし。

そこで、足回りを再セッティングする事にしました。
2
まずは敵を知ることから。

調整幅:強〜弱 ()内は標準値

【フロント】
プリロード:4mm〜19mm (16mm)
伸側減衰力:MAX閉め〜3回転戻し(1と3/4戻し)
ホイールトラベル:137mm (1G’で約45.6mm)

調べている中で
“取説データのホイールトラベル値は中のパンプラバー(12mm)を外しての値なので実際にはそれをマイナスした値になる”
との事ですので、ホイールトラベル値を125mm、1G’時目標値を41.6mmとします。

【リア】
プリロード:1〜7段 (4段目)
伸側減衰力:MAX閉め〜3回転戻し(1と1/2戻し)
ホイールトラベル:130mm (1G’で約43mm)

サグ出しに必要なデータとして、、、

0G→タイヤが宙に浮いて伸び切った状態のサスの長さ
1G→垂直に立てた状態で車重のみで沈んでいるサスの長さ
1G’→車重とライダーが座った状態で垂直に立てた時のサスの長さ
フルボトム→縮めて底をついた状態のサスの長さ

がありまして、
(0Gとフルボトムの差)÷(0Gと1G’の差)が1/3になるのが理想なので、0Gを計測しなければなりません。
3
さて、0Gのサス長を測るのダルいですよね?かわりに測っておきました。
前後メンテナンススタンドを掛けて、フロントフォークはインナーチューブの露出長(ダストシール含めず)、リアはアクスルシャフト穴の一番下から垂直に伸ばしてこのボルトのセンターまで。

フロント→142mm
リア→604mm

でした。(※僕の車両は15mmのローダウンリンクが付いています)

4
さて、1G’はプリロードを最弱にして静かに乗って計測します。
60kgのもやしが乗車した結果、、、

フロント→102mm
リア→576mm

でした。差は、、、

フロント→41.6mm(目標値:41.6mm)
リア→28mm(目標値43mm)

フロントはドンピシャ、リアは強過ぎて目標値には遥か遠いです。
と言うことでフロント・リアともそのまま、実際に乗ったフィーリングで調整したいと思います。
5
さて、セッティングのお話。

プリロード(イニシャル)はバネの最大の伸び長を調整をするものです。
当然、短くすると硬くなり、長くすると弱まります。
体重や好みによって加減をし、軽い人は弱め、重い人は強めるのが一般的です。

まずは1G’の位置を出し、乗っていて曲がらない・衝撃が強いと感じたら弱め、ブレーキなどでフワ付く場合は強めます。
6
減衰力は油圧を加減して伸び縮みの速さを調整するものです。
いいモデルだと縮み側もHiとLoの調整ができるものもあります。
初期のMT09は縮みの調整が無く、更に伸びの減衰力調整も右側にしか付いていません。
僕が乗り始めた当初、減衰力をMAXにしたのにも関わらず街乗りの停車時に恐ろしくサスが沈んだのを不快に感じ、左側にも右側と同じ純正の減衰調整付ダンパーロッドに入れ替えました。

ギャップで跳ねたり重く感じたら弱め、フワ付くようなら強めます。ハンドリングに一番影響するのはリアの伸び側、一次旋回はフロント、二次旋回はリアのセッティングに影響します。
まずはフロント・リア共に最弱にしてからリアだけ最強にし、違いを体感しつつリアのセッティングを決めてからフロントを調整する事にしました。
ただ、初期MT09は縮み側の調整ダイヤルが無いので、イニシャルアジャスターと油面調整で調整する事にします。
7
フォークオイル量は428cc、最圧のバネ無しで油面が174mmがマニュアルのデータです。

本来ならメーカー基準の規定体重に対して
10kg重い→油面を10mm上げる(オイルを足す)
10kg軽い→油面を10mm下げる(オイルを抜く)
なのですが、
当時は急制動時のフワフワな足回りに嫌気がさしていたので、右側のカートリッジを入れ替えた際に油面を15mm高くしてあります。

油面を上げるとサス内の空気の体積が減り、急制動時の縮み量が小さくなります。その他にはあまり影響はありません。
8
さて、セッティングをしましょう。


まずは前後共に伸び側を最弱にして走行。

、、、あれ??悪くないぞ????
購入時に沈み込みが街乗りですらガクガクフワフワだったのが程よい印象。多分カートリッジを入れ替えた時の油面アップが由来しているのだと思います。でも少し跳ねるかな?
コーナーの倒し込みも地面からの突き上げもかなりマイルドに。そりゃそうだ、今までフロントのプリロードほぼ最強にしてたからなw

次に最強にして走行。

んー硬い!!
路面の追従性も悪くなっててイマイチ。。。
ちょっと危なっかしい!


とりあえずプリロードを前後最弱にし、伸び側減衰:前3回転戻し後2回転戻しで様子見します。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

フューエルワン 投入

難易度:

チェーン、スプロケット交換

難易度:

電圧計

難易度:

バッテリー交換は簡単だったけど・・・

難易度:

MT-09 シート加工 外注

難易度: ★★★

低反発スポンジ加工

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「@SELFSERVICE
いい色ですね!市販のスプレーですか??
バイクのキャリパーを塗ろうと思ってまして、、、\(`≧∀≦´)/」
何シテル?   02/02 17:26
趣味が行きすぎて日に日に工具が増える今日この頃。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

トランスアクスルフルード初交換! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/07/21 11:54:06

愛車一覧

AMG Eクラス AMG Eクラス
自動車税最強大排気量NA最後のモデル。 このアリストみたいな丸目4灯が購入の決め手でした ...
トヨタ プリウスPHV 長距離弾道ミサイル (トヨタ プリウスPHV)
20後期からの乗り換えの"プラグイン特攻ミサイル"。
ヤマハ MT-09 ヤマハ MT-09
オールマイティに使え、よく走り、よく曲がり、よく止まる。 400ccクラス程の車両重量。 ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
長距離弾道ミサイル。 目立たぬように、盗まれぬように、ひっそりと。 世界に誇るハイブリ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.