• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

n04cの愛車 [トヨタ プリウスPHV]

HERTZ H8 DSP ツイーター編3

カテゴリ : オーディオビジュアル > カーオーディオ、ビジュアル > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2020年08月03日
1
初めに 結果を書きます
ツイータの コンデンサは5.6μF でした。

記事がオカシイと思った方、失礼しました

記事を読んで色々した方 ご迷惑おかけしました


ツイータは

大体約7000 Hzから-6/octで落とされる 計算で良いと思います

自分は7キロから➖6で 切られたら ボーカルなんて聴こえないのではないか、

(聴こえてもチーチー言うだけでとても聴けたものではない)

と間違った考えで やってました

実際は 聴こえます ボーカルが かなり 普通に
2
ここからは やった事

まず ツイータ外しました

すでに 答え 出てます 5.○

そーですよ
前回外した時も
5.
て 見たょ
5.
5.

コンデンサ もう少し回って付いていれば
残念
3
せっかく だから 一応確かめます

まず ピンクノイズ ツイータに入れて

スマホの無料アナライザーで 計測

これが 純正コンデンサ付のグラフ


4
この状態のまま
DSPで
7000Hz-6で切ってみます
5
低い所が 全然落とされてます

実際に聴いてみるとボーカルの声、かなり落とされてます
でも それなりに全然 普通に聴こえます
6
今度は
同じくDSPで
650Hz-6で切ってみます

計算では56μFの値が650Hz位かな
7
フィルターをかける前とほとんど変わりません

が 実際に聴くと600から下の音が小さくなっているのがわかります
8
長くなりましたので

次回に続きます

ちなみに今回 気が付いたのは

デジタルフィルターでバターワース-6で落とすと 数値のとうりに 落ちて

アナログで落とすと けっこうダラダラ? 低い所まで 出てしまう感想でした

信じるか信じないかは …



イイね!0件




関連整備ピックアップ

オーディオレシーバー取付

難易度:

GM-D1400Ⅱ付けました!

難易度:

HERTZ H8 DSP ツイーター編4

難易度:

スピーカー交換

難易度:

ツイーターとスピーカー交換

難易度:

DEQ-1000A カロッツェリア デジタルプロセッサー

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

n04cです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
よろしくお願いします
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.