• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mukupapaのブログ一覧

2018年05月26日 イイね!

むくのポートレート

むくのポートレート今回は、緑濃くなった我家の庭で撮影したミニチュアダックス犬、「むく」のポートレートです。



1
ベンチでお座りをしてカメラ目線です。



2
1と同じくベンチで



3
今度は伏せで



4
丁度一週間前に刈り込んだ芝生で

むくは5月1日で11歳になりました。
人に換算するとおよそ60歳です。

これまで撮影してきてあまり年齢を感じなかったのですが、今日は年齢相応の感じに撮れたように思います。

人と同様、これからはより、健康チェックに気を付けなければなりませんが、ずっと元気でいて欲しいものです。
Posted at 2018/05/26 22:29:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月22日 イイね!

2018年山旅 ~赤城山~

2018年山旅 ~赤城山~5月20日(日)のことです。
前日19日の天候は季節外れの冬型の気圧配置となり、上越国境(群馬と新潟の県境)の山々は雨か雪で、翌日の朝まで残るとの予報のため、上越国境から群馬県の赤城山(あかぎさん)へ行き先を変更して山旅を楽しんできました。

登ったのは地蔵岳(じぞうだけ1674m)で、登山口からは1時間もかからず登れるピークです。赤城連山の中では第二位の標高ですが、晴れていれば展望が最も素晴らしい頂です。


1
登山口から登ることたったの20分程度で視界が開けました。
新緑、真っ青な空、遠くには雲海・・・
最高のお天気です。



2
とても気持ちの良い登山道です。



3
更に20分程登って地蔵岳山頂です。
地面が薄っすら白くなっていました。
ここは関東の通信の要所で、東京のテレビ各局のパラボラアンテナや国土交通省レーダーの建屋が立林しています。
山旅で人工建造物を撮ることはあまりないのですが、ここは別格です。



4
南に目を向ければ、雲海の向こうに都内のビル群やスカイツリーも見えました。



5
山頂の北側には大沼(おの)を挟んで対岸の薬師岳、陣笠山、更にその奥には武尊山も見えました。



6
山頂から南東方向には神秘的な色あいの小沼(この)があります。



7
南西方向には富士山です。
山旅には殆ど持ち歩かない70-200mm F2.8L レンズの望遠側で撮影しました。
重い思いをしながらも持っていった甲斐がありました。



8
地蔵岳南斜面では所々でミツバツツジが咲いていました。
ピンクと背景の新緑がとてもきれいです。


9
今下りてきた地蔵岳山頂方向を振り返ると・・・・
真っ青な空に雲がどんどん流れて行きました。



10
小沼湖畔で



11
小沼からこれから行く覚満淵(かくまんふち)方面を望む



12
新緑とツツジ咲く登山道をゆっくり歩き、楽しみました。



13
覚満淵で
ここも最高に気持ちの良い場所でした。
前日の影響が少し残り、北風に乗って雲がどんどん流れて行きます。



14
覚満淵ではこんな可愛い花も咲いていました。


今回は天候により急きょ行き先を変えての山旅でしたが、とても気持ち良く、のんびり歩くことが出来て、心身ともにリフレッシュ出来ました。

Posted at 2018/05/22 23:06:37 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月07日 イイね!

2018年山旅 ~乾徳山~

2018年山旅 ~乾徳山~大型連休最終日の5月6日に、山梨県にある乾徳山(けんとくさん・2031m)へ登ってきました。
連休初日に登った奥秩父主脈縦走コースと隣り合う山域です。



1
奥の青実線は4月28日に巡った時のもの、赤が今回のコースで、

徳和・乾徳山登山口~錦晶水(きんしょうすい)~月見岩~乾徳山山頂~黒金山分岐~国師ヶ原・高原ヒュッテ~道満(どうまん)尾根~乾徳山登山口
累積標高差約1300m、標準コースタイム7時間10分の行程です。



2
登山口から登ること1時間35分、月見岩到着です。
素晴らしい絶景が待っていました。
ここから富士山までの距離は50km。程良い距離感で真南にある富士を望めます。



3
北側にはこれから登る乾徳山が構えています。


4
何度も富士山を振り返り、シャッターを押してしまいます。
この絶景、最高です!


5
山頂直下一枚岩の鎖場です。
上部を人が登っているところです。
万が一の落石を考慮して、前の人が登りきるまで下で待機です。


6
登山口から登ること2時間15分。山頂到着です。
月見岩で見た時よりも少し霞んできましたが、相変わらず美しい富士山です。


7
南西方向には南アルプスの峰々も良く見えました。
標高第二位の北岳(3193m)、第三位の間ノ岳(3190m)・・・・
つまり、ここからは日本のone, two, three が見える、何とも贅沢な頂なのです。



8
国師ヶ原のカラマツはまだ芽吹いたばかりでした。
青空と雲との対比がきれいでした。


9
道満尾根で。
こんな緑の中を歩き、たっぷり美味しい空気を吸って、リフレッシュできました。
Posted at 2018/05/07 23:16:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ブログをしばらくの間お休みします http://cvw.jp/b/2759764/41883002/
何シテル?   08/27 07:30
mukupapaと申します。 我家の愛犬、ミニチュアダックスの「むく」から付けました。 2017年2月からみんカラを始めました。 よろしくお願いします。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

初大阪環状線とADE後遺症 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/08 08:35:55
ちょっと懐かしいGTI画像 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/17 22:05:35
"アウディ A4 (セダン)"の愛車アルバム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/17 13:05:54

ファン

31 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)に乗っています。 2015年モデルで、カラー ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
GOLF2、GOLF3に乗るも、 ずっと憧れだった"GTI"を遂に"5"で実現! 期待通 ...
アウディ A4 (セダン) アウディ A4 (セダン)
A4としては第2世代の1.8T quattro。 初代A4の同一グレードからの買い替えで ...
オペル アストラ オペル アストラ
主に家内が乗っていた通勤車で、ヤナセが一時期、Volkswagen/Audiの販売から撤 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.