• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ハイパーハンマー(涅槃体)の愛車 [ホンダ ストリーム]

スピーカー交換と簡易デッドニング その2

カテゴリ : オーディオビジュアル > カーオーディオ、ビジュアル > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度★★
作業時間12時間以内
作業日 : 2010年11月21日
1
ネットワークの固定が終わったら、今度はツイーターの取り付けに入ります。
純正オプションが収まるべき場所と同じ所が見た目にもイイと判断し施工しました。

まず内張り裏面を見ますと純正用にアタリが付いてます。
そこにまずピンバイスで小さな穴をあけます。
いきなり大きなドリルでやるとセンターが狂ったりしますのでオススメしません。面倒でも小さい径の物を1度通しましょう。
2
小さな穴をあけたら今度は10ミリ径のドリルで穴を広げます。

続いてスピーカーの箱に付いているツイーター取付用ガイド(紙製)を使い四角の穴をあけるべくしるしを付けます。
しるしはコンパスのような針でキズを付けると作業中消えなくて安心です。

しるしを付けたらドリルやデザインナイフを駆使して穴をあけます。
素材が意外と柔らかいのでカッターナイフでも何とかなりますが、綺麗に仕上げるにはデザインナイフをオススメします。
3
穴があいたら説明書どおり金具を取り付けます。

あとはツイーターの台座を外してヘッド部分を金具にはめ込めばいいのですが、ここではまだヘッド部分は取り付けません。

なぜかと言うと後々の作業で邪魔になるからです(^_^;)


続いて本体スピーカーを取り付けます。
これは説明書どおりでインナーバッフルを取り付けた後スピーカーを取り付けます。

画像は純正との比較。
純正が恐ろしく貧相に見えます(笑)
4
パイオニアのHPや商品の説明書にも載ってますが、実はこのスピーカーはすんなりと取り付けられません。
画像の赤で囲んだ部分が内張りの内側にあるスピーカーグリルのリブに干渉します。
つまり内張りが元どおり収まらないと言う事です。
5
よってスピーカーグリルの円形リブの高さを低く削ります。
4つの角が当たらないようにピンポイントで行っても良いのですが、アタリを探すの面倒なので上部の1箇所を除き全体を7ミリ~10ミリ削りました。
これをドア4枚全て行わなければなりません(>_<)
ツイーターのヘッドを取り付けなかったのはこの作業が有る為です。
取り付けに時間がかかった理由は、こういった加工に費やす時間が大です。
6
グリル裏のリブを削るのが終わればツイーターを取り付け、エンジンをかけて正常に音楽が流れるか確認して下さい。
OKなら内張りを元に戻せばフロント運転席側は完成です。
この手順でフロント助手席側も行います。
!( ̄∇ ̄;)

助手席側の内張り外しは運転席側と少々異なります。
どちらかと言うとリア席と似ていますので、そちらを参照して下さい。

続いてリア席の内張り外しに入ります。
手始めに三角のガーニッシュを内張り剥がしを使って外します。
7
例のごとくドアノブの所のキャップとタッピングスクリューは外さない方が楽です。
それとフロント運転席側とタッピングスクリュウーの位置が違いますので注意して下さい。
8
基本的にやる事はフロントと同じですがドアの形状というかサービスホールの位置が違う為、デッドニングのやり方は変わります。

赤の①~④が遮音シートの貼り付け位置。
黄色の①~④が2層構造防振パッドの貼り付け位置です。
リアの内張り側には一切施工してません。

その3につづく

関連パーツレビュー

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

KENWOODスピーカーに交換&FOCALツィーター取付

難易度:

オーディオ取り外し

難易度:

カロッツェリアのスピーカーV173、メインユニットFH-9400DVS

難易度:

デッドニング(防水のため)

難易度:

スタッドレスに入れ替え

難易度:

プチ軽量化⑧

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「黄昏てます」
何シテル?   05/08 08:11
愛車ストリームのバージョンアップもそろそろギブアップ (*´д`*) あとは小物をちょこちょこイジって行こうかと思ってます。 更新は怠慢なんで不定期ですが気...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

ホンダ ストリーム ホンダ ストリーム
2006年9月からストリームオーナーです。 皆さんのストリームを見てとても刺激を受け、大 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.