• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年04月05日

写真という行為の道具 7:フィルム選択

写真という行為の道具 7:フィルム選択 ここまでは「写真という行為」のうち撮影にフォーカスしてきましたが、もう一つのプリントあるいはプリントされたものを観るという行為について考えてみます。

写真という行為にハマっていた頃は娘の成長記録というテーマがあったので、日々変化する幼い娘を私の眼がどのように観察し切り取るか、の記録でした。が、当時のフィルム写真は現像して上がってこないと思い通りに撮れたかどうか分からなかったので、毎週末にフィルムをDPEに出しては出来上がりを楽しみにしていました。

当然ガッカリすることも多かったわけですが、我が意を得たりの一枚や瓢箪から駒の一枚もあり、それらをカミさんと観ながら思い出したりする時間がまた楽しかったわけで、それがまた次の写欲につながるという好循環の中で、ひたすらフィルムを消費し、枚数が増えるとアルバムを買い足したり、時には四つ切りサイズにして額に入れてみたり。
果ては暗室を作ろうと画策しましたが、高校時代に写真部で暗室作業をしたことがあるカミさんにはゴキブリが集まるからとダメ出しされました。笑

この観る、魅せるという行為から再び撮影することへの最も簡単なフィードバックとして、フィルムの選択がありました。ポジかネガか、カラーかモノクロか、コダックかFUJIFILMかアグファか、など。フィルム毎の作例を見れば各フィルムが持つ個性がわかるわけですが、それを言語化すると階調と彩度になるようです。(画像参照)

階調については、アンセル・アダムスのヨセミテ国立公園のモノクロ写真(ゾーンシステム)が有名ですが、全体の中で潰れがちな暗部やハイライト部など局所の明暗を丁寧に描き出す露出と現像の技術があって初めてプリント上で実現するものです。
人間の視覚は不思議なもので、眼から入ってきた光信号を脳内で現像焼き付けしていますが、残念ながらカメラはそこまで優秀ではないので、脳内写真で実現していた階調を現実の写真に近づける役割の一部をフィルムが担っていたわけですね。

デジカメになってからは、このフィルム選択に相当することはホワイトバランス調整も含めて、RAW現像して事後処理というPCワークに変換されてしまいました。プロにとってはその方が都合が良いのかもしれませんが、私には写真を撮る行為を虚しくするように錯覚して興味を失うきっかけになりました。
RAW現像はデジタル暗室だから本当は喜ぶべきなので、暗室が欲しかったのは赤いライトの下でゆらゆらと画像が浮かび上がるのを見たかっただけだったのかも。笑

今回私がFUJIFILMのXシリーズに興味を持った理由はたくさんありますが、その一つにフィルムシミュレーションという機能があります。これはまさにフィルムを選んで撮影するという行為をデジカメで実現するもので、しかもRAW現像後の後処理でも実現出来ないクオリティをJPEG撮って出しで保証するという、正にフィルムメーカーの執念のような機能なのです。

内容は「カラーリバーサルフィルムを再現した「PROVIA」「Velvia」「ASTIA」、渋みのある「CLASSIC CHROME」、プロ用ネガフィルムを再現した「PRO Neg.Std」「PRO Neg.Hi」、レトロな雰囲気をかもし出す「SEPIA」、モノクロフィルムを再現した「モノクロ」「モノクロ+Yeフィルター」「モノクロ+Rフィルター」「モノクロ+Gフィルター」など、多彩なモードを用意しています。」と説明されており、更にX-Pro2からは「超微粒子で知られる白黒フィルム「ACROS」」も追加されています。

浮世絵が絵師だけでなく彫り師や刷り師との協働作業の産物だったように、写真は撮影者とレンズとフィルムの協働で成立していることを思い出させてくれますね。
ブログ一覧 | カメラ | 日記
Posted at 2016/04/05 10:17:15

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

2018みんカラオプミ行ってきた
ヴェルアイヤーさん

F355challenge 重整備 ...
DORYさん

使えるものは全て使う
さんちゃん?さん

STIサーキットドライブ見学ご希望 ...
STI/スバルテクニカインターナショナルさん

ポルシェ入庫
彼ら快さん

みんカラオープンミーティング201 ...
みんカラスタッフチームさん

この記事へのコメント

2016/04/05 21:42:24
いよいよ、プリントへの考察ですね。
この「写真という行為の道具」は、私にとって写真に対する新たな考察する場になりました。
a-waterさんの解説は、私にとって良き指導教官のようです。
改めて感謝します。
私は、暗室を作ってしまいましたが、今は物置です(>_<)
>正にフィルムメーカーの執念のような機能
フィルムシミュレーションは、FUJIFILMならではの機能ですよね。
私はこれに惹かれて、X-10を手に入れました!
フィルム世代には、泣かせる機能です…>_<…
RAW現像もよいのですが、私はこのJPEG出力の方が魅力的ですね!
写真は結果なので、自分好みの出力が得られれば、十分満足できると思います。
さて、プリントの楽しみ方ですが、フォトブックは、今ならではの楽しみ方の一つではないかと思います。
簡単に世界に一冊の写真集が出来るなんて、これも想像できなかったことですね!
コメントへの返答
2016/04/05 22:58:20
指導教官ではなく「しくじり先生」ですね。物置を作るしくじりはしてませんが。笑

フォトブックはGXRを使うようになってからカミさんが何冊か作ってみてますが、まだ使いこなせていません。
結局はRAW現像しなくても、フォトデータを扱うソフトを導入した方がいいのでしょうかね?娘に相談してみようっと。笑
2016/04/06 00:13:11
しくじりばかりの人生ですσ(^_^;)
言い換えると、遊んでばかりの人生とも言えますね…
私も新たな写真との接点を見つけたいと、模索が始まりました。
プロの写真家が身近にいるとは頼もしいですね
(^o^)v
コメントへの返答
2016/04/06 00:25:00
プロと言っても育児休業中ですからね〜。

それよりもkoro1さんの新たな模索の方が参考になりそうです。特にプリントやアルバム作成などで使いやすいデジタルツールがあれば教えてください。
撮影会ならぬフォトウォークっちゅう奴をやりますか。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「2時間以上の遅れでようやく乗車」
何シテル?   10/19 21:19
車は好きですが、メカには弱いです。 自転車やアウトドアのギアは好きですが、本来はインドア派です。 愛車遍歴は、カーデザイナーからデザインや機能性、文化や...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

バッテリー交換してみる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/18 12:30:14
3M / 住友スリーエム スコッチプリント ラップフィルム シリーズ1080 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/12 22:48:48
NUTEC カーボン除去作業 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/05 22:14:33

お友達

自転車、カメラ、映画、珈琲、キャンプが好きな方、どうぞよろしく!
※突然だと驚くので、コメントなど頂いてからでお願いします。
73 人のお友達がいます
ケイピカケイピカ * ジョンくろジョンくろ *
《》 ひで 《》《》 ひで 《》 * ユンカー☆ユンカー☆ *
kakikukenkenpakakikukenkenpa * examineexamine *

ファン

51 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー カングー ルノー カングー
孫と老親と自転車のある生活の中で「働くクルマ」として選んだ、終のマイカー(7台目)は、カ ...
その他 自転車 抹茶号 (その他 自転車)
メインの自転車は、451のポケロケから700cのこちらに。 加齢に伴う頸椎狭窄症で、ド ...
その他 自転車 その他 自転車
買い替えを検討しつつも15年ほど乗っているマウンテンバイク。その名は、brodie cl ...
その他 自転車 ポケロケ (その他 自転車)
2010年3月納車。カラーは廃番のシルバーミスト。 折り畳むことが出来て、自分のサイズで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.