• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

a-waterのブログ一覧

2017年11月28日 イイね!

お代わり(refill)という名の珈琲店

昨晩から大阪出張だったので、今朝はモーニングコーヒーとマイボトル用珈琲を頂きに、refillに。

珈琲好きならばと仕事先の人に教えてもらったテイクアウト専門店ですが、refillはお代わりが欲しくなる、の意。



5年前に脱サラで始める前は巣鴨のKONO(円錐ドリッパーの発明で有名)で修業されたそうで、近くに住んで円錐ドリッパーを毎日使っていると話すと意気投合しました。



3種の豆×3種の焙煎というわかりやすいメニュー構成もいいですね。初訪問なので、ど真ん中の302で注文。

KONOウェイに忠実に、1杯に240g(→24gの間違い。恥)の豆を使い、ドリップの時間2分のうち最初の1分はきっちり点滴。雑味を出さないように全体量の1/3でドリップを終え、後は湯を足すスタイルです。

とてもシンプルなやり方なので、私もこの方法で落ち着いてますが、豆の量をケチらない点(下記に追記)と最初の1分は点滴のみという方法は少し甘くなっているかな?

追記:
私の通常の豆の量は、1杯20g、2杯25g、3杯30g、4杯35gとしていますが、refillでは1杯24gの倍数を使うということなので、毎朝淹れる3杯においては倍以上異なることになります。使うドリッパーの大きさも見直さなきゃ?


帰り際に、コーヒーポットの注ぎ口に差し込む点滴補助具(急須スキッター)を買って、気持ちを引き締めましたとさ。(^。^)
Posted at 2017/11/28 21:24:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 珈琲 | 日記
2017年07月29日 イイね!

直火式エスプレッソメーカー

昨日は浜松出張のついでに、とある自家焙煎珈琲屋に足を伸ばしてみました。

いつも奈良の凡豆から買っている豆の後継豆探しの一環であるだけでなく、こちらは小さなショップながらアンティークのミルや直火式エスプレッソメーカーを提案していて気になっていたのです。

店舗改装中の小一時間程度の会話でしたが、後継豆候補の筆頭に決定すると同時に、マスターが提案する直火式エスプレッソメーカーについても外出時の珈琲ツールとして俄然興味が高まりました。

エスプレッソというと、小さな泡が立つ苦い飲み物というイメージがありますが、それは高気圧が可能なマシンが抽出する珈琲。

こちらは直火式の低気圧の抽出ポットなので、小さな泡は立たず、ドリップよりも簡単に濃い珈琲を抽出するため、イタリアでは直火式ポットで淹れる珈琲をモカと呼ぶそうな。(豆のモカとは関係なし)

マスターによれば、直火式エスプレッソメーカー(マシンに比べ小型なので通称マキネッタ)はアルミ製とステンレス製に分けられるが、アルミ製の元祖がビアレッティ社の「モカ・エクスプレス」。
1933年から続くロングセラーで、優れたデザインとしてMoMAにも永久コレクションされています。




一方、ステンレス製でロングセラーなのがアレッシィ社の9090。これまたMoMAの永久コレクションであると同時に、イタリアのデザイン賞コンパッソ・ドーロ賞をアレッシ社が初めて受賞した製品だとか。
上下のパーツをねじ込み式でなく、ハンドルを引くことでワンタッチで分離出来るようにしたり、底を広くして五徳に乗せやすくするなど、機能的な利便性をデザインしているのがイタリアン。




いずれも、サイズが豊富にラインナップされているので、1人なら3cup、2人なら6cup、それ以上なら9cupなど、使い分けるとよい、と。

ステンレス製はアルミ製に比べ価格が高いですが、アルミ製とさほど変わらない庶民派なのがイルサのモデル。素っ気ないデザインもまた良し。




アルミ製とステンレス製の違いを尋ねると、

*ステンレス製:機能的、いつもきれい(衛生的)
*アルミ製:珈琲の味や色がポットに染み込む

つまり、アルミ製は急須と同じく「育てるポット」なのだとか。いずれも洗剤は使わないことでは同じ扱い方。

家でも外でも一台で済ませるか、それともサイズや材質で使い分けるか。

マスターの店では、他にない個性的なビンテージのマキネッタを中心に扱っていて、価格は高くなりますが、一生モノと思えば…。

関連情報URL : http://cordobacoffee.com
Posted at 2017/07/29 19:02:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 珈琲 | 日記
2017年04月30日 イイね!

アイスココアの季節

アイスココアの季節大阪出張の際に仕事仲間が連れて行ってくれたカフェで、アイスココアを注文しました。

と言うのも、ドロステと同じくオランダのココアであるベンスドープを使っているとメニューに書いてあったから。

珈琲や紅茶には砂糖を使わないので、ケーキなどが欲しくない時にはチョコレートドリンクがありがたい。

ドロステもベンスドープも元のカカオが上質だから、和三盆のような上品な甘さが嬉しいのです。

ベンスドープは初めてでしたが、ドロステよりも気持ちアッサリした飲み口で、アイスに適している気がしました。

常備しているドロステが無くなったら、ベンスドープも買ってみましょう。
Posted at 2017/04/30 19:38:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 珈琲 | 日記
2017年01月17日 イイね!

博多 美美の珈琲

博多生れながら、ようやく来ることができた珈琲美美(びみ)。伝説の珈琲店モカの流れを汲むということで、十年来訪れたかったのです。

福岡城址のある舞鶴公園を借景とするカフェで、一階は豆売り、二階が喫茶室。人混みを避けたロケーションが良いのですが、実は通った高校も大学も徒歩圏内。ティーンエージャーの頃の自分の視野の狭さや不勉強が恨めしくなりますな。




まず注文したのは、美美の珈琲研究の結晶という中味ブレンド。エチオピアハラール地区のモカがベース。一口で苦味と酸味の輪郭がはっきり伝わり、長く余韻が楽しめるのはさすが。



毎日飲むブレンドがこのレベルだと、日々の生活感が変わるだろうな。ついお代わりしたくなりますが、せっかくなので違うタイプも試してみましょう。


次に注文したのは、吟味ブレンド。フィリピンミンダナオ島のアラビカ種の持つ苦味、その苦味の豊かさを引き出そうとしているのだとか。これまた一口で香味の輪郭がはっきり伝わるので、飲み比べが愉しい。



苦味と言うと尖った印象もありますが、吟味はその余韻に浸るうちに、最初からこれを飲んでいたかのように錯覚するほど、舌や胃に優しい丸い味です。

帰りに中味ブレンド150gとネルドリッパー小を購入。改めてネルドリップの手習いを始めてみましょう。

追記
なんと店主の森光さんは昨年末にお亡くなりになっていました。合掌
https://www.google.co.jp/amp/www.nishinippon.co.jp/amp/nnp/f_toshiken/article/295279?client=safari
関連情報URL : http://cafebimi.com
Posted at 2017/01/17 16:22:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | 珈琲 | 日記
2017年01月08日 イイね!

「君の名は」とココア

「君の名は」とココア小雨交じりの肌寒い日曜日、池袋ロサで「君の名は」を観て来ました。

「君の名は」は昨年ロードショーの終わり頃に観たような、まだ観てなかったような、なんとも記憶が曖昧なのが気になって観たのですが、やっぱり観てました。

主人公と同じく、湖や神社など村の風景は覚えているのに、それがこの映画だったかどうかが曖昧だったのです。ここまで記憶が曖昧なのは、幾つかの映画と共通点を持たせてそういう錯覚を狙っているのでは?と訝しむ気にもなりますが…。

そもそも昔観た映画やドラマのストーリーを覚えてないことは茶飯事で、何度も楽しめていいわねとカミさんに皮肉を言われる私ですが、最近観たかどうかを覚えてないなんて、脳の老化がヤバいですな。笑

帰宅して、そんな自分を慰めるのは珈琲ではなくホットチョコレート。最近はドロステのナースココアがお気に入り。少量の牛乳で十分練ってから残りの牛乳を足し、砂糖はペルーシュブラウンを使うのが美味しく飲むコツ。もちろん沸騰させてはダメ。すっきりとした甘さで、純粋にカカオの芳醇な香りとコクが愉しめます。

因みにドロステは、このパッケージからドロステ効果(同じ絵が入れ子になっている)と言う言葉がヨーロッパでは定着しているほど、ポピュラーなのだとか。

そう言えば、ヘルシンキで立ち寄ったホットチョコレート・スタンドはフランスのチョコレートメーカーだったか。カカオに親しむ文化においてはヨーロッパに一日の長があるようで。
Posted at 2017/01/08 17:23:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 珈琲 | 日記

プロフィール

「アボカドバーガー&クラフトコーラ@フランクリンアベニュー」
何シテル?   04/19 18:01
車は好きですが、メカには弱いです。 自転車やアウトドアのギアは好きですが、本来はインドア派です。 愛車遍歴は、カーデザイナーからデザインや機能性、文化や...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

バッテリー交換してみる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/18 12:30:14
3M / 住友スリーエム スコッチプリント ラップフィルム シリーズ1080 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/12 22:48:48
NUTEC カーボン除去作業 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/05 22:14:33

お友達

自転車、カメラ、映画、珈琲、キャンプが好きな方、どうぞよろしく!
70 人のお友達がいます
大根おろし大根おろし * cc_buttercc_butter *
ケイピカケイピカ * Disco-4@東京Disco-4@東京 *
examineexamine * さん坊@STARBIKESさん坊@STARBIKES

ファン

52 人のファンがいます

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
2010年3月納車。カラーは廃番のシルバーミスト。 折り畳むことが出来て、自分のサイズで ...
ルノー カングー ルノー カングー
孫と老親と自転車のある生活の中で「働くクルマ」として選んだ、終のマイカー(7台目)は、カ ...
ランドローバー ディスカバリー3 ランドローバー ディスカバリー3
デザインと機能性に優れ、生活に溶け込む欧州車が好きで、その集大成と思って買った初の英国車 ...
シトロエン エグザンティア シトロエン エグザンティア
後輩の留学で2年間預かった、初ハイドロ。 高速での空飛ぶ絨毯のような乗り心地は唯一無二 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.