• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

けむりおじさんの"Heavy Smoke Car" [日産 ノート eパワー]

冬燃費対策 その3 吸気系対策

カテゴリ : エンジン廻り > エンジン > 調整・点検・清掃
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2018年03月11日
1
多分ダメと思いつつ、先に部品買っちゃったので、取付しました。写真左の吸気系ラインにバイク用のシートヒータを細工して巻き付けました。電源は写真の様にグローブボックス裏側まで通して補助バッテリーに繋ぎました。
2
写真上の吸気ダクトに繋がるケーブルに吸気系の温度センサーがあるのでは?との推測。それなら、これをごまかせば冬モードが消えるのでは?という邪推をしました。バーク用ヒータは2枚一組なんで、フィルターボックスにも被せました。
3
ヒーターは珍しく半島から送ってきました。バイク用なのに防水仕様じゃない。コレ、バイクに使えるのか?
保温と絶縁を兼ねて、両面に布を貼り付けて、取り付け用に面ファスナーと両面テープをホッチキス止め。
4
苦労したのはグローブボックス裏からエンジンルームまでの配線通し。コジ★コジさんのグローブボックス外し、BG5-HR12DEさんの配線通しを見ながら、なんとか一本だけ通せました。ありがとうございました。2本目を欲張ったのですが、エーモン配線通しがうまく頭を出さない。通したケーブルを使って、ナイロン0.5mm線を通しました。次からはこれで配線を通すつもり。両端にはリングを付けて引っ張りやすくしました。エンジンルーム側は、流行の「たためるジョウゴ」の中に収納。
5
車内側はシートヒータに使っている補助バッテリーに繋ぎました。これなら、出発の前からの加熱が可能。左の矢印の巻いた糸が、配線通し用のナイロン紐の車内側です。電池式警告灯に掛けました。配線はギボシをさらした雑なままですが、期間限定なんで、外しやすさを優先しています。
6
結果は、予想通りに、またも惨敗でした。
0℃近い朝、出発一時間前に加熱開始して出発。見事に冬モードのままでバッテリフル(SOC80%)制御のまま。一応、ヒータには30W流れていたし、主発前に触って温度が上がっているのは確認したのですが、全く効果無し。数回試しましたがだめでした。吸気温度も測っていますが、車が動き出すと、直ぐに外気温に近づきます。吸気量が多いので当然ではありますが。
7
写真の上が通勤の行きの実燃費です。青が冬モード、赤は普通モードです。写真下は、気温・加減速ロス・速度影響で計算した計算燃費と実燃費の比です。理想は「1」なんですが、まだまだです。そのどちらも、冬モードでは普通モードと明確に差が有り、補正後でも36%も燃費が下がっています。実燃費では50%近く。ただ、登りの通勤の行きでは差が 4% 程度で収まりました。その辺りが検討課題です。
8
まとめと考察
1)シートヒータ(30W)程度ではそもそも加温能力が不足。
2)バッテリー温度は冬モードとは無関係らしい。
3)何らかのセンサーがモード切替に影響しているはずだが、どこにあるのか不明。
4)CPU はかなり複雑な制御をしている。前回モードも参照にしている可能性あり。車のシステム Off/On すると、モードが切り替わる事あり。
5) 暖池(停車時にバッテリーでエンジン回す)の理由は全く不明。バッテリーを暖めるためではない。エンジン熱でかなり上がってしまう。

無駄なあがきをしましたが、いよいよ春ですねえ。エンジン内温度が判ったこと、e-Power 結構、温度には気を使っていそうなことが判ってきました。次は、夏場の計測です。
冬モード対策、今期は惨敗での終了です。気が向けば来年も頑張ろうかなあ。

唯一の成果はエンジンルームへの配線通しラインが出来たのと、シートヒータはお尻の下に敷くと暖かかった(当たり前ですが)事、エンジン温度が相当に効いていることが判った事でした。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

エンジンオイル交換6 22422km(2858㎞)

難易度:

クレ ストップ&ゴー ガソリン車用を注入

難易度:

ABで発電機(笑)のオイル交換

難易度:

40,000kmオイル交換

難易度:

エンジンオイル交換5  19563km(3267km)

難易度:

第2回 エンジンオイル交換&タイヤローテーション

難易度: ★★★

関連リンク

この記事へのコメント

2018/07/24 20:21:23
いきなりですが初めまして。自分も似たような事を考えていて猛暑日にここに辿り着きました。とてもためになり関心しております。自分も冬場は「バッテリー満タン表示でまだ回るんかい!セレナのEV(マナー)モード欲しい!」とわめいていました。YouTubeで4Kで「発電モーターと駆動モーター」とノートのカットモデルを撮影した動画があり。そのなかでコンソール下にバッテリーを冷却するブロアーが映っていました。またインバーターはポンプで水冷しているみたいですね。冬場は水が早く温まれば・・・。あとプリウスなどはラジエターシャッターでオーバークールを防いでいるようでこの辺も攻めると面白そうですよ。
コメントへの返答
2018/07/25 21:07:09
昨年は、頭にきた悪あがきでした、、、大反省です。冷静にやらなくちゃ。e-Power冬場を2回こなして、まだこのおかしな制御を変えていない所を見ると、日産のBug では無さそうです。そうなると、なんでこんなおかしな制御するのか、ますます興味がわいてきています。ただ、Leaf の反省からか、バッテリー保護は最優先らしそうなのは良くわかります。冬低水温アラームが消えるのは51℃辺りです。そこから確かに制御は変わるので、水温は何らかの影響がありますねえ。AQUA や PRIUS 見ると、皆さんラジエタ覆いが当たり前のようですねえ。その前に、まず、外気温センサーをどうごまかすか? この冬にトライ予定です。

プロフィール

けむりおじさんです。燃費に拘り8年乗ってます。Heavy Smoke Car ですが、よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ノート eパワー Heavy Smoke Car (日産 ノート eパワー)
日常の相棒です。Motor Drive 面白いですよ 燃費に重大問題あり。寒冷地ではた ...
日産 ティーダ 日産 ティーダ
日常の相棒として乗ってます。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.