• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




イイね!
2013年01月18日

レクサス サスペンションメンバー強化 【LEXUS】

こんばんは。
シンクデザインの佐藤です。


年が明けて、1月は忙しくないはずなのですが、段取りが悪く仕事が終わらない日々が続いています。。。
ここで余裕を作っておかないと2月3月と大変な事になるので、焦っています。

冬山の季節にもなりましたので、趣味のほうも忙しいですし。

山滑りの動画など、またアップさせてください。

そんな山滑りな趣味がある事により、月曜日にブログアップしていると早く帰れなくなりますので、月曜定期アップは去年までとさせていただきます。

今年から金曜にできるかな?という感じでアップしてきます。


さて、本日はリアサスペンションメンバー強化のご説明をさせていただきます。

実際に現車を見ながらご説明すると理解しやすいのですが、お電話やメールでは説明しにくい部分が多々ありましたので、ブログにします。

まずは、リアサスペンションメンバーはどれなのか!?から始めます。





もちろんリアですので、後輪に関わる部分です。

ちょうど、左右のリアタイヤの間に位置します。

この辺りのお話しだと思ってください。





絵にすると、このような形をしています。

ちょっとイメージしやすいようにデフも入れました。

このサスペンションメンバーは何をしているかが今回のお話しです。

足回りに関するアーム・ダンパーが付いているロアアームもコントロールアームも、デフもこのリアサスペンションメンバーに固定されています。

ロアアームも固定されているという事は、タイヤホイールもブレーキもすべてがこのリアサスペンションメンバーに接続されいます。

そして、矢印で印を付けましたが、リアサスペンションメンバーは4カ所でボディ本体に固定されます。

逆に考えると、リアサスペンションメンバーがボディに固定されて、そこからデフ、各アーム類など接続される構造になっています。

で、実際の車を見ると。






各アーム類からドライブシャフト、デフなど装着されると見えなくなってしまいます。

見えている部分はあるのですが、アーム類など多すぎて、どれがリアサスペンションメンバーなのかが見分け付かなくなりますね。

ですので、絵を先に出しました。

そして、矢印を付けた部分が絵で矢印を付けた場所です。

リアサスペンションメンバーを固定しているカ所ですね。

この固定している部分を強化しましょうという事なのですが、どうして強化する必要があるかもご説明します。






まず、進行方向前側(フロント)の固定ボルトを外した画像です。


ここからが問題です。





画像のようにボルトが入る芯の回りに空洞があります。

中はゴムになっています。

もちろんゴムなどで間にブッシュがないとダイレクトすぎて乗り味がダイレクトになり過ぎてしまいます。

このブッシュで乗り心地を確保している部分も確かにあります。

ただ、マージンを取り過ぎているので、強化してもっとしっかり固定させたいという話しです。

そこで、





画像のようにリアサスペンションメンバーブレースセットのウレタンブッシュを差し込んで芯の動きを止めてあげます。

こうする事により、今まで必要以上に動き過ぎていた部分がなくなり、ボディにリアサスペンションメンバーがしっかり固定されます。

以前デフマウントカラーでわかりやすくご説明した構造と似ています。

この芯である部分がグラグラなんです。






こちらは進行方向後ろ側(リア)の固定ボルトを外した画像です。

リア側はゴムブッシュの面積が広い構造になっています。

このゴムブッシュのゴム硬度によってリアサスペンションメンバーが動く範囲が決まります。

その動きが大きすぎるので、





当社のリアサスペンションメンバーカラーで純正ゴムブッシュを押し潰してゴム硬度が上がった状態を作ります。

これによりリアサスペンションメンバーの動きが少なくなります。


さて、リアサスペンションメンバーの動きが少なくなる、しっかり固定される事により何が起こるのか。

簡単です。

そのリアサスペンションメンバーに接続固定されているすべてのパーツが、しっかり機能するという事です。

純正アームもそうですし、ショックアブソーバー、スプリング、デフなどなど、すべてのパーツが接続されていますので、その各パーツの機能が無駄な動きがなくなる事により明確になり機能してくれるという事です。

ですので、強化しましょうという事になります。


また、何かを交換して強化するものではなく、純正のゴムブッシュは機能させたまま動きを制限したりゴム硬度を上げた強化の仕方である事から、純正フィーリングの延長線上で反応良くさせるというのがシンクデザインの売りです。

このブログでご理解いただけると大変助かるのですが、それでも説明してもらいたいという方は、ご来店いただければ、実際に現車で「ここがリアサスペンションメンバーで、」とご説明します。

お気軽にご相談ください。



画像はISですが、CT/HSなどすべての車輛が同じ構造を取っています。

すべてのレクサスに共通して言える内容です。


もし良ければ当社のパーツで試してみてください。

よろしくお願い致します。





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 〒243-0435神奈川県海老名市下今泉1-19-10
 シンクデザイン株式会社 代表取締役 佐藤 義博
 TEL:046-236-6777 FAX:046-236-6778
 定休日:火曜日・水曜日
 営業時間:9時~17時
 ホームページ:http://www.think-design.jp/
 ホームページⅡ:http://www.lexus-parts.jp/
 フェイスブック:http://www.facebook.com/ThinkDesign2006
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ブログ一覧 | IS | クルマ
Posted at 2013/01/18 22:36:46

イイね!0件



この記事へのコメント

2013/01/19 07:11:55
憧れのパーツですね
コメントへの返答
2013/01/19 07:29:21
スピンドルカゴモン「TD系」さん

おはようございます。

今年は装着しますか♪
2013/01/19 22:29:53
ボロ車にパーツ装着の意味ないです

足回りパーツを、悩める貧乏にんに恵んでください
コメントへの返答
2013/01/20 16:57:58
まぁそう言わずに遊びに来て下さい♪
2013/01/21 00:30:04
ゴムの動きの感覚は微妙かと思いがちなんですが

これがどうして、結構如実に感じられるから

不思議です・・・・・(爆)
コメントへの返答
2013/01/21 09:42:06
W-Masterさん、おはようございます。

このブッシュ一つ一つが意外と大きな役割をしていますので、改善の余地ありといった感じです。

LS460とLS600hでも見た目は同じで大きく違うように、同形状でも硬度によって変わる部分もあります。

なかなか奥が深いですよね〜

 
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「ジーオン 洗車アイテム

そして、この日に遊びに来ている方がいて、誰かがこのキットを購入したという証拠の写真がある

どなたが買ったのか思い出せない初老

車を見るとどちらかのお方が買ったのであろうと想像できる」
何シテル?   05/25 14:45
レクサスのパーツを製作するメーカーです。 デモカーはとしてNX200t[F-SPORT]です。 足回りから内装までトータルでレクサスをサポートいたし...

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

お友達

色々な方と情報交換したいです。

お気軽にお友達登録してください。
469 人のお友達がいます
H@mikkunH@mikkun * X LineX Line *
t-tomot-tomo * cockpitcockpit *みんカラ公認
☆まーたん☆☆まーたん☆ * ドラ2ドラ2 *

ファン

345 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス NX レクサス NX
現在開発中のレクサス NX200t用 リアアンダースポイラーです。 詳しくは下記アドレ ...
レクサス RX レクサス RX
LEXUS RX200t(バージョンL)をデモカーにパーツ開発を進めていきます。 時間 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...
レクサス ISハイブリッド レクサス ISハイブリッド
■ブルーバナナ TV/ナビキャンセラー 販売中 http://www.bluebanan ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.