• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




THINK DESIGNのブログ一覧

2019年04月17日 イイね!

LEXUS UX センターフロアブレース インプレッション 【レクサス】

LEXUS UX センターフロアブレース インプレッション 【レクサス】どーもどーも!
シンクデザインの佐藤です。

ここにきて睡眠は本当に大切だと実感しています。


さて、先週ご紹介させて頂いた【LEXUS UX センターフロアブレース】ですが、個人的にはちゃんと説明できたと思っている内容のためか、ご注文も多く嬉しい限りです。

そこで、お客様からのインプレッションが一番参考になるかと思いますので、ご紹介させて頂きます。

発表からすぐに取り付けですが、もともと予定が入っており、新規のお客様にも関わらず、内容を見る前からご注文で常連のお客様のように信頼して頂いたので、本当に嬉しい限りです。

7日に作業させて頂いた内容は以下の通り

----------------------------------------------------------------------------------------
ブルーバナナ テレビナビキャンセラー ¥49,400
ブルーバナナ アクティブブレーキホールド(TVキャンセラー同時取り付け) ¥23,000
スナップオン エアコンシステム ¥15,000+ガス不足量(¥60/gとなり100gマイナスの場合は¥6,000となり合計¥21,000)
オートパーツ工房 ワンタッチウィンカー ¥10,000
球屋製 カップホルダーイルミ(TVキャンセラー同時取り付け) ¥22,500
球屋製 ボックスイルミ(TVキャンセラー同時取り付け) ¥15,800
センターフロアブレース(フルセット) ¥40,000+取り付け¥5,000=¥45,000

合計 ¥186,700(価格は全て税込工賃込み)
作業時間:4時間
----------------------------------------------------------------------------------------



現在取り付けできるフルセットであります。
(まだご紹介していないパーツもありますが・・・)



























取り付け後にインプレッションをメールで頂きました。
以下の通りです。

あれから横浜の方に出て、首都高環状にも走りに行ったので、
帰りが遅く、メールの返信は遠慮させていただきました。

おかげさまでTVキャンセラー、ブレーキホールドは使い方も
ほぼマスターできましたので、快適になりました。
ワンタッチウィンカーも含めて、細かい使い勝手がかなり向上
できました。

また、センターブレースですが、かなりいいですね!

首都高C1でも、霞のジャンプ(改修されて走りやすくなりましたが。。)後の接地感や、神田橋付近のカント付き切り返しなども、かなり好印象でした。
延々と続く路面のつなぎ目の吸収が
ノーマルと比べても改善されたとすぐに感じました。

元々UXはNXと比べても、足回りが良くなったと思っていましたが、
1ランク上の上質な乗り心地になった印象です。
1○0~1○0kmくらいのレーンチェンジも一発で決まりますし、
SUVでありがちな、荒れた路面で車体が捩れる感じも抑えられている
と思います。
絶対満足できると思いますので、是非他のUX乗りの方にもお薦めして
ください。

なお、ボックスイルミとカップホルダーイルミも、問題ありませんでした。
夜になると真っ暗で、まるでブラックホールのような(?)カップホルダー
周辺がかなり改善されました。
ただし、個人的にはもう少し光量があっても良いのかなと感じました。
あくまでも個人の印象ですが。。。

今後はエアロパーツやインテリア関連でも、色々とご相談させてください。
もちろん足回りやエンジン関連でも何か開発されたら、是非検討したい
と思っています。

今回作業をお願いして、本当に良かったと思っています。
ありがとうございました。
これからも末永くお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

P.S.
ちなみにエアコンについては、まだ良く分からないので夏を楽しみに
しています!





お客様からのインプレッションは以上です。

機能パーツに関しては、もちろん使えるパーツを自信を持ってお勧めしておりますので、皆様から同じように喜んで頂けて嬉しい限りです。
お役に立てて良かったと思える瞬間です。

今日の本題のセンターフロアブレースですが、機能パーツとは違い好みがありますので、自分好みの味付けな強化パーツはお客様に喜んで頂けるかどうかが重要です。

つまり、自分と同じで共感して頂けるのかが気になるところ。

足回りのパーツは感覚ですので、詳しくインプレッション頂けると本当に嬉しいです。

足回りが伸びてから接地吸収収束までが気持ち良く決まると、車を操っている感が増して運転が楽しくなると思います。

また、段差乗り越え時も、衝撃をダンパーが吸収していると感じられると楽しいですし、そんな車の挙動を確かめながら運転するのがドライブではないかと。

な〜にも考えずに運転するのでは無く、ステアリングを微妙に動かしながら車の反応がどうなのか、素直に答えてくれるのか問いながら運転してみて下さい。

マニアックと言われようが、どんなものも突き詰めてこそ、面白味が出てくるのだと思います。

そんな楽しめるアイテムを提供できればと思いパーツを作っています。

足回りのパーツは「なにそれ付けた事ない」と言われる事が多いので、一人でも多くの方に楽しさを知って頂ければと思います。


カタログページへの追加は終わりましたので、下記よりご覧下さい。


   LEXUS センターフロアブレース カタログページ


ご注文をお待ちしております。

いつもの常連様にも取り付けさせて頂きました。
九州の情報ありがとうございます!!






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 〒243-0435神奈川県海老名市下今泉1-19-10
 シンクデザイン株式会社 代表取締役 佐藤 義博
 TEL:046-236-6777 FAX:046-236-6778
 定休日:火曜日・水曜日
 営業時間:9時~17時
 Homepage:http://www.think-design.jp/
 Blog:https://minkara.carview.co.jp/userid/280838/blog/
 Twitter:https://twitter.com/thinkdesign2006
 Facebook:http://www.facebook.com/ThinkDesign2006
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Posted at 2019/04/17 18:42:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | UX | 日記
2019年04月05日 イイね!

LEXUS UX センターフロアブレース装着インプレッション 【LEXUS】

LEXUS UX センターフロアブレース装着インプレッション 【LEXUS】シンクデザインの佐藤です。

今日はLEXUS UX250h UX200 センターフロアブレース


本日のブログは【走るの好きな人 集合!!】です。


すでに製品は出来上がっており、単品撮影もデモカーへの装着&実走行テストも終わり、価格が決まる前から、ご注文も頂いているのですが、ブログまで到達できずにいました。

昨日、YouTubeへ動画はアップしまして、写真と動画でわかりやすくしようと思っています。

まずは動画から、純正比較と車輌への装着状況をご覧下さい。





写真とは違うわかりやすさが動画にはあるかと思います。


それでは、より詳しく写真と文章でご説明致します。





レクサス UXは3本のセンターフロアブレースになります。

過去の3本も装着可能な車種は無かったですね。
1本装着と2本装着と3本装着とテストをしなければならないのは初でした。


それでは、まずは純正から









ご覧の通り3本です。

フロントから1本目と2本目は同じ形状です。
3本目はマフラーを逃す形状になっております。

ですので、設計としては2本です。

3本ですがセンターフロアブレースⅠを 2本 買って、センターフロアブレースⅡを 1本 買って 1台分 という事ですので、お間違いなく。


そこで、1本買う人とフルセットで買う人がいますよね。
なので、男前な方の為に3本フルセット価格を作りました。

というか、1本 2本 3本 と順に走行テストした結果、3本ですUXは。


さて次。

純正比較



見た目が格好良い!と言われる事が多いのですが、ジュラルミンの塊から削ってますからね。


センターフロアブレースⅠ





リフトアップでは見栄えが良かったのですが、自動車用には見えない建築用ですか?という純正です。

見た目で剛性感の違いは明らかですが、それはいつもの事です。


センターフロアブレースⅡ



これがいつもの純正比較ですよね。

建築用よりこの方が自動車用純正部品らしくて好きです。


どちらも、見た目で剛性アップは間違いなく、シンクデザインを良く知る方は今回も良いパーツを設計したと思ってもらえるかと。

今回のブログは久しぶりのセンターフロアブレースなので、初心に戻ってちゃんと説明しようかと思います。

シンクデザインとして保存版にしたいと思っていますので、長々となりますが読んで下さい。


フロアの補強ブレースは、どのような車種でもメジャーで色々なメーカーが製品化しています。

一般的に「補強」「強化」という目的で装着される方が多いですよね。

もちろんフロアの剛性アップが目的ですから、補強です。

では、その目的は剛性不足を感じるから、もっとカチッとした乗り味にしたいからですよね。

補強だけが目的でしたらパイプの溶接でガンガン装着すれば剛性アップです。

サーキット走行などでボディが捩れる事により、足回りでは制御できないと感じるのであれば、どんどん追加したり、大きなブレースをガッツリ装着すれば良いかと思います。

シンクデザインのユーザー様はレクサスユーザー様であり、サーキット走行を目的とされる方では無く一般走行をもっと楽しくしたいユーザー様がほとんどです。

ガチガチに補強するのが目的では無く、乗り味を良くする、純正フィーリングの延長線上で走行性能をアップさせる事が目的です。

ですので、基本としている部分は

1 純正ブレースと交換や追加で 純正に無い部分には追加しない
2 材料の特性を生かす為に溶接したスチール製を使わない

です。

1 純正ブレースは車を設計する上で必要とされるから設定されている訳であり、そこにブレースが必要という事は車全体でみた場合、そこが弱点であり、純正で限られたコストで作った満足のいかないブレースでは無く、コストを掛けた本格的なブレースに交換すれば簡単に走行性能アップという方程式です。
 
そして、純正ブレースと交換する事により、車全体のバランスが崩れないのも想像できるでしょうか?
補強し過ぎて走りにくくなったり、乗り心地悪化となったりする事を、純正ブレースとの交換で防いでいるとも言えます。


2 材料のこだわりは前々から伝えていますが、ジュラルミンにも種類が多数あり、硬さを得意とするもの、ねじれに強いものなど、特性様々です。
 そこで、シンクデザインではスタイブラケットなどのように硬さが必要なパーツとねじれが必要なブレースとで材料を変えています。
 一括して材料を買った方がコスト削減になるのですが、ゴールドアルマイトしてしまえば見た目はわかりませんが、何年も守って続けています。

 不必要な入力な状況時はジュラルミンブレースが力を吸収して逃すという事が重要です。
ですので、単に補強するだけでは、シンクデザインユーザーには合わないという事です。


必要である部分に完璧なパーツを装着して、車のバランスを崩す事なく走行性能をアップ。


売りたいからでは無く、こだわって弱小メーカーが頑張っているんだよ!という事が伝わりましたかね。


そして、そうは言っても、コスト気にせず作るから単価が高くなってるじゃん!と思いますよね?

それがですね、今回、切削してくださる業者様から、「俺も車好きだから、もっと良さを多くの方に知ってもらえる為に協力するよ!」と言って頂き、性能や材料では無くコスト削減できました。

仕入れが下がった分、もちろん定価も下げれますので、購入しやすい価格設定にできました!

本当にありがとうございます!!!


センターフロアブレースⅠ ¥13,000(税込)
センターフロアブレースⅡ ¥17,500(税込)

3本フルセット ¥40,000(税込)
*¥3,500お得です


どうです?
この拘りでこの価格。

掛かっている費用は切削代だけでは無く、試作や設計などもあるんですが無視ですよ?

ISに乗ってる方からするとIS用は¥25,000ですから半額の凄さです!

これで売れなかったら、もう作るのやめるよ。

それと、業販価格はエンドユーザー様向けの価格設定にしたので、仕切りを上げます。

9割りが直接エンドユーザー様とお取引のシンクデザインで、代理店を持たずに13年ですから良いでしょ!



それでは、実際に装着した写真。


















いかがでしょうか。

見栄え良いです。
見栄えは性能に関係ないですが 笑



そして、実際に装着テスト走行したインプレッション。

まず一般道路で最初に感じたのは、装着前のバタついていた軽さが無くなりフロアに重厚感を感じました。

段差乗り越え時も車両全体で吸収し、重心が低くなった感じさえします。

3本装着ではハード過ぎるかと少し心配があったのですが、その心配など全く無く、家族で4人乗車の荷物満載の大阪旅行時も不快感なく非常に満足です。

また、150km程度の高速コーナーなど、横ブレするような場面でも収束は早く安定感も満足いく仕上がりです。
レーンチェンジしてもノーズが思い通りにステアリングと連携しているのが良くわかります。

高速走行中のフワフワした不快感はかなり解消されます。

富士サファリパークから遠回りして箱根のワインディングでは、上りの安定感は当たり前として、下りのS字での切り返しなど素直で違和感無く運転を楽しめました。


これなら「オススメですよ!」と胸を張って販売できると思いました。


ホームページの更新はすでに依頼しておりますので、更新されましたら、このブログにもリンクを貼ります。

すでに在庫はありますので、ご来店での取り付けから発送まで、下記アドレスからお受けできます。

info@think-design.jp


それでは、是非ご検討下さい。



それと、大変申し訳ないのですが、電話でのお問い合わせが非常に多いです。
作業を時間通りに終わらせなければならない為に、簡単なご説明となってしまう事がありますので、出来ればメールでのお問い合わせでお願いします。

出来るだけ迅速にお返事をしますので、チャットしている感覚でやり取りします。

何度でも、些細なことでもご質問下さい。

よろしくお願いします。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 〒243-0435神奈川県海老名市下今泉1-19-10
 シンクデザイン株式会社 代表取締役 佐藤 義博
 TEL:046-236-6777 FAX:046-236-6778
 定休日:火曜日・水曜日
 営業時間:9時~17時
 Homepage:http://www.think-design.jp/
 Blog:https://minkara.carview.co.jp/userid/280838/blog/
 Twitter:https://twitter.com/thinkdesign2006
 Facebook:http://www.facebook.com/ThinkDesign2006
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Posted at 2019/04/05 23:38:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | UX | 日記
2019年03月18日 イイね!

LEXUS UX フェンダー同色システムの視覚効果 【レクサス】

LEXUS UX フェンダー同色システムの視覚効果 【レクサス】こんばんは。
シンクデザインの佐藤です。

先日のブログの後に、ご注文を頂いているお客様にご来店頂き、実際にデモカーを見て頂いて、お話しさせて頂きました。

もちろんブログの内容を見て頂いているのですが、やはり実際にお話ししないと伝わらない部分も多いなと感じまして、再度ブログにしてご説明しようかと。


今回ご注文頂いたお客様のお車は



ご覧の通りレクサス純正スポイラー(F SPORT PARTS)付きです。

アンダーランセット(フロント・サイド・リヤ)を装着している為にフェンダーのみ同色にしたいというご依頼です。

このスポイラーの視覚効果は、純正樹脂部分に装着する事によりボディの底辺を下に下げて車を大きく見せる手法です。

ボディがホワイトであれば尚更ですが、ホワイト部分が底辺に見えて樹脂部分は見えていてもボディとは認識せずにホワイトの底辺しか見ていません

そこにシルバーのスポイラーが一部分でも装着となると、スポイラーの底辺がボディの底辺と認識しますので、スポイラーの形状に関係なく全体的に車が大きく見えるというわけです。

どんなデザインでも黒以外のスポイラーが付いて目立てば「格好良い」「車が大きく見える」となります。





この赤ラインが底辺という事です。

極端に言うと、樹脂部分にステッカーでボディ同色のラインなど入れれば、視覚効果で同じ現象が起こるわけです。

一つエンブレムを付けるだけでも認識は変わるので、効果絶大だと思います。


そこで、




この飛び出したように見えるフェンダーですが、認識していないラインよりも下にあるので、違和感を感じると言う事で、レクサス純正スポイラーを装着すると、同じ底辺までフェンダーが来るだけで違和感が無いというカラクリです。

ですので、真横にライン取りして無理に樹脂部分を合わせるよりも、フロントのL字部分を縦にカットした方がスマートという訳です。

実際にスポイラー装着車両にフェンダー同色を装着していないので、想像するのが難しいかと思いますが、総合的にみて今回の提案がバランスが良く正解です。


ここまでが車両底辺のお話しでして、フェンダーを同色にするという事で他にも大きな効果があります。








車高が低く、もちろんワイドに見えます。

底辺の違和感が無くなれば、ワイドになっている部分、フェンダーとタイヤの隙間がなくなっているように見える視覚効果から、全体のまとまり、一体感から違う車に見える事間違いありません。

派手過ぎず、ノーマル車両から1歩リードしたレクサスらしさ。


うまくご説明できたのか、なるほどね!と思って頂ける方が一人でも多くいれば嬉しいです。

よろしくお願いします。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 〒243-0435神奈川県海老名市下今泉1-19-10
 シンクデザイン株式会社 代表取締役 佐藤 義博
 TEL:046-236-6777 FAX:046-236-6778
 定休日:火曜日・水曜日
 営業時間:9時~17時
 Homepage:http://www.think-design.jp/
 Blog:https://minkara.carview.co.jp/userid/280838/blog/
 Twitter:https://twitter.com/thinkdesign2006
 Facebook:http://www.facebook.com/ThinkDesign2006
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Posted at 2019/03/18 21:35:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | UX | 日記
2019年03月14日 イイね!

LEXUS UX 純正オーバーフェンダー同色システム 【レクサス】

LEXUS UX 純正オーバーフェンダー同色システム 【レクサス】こんにちは。
シンクデザインの佐藤です。

日々ご予約作業に追われておりますが、今週は少しだけ余裕があり、デモカーが戻ってきましたので、少し助かっております。

ただ、来週・再来週はすでにご予約で埋まってきております。
不思議と平日が月末まで満員御礼状態。
土曜・日曜は少しだけ空きがあるのですが、おそらく全て埋まるかと思います。
お早めにご依頼下さい。

ただ、早めにご予約頂いて納車が延期になり、もちろんご予約も延期という事が多いです。
その時にはすでに翌週はご予約で埋まっておりだいぶ先のご予約になってしまうという事もありますので、正確に納車日が決まってから、ご予約をお願いい致します。

お伝えした作業時間通りに作業を終わらせご帰宅できるという、この「お約束した時間通りに作業を終わらせる」という凄さがシンクデザインにはあります。

作業時間厳守という凄い技を持っているのですが、意外とみなさま当たり前のように思うかもしれませんが、自動車業界では、この当たり前が出来ない事が多い。

なんせ、同じ作業しかしないシステムにしておりますので、これが可能で、遠方からのお客様にもご迷惑をお掛けしない考えから徹底しています。

ですので、時間通りにご来店頂けるレクサスユーザー様には大変助かっております。
本当にみなさま、時間通りにお越し頂けるので、レクサス専門として起業したことが正解だったと思います。

今後も快適にご来店作業を満喫して頂けるように最善を尽くします!


そのために、社外パーツの取り付けを行なっておりません。
また、ドラレコのリアカメラ取り付けも行いません。
ご理解ください!!!




さて、前置きが長くなるということは余裕があるという事。

お昼休みに当社のブログで楽しんで頂くために、12時までに投稿したい。


本日は【LEXUS UX】純正オーバーフェンダー同色システムの進行状況

ブログをする事になったのは、お客様からのご依頼で、フェンダーだけを同色にしてサイドステップは触りたくないというご依頼から。

あり得るご依頼内容でしたので、フェンダーだけのパターンでも対応出来るようにします。

まずは、下記写真をご覧下さい。




フロントフェンダーがサイドステップと繋がりがあり、通常はフェンダー・サイドで同色にしなければ一体感が出ないところですが、サイドステップを独立させて見えるようにすれば良いという事。

そこで、サイドステップのラインでフェンダーを艶消し黒にしてしまえば良いと考えた訳ですが、
写真の通りマスキングテープの下ラインまで同色にしたとしてカットラインを決めようとしたところ。





この写真の通りにすれば良さそうですよね。

ただ、立って視線を変えると。









マスキングテープなので、わかりにくいかもしれませんが、カットラインが下に見えてサイドステップとのラインがズレて違和感が出る事、間違いありません。

つまり、見る角度によってラインが異なるので、横ラインでカットラインを決めてしまうと「ラインが合っていない」というクレームが続出する事、間違いなし。



そこで、フロントフェンダーのみ加工する事によって一体感を出す方向で変更です。

まずは、無加工でフェンダーのみ装着した場合の写真をどうぞ。

































ご覧の通り、フロントフェンダーのサイドステップへの折り返し部分が非常に違和感があり不自然です。

ここは改善しなければフェンダーのみの同色はありえません。



で、実際に折り返し部分を艶消しブラックにした場合





















いかがでしょう?

フェンダーのみでも意外と見栄えがかなり変わります。

折り返し部分の艶消し処理の大切さもご理解いただけたでしょうか?


また、RXの時も同じですが、樹脂のフェンダーを同色にするだけで車高が低く見えます。

タイヤ・ホイールを交換したくもなりますね。


もちろん、サイドステップからフロントリップスポイラー・リアアンダースポイラーと交換した方が一体感が出ますし満足感も高いと思いますが、そんな全部買えないわ!!って方もいるかと思いますので、今回のご提案となりました。

写真よりも実際にデモカーを見て頂いた方が良いのですが、この内容を終わらせたらサイドステップの同色化→リアアンダーの同色化と進みます。

そして、その前にBIGスロットルの装着テスト走行、アンバーブラックインテリアパーツの装着&撮影と続きます。

デモカーらしくなってきますので、今後に期待して下さい。

よろしくお願いします。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 〒243-0435神奈川県海老名市下今泉1-19-10
 シンクデザイン株式会社 代表取締役 佐藤 義博
 TEL:046-236-6777 FAX:046-236-6778
 定休日:火曜日・水曜日
 営業時間:9時~17時
 Homepage:http://www.think-design.jp/
 Blog:https://minkara.carview.co.jp/userid/280838/blog/
 Twitter:https://twitter.com/thinkdesign2006
 Facebook:http://www.facebook.com/ThinkDesign2006
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Posted at 2019/03/14 11:55:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | UX | 日記
2019年03月07日 イイね!

LEXUS UX スポイラー進捗状況3 【レクサス】

LEXUS UX スポイラー進捗状況3 【レクサス】こんばんは。
腱鞘炎なのか痛風なのかわからん佐藤です。


本日、デモカーがようやく戻ってきましたので、スポイラーの最終形状をご紹介。
これがマスターとなり、ここからメス型を作ります。

メス型が完成したらFRP屋さんへ!

そして塗装屋さんへ!!

まだまだ先は長いです。


が!形は決まりですので、このデザインが気に入った方は今後にご期待ください!!!

それでは、写真をご覧ください。


まずは、フロントリップスポイラー






































いかがでしょ!?

世の中で一番地味であろうフロントリップスポイラー

高さはほぼ純正に近い状態をキープし(実際はセンターに向かって低くなっているので同じ高さでは無いです)、前方方向へは飛び出さないようにデザインしています。

2本のスポイラーが融合された形状にする事によりダクトとなり、スペースの無い中にもデザイン性を持たせています。

お洒落なレクサスらしい仕上がりとなりました。

理想通りで満足です。



続いて、リアアンダースポイラー























リアアンダーはシンクデザインらしさを忠実に守ったデザインです。

ほとんどのお客様から「シンクデザインらしいね!」と言われるという事は正解だったという事ですね。

ある意味冒険はしていません。

F-SPORTのリアアンダーを使う事によって十分派手さはありますので、足りない部分をアシストですね。

純正樹脂部分を同色ペイントして装着した場合に、どのように見えるのかが気になる部分ですので、次の進捗を楽しみにしていて下さい。

自分も楽しみです。

間違いなくメッキの加飾が強調され格好良く見える事でしょう。



そして、急遽作りたくなったリアゲートスポイラー























完全に真後ろからの写真を撮り忘れています。

弱そうなテールレンズが気に入らず、テールレンズを引き締める為に作っているので、真後ろが重要なのに真横の美しさばかり気に入り、真後ろのデザインは当たり前になっておりました。

まずは間違えの無いデザインに仕上がっていますので、文句の付けようが無いかと思います。

これは純正? がコンセプトです。


以上となりまして、今後の予定ですが、メス型が月末までに仕上がり、4月上旬にデモカー分が上がってきてフィッティング確認して量産します。

早くて4月下旬という納期ですが、GWが近いのでもう少し繰り上げたいと思っております。


それでは、よろしくお願いします。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 〒243-0435神奈川県海老名市下今泉1-19-10
 シンクデザイン株式会社 代表取締役 佐藤 義博
 TEL:046-236-6777 FAX:046-236-6778
 定休日:火曜日・水曜日
 営業時間:9時~17時
 Homepage:http://www.think-design.jp/
 Blog:https://minkara.carview.co.jp/userid/280838/blog/
 Twitter:https://twitter.com/thinkdesign2006
 Facebook:http://www.facebook.com/ThinkDesign2006
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Posted at 2019/03/07 23:25:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | UX | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「本日の1枚

って同じパーツ連投しちゃう芸のなさがシンクデザインです
それだけご注文が多いです
一人でも多くの方に良さを感じて欲しいです

さすがに作業時間が長くて疲れたので、今日は早めに帰宅しようかと思います
仕事より睡眠を優先して明日ガンバリマス」
何シテル?   04/25 21:20
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT200h→GS250→IS300h→NX200t→RX200t→UX25...

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

愛車一覧

レクサス UXハイブリッド レクサス UXハイブリッド
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT20 ...
レクサス NX レクサス NX
現在開発中のレクサス NX200t用 リアアンダースポイラーです。 詳しくは下記アドレ ...
レクサス RX レクサス RX
LEXUS RX200t(バージョンL)をデモカーにパーツ開発を進めていきます。 時間 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.