• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




THINK DESIGNのブログ一覧

2011年12月06日 イイね!

レクサス GS350 特注ハイグリップステアリング☆ 【LEXUS GS350】

レクサス GS350 特注ハイグリップステアリング☆ 【LEXUS GS350】こんにちは。



久しぶりに本日は予約無しで静かな1日です。

こんなに静かなのは何ヶ月ぶりでしょうか。



友人の車にCDプレイヤーとETCを取り付けしていました♪

まったりゆっくり作業するのも良いですね♪


毎日この調子では困りますが(笑)




さて、先日取り付けしたLEXUS GS350用のハイグリップステアリングですが、特注品で格好良かったので、ご紹介させていただきます。














ん?って思った方いますか?

GSのステアリングはコブ付きがないのですが、今回初めてコブ付き加工にチャレンジしてみました。


なかなか品の良い感じで仕上がりました。

でも3ヶ月かかりました(笑)

時間みて加工を依頼したので仕方ないですね(笑)




握りを太くしてハイグリップステアリングですが、コブ以外にもアルカンターラを内側にデザインしてオリジナルにしています。

ステッチはシルバーです。




そして装着画像ですが!!










このようにスタイリッシュになり高級感も♪

これは久しぶりにセンスのあるデザインができました♪♪


時期GSデモカーは色を追加してデザインしたいと思いました☆


それでは、日頃できない片付けなどなど作業がない日でもサボらず頑張って仕事したいと思います!!

こんな時こそ頑張るべきです!!!

ありがとうございます。





     シンクデザイン■ホームページ


     シンクデザイン■ホームページⅡ


関連情報URL : http://www.lexus-parts.jp/
Posted at 2011/12/06 15:37:21 | コメント(5) | トラックバック(0) | GS | クルマ
2011年10月03日 イイね!

LEXUS New GS 画像入手☆

こんにちは。



本日はそれほど予約もなく忙しくないので、昼間にブログです♪

友人から、とある画像が届きました☆





New GS です☆

次のデモカーは負けずとGSにする予定なのですが、色々なところで概観を見て、センス良いのか悪いのかと悩んでいたのですが、この写真をみて、「ん?意外と良いのでは!?」と気分が変わりました。






リップスポイラーが欲しくなるバンパーデザインですが、フロントグリル周辺の張り出し感も良い感じだと思います。


ナンバー周辺をグリルの幅で黒くしてしまいたい。。。と思いましたが、黒を買えば良いのか!?とも思い(笑)






サイドのデザインは特に特徴もないですね~


側面から見たヘッドライトの形状は個人的には好きです☆






一番心配だったテールレンズですが、この角度は一番痛いところ。


もう少し個性を出しても良いのではないかと。。。。。





でも、





真後ろから見たら、意外や意外。


横幅も広く見えるし威圧感もあります。



この画像で、「これなら売れるかな!?」と思いはじめています☆


2月には乗れるのですかね???

ちょっと待ち遠しいです♪





     シンクデザイン■ホームページ

     シンクデザイン■ホームページⅡ


関連情報URL : http://www.lexus-parts.jp/
Posted at 2011/10/03 16:46:50 | コメント(6) | トラックバック(0) | GS | クルマ
2010年10月04日 イイね!

レクサス GS450h OS技研製LSD[1.5Way]取り付け 【LEXUS】

レクサス GS450h OS技研製LSD[1.5Way]取り付け 【LEXUS】本日は先日取り付けしたLSDをご紹介。



車種はレクサス GS450h(ハイブリッド)になります。





すべて純正(ノーマル)です。



そして、すでに50台以上のLSD装着実績を持つシンクデザインですが、レクサス GS450hに関しては初の取り付け。



リアデフに関してはLEXUS GS350と同形状です。



ですので、ハイブリッドだからといって特に特殊な事もなく、GS350用・GS350とまったく同じ作業となります。





いつもと同じように分解。



純正デフを取り出します。





左が純正デフ。



右がOS技研製1.5WayLSD。






リングギアを純正デフから外してOS技研製LSDに組み付けします。



リングギアを温めて膨張させてからでないと入らないんですね~






急いで入れ込み、ぴったり合わせてからリングギアボルト新品で固定してきます。



もう手馴れたもんです。



横に立って構えていないと作業がどんどん進んでしまうので、写真を撮るのが大変なほど。





固着しているオイルシールを綺麗に除去して組み込む準備です。



右下に写っているジュラコンデフマウントカラーもお約束で同時取り付けです。






はい!組み込み完了!!!



サイドベアリングも飛ばさず完成!!



バックラッシュもOK!!!




毎回完璧です♪




ちなみに、50台以上の取り付けで一度も失敗したことありません。



当たり前ですが。。。。。





デフケースのアーム。



隙間からジュラコンデフマウントカラーですね。



これ、北海道支部長の「うきちさん 」は後から装着したのですが、冬に装着で。。。。



「佐藤君!デフカラーなんだけど、反応良すぎてびっくりしたよ! 思わずカウンター当てた!!!」との事です。



アスファルトですとタイヤがグリップしますから、トラクションの掛かりが良くなるだけで恐いことないのですが、路面μの低い状態ですとドキッとすることがあるかもしれませんね。



その前に雪道なのにアクセル踏みすぎなんでしょうけど(笑)






このように、いつものGS350と同じ風景でした。



GS450hのユーザーさん。



ハイブリッドでもLSDは装着できますので、是非!ご検討ください☆






そして、同時取り付けさせていただいた他のパーツですが。



■スタビライザージュラコンブッシュ

■リアスタビライザーリンク



になります。






色々と問題がありましたが、シンクデザインにご来店されるユーザーさまで自分の説明からご理解いただいた方のみ装着させていただいております。



アクティブスタビライザーは装着していませんでしたので、通常通りフロントはブッシュのみ交換でリアはIS-F用のスタビライザーを流用して取り付けさせていただきました。






リアはスタビリンクも同時に取り付け。



急発進などの時に起こるジャダーを防ぐのにも効果があるのがリアスタビライザーリンク。



LSDを装着する際に同時装着で効果がありますので、スタビリンクもお勧めします。




GSはリアスタビライザーブッシュがスタビライザーに溶着されているので、ブッシュを交換するだけで効果絶大です。



コストダウンは恐いですね。。。。






そして、すべて装着完了。





帰りは雨の中でしたが、効果絶大だったと思います。






そんなお客様から喜びのメールをいただきました。









昨日は、大変お世話になりました。メカニックの方、常務さんにも大変お世話になり
ました。
皆さんの人柄の良さにとても嬉しく、気持ちよく帰ることが出来たこと、心から御礼
を申し上げます。

お店を出て家までの感想を、書かせていただきます。天候:雨

①お店から厚木インターまで・・・リアタイヤが、路面を蹴ってるのがお尻を伝って
よく分かりました。また、車内が静かになりました。
②厚木インターゲートから上り車線へ・・・タイトなカーブで今までよりもロールの
少なさに感動。雨にも拘らずタイヤが路面を蹴っている感じが伝わってきます。
③高速道のレーンチェンジ・・・ハンドルの蛇角が、今までよりも少なくレーンチェ
ンジできました(応答が速い)。

④一般道、高速道の直線・・・直進安定性の向上(ハンドルのぶれが少ない)=運転
が楽になりました。気のせいか、ブレーキの効きも良くなったかも??
⑤駐車状態からハンドルを切りながらゆっくりバック・・・ゴゴゴゴー♪嬉しい音
(笑)。LSDが効いている?。(音は、しばらくすると無くなるというお話なので、
気にせず・・)。

お店をでてから家まで運転している間、大袈裟でなくお話ししていたとおり・・「違
う車じゃないか」というくらいの体感がありまして、ついついアクセルを踏みがちに
なっている自分がいました。こんなに大きい体感は、いままでありません。

音については、⑤以外にスタビから極まれに「カンっ」という音が耳に入ってくるく
らいです。乗った感じは、全体的マイルドだったのが少し引き締まった感じ(例え
ば、継ぎ目の乗り越えで今までの音「パカンっパカンッ」が「タタンっタタンッ」へ
変わったという、感じでしょうか。分かりづらいかな・・。

運転好きの方には、ノーマル車高でもLSD、スタビ強化(ブッシュ、リンク)をぜひ
勧めたいです。ノーマル車高にLSDだけでも良いかもしれません。




昨日1日、お話しの内容(パーツ選び・音響選び)にしても自分の生活に無い世界を
見られたし、実際パーツ装着し体験できて楽しかったです。
お忙しい中、違う世界を見させて・・また体験させていただき、ありがとうございま
した。
これからも、ドライブが一層楽しみとなりました。

それでは、またお邪魔させていただきます。その時も、いろいろとお世話になるかと
思いますが、よろしくお願いします。













との事でした。




ありがとうございます。




LSD装着後、数百キロは音ではなくちょっとした振動でLSDが馴染むまで違和感がありますが、すぐに無音になりますので、ご安心ください。




また、「カンッ」という音はおそらくスタビブッシュですが、馴染みで音が消えますので、これもご安心ください。




喜んでいただき、本当に嬉しいですね。

これからも間違いのないパーツ選びをアシストさせていただきます。




ありがとうございました。






     シンクデザイン■ホームページ




     シンクデザイン■ホームページⅡ



関連情報URL : http://www.lexus-parts.jp/
Posted at 2010/10/04 23:29:34 | コメント(13) | トラックバック(0) | GS | イベント・キャンペーン
2010年03月09日 イイね!

レクサス GS350 インテリアパネル・エンブレム・HID・スロットル・インテーク【LEXUS】

さて今日は40枚近くの画像を使います。

画像を選別するのに30分以上かかってしまいました(笑)


「レクサス GS350」

まずは、常連のお客様の「Momoringさん」からご紹介☆

シンクデザイン・オリジナルカラーの【エボニーブラック】をGS350のインテリアパネルへ採用させていただきました。






センターエアコントリム~マルチビジョンサイドパネル~オーディオパネルを【エボニーブラック】で特注で仕上げさせていただきました。

ありがとうございます。





このエボニーブラックは光が当たる事により「ブラウン」や「パープル」に変化する魅惑のカラーです。

「ブラウン」の部分が純正ウッド「ウォールナット(レイディッシュブラウン)」に相性良く綺麗にまとまります。







表面の艶が出るだけで高級感が増すので、ピアノブラックなど人気がありますが、このエボニーブラックも格好良いですね。

大人な雰囲気を出しています。





このように、同系色のブラウンですので、色は違えど違和感なく相性が良いです。

光が差し込まないとダークブラウンになるのですが、ピアノブラックともまた違う表情ですね。





昼間は色々な表情を見せてくれるのですが、決して子供っぽくなく高級感を維持してくれます。

そして、もう一つ。

手前にあるシフトノブですが、現物を見て衝動買いしていただいた「SAKURA」シフトノブ。





表面の「桜」の柄が立体に見えますが、実際の表面はツルツルです。

シルバー単色で柄を立体に見せる特殊な塗装技術で、これこそシンクデザインでしか作れないパーツですね。

派手にせず、乗り込んだ人にしかわからないカスタム。






思わず触りたくなるパーツの一つです。

他にはないシフトノブをお探しの人は是非!ご検討ください。

在庫分は完売しまして、受注生産となっています。

シンクデザインのシフトノブ■カタログページにてご予約可能となります。

      シフトノブ■カタログページ

      *「これらの商品を購入する」ボタンからショッピングサイトへ移行しますので、そちらから選べるようになっています。



また、「SAKURA」シフトノブに関しては過去にもブログで紹介しています。
ホワイトやゴールドもありますので、気になる方は下記よりご覧ください。

      「SAKURA]シフトノブ■過去ブログはこちら



また、エボニーブラックのインテリアパネルは「ピアノブラック」のページよりご注文承ります。

最後の特記事項に「エボニーブラック希望」とご入力ください。

      レクサス GS用ピアノブラック■カタログページ







そして、もう一人の常連さま「THD-01さん」をご紹介☆

同じくレクサス GS350ですね。

まったく同じ商品、エボニーブラックでインテリアをドレスアップさせていただきました。





純正マルチビジョン。

この素っ気無いシルバーなパネルをエボニーブラックに交換します。





パネルのみを交換しますので、このように基盤を移植するために分解します。

シンクデザインへご来店いただければ、お待ちいただいている間に交換いたします。





このパネルを単純に交換します。

バラバラに分解ですね。






そして、装着完了すると、このように魅惑のカラーへと大変身。

夕日に当たって、とても綺麗です☆







角度によって表情が変わりますから、運転席と助手席では違うパネルに見えます。

どちらも艶々なパネルですから、高級感は抜群ですね。







夜間スモール点灯時には、純正同等に文字が光るようにしていますので、機能を損なうことなく高級感を出すことが可能です。

最近では、ウッドよりもピアノブラックのほうが人気です。

これからは「エボニーブラック」が流行りますかね♪


ご注文はGS用ピアノブラック■カタログページより特記事項に「エボニーブラック希望」とご入力ください。

      レクサス GS用インテアリアパネル・ピアノブラック■カタログページ



また、ピアノブラックでの装着例を過去のブログで紹介しています。

気になる方は下記アドレスよりご覧ください。

      レクサス GS用 ピアノブラックインテリアパネル■過去ブログはこちら







エアコン風量マークも再現しています。

この風量マークにもこだわりがあるのですが、純正の風量マークと同じ形状・大きさにするために新規で作り直し忠実に再現しています。

大きくなったり、小さくなったりするだけで雰囲気が変わりますから、大切な部分ですね。






同時に左右のエアコントリムも交換させていただきました。

Assyで交換になるので、エアコントリムに関しては、さほど大変な作業ではありません。







こちらの風量マークも純正を再現。

左右交換させていただきました。


ありがとうございます。






次にステアリングスイッチパネルも同時に交換させていただきました。
このステアリングスイッチはホームページ上にはありませんが、何でもご要望に答えられるように特注で加工させていただいたパーツです。






ステアリングスイッチも艶が出ることによってアクセントになり安っぽさから開放されます!!

今回はスイッチの部分をステアリングに残した状態で、スイッチパネル部分だけをお預かりさせていただき、現物加工にて施工させていただきました。

可能な限りの対応はさせていただきますので、何でもご相談ください☆






次にメータークラスターですが、これは最近装着したパーツです。

先にメータークラスターをエボニーブラックに加工させていただきましたね。







いつも目の前にあるメータークラスターなのと、GSはメータークラスターの面積が広いので効果抜群です!!

メータークラスターやステアリングスイッチだけでも格好良いと思います。







さて次は、最近問い合わせが増えている「パドルシフト」を加工取り付け。

ステアリングを外して配線を引き回しながら取り付けしていきます。

なお、このパドルシフトの加工ですが、みんカラでも有名な「Tsuyoshi会長さん 」に加工取り付けしていただいております。
加工してもらったステアリングをシンクデザインにてDPUユニット(Dレンジのままでシフトダウン・アップを可能にするアダプター)を含め取り付けするというシステムです。






メルセデスAMG用のパドルを流用するのですが、そのまま取り付けしては、ガタや感触が左右で変わったりと不具合が出やすいパドルシフト加工ですが、Tsuyoshi会長さんの加工は完璧です。

左右の感触も揃えて、ブレることなくアップ・ダウンが可能です。






「UP」や「DOWN」など文字に色を付けることも可能ですね。

また、GSに関しては純正ステアリングを貸し出す事が可能です。

ステアリングの裏カバーにパドルを固定するので、ステアリング本体と裏のカバーまでをお預かりしないといけないのですが、代わりとなるステアリングがなければパドルシフト加工はできません。

社外のステアリングに交換するついでにパドル加工という方法もありますが、純正ステアリングに加工したい場合はシンクデザインにご相談ください。

注:パドルシフト加工だけのご依頼は受け付けていませんので、取り付けまで含める場合のみシンクデザインへご相談ください。



また、パドルに関しては過去にゼロクランへ取り付けしています。

気になる方はもっと詳しく説明していますので、下記よりご覧ください。

      ゼロクラウン[GRS184]へパドルシフト取り付け■過去ブログはこちら







どんどん行きます。

次はソルゴールドエンブレム。

ゴールドエンブレムでは怖い人のGSになってしまうので、お洒落にゴールドエンブレムを楽しみたい人の為にソルゴールドエンブレムがあります。

ホワイトのライン(リフレクター)が入ることにより上品にエンブレムを演出します。







このように、「L」部分のみリフレクター処理を施し、一味違ったお洒落なエンブレムです。

ブラックのボディーに似合いますね。







4点フルセットで取り付けさせていただきました。

時に文字(LEXUS・GS350)部分に関しては細いラインにリフレクター処理していますので、夜間は文字が浮かび上がったように妖しく反射します。






お洒落なリヤビュー。

こんなエンブレム、シンクデザインでしか売ってませんね♪







LEXUSロゴ。

細いリフレクターラインがゴールドを引き立てお洒落にしています。








GS350ロゴ。

ゴールド加工後にリフレクター処理をしますので、かなり時間のかかるエンブレムです。

欠品中に関しては1ヶ月以上納期がかかりますので、事前に在庫確認をお勧めします。


      ソルゴールドエンブレム■カタログページ




また、ソルゴールドエンブレムはゼロクラウン用もラインナップしています。

過去のブログにて紹介していますので、気になる方は下記よりご覧ください。

      ゼロクラウン[GRS184] ソルゴールドエンブレム装着■過去ブログはこちら







どんどん紹介しますよ~






ホームページには載っていないHID。

Lowビーム・Fog共に6000ケルビンです。

ポジションランプは最近ラインナップに追加したT10バルブですね。






こちらのHID商品に関しても、取り付けまで含めた状態での販売としています。

何でもできるシンクデザイン。

素晴らしい(笑)






8000ケルビンの取り扱いもあるのですが、お勧めは6000ケルビン。

やはり、視認性とファッション性を両立するには6000ケルビンではないでしょうか。







フォグのHID化は実際にかなり明るくなりますので、お勧めです。

定番ですよね。



それと、このHIDは以前IS250への装着しています。

気になる方は下記よりご覧ください。

      LEXUS IS250 HID・LED関連装着■過去ブログはこちら











どんどんいきますよ~






最近良く売れるようになってきたスロットル。

センターシャフトまでフラット化したビッグボアスロットルですね!!!






この精密な加工が売りです。

段差をなくして乱流を防ぎます。

センターシャフトが起こす乱流と内径段差が起こす乱流は同じ比率です。

両方加工してこそ意味のあるスロットル。







このシンクデザインの目印が重要です。

はい☆重要です。







これが純正スロットル。

この内径段差とセンターシャフトがロスのもとですね。

より効率良くエアーを吸い込むためにはシンクデザインのビッグスロットルが必要です。







アップでもう一度。

この段差とセンターシャフト。








装着するとGS350の場合はシンクデザインのロゴが見えちゃいます。

青いリベットも目印ですね☆


      Bigボアスロットル■カタログページ


また、レクサス IS-FとRX450hへ装着した過去ブログもあります。

詳しく説明もしていますので、気になる方は下記よりご覧ください。

      レクサス IS-F&RX450hへスロットル取り付け■過去ブログはこちら







そして、光るインテークパイプが見えますが、、、、、







JoeZのインテークパイプ[ポリッシュ]となります。

同時に取り付けして吸気系を完璧にするという計画ですね☆

さすがです!!!!







装着するとこのようにヤル気を感じさせるエンジンルームとなります。

ポリッシュは人気で入荷後、すぐに完売となってしまいました。








そして、今回はK&Nのエアーフィルターも同時取り付け。

他社パーツも取り寄せ可能ですので、何でもシンクデザインへお任せください☆







エンジンカバーを取り付けするとこのようになります。

カバーを取り付けしても間からインテークパイプは見えますので、ポリッシュにするかブラックにするか迷う部分ですね。


      JoeZインテークパイプ■カタログページ




また、ダイレクトインテークパイプの記事も過去にありますので、気になる方は下記よりご覧ください。

      ダイレクトインテークパイプ■過去ブログはこちら







これですべてとなりますが、インテリアからエクステリア、吸気系パーツと一気に取り付けさせていただきました。

しかも1日で(笑)

OS技研製LSDも装着済みですし、スタビライザー関係もすべて装着。

シンクデザインのパーツほとんど付いています。


ありがとうございます。

これからも喜んでいただけるようなパーツを開発していきたいと思いますので、GSを売ってしまった今、デモカーとして今後とも宜しくお願いいたします。


ありがとうございました。






それと、今週の11日木曜日は臨時休業いたします。

お問い合わせや出荷など、12日金曜日にお答えしますので、ご了承ください。

宜しくお願いいたします。




      シンクデザイン■ホームページ


Posted at 2010/03/09 12:41:58 | コメント(7) | トラックバック(0) | GS | クルマ
2009年12月03日 イイね!

レクサス GS350 走行性能アップ計画☆機械式LSD[1.5Way] 【LEXUS】

本日は終日雨でしたが、引き篭もりのシンクデザイン佐藤には関係のない話♪



なんせ、ずっと室内でパソコンと睨めっこですから!!



水曜日は定休日ですので、問い合わせの返答に大忙しで夕方まで外に出れない状況です。



つまり、すべてシンクデザイン佐藤が一人一人にお答えしています。



(忙しさのあまり簡単にお答えするケースもありますが、わからない場合は再度質問してください。わかってもらえるまでお答えします)





そして、昨日はある部品のテスト走行へ宮が瀬ダムからヤビツ峠へ、そこから東名高速→保土ヶ谷バイパスへとトータル200キロ近くを色々な条件下でテスト走行してきました。



レクサス IS250Cですが、自分が思うに走りに適していない車かと思います。



ただ、ISですから!!運動性能の潜在能力は抜群に良いです。



しかし、純正のままの足回りやデフでは普通に走るしかないほどの快適さ(笑)



街乗りは最高ですよ。



凄く乗り心地良いです。



ただ、高速走行になると・・・・・ びっくりするくらい恐くて運転できません・・・・・




シンクデザイン佐藤は高校生のころ、バイクで峠を走るスペシャリストでした。



サーキットまではいきませんでしたが、同じチームの一人がHRCにスカウトされるくらいの強豪無敵のチーム。



自分はスカウトされませんでしたけどね(笑)




遠征で埼玉や群馬など、自分より速い一般人を探しに行ったのが懐かしいです。



ただ、車は運転うまくありません(笑)



なんせ、普通にしか走ってませんし、サーフィンとスノーボード、スケートと体を使った生身のスポーツが好きなので剥き出しでないと鳥肌が立たないので・・・・・(笑)



なので、車に関してはライン取りしか意味わかりません。




そんなシンクデザイン佐藤がIS250Cを簡単に乗りこなすにはパーツに頼るしかないと言う訳です。



スタビライザーの強化に機械式LSDの装着で足回りを強化。



これだけでガラッとIS250Cは運転しやすくなり快適にコーナーをクリアーできるようになります。



今の状態はかなり満足ですね。



自分が運転しての試乗など出来ますので、是非!ご来店ください。



お待ちしております。





さて、本日はその中でも特に一押しの機械式LSD[1.5Way]になります。



先日えいきちさんのGS350に装着させていただきましたので、ご紹介させていただきます。





レクサス GS350になります。



レクサスに乗られている方でLSDを装着体感したことのある人は少ないと思いますが、自分もその中の一人です。



ですので、意味がわからないから自分には関係のない話しとは思わないで聞いてください♪




まずは純正のデフ(リアのホイールとホイールの間にある鋳物)の中身を交換するんですね。



ホイールとホイールをつないでいるドライブシャフトをデフから抜き、車輌から外します。



そして、その鋳物を分解して中身を取り出します。





これがデフの蓋を開けた状態で、純正デフの遊びがどの程度あるかを調べている最中です。



この遊びを同じにしなくては装着するLSDが焼き付いてしまったりするので大切な部分です。



純正も組み込む時に遊びを調整しているんですよ。





そして、デフの中に入っているリングギア、つまり一番大きな歯車にOS技研USA製のLSDを組み付けていきます。



これはその大きなギアとLSD本体をボルトで均等にトルクレンチを使って固定している状態です。





そして純正デフケース(鋳物)に組み込みます。



この時、エンジンから入力されるプロペラシャフトに対してギアがセンターに来るように(遊びが適正になるように)まずは純正のシムをそのまま使って組み込んでみます。



この組み込む作業も実は危険です!!



Cリングの王様みたいな厚みのあるリングを特殊工具で縮めてはねないように位置を合わせてセットします。



途中で特殊工具がはねると大騒ぎですから!!気をつけなければなりません。





そして、組み込みが完了してから、先ほどの純正との遊びと比べて適正かどうかを調べます。



この遊びが純正と変わるようであれば、再度Cリングの王様を外して違うCリングの王様に交換しなければなりません。



このCリングがシムという、遊びを調整するための純正パーツです。



コンマ数ミリの違いで感覚が変わるので、何度も調整する場合があります。





そして、無事にシム調整も完了しました。



ここで、シンクデザイン特有のレクサス用マル秘テクニックで異音・衝撃が出ないようにする調整を施します。

リフトから降ろして最初から異音なく快適に使えるようになりました。



もう安心です♪





そしてデフケースを閉めて、元通りに戻していきます。



センターに見えるのがプロペラシャフト(マフラーの左隣ですね)。



ホイールも外さずにドライブシャフトを入れていきます。



単純にデフ単体で外せますので、足回りの脱着やホイールさえも外しませんので四輪アライメントなども必要ありません。





頑張って取り付けしているところ。



でも慎重に作業する必要があります。



ドライブシャフトはスプラインがありますから、痛めてしまっては大変ですからね!!



慎重に差し込みます!!!





装着完了したらデフオイルを入れます。



今回はOS技研さんのOS-250Rですね。



アッシュのオイルの取り扱いもあります♪






そして、快適に使えているにも関わらず、特に純正と変わった挙動もなくコーナースピードのみをアップさせる事が可能になります。



思うのですが、直線を速く走るのは根性でなんとかなりますが、コーナーは進入からラインを考えシフトダウンやブレーキングしますよね。



だいぶ手前からどのくらいのスピードで曲がれるか考えて減速してコーナー進入した後に、コーナーで安定させて出口に向かって加速させます。



うまくスピードがのって気持ち良くコーナークリアーしたときは最高です。



この「最高」な部分を簡単に手に入れます♪



はっきり言うと「ずるい」です(笑)



腕がどうのこうのよりも、安心してコーナークリアーできるようになれば運転が楽しくなると思うのは自分だけですかね?



サーキットなどを走られる方は違うと思うのですが、一般道で快適に怖い思いもせずにスイスイ曲がっていったらどうです??




前を走っているレクサスが、凄いスピードでコーナーに進入していき・・・・・ 車輌を安定させたまま・・・ スッと出口に消えていったら・・・・



自分なら、「レクサスって格好良い・・・・」って単純に思います(笑)




そんなさり気無い走りをするために必要なLSDという訳です。




買いたくなりましたか???(笑)



もうね、説明することないんです(笑)



まずは装着しないと良さがわかりません♪



なので、とりあえず買って装着してみて他のレクサスオーナーさんに、みなさんで広めてください♪




後悔させません☆




OS技研USAの機械式LSD[1.5Way] 最高にレクサスに相応しいかと思います!!!





今日もありがとうございました。




もっと詳しく説明を聞きたくなった人は下記よりどうぞ。



     LSDをもっと詳しく説明☆過去ブログ





また、すでに装着したユーザーさまからのインプレッションが届いていますので、そのまま紹介させていただきます。




IS250ユーザーさま

 しばらく乗って感じることが色々あるのですが、いままで一般道で、カーブ中にアクセルを入れたとき、反応の悪さにイライラしていたなあ。と、思い出しました。
しかし、LSD効果は抜群ですね。アクセルを踏み込むと気持ちよく反応し、とても気分が良いです。

遠心力で引っ張られるような感じもあったのですが、クッと踏ん張る力強さがとても頼りになります。

加速も上がったようで、あまりの気持ち良さについついアクセルを踏みすぎてしまいます。

背中から押されるような感覚。

押されましたよ。

今までこんな事ありませんでした。
今では、同じISを見ると、「ヤツは知らないだろうなー」と自慢したくなります。




IS350ユーザーさま

 バキバキ音などの異音もなく、LSDが付いていると言われないと判りませんし、大人しく走っていても、自分の運転が上手くなったようにも錯覚しますが、それでいて真剣に走るとトルセンや他の機械式のLSDでは、なかなか経験できないダイレクト感があって、とても素晴らしい製品だと思います。





以上になります。



ありがとうございます。

またのご来店、お待ちしておりますね☆








     シンクデザイン■ホームページ




Posted at 2009/12/03 23:37:43 | コメント(8) | トラックバック(0) | GS | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「LEXUS NX300

リアスタビライザーブラケット

続いてリアスタビブラケットも装着
レクサスのSUV全般ですが、やはりリアが弱点ですのでスタビ強化で改善する部分が多いです

残り2台分ですので、お早めに
次の生産は無い可能性が高いです」
何シテル?   10/19 09:02
レクサスのパーツを製作するメーカーです。 デモカーはとしてNX200t[F-SPORT]です。 足回りから内装までトータルでレクサスをサポートいたし...

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

お友達

色々な方と情報交換したいです。

お気軽にお友達登録してください。
479 人のお友達がいます
cockpitcockpit *みんカラ公認 金田一耕助金田一耕助 *
>nassy<>nassy< * しんさん★しんさん★ *
Black-tsumikiBlack-tsumiki * HokuleaHokulea *

ファン

351 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス NX レクサス NX
現在開発中のレクサス NX200t用 リアアンダースポイラーです。 詳しくは下記アドレ ...
レクサス RX レクサス RX
LEXUS RX200t(バージョンL)をデモカーにパーツ開発を進めていきます。 時間 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...
レクサス ISハイブリッド レクサス ISハイブリッド
■ブルーバナナ TV/ナビキャンセラー 販売中 http://www.bluebanan ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.