• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




THINK DESIGNのブログ一覧

2018年04月08日 イイね!

エアコンシステム新機種導入のお知らせ

エアコンシステム新機種導入のお知らせこんにちは。
シンクデザインの佐藤です。

2014年5月に導入してすでに4年が経過したエアコンシステムですが、変わらずの好評ぶりで真冬でも月に20台〜30台を施工するという内容で1500台を超える実績となっております。

本当にありがとうございます。

写真の通り新機種導入なのですが、実は購入したのは1年前だったかだいぶ前です。

レクサスではまだ使う事はないだろうと思っていたのですが、思ったよりも早く使う機会となりましたので、急ぎ段取りして今回の発表となりました。



右の赤い機材が【R134】用
左の白い機材が【R1234】用


扱えるエアコンガスの種類の違いです。

まだあまり知られていませんが、これから出る新型車はR1234というエアコンガスに切り替わっていきます。
オゾン層破壊や京都議定書の話はここでしても仕方ないので、なぜ切り替わるのかはグーグル先生に聞いて下さい。

単純に、これから出てくる新型車のエアコンガスはR1234になりますという事。
R134は廃止していきますよという世界規模の決まり事により強制的にガスチェンジという事です。

エアコンシステムと言えばシンクデザインですから、もちろんR1234用の機材をいち早く導入していたという事です。

導入した数ヶ月前にもR1234を使っている車種はあったのですが、レクサス専門のシンクデザインですから宣伝する必要も無いだろうという事で、もともと黄緑色のカラーであったボディを工具箱と同じホワイトにペイントしました。

そして、今回のLS500/LS500hですが、まさにそのR1234を使っている車種である事から使い道が出てきたのですが・・・・・

まだ需要の少ないR1234ですので、ガスそのものが・・・・凄い価格でして・・・・正直買いたくない金額です。

ただ、LS500/LS500hのユーザーさまから、エアコンシステムも合わせてお願い!と言われ続け、ガスが高くて買えなくて施工出来ないと断り続け、いい加減買わないとダメだと思い買いました。

エアコンガスなのに数十万。
LSにしか使わないのに数十万。


ちなみに、事故などでエアコンガスが抜けてしまった場合、修理してから充填しなければなりませんよね?
そんな時、いくらだと思います?
エアコンガス充填するだけで40万とか請求されるらしいですよ?
聞いた話しなので、本当かどうかわかりませんが、数十万の請求になるそうです。

それくらいガスが高いって事です。


つまり、ガスを買いましたので、R1234のLS500/LS500hもエアコンシステムを施工できますという案内です。

R134は施工代¥12,000の格安でやっておりますが、R1234に関しては、大変申し訳ないのですが施工代¥20,000とさせて頂きます。

これでも破格だと、おそらく日本で一番安い金額だと思います。

と思い、SNAP-ONにどの程度の店舗が導入しているのか聞いてみたところ、ショップの店舗ではシンクデザインのみでした(笑)

つまり日本で当社しか持っていない!!!!

もちろん、カーメーカーなどショップレベル以上の企業様は持っていますよ。

一般のお客様が個人で施工してもらおうとするとシンクデザインにしか無い!という事です。
これはまた自慢できるネタが増えました(笑)

なので、日本で一番安い施工料になります。


それはさておき、LSはご来店台数が少ないので、機材導入費が160万だったかな?プラス ガス代数十万を回収したいので、使って下さい。

もちろん、変わらす新車から基準値以下は確認済みですから、損はさせません。

それでは、実際に施工した証拠をお見せします。





ボンネットを開けるとラベルがあり



こちらはLS500h

750gが基準値となっています。




こちらはLS500

650gが基準値となっています。


LS500hを回収した結果、(もともと入っているエアコンガスを全て回収する事により、いくつ入っていたのかが明確になると言う事です。)





660gの回収ですので、マイナス90gです。



LS500を回収した結果、





550gの回収ですので、マイナス100gです。



R134と同様に基準値に達していないマイナスぶりは健在です。

やはり必要とされるシンクデザインのエアコンシステムです。

そもそもエアコンシステムとは?と思う方は、このエアコンシステムの凄さを知りたい方は下記アドレスを参考にして下さい。

  シンクデザイン エアコンシステム


R134も含め、新車なんだからデイーラーに言うから!という人がたまにいらっしゃいますが、R134を含め全てのレクサス(レクサスに関わらず全ての車)のエアコンガスを基準値通りに充填できるディーラー様は無いと言っても過言ではありませんので、同じ機材を持っていなければ基準値ピッタリに充填する事はできません

しかも、レベルゲージがある訳ではありませんので、入っているかどうか確認する事もできません!

なので、せっかくご来店されたのですから、ついでにエアコンガスを基準値まで満タンに充填をお勧めしています。

冷房を使う季節でしたら、ご来店時とご帰宅時でその差は誰でもわかります。

一度充填したらタイヤの空気みたいに減りませんので、4年や5年に1度の施工で十分ですから、人によっては新車時に施工したら終わりです。

1回しか施工しないエアコンシステムです。

ここでお気づきの方、1回しか施工しないのに月に30台〜50台も施工しているという事は、それだけ新規のお客様が多いというシンクデザイン。

これ自慢です♪

それはさておき、無理に薦めたくないのですが、やらないと損なのではないかと思うエアコンシステムでした。



最後に価格です。

施工料 ¥15,000(税込み)
使用したガス量 ¥60/g


とします。

1g=60円ですので、マイナス100gですと¥6,000(税込み)
施工料と合わせて¥21,000です。


¥21,000で数年分の快適さと満足感が買える訳です。

R134の車種なんて¥12,000で買える訳ですから、断られる意味がわからないと思います。

是非!ご来店時にはご利用下さい。



最後に、このR1234を充填できる機材を持っている店舗が当社だけとなると、レクサスとは全く関係ない修理屋さんから、「充填して欲しい」と依頼が来ることが予想されます。

間違いなく業者さんから依頼されるでしょう。

当社としては、エンドユーザー様のエアコンの効きを良くするために破格な価格でご提供させて頂いておりますので、業者様からのご依頼の場合はお受けしますが価格が異なります。

あくまでエンドユーザー様向けのプランとさせて下さい。

予想される最悪の自体は

修理するのにエアコンガスを一度抜かなければならず回収して欲しい、その回収したガスは預かってほしい、修理が終わったら回収したガスを充填して欲しい

といった依頼です。

これはお断りします。

機材に貯めておけるガスの量も決まっていますし、修理がいつ終わるのかわからない依頼なんて受けれません。

単純にエアコンガスを充填して欲しいというご依頼でしたら下記価格にてお受け致します。

施工料 ¥54,000
使用したガス量 ¥80/g
条件:高圧側・低圧側のバルブを当社で探すのでは無く、すぐに施工できる状態である事


誠に申し訳ありませんが、一般のお客様のために導入した機材であり、他に持っている店舗が無いから儲けるチャンスだとも思っていませんので、上記価格設定とする事により、ご依頼が来ない事を願っております。

ご理解頂けると大変助かります。



以上となりまして、R134・R1234 ともに施工可能です。



ご予約は

info@think-design.jp

046−236−6777

までご予約下さい。

火曜・水曜 定休日
9時〜17時まで営業

です。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 〒243-0435神奈川県海老名市下今泉1-19-10
 シンクデザイン株式会社 代表取締役 佐藤 義博
 TEL:046-236-6777 FAX:046-236-6778
 定休日:火曜日・水曜日
 営業時間:9時~17時
 ホームページ:http://www.think-design.jp/
 フェイスブック:http://www.facebook.com/ThinkDesign2006
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Posted at 2018/04/08 00:15:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | LS | イベント・キャンペーン
2018年02月05日 イイね!

LEXUS LS500/LS500h TV/ナビキャンセラー分解手順【レクサス】

LEXUS LS500/LS500h TV/ナビキャンセラー分解手順【レクサス】お久しぶりです。
シンクデザインの佐藤です。

今年は新商品も無いので、暇なはずなのですが、なんだかんだとご依頼も多く相変わらず多忙で過ごしております。
年末のギックリ腰も無事に回復してスノーボードもSK8も楽しめるようになり、週休2日も休めてますので、キッチリ人生楽しめてます♪

次のデモカーまでゆっくりはしてる訳にはいかないのですが、ボチボチ頑張ります。


さて、すでに何十台も取り付けを行っているのですが、レクサス LS500/LS500hのテレビナビキャンセラーの分解手順をブログにしていなかったのでご紹介です。


と、その前にブルーバナナのSNTC-M18ですが、カプラーオンに仕様変更されておりまして、合わせてご紹介です。



金型を起こして独自のカプラーを作っていますが、シンクデザインでもお馴染みの「アサヒプラ」での製造ですので、精度抜群です!



ロゴ入りですね♪

レクサス マイナーチェンジ後 NX300/NX300h LS500/LS500h も同じSNTC-M18で適合しまして、日々取り付けを行っております。

シンクデザインのみで1月の取り付け台数50台を超える売れ行きです。

まさにバブルなブルーバナナですので、神奈川に来たときは全て奢らせています!!!!

すでに1000台以上販売しているそうですよ!



さて、恒例の分解手順といきます。




まずはシフトノブからですが、今まで通り時計と反対方向へ回して外します。









次にセンターコンソールパネルを外しますが、単純に上に引き抜いて外すだけで難易度は高くなりません。



クリップで固定されているだけですので、隙間から内装剥がしで浮かしながら持ち上げ、カプラーを外して1ヶ所だけハーネスクリップがあるのですが、当社では固定している両面テープをカットして外してしまい、装着時には再現する方法を取っています。

リモートタッチのコネクターは最後にブルーバナナのハーネスを割り込ませますので、印を付けておくと良いかもしれません。

コネクター形状が全て違いますので、間違いようがありませんが。



続いてセンターコンソールサイドパネルの脱着










こちらも難易度は高くありません。

単純にクリップの位置を把握して外します。




続いてオーディオ下パネルの脱着





こちらも難易度は高くありません。

単純にクリップの位置を把握して外します。




続いてセンターコンソール本体の脱着





センターコンソール後方のパネルを車輌後方側へ引き抜いて外します。

コネクターも抜きます。



ボルト2本を外すのと、後々邪魔になるので白いコネクターまで抜いて下さい。

ここポイントです。






アームレスト内の目隠しを外してボルト1本外します。





シフトゲート側面のボルト1本外します。

助手席側には固定箇所ありません。





センターコンソール先端のボルト2本外します。

あとはアームレストへのコネクターを外せばセンターコンソール脱着の準備完了です。








手間に引き抜けば脱着完了。




続いて、オーディオ上のパネルの脱着





浮かせるだけで良いです。




写真の通り外すのが基本なのですが、外したいオーディオ上パネルと重なっている部分だけ(ステアリング左側)を浮かせて作業で良いと思います。










パネルが長いので助手席側から浮かせていき、次に運転席側を浮かせて、全体を持ちながら均等に手前に引き抜いたほうが良いです。

もし心配でしたら、回りを養生したほうが良いでしょう。






ここまで分解して、ようやくオーディオユニットを取り出せます。

LEXUS LS500/LS500hに関しては、オーディオユニット裏側のスペースがかなり少ないので、ブルーバナナのユニット本体は裏側に置かずにセンターコンソール側まで落として設置しています。

コネクターはオーディオ裏に入れるしかありませんので、干渉して異音の原因にならないようにテサテープなどで巻き、カプラーが素直に収まるように固定する事をお勧めします。


作業時間は2時間程度で製品・工賃・税込みで¥58,100となります。

ほぼオールオートで何も操作する必要も無くテレビ・DVD・ブルーレイの視聴が可能で、走行中のナビ操作も何も操作する必要なく使う事ができます。

つまり、自車位置がズレる事無く全て走行しながら操作可能です。

後付スイッチなどありませんので、外観も変わりません。

また、他社には無い「映像リターン機能」搭載!
MAPボタンを長押しする事により、今観ている映像に一発で戻ることができます。

どのメーカーのものよりも優れており、ダントツで取り付け実績に多いブルーバナナをご利用下さい。

在庫切れの無いように管理しておりますので、下記よりご予約下さい。

■ 046-236-6777
■ info@think-design.jp

作業中ですと電話に出れない時が多いので、メールにてご連絡頂けると大変助かります。

火曜・水曜が定休日になります。

それでは、ご予約をお待ちしております。
ありがとうございます。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 〒243-0435神奈川県海老名市下今泉1-19-10
 シンクデザイン株式会社 代表取締役 佐藤 義博
 TEL:046-236-6777 FAX:046-236-6778
 定休日:火曜日・水曜日
 営業時間:9時~17時
 ホームページ:http://www.think-design.jp/
 フェイスブック:http://www.facebook.com/ThinkDesign2006
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
関連情報URL : http://www.think-design.jp/
Posted at 2018/02/05 09:53:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | LS | イベント・キャンペーン
2012年02月17日 イイね!

【半期決算処分セール】☆第五弾☆ LEXUS LS スタビブラケット&サスメンカラー

【半期決算処分セール】☆第五弾☆ LEXUS LS スタビブラケット&サスメンカラーこんばんは。

シンクデザインの佐藤です。



NewGS250ですが、すでに納車されました。

ただ、毎週1つキャンペーン商品をブログにて告知するというお約束を優先させていただきます。

後日、GS250に関してはブログにてご紹介しますので、よろしくお願い致します。




さて、半期決算処分セールも第五弾となりました。

本日はLEXUS LS460用フロントスタビライザーブラケットLS460/600h用リアサスペンションメンバーカラー を在庫処分価格とさせていただきます。



まずは、フロントスタビライザーブラケット から。





まずは、純正比較です。

RX用同様にスタビブッシュ面と取り付け寸法は同じ形状ですが、剛性アップさせる事により形状は大きく異なります。






スタビライザーブッシュの当たり面です。

センターにリブがあり忠実に再現しております。






この部分ですね。

他の車種とは異なる部分ですが、この二次加工によりコスト高となり価格が少し高いです。






取り付け寸法は画像の通り同じです。

これだけ剛性アップするのでスタビライザー本来の性能を引き出せます。

重い車輌のLS460ですから、より効果的です。






装着すると画像のようになります。

交換は比較的簡単。

整備士の方であれば何も問題なく取り付けできるかと思います。


LS460は車輌重量のわりに剛性感が低く、高速走行などの場合にボディーの動きが大きすぎます。

より機敏に運転しやすくするにはスタビライザーの強化は効果的ですね。

ステアリングを操作した際に反応良くノーズが動くようになりますので、今まで以上に速度を上げても恐い思いをしなくて済むと思います。

ゴルフに行く山道なども快適に遅刻を短縮できるかも!?しれません(笑)



ホームページよりご注文限定ですので、下記よりよろしくお願い致します。


     レクサス LS460専用 フロントスタビライザーブラケット■カタログページ


     20台分限定☆特別価格¥28,600にて放出いたします。


よろしくお願い致します。





次にフロントを強化したならリアも!ということで、こちらも在庫過多になっているリアサスペンションメンバーカラー です。



まずは、製品の説明から。





画像の丸いカラーが純正です。

サスペンションのメンバーを固定しているカラーです。






交換すると画像のようになります。

外見からは金色になっただけのように見えますが、サスペンションメンバー側ブッシュを押し付ける仕組みとなっています。






カラーの純正比較ですが、真ん中の突起している部分が純正よりも高さがあり、この高さによって当たり面の純正ゴムブッシュを押し付けて動きを制限する仕組みです。

サスペンションメンバーですが、ボディーにぶら下がるように4本足で固定されています。

この後ろ側の固定箇所のブッシュを強化するのですが、ようはボディーとサスペンションメンバーがゴムブッシュによって必要以上に動いているということです。

この動きを制限する事によってサスペンションメンバーがしっかりと固定されます。

固定される事によって何が起こるかと言うと。。。。

サスペンションメンバーの下にはデフ・足回り、タイヤホイールなどつながっていますので、固定されたメンバーにより下側に位置する足回りやデフがダイレクトに機能すると言うことです。

つまり、デフ・足回り本来の性能を発揮させる役目となります。

いくら良い足回りやLSDを装着していても、メンバーが動くことによってワンテンポ遅れて反応するという事です。

特にFRなLS・GS・ISに必要なパーツですね。






これがメンバーのブッシュです。

この大きなブッシュの動きを押し付けて制限してあげる役目を持ちます。

なお、リアサスペンションメンバーカラーに関してはLS460・LS600hと共通部品となります。

この機会に是非!お試しください。




ホームページよりご注文限定ですので、下記よりよろしくお願い致します。


     レクサス LS460/LS600h リアサスペンションメンバーカラー■カタログページ

     20台分限定☆特別価格¥19,600にて放出いたします。


よろしくお願い致します。



それでは、ご注文お待ちしております。


ありがとうございます。






     シンクデザイン■ホームページ


     *新商品のご紹介をしていませんが、トップページにて告知しておりますので、ご覧ください。





     シンクデザイン■ホームページⅡ



     *お客様からのインプレッションをできるだけ毎日更新していますので、ご覧ください。


Posted at 2012/02/17 18:54:21 | コメント(7) | トラックバック(0) | LS | イベント・キャンペーン
2011年05月23日 イイね!

レクサス LS460/600h用 レゾネーターキャンセラー開発中 【LEXUS】

レクサス LS460/600h用 レゾネーターキャンセラー開発中 【LEXUS】おはようございます。

シンクデザインの佐藤です。



本日は開発中のパーツを紹介します。

他にも色々とあるのですが、簡単に紹介できる製品から(笑)


レクサス LS460/600h用のレゾネーターキャンセラーとなります。



まずは、画像をどうぞ。





LS460/600hのスロットルは画像のように手前についています。

これはBIGスロットルに交換していませんね。

このスロットルの手前にインテークパイプがあります。

空気を吸い込むダクトですね。

(画像はすでに分解されております)







分解されたパーツたち。

今回開発段階のパーツは赤丸部分に装着するパーツです。

エアーを吸い込んでスロットルに入るダクト部分ですが、余計なものがついています。







消音効果のためにあるレゾネーター。

チャンバーですね~

入ってきたエアーがレゾネーター(箱)に入ることにより消音の効果があります。

吸気音を静かにするために純正でついているBOXです。

IS・GS・HS・CTとすべての車輌に形は違えど付いているレゾネーター。

このレゾネーターを外してレゾネーターレスにするパーツを開発しています。







まずは、外します。

すると当たり前ですが穴があきます。

ISなどではダイレクトインテークパイプやF-SPORTのパフォーマンスエアーインテークなどがありますが、ストレートパイプにすることによりレゾネーターは無しになりますね。

インテークパイプはそのままでレゾネーターだけ無しにするパーツが今回のパーツです。







この穴をふさぎます。








このように。

奥行きがありますので、ただの「蓋」ではなく、イメージで言うと灰皿のような形状です。

内径に合わせて形状を出さないと2次的にエアーを吸い込み不具合が出てしまうので、寸法にはシビアになりました。

これで、純正レゾネーターはキャンセルでき、エアーの流れもスムーズになります。










BIGスロットルなど装着の時は同時装着したいパーツですね。

頑張って早く製品化したいと思っています。

もう暫くお待ちください。






     シンクデザイン■ホームページ


     シンクデザイン■ホームページⅡ
     *日々の作業やお客さまからのインプレッションなど更新しております。


関連情報URL : http://www.lexus-parts.jp/
Posted at 2011/05/23 08:21:23 | コメント(7) | トラックバック(0) | LS | イベント・キャンペーン
2011年02月07日 イイね!

レクサス LS460専用 スタビライザーブラケット【新商品案内/LEXUS】

レクサス LS460専用 スタビライザーブラケット【新商品案内/LEXUS】こんばんは。

シンクデザインの佐藤です。


本日は珍しくTOYOTA 16アリストにOS技研製LSDを装着していました。

また、明日作業のLEXUS LS460SZをお預かりしました☆



さて、新商品発表です。

ただ、9日(水)は定休日で10日(木)・11日(金)はLEXUS CT200hのザックス+アイバッハの車高調装着テストがありますので、出荷は来週になります。

ご了承ください。




レクサス LS460用のフロントスタビライザーブラケットです。

LS600hには装着できませんので、ご注意ください。

LS460SZなど、すべてのLS460に装着可能です。





左が純正スタビライザーブラケットで、右が今回新商品のシンクデザイン削り出しスタビライザーブラケット。

その差は歴然!!!

見た目から剛性感は違います。







ひっくり返してみました。

ボルトの取り付け面も大きく違います。

がっしりスタビライザーを掴みます。







そして、センターには純正でリブがあるので、忠実に再現。

寸法の誤差はありません。

非常に綺麗に加工できています!!!







ここが剛性感の違い。

純正はL型にプレスされていますので、力が逃げがち。

シンクデザインの削り出しスタビブラケットは厚みがありますから、力を逃がす事無くスタビライザーを機能させます。







もちらん、取り付け部の寸法は同じ。

純正はあまりの貧弱さにびっくりですね。

この精度によってスタビライザーをボディーに固定してダイレクト感を出します!!!







純正スタビライザーはLS460の場合、リフトで上げればすぐに確認できます。

ISなどはカバーを外さないと交換できませんが、LS460の場合は何も外すことなく交換が可能です。







アップでもう一度。

このスタビライザーをボディーに固定しているブラケットを剛性感のあるブラケットに交換ですね。







それでは、純正から交換するとどうなるか比較します。

まずは純正から。







はい!交換完了!!!

簡単に交換できます。

左右を交換してください。

左右セットです。







真下から見ると左右とも確認できます。

取り付いた状態。

個人的にかなり格好良いと思ってしまう。。。。

変なところに自己満足があります。








そして、実は側面からも確認することができます。

フロントタイヤの後ろ側から覗き込むと確認できます。

これにてフロントの剛性感があがり、ステアリングがしっかりした感じになりますので、運転しやすくコントロール性良くなります。







スタビライザーはロールを抑える修正する機能を持つバネですから、強化することによって反応良くなります。

特にLS460はステアリングの応答性があまり良くないので、改善されるかと思います。

普通に運転する人にもお勧めですね。

是非!ご検討ください。





それでは、くどいようですが、9日~11日までお店を空けますので、ご来店予定の方は12日以降で予定してください。

また、CT200hは14日~21日まで室内LEDとLEDフォグのテスト装着のためにありません。

ご注意ください。



よろしくお願い致します。






     LEXUS LS460用 フロントスタビライザーブラケット■カタログページ



     シンクデザイン■ホームページ

     シンクデザイン■ホームページⅡ





Posted at 2011/02/07 22:23:16 | コメント(6) | トラックバック(0) | LS | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「昨日から3台
適合確認をしながらも、もちろんご予約作業も終わらせ、もちろんきっちり出荷も終わらせ、明日も全開でご予約作業が入っておりますので、やはり次の休みは7日になりそうです。

24日までにはブログを書くことが目標だ!」
何シテル?   04/21 20:57
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT200h→GS250→IS300h→NX200t→RX200t→UX25...

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

愛車一覧

レクサス UXハイブリッド レクサス UXハイブリッド
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT20 ...
レクサス NX レクサス NX
現在開発中のレクサス NX200t用 リアアンダースポイラーです。 詳しくは下記アドレ ...
レクサス RX レクサス RX
LEXUS RX200t(バージョンL)をデモカーにパーツ開発を進めていきます。 時間 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.